石鎚山 土小屋~御来光の滝~本沢~土小屋 周遊

30.11.04

土小屋から 御来光の滝へ そこから さらに遡り 本沢コースをつめ
最後は 藪こぎをして 面河登山道に 這い上がり 土小屋まで戻る マニアックなコースです

b0124306_13212608.jpg


朝 6時 石鎚山 まだ ゲートが 閉まっている 土小屋から 歩いて 

b0124306_13564452.jpg



長尾展望台方面へ 石鎚スカイラインの 車道を下る

b0124306_13205259.jpg
朝日が さしてきた


b0124306_13582744.jpg
いい感じ・・・・

b0124306_14003494.jpg
少し アップで・・・・

b0124306_14013156.jpg
さらに ドアップで・・・・

墓場尾根も 見えている

b0124306_14015117.jpg

この カーブミラーが 御来光の滝への 下り口の目印
長尾展望台より 手前にあります

ゆっくり歩いて 1時間もかかりません

b0124306_14272212.jpg
長尾展望台の方から 歩いて来た人達
良く見ると しんクン達の グループでした

御来光の滝まで行き そこから 北沢コースを 登るそうです
北沢コースは 本沢コースより さらに厳しくて F5 F6の絶壁があり 
初めてだと ルートが 分からず とても 迷いやすい所です


