中津渓谷 台風のあとの雨竜の滝が凄かった 

30.10.07

中津渓谷 雨竜の滝 物凄い 水量
地響きと轟音 水しぶきをあげて 迫ってきます

間近まで 近寄ると 恐怖を感じます

b0124306_00284004.jpg


大歩危峡も 台風の影響で 増水していて
さすがに ラフティングは していなかった

b0124306_22595327.jpg

ひばり食堂も 相変わらず 行列が出来ていました
つゆだくの カツ丼で 有名です
b0124306_23004722.jpg
634の道の駅で いい匂いに 釣られて 試食

b0124306_23022956.jpg
中津渓谷へ 到着

b0124306_23042435.jpg
結構 台風の 影響で 増水していた
この方が 迫力があり 見ごたえがある

b0124306_23051858.jpg
中津渓谷県立公園の 入り口
笑いの里 竜神七福神
b0124306_23084844.jpg
正面の奥側に 七福神の 一つ 
羅生門天の石仏が 見える

b0124306_23092027.jpg
いい感じです

b0124306_23141239.jpg
水は そんなに 冷たくはない


b0124306_23245605.jpg
もっと 増水していたら この通路も 水没するようです
柱も 何本か 折れている

b0124306_23261431.jpg
増水しているが 濁ってはいない
色が 何とも言えない

b0124306_23274802.jpg
狭い通路

b0124306_23285644.jpg
石仏が 正面に見える

b0124306_23293425.jpg
もっと 狭いドーム状の通路

b0124306_23402477.jpg



下流側を 見ると こんな感じ

b0124306_23311598.jpg
左側に 恵比寿天の石仏

b0124306_23315614.jpg
階段もある

b0124306_23323561.jpg
あそこを 通って行くのか・・・・

b0124306_23330115.jpg
あれ・・・・ カップルが 何故か 同じ場所から 動いていない


b0124306_23343764.jpg
近づいて行くと・・・・


b0124306_23384912.jpg


え~   なんと 増水していて 渡れないではないですか

靴を 脱いで 無理をして行けば 
渡れないこともないだろうが

水の流れは 結構 早い
もし 足元をすくわれて 流されれば ただでは済まない


b0124306_23375983.jpg

上流側の車道からも 雨竜の滝に行けるはずですので 引き返す事にします


b0124306_23463358.jpg

どんどん 引き返す

b0124306_23524345.jpg
左側の 建物は 中津渓谷 ゆの森 
日帰り入浴 650円

b0124306_23532323.jpg
車で 上流側に 移動中

中津渓谷 ゆの森を 見下ろす

b0124306_00021686.jpg

車で 少し 移動すると 右側に この標識がある

ここにある 昇雲橋を渡り 雨竜の滝へ 向かいます


b0124306_00064428.jpg


案内図

b0124306_00052394.jpg
昇雲橋を渡り まず 左側にある 
石柱を見に行くことにします

b0124306_00102302.jpg
吊橋を 渡り

b0124306_00110533.jpg
滝を 見ながら

b0124306_00123634.jpg
渓谷を 見下ろし

b0124306_00131273.jpg
先に 

b0124306_00140380.jpg
どんどん 進む

b0124306_00145182.jpg

意外と アップダウンがある

b0124306_00153265.jpg
色が 何とも言えない


b0124306_00161347.jpg
ここを 上がれば・・・


b0124306_00171251.jpg
祠と 橋がある

b0124306_00174301.jpg
どうやら 橋の上側から 石柱を見るようです


b0124306_00190995.jpg
下を 見ると 石柱が見える

b0124306_00401952.jpg
アップで・・・
これは 珍しい

残念なことに 丸木が 引っかかっている
あれを 取り除く事は 出来ないのかな ?
b0124306_00405734.jpg
説明文

石柱は 車道のすぐ横にありますので
雨竜の滝に 向かうのは 車道を歩いた方が 楽です

b0124306_08401745.jpg
今度は 雨竜の滝の 上流側 竜宮淵まで やって来た

(もっと 手前に 雨竜の滝へ向かう 下り口があります)

b0124306_08433331.jpg
雨竜の滝より 上流側にある 小さな滝

b0124306_08524144.jpg
アップで・・・・

b0124306_08543593.jpg
下側から 見る

b0124306_08553633.jpg
雨竜の滝の 落口を 覗き込む


b0124306_08562681.jpg
展望台まで 下りてきた

b0124306_08573404.jpg
急な 階段を 下りて行くと

b0124306_08590807.jpg
三つの橋が 見えて来た

b0124306_09002790.jpg
まず そちらの方へ 行ってみます
いい感じ・・・・
b0124306_09011513.jpg
ここにも 布袋和尚の石仏

b0124306_09022907.jpg
赤い 橋が見える

b0124306_09031632.jpg
綺麗な色で いい感じ

b0124306_09041099.jpg
赤い橋を 渡ると 寿老人の石仏

b0124306_09051858.jpg
振り返ると とてもいい感じ

b0124306_09060402.jpg
岩の隙間 狭い通路がある

b0124306_20394715.jpg
休憩所がある

b0124306_20404109.jpg
その前にも 福禄寿の石仏

b0124306_20412070.jpg
案内図

b0124306_20434161.jpg
打ち出の小槌がある

水辺を 歩く

b0124306_20442864.jpg
弁財天の石仏

b0124306_20460318.jpg
どんどん進む


b0124306_20472863.jpg
通路に 巨大な石の落石

こんなのが 当たれば 即死です

b0124306_20475518.jpg
この先が 増水で 通れなかった所です

b0124306_20492143.jpg
ここです

b0124306_20501501.jpg


もし 足元を すくわれると 
ここの 激流に 流されます

b0124306_20535226.jpg
引き返す事にします

b0124306_20561336.jpg
この階段を上がると

b0124306_20570600.jpg
鳥居があり

b0124306_20573407.jpg
その上側には 祠


b0124306_20581816.jpg
見下ろすと こんな感じ

b0124306_20585576.jpg
水際を 通り

b0124306_20593579.jpg
岩の隙間を 通り抜け

b0124306_21000452.jpg
どんどん進む

b0124306_21014728.jpg
赤い橋を 渡り

b0124306_21021621.jpg
雨竜の滝へ 向かう
右奥側にあるのだが もう もの凄い 轟音と 
水しぶきが ここまで 飛んできている


b0124306_21025151.jpg
雨竜の滝が 見えて来た


b0124306_21061283.jpg
誰も居ない
水しぶきが 凄い
凄い 轟音と 地響き

近づくのが 怖いくらいだが・・・・・

動画を撮りながら 近づくが カメラが すぐに濡れてしまう

防水カメラでないと 壊れてしまいそう・・・・



b0124306_21071671.jpg

https://youtu.be/XeY0Qs1SkhQ   動画ビデオ





びしょ濡れ状態になったので 引き返していると
ガイドが 団体さんを 引き連れてきた

b0124306_21172071.jpg
また 引き返して 写真を撮る

b0124306_21190932.jpg
滝まで 近づいた人は 4人ほど
他の人は 途中までで 引き返していた


b0124306_21225822.jpg
いや~ それにしても 雨竜の滝 凄い 迫力です
増水していても こんなに 近寄れるのは ここぐらいじゃないかな ?

いいですね~~  気に入りました

b0124306_21251524.jpg
中津渓谷 歩く距離も 短く
通路も 意外と 変化に富んでいて 面白い

増水していて 轟音をたてて 水しぶきが凄い 雨竜の滝が 一番の目玉です



ドライブがてら 見に行って下さい
お勧めします

































































工事中です・・・・・



































































by ohara98jp | 2018-10-09 23:05 | ドライブ 旅行 グルメ 日常 事件 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 金比羅宮例大祭  鳴沢氷穴・富岳風穴・西湖コウモ... >>