快晴の富士山 お鉢巡り 宝永山 周遊

30.09.23

富士宮口五合目~剣ヶ峰~お鉢巡り~御殿場ルート~宝永山~富士宮口五合目 周遊

b0124306_20174994.jpg


前日まで 雨・ガス・強風の 悪天候で どうなることかと 思ったが
今日は とても いい天気になりそうです

富士宮口五合目 標高2400mから 登ります
富士山の剣ヶ峰の頂上が 3775.6mですので なんと標高差1375.6mの 厳しい登山になります

それも 9月10日以降は 山小屋はすべて閉鎖されていて 宿泊が出来ないので 日帰り登山になります

b0124306_10590620.jpg
朝 5時過ぎに 出発

b0124306_11023728.jpg
初めての 富士宮ルート 
それも 日帰り登山 
どうなるか 楽しみです


b0124306_11035032.jpg
すぐに 六合目の 雲海荘

b0124306_11045838.jpg
太陽が 顔を出してきた

b0124306_11122006.jpg
朝日を 浴びながら 進む

b0124306_11132944.jpg
おや・・・・
こんな場所に テントを張っている

本当は 禁止されているのではなかったのかな

b0124306_11164142.jpg
新七合目の小屋が 見えている

b0124306_11185041.jpg
岩が ゴロゴロ

b0124306_11223689.jpg
もうすぐ 新七合目の 御来光山荘

b0124306_11230936.jpg
新七合目の 小屋の前では 大勢が 休憩中
標高2790m

b0124306_19153395.jpg
大きな石が ゴロゴロ
まるで 障害物競走です


b0124306_19165338.jpg
今度は 元祖七合目の小屋に 向かって 進みます

b0124306_19183054.jpg
後ろを振り返ればこんな感じ

ゾロゾロと 大勢の人達が登ってくる

b0124306_19192151.jpg
急斜面の 岩場になります

b0124306_19220500.jpg
もうすぐ 元祖七合目の 山口山荘に到着
標高 3030m

b0124306_19230834.jpg
元祖七合目の小屋を 通り過ぎての 登りは こんな感じ
行列が 出来ている
b0124306_19241123.jpg
また 岩場の 階段状になります

b0124306_19252548.jpg
ここで ベテランの K さんが 珍しく 
高山病か シャリバテか 寝不足なのかは 分からないが 
ヘロヘロになって 座り込んでしまう

b0124306_19262024.jpg
少し 休んで また 登りだす


b0124306_19292994.jpg
傾斜が


b0124306_19303800.jpg
だんだん

b0124306_19322564.jpg
キツくなり さらに スローペースで進む

b0124306_19331431.jpg
八合目の 池田館は ず~と 見えているのだが・・・・

b0124306_19334926.jpg
池田館まで 結構 キツイ登りです

b0124306_19351803.jpg
八合目の 池田館の前で また また 休憩
標高 3220m


ここで K さんの ザックを 少しでも 軽くするために 
二人で 少しずつ 水と荷物を 持つことにします

b0124306_19362994.jpg
池田館から 頂上方面が 見えています

b0124306_19481285.jpg


下を 見ると 雲海と宝永山と ゾロゾロ 登って来ている人達

b0124306_19391249.jpg
あれれ・・・・
明らかに 登山客とは 違う 赤いコートと ショルダーバッグの 女の人が 登って来ている

凄い こんな八合目の 池田館まで 中国人の観光客が 登って来ていました
標高 3220m ですよ  飲み物 持っているのかな ?

b0124306_19403745.jpg
さあ 先に進みますか

b0124306_19541792.jpg
なかなかの 急登です


b0124306_19552881.jpg
さらに キツくなる

b0124306_19570089.jpg
頂上が 見えてはいるが・・・・
まだ まだ 遠い
b0124306_19580355.jpg
あの二本の柱は 鳥居が 壊れたものかな ?

b0124306_19591676.jpg

二本の柱には 一円 五円 十円玉 バッチなどが 刺さっている 
何か 異様な感じ

b0124306_20004321.jpg
しかし 今日は もの凄く いい天気です

青い空と 飛行機  
肉眼で見ると 飛行機も ずいぶん 近く見えます

b0124306_20034226.jpg
今日は 約12m前後の 風があるので 涼しい
暑さに 弱い 私には いい気候です

b0124306_20065005.jpg
九合目の 万年雪山荘に 到着 
標高 3400m


b0124306_20073928.jpg
小屋のトイレは 鍵がかかっていて 使用出来ません

9月10日から すべての 小屋が 閉鎖しているので
どこのトイレも 使用出来ませんので 大変 困ります

樹林帯とか 隠れる 茂みは 全く無いので
特に 女性は とても大変だと思います

でも 登って来ている人は とても 多かったです

b0124306_20085091.jpg
鳥居を 潜って行く

b0124306_20212140.jpg
頂上は 見えているが・・・・
まだ まだ 遠い
b0124306_20223220.jpg
九合五勺の 胸突山荘も だんだん 近づいてくるが・・・