b0124306_14301943.jpg
下の 沢までの 滑りやすい 急斜面を 下りて行く

b0124306_14342444.jpg
堰堤まで 下りてきた

b0124306_14354869.jpg
さっそく 渡渉

今回は 水量が 少ないので 問題ナシ
以前 水量が多くて 渡れない時もありました

b0124306_14363994.jpg
少し 進んだ場所から 左側へ 入り込む

b0124306_14383754.jpg
登山道を 歩く

b0124306_14392143.jpg
倒木を くぐり抜け

b0124306_14395962.jpg
桟橋を 進むと

b0124306_14403161.jpg
御来光の滝で テント泊 夜景や夜明けを 撮影して 
戻って来た kurenaikai さん と バッタリ

いつも 素晴らしい写真を 撮られて 最近では ドローンで空撮もされています
今回は 御来光の滝で 一人 テント泊していたようです

b0124306_14410117.jpg
また 沢を 渡る
以前 水量が多くて ここで 引き返した事も あります

b0124306_14473763.jpg
素晴らしい景色の 七つ淵

b0124306_14480815.jpg
さらに 進み

b0124306_14495714.jpg
またまた 渡渉

b0124306_14501711.jpg
荒れた沢を 幾つも 渡り

b0124306_14510614.jpg
二連のハシゴを 登り

b0124306_14515879.jpg
桟橋を 通り

b0124306_14522212.jpg
また 沢を渡渉

b0124306_14524885.jpg
今度も 高巻き

b0124306_14544720.jpg

また 沢に 出る

b0124306_14553584.jpg
あれれ・・・・

ここは 何故か 水量が多くて
向こうへ 行けない

以前は 行けたのに・・・・

b0124306_14555899.jpg


また 高巻きをしていく

b0124306_16222874.jpg
倒木を くぐり抜け

b0124306_16230264.jpg
さらに どんどん進むと

b0124306_16241787.jpg
今度は とても 滑りやすい 危険な岩場

b0124306_16250414.jpg
ここも 足場の木が 朽ち果てている 危険な場所

右側は 崖です
落ちると マズイ
b0124306_16271654.jpg
さらに どんどん進むと

b0124306_16285553.jpg
やっと 御来光の滝が 見えてきた

今回は 沢を歩かないで ほとんど 高巻きばかりしてきました

b0124306_16292217.jpg
御来光の滝へ 到着

b0124306_16321735.jpg
虹が 見えていた

b0124306_16475598.jpg
後ろを振り返れば こんな感じ

b0124306_16555269.jpg


今日は とても いい天気

b0124306_16534177.jpg
いいですね~

b0124306_16544949.jpg
誰か 来たようだ

b0124306_16571776.jpg
健脚の nekojigenさんと アニーちゃんでした



b0124306_16575001.jpg
愛大小屋方面へ 出発です

b0124306_18253068.jpg
あの倒木にそって 急斜面の岩場を 登って行きます

b0124306_18271624.jpg
ヒイコらと 這い上がる

b0124306_18292065.jpg
大きな段差

初めて 御来光の滝へ来た人は 
こんな所に ルートがあるとは 分からないと思います

b0124306_18312111.jpg
どんどん進むと

b0124306_18323820.jpg

分岐があり

ここから 左上側に登れば 愛大小屋
本沢コースは 中沢・北沢と書いてある方へ



b0124306_18331445.jpg
下側の沢へ 下る

b0124306_18365222.jpg
本沢に 下りて来て そのまま 進む

高い位置に 稜線が 見えている

b0124306_18393750.jpg
大きな 倒木を 越えて行く

b0124306_19073455.jpg
大きな岩が ゴロゴロ

b0124306_19083757.jpg
とても大きな岩板

b0124306_19093641.jpg
少し 滑る場所もあるが 問題は無い

b0124306_19103246.jpg
小さめの 滝

b0124306_19112637.jpg
さらに 岩場を 這い上がる

b0124306_19123790.jpg
右側から 攻めていく

この後 私は なんでもない 最上側の 水の落口の所の 苔のある所で 
足を滑らして 仰向けに スッテンコロリン

落ちなくて 良かった・・・・

b0124306_19132250.jpg
油断していて 
モロ  仰向けに 風呂に入ったように ひっくり返り
お尻から 背中まで どっぷり 浸かりました

b0124306_19182407.jpg
モタモタして 少し 離されてしまったので 声をかける

b0124306_19233875.jpg
みんなに 追いつく

b0124306_19244957.jpg
さらに 進む

b0124306_19253822.jpg
正面に また 小さな滝


b0124306_19260844.jpg
お尻と 背中が 濡れている写真を 撮ってもらう

b0124306_19265485.jpg
滝の 岩場を 這い上がる

b0124306_19281172.jpg
さらに 進む

b0124306_19295686.jpg
濡れていない所を 這い上がらないと 登れない

b0124306_19305104.jpg
少し 進むと

b0124306_19315525.jpg
また とても 滑りやすい 一枚岩
右側の 黒い部分 乾いているようだったが ダメだった 

わざと 別のルートで這い上がり 上部で トラバースしようとすると 
滑り 滑落しそうになる

b0124306_19321982.jpg
石鎚山の 頂上小屋が 正面に 見えてきた

b0124306_19334177.jpg
頂上小屋をアップで・・・・


b0124306_19342577.jpg
さらに どんどん進むが 
なかなか 近づかない

b0124306_19351617.jpg
沢が 2つに 別れていて
右側の 大きめの沢は 浮き石が ゴロゴロで 危険なので

b0124306_19361865.jpg
左側の 岩盤の 小さな沢へ 入り込む

b0124306_19381879.jpg
だんだん 狭まってくる


b0124306_19415264.jpg
頑張って登って行くと

b0124306_19424719.jpg
藪こぎに なる

b0124306_19432077.jpg
倒木の横を 通り抜けていきます


b0124306_19443167.jpg
上部で さっきの 右側の 大きな荒れた沢と 合流する

b0124306_19451091.jpg
後ろを 振り返るとこんな感じ
結構 登ってきた
b0124306_19462621.jpg
さらに 進む

b0124306_19475093.jpg
このあたりは ず~と 浮き石だらけ
結構 大きな岩でも 簡単に ゴロンと 動き出す

b0124306_19491923.jpg
さらに 

b0124306_19512613.jpg
どんどん進む

b0124306_19515216.jpg
以前は 早めに 左側へ トラバースしていったのですが
今回は もう少し 進んで見ることにしますが・・・・

b0124306_19524833.jpg
この凄い 急斜面 
笹を 両手で 掴んで 体を 引き上げないと 上がれない
足元も 倒木や くぼみ 岩などが あり とても大変です

b0124306_19562532.jpg
後ろを振り返ればこんな感じ

b0124306_19594678.jpg
時々 顔を 上げないと 何処を 通っているか分からない

b0124306_20013915.jpg
あまりにも 急斜面すぎて 笑ってしまいます
前を 行く人の 青いリュックが 時々 ほんの少し 見えているだけです

やはり 早めに 左側へ トラバースしていく方が 楽でした

b0124306_20031060.jpg
やっと 登山道へ 出たようです

b0124306_20055974.jpg
登山道に 雪がある ?
樹氷が 落ちて まだ 残っていました

b0124306_20240409.jpg
正面に 瓶ヶ森

とても いい感じ

b0124306_20252218.jpg
石鎚山の 巻道の 鉄の階段が 見えている

b0124306_20261115.jpg
登山道に 合流すると 
なんと 偶然にも 朝 登山口で 出会った しんクン達と バッタリ
こんな事も 珍しい・・・・
b0124306_20273333.jpg
さあ ゆっくり 下山しますか

b0124306_20301444.jpg
今から 帰る 土小屋へ続く尾根

b0124306_20312155.jpg
正面には 瓶ヶ森

b0124306_20322367.jpg
雲海に 浮かぶ 瓶ヶ森
いいですね~


b0124306_20330015.jpg
無事に 土小屋へ 帰って来た

b0124306_20334468.jpg
土小屋の お店で また また 偶然にも nekojigenさんとも バッタリ
お疲れ様でした

b0124306_20361818.jpg
帰り道 石鎚山を 振り返る


b0124306_20400205.jpg
滝雲も 見れました

b0124306_20411274.jpg
今日は 大変 お疲れ様でした

本沢コースは 赤色
北沢コースは 水色
南沢コースは 青色
b0124306_20425584.jpg







by ohara98jp | 2018-11-04 13:16 | 石鎚山系 登山 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 白骨樹を登る幻のシカ  土佐矢筈山と 本当の小檜曽山 ... >>