三瓶山 周遊 島根県 二百名山

30.06.17 

三瓶山 西の原から周遊 時計回り

b0124306_21340411.jpg
西の原 駐車場からの 男三瓶山(左)と子三瓶山(右)

b0124306_21344292.jpg
案内図

b0124306_21381026.jpg
さだめの松から 出発

b0124306_21390686.jpg
ゴルフ場みたいに 芝を刈っている
いい感じ・・・・
b0124306_21395138.jpg
しばらく 進むと

b0124306_21404415.jpg
分岐がある

b0124306_21411974.jpg
案内図

b0124306_21425930.jpg
周遊で 最後に 男三瓶山を 持って来ると 大変 キツくなるので
まず 最初に 男三瓶山へ行きます  90分です


b0124306_21440624.jpg
ジグザグに登って行く

b0124306_21520020.jpg
山アジサイが 多くありました

b0124306_21524120.jpg
しばらく