b0124306_20260008.jpg
最後は 結構な 急斜面の岩場です

b0124306_20264712.jpg
頑張って 登る

b0124306_20282606.jpg
やっとこさ 九合五尺の 胸突山荘に到着
標高 3550m

b0124306_20294237.jpg
九合目の 胸突山荘から 見える 頂上
随分 近くなった
  
b0124306_20303234.jpg
  

さあ もう少しです 
スローペースで ゆっくり 登りましょう

b0124306_20330353.jpg
さらに 傾斜がキツくなる

b0124306_20355037.jpg
急な階段 地獄です

b0124306_20364059.jpg
つづら折りの 急な登山道

b0124306_20374362.jpg
白い鳥居の頭が 見えている

b0124306_20391209.jpg
もうすぐです

b0124306_20400640.jpg
K さん もう ヘロヘロです

ここで しばらく 休憩

b0124306_20404906.jpg
しばらくして 鳥居を くぐり すぐ近くの 頂上へ・・・

b0124306_21123749.jpg
頂上 浅間大社奥宮に到着

左側の建物は 日本で 一番標高の高い 場所にある郵便局
頂上の 小屋も すべて 閉まっている
b0124306_21134487.jpg
さあ 本当の 最高地点 
剣ヶ峰に行きますか

b0124306_21171094.jpg
火口が 凄い
大き過ぎて 写真に 収まりきらない


b0124306_21183279.jpg
剣ヶ峰と 火口

こんなに ハッキリ クッキリ 見えているのも 珍しい
いつもは ガスで 見えない事が多いのです

b0124306_21214392.jpg


剣ヶ峰への 急斜面 
人が ゾロゾロ 登っている

b0124306_21202814.jpg
ブルドーザー 二台と ユンボが 作業をしていた


b0124306_21251703.jpg
最後の ビクトリーロード ?

b0124306_21272473.jpg
滑りやすい 急斜面に 土を 敷き詰めていた


b0124306_21283143.jpg
本当に 最後の 登り

b0124306_21314461.jpg
昔 丸いドームがあった 富士山特別地域 気象観測所
今は 下界に 移設しています

b0124306_21322695.jpg
剣ヶ峰では 記念撮影するのも 順番待ち


b0124306_21342191.jpg
富士山 二頭三角点
標高 3775.63m

日本で 一番 標高の 高い場所



b0124306_21373655.jpg
記念撮影


b0124306_21423845.jpg
剣ヶ峰から見る 火口

b0124306_21435417.jpg
これから行く お鉢巡りコース
時計回り
b0124306_21443994.jpg
パノラマ写真

b0124306_21454409.jpg
お鉢巡りの 案内図

b0124306_21463966.jpg
さあ お鉢巡り しますか

b0124306_21473699.jpg
火口を 見ながら ゆっくり進む

b0124306_21482366.jpg
どんどん進む

b0124306_21491800.jpg
剣ヶ峰を 振り返ればこんな感じ


b0124306_21502139.jpg
さらに 進むと

b0124306_21512460.jpg
下りになる

b0124306_21521612.jpg
火口に 向かって 進みます


b0124306_21531557.jpg
そこからの 登り返し

b0124306_21542040.jpg
さらに 緩やかな登りが 続く

b0124306_21564982.jpg
火口は こんな感じ

b0124306_21595114.jpg
もう少しで 吉田ルートです

b0124306_22025466.jpg


さらに 進む
剣ヶ峰が 遠くなった

b0124306_22011189.jpg
吉田ルートの 鳥居が 見えて来た

b0124306_22044883.jpg
富士山頂上浅間大社奥宮の 石柱

以前は ゼロ号目から 吉田ルートを 上り 
明け方に ここに 到着して ご来光を 見ました 
懐かしい 思い出です
b0124306_22054361.jpg
吉田ルートを 上から 見下ろす

積雪時は この急斜面で 滑落事故が多い場所です

b0124306_22074821.jpg
さあ 先に 進みますか

b0124306_22123634.jpg
剣ヶ峰が 正面に 見えている

b0124306_22143711.jpg
どんどん進む

b0124306_22152336.jpg
登山道が 狭くなる

b0124306_22161246.jpg
特徴的な 大きな岩

b0124306_22165696.jpg
下に 宝永山が 見えて来た


b0124306_22173543.jpg
さらに 進む

正面 右側の 白いのは ツララでした
b0124306_22182163.jpg
ここを 行くと

b0124306_22204481.jpg
これから 下る



b0124306_22212935.jpg
御殿場ルートの 下り口に やって来た

b0124306_22254731.jpg
小さな 鳥居がある

b0124306_22270997.jpg
取り敢えず お鉢巡りの 完結のため
すぐ近くの 登って来た 富士宮ルートまで 行きます


b0124306_22280696.jpg
鳥居を くぐって 

b0124306_22302271.jpg
右上に あがれば

b0124306_22313234.jpg
朝 登って来た 

b0124306_22321469.jpg
頂上浅間大社奥宮に到着

これで お鉢巡り 完了

b0124306_22325644.jpg
さあ 御殿場ルートの 下り口に 引き返しますか
あの 真ん中の 鳥居から 下ります

b0124306_22335569.jpg
正面の 鳥居が 御殿場ルートの 下り口です



b0124306_22363454.jpg
通行止めの 標識があるが そのまま 通ります


b0124306_22375732.jpg
雲海と 宝永山を 見ながら 下ります

b0124306_22413272.jpg
私達が 下っていると まだ 登って来ている人達が 意外と居ました



b0124306_22423357.jpg
上を 見上げると こんな感じ

b0124306_22435719.jpg
土が 赤い
火星にでも 来たようだ

b0124306_22444500.jpg
宝永山が 真下に見える

b0124306_22453650.jpg
上を見上げれば こんな感じ
結構 下りて来た

b0124306_22462784.jpg
赤岩八合館を 通り抜け

b0124306_22505608.jpg
さらに 砂走館を 通り抜け


b0124306_22522370.jpg
上を見上げれば こんな感じ

b0124306_22540522.jpg
わらじ館を 通り抜け

b0124306_22544527.jpg
下ると

b0124306_22563841.jpg

また すぐに 日の出館


b0124306_22555187.jpg
宝永山が だんだん 近づいて来た

b0124306_22581559.jpg
砂滑りしながら 下る

b0124306_22590821.jpg
また 上を見上げれば こんな感じ
随分 下ってきた
b0124306_22595673.jpg
まだまだ 砂滑りを 楽しみながら 下る

b0124306_23005237.jpg
宝永山の アップ

ここから見ると 結構 上りがあるのかなと 思って

b0124306_23023605.jpg
だんだん 近づいて 







b0124306_23050487.jpg
行くと

b0124306_23060680.jpg
以外にも ほとんど 水平道だった

上から 見ると 目の錯覚で 上りに見えるみたいです

b0124306_23065170.jpg
後ろを振り返ればこんな感じ

さっきまで居た 頂上が 見えている

このコースを 上りに使うと 足元が ズルズルと崩れ 
とても 歩き難いと 思います
b0124306_23080146.jpg
ふと 横を見ると 影富士を 発見

右側が 宝永山なので 少し イビツな感じ

b0124306_23091143.jpg
もうすぐ 日が沈む

b0124306_23114479.jpg
宝永山の 先端には

b0124306_23124935.jpg
方位盤があった

影富士も さらに 大きくなっている

b0124306_23133046.jpg
さあ 下りますか

b0124306_23154909.jpg
砂ぼこりが 凄くて すぐ後ろを歩けない
離れて ついていく
b0124306_23171250.jpg
ここも 砂滑りを 楽しみながら下ります

b0124306_23182159.jpg
この下り 意外と 長く感じました

b0124306_23192336.jpg
宝永山の 火口に 下りて来た

もう 靴とズボンは 砂ぼこりで ホコリまみれ
叩けば いくらでも 出てきます





b0124306_23204074.jpg
ベンチで しばし 休憩

宝永山を 見上げる

b0124306_23214390.jpg
ここから さらに 登り返していく

b0124306_23223540.jpg
後ろを振り返れば お月さんが 見え出した


b0124306_23232450.jpg

登りきっての 分岐


b0124306_23250320.jpg
標識

b0124306_23260045.jpg
頂上 方面
肉眼では もっと 薄暗く 見えていた

b0124306_23265529.jpg
向こうに 小さく 見える建物は

b0124306_23274888.jpg
六合目の雲海荘でした

ここだけは 営業していました


b0124306_23290324.jpg
ここからは ヘッドライトを 点灯

b0124306_23304923.jpg
S さんの ペルツのヘッドライトが 非常に明るい

帰って アマゾンで 値段を調べると 2万円越え 
新しい物だと 約27000円 高~い


b0124306_23314389.jpg

18時30分 無事に 下山する

朝 5時に 出発して
超スローペースの 行動時間 13時間30分でした


b0124306_23344655.jpg
お疲れ様でした
秋の 富士山を 十分堪能しました

いや~ 最高の天気に 恵まれ 日焼けをして 顔が ヒリヒリします
4日後には 顔の 額と 鼻の 皮が 剥けてしまいました


しかし 前日までは 雨・ガスと約20mの強風だったのに
今日は 打って変わっての 物凄い晴天に 恵まれました

これも 私の 日頃の行いが 良かったのでしょうか ?
自称 晴れ男です

有難う御座いました




by ohara98jp | 2018-09-23 10:46 | アルプス 百名山登山 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 鳴沢氷穴・富岳風穴・西湖コウモ... にこ淵への下り 階段が新設されていた >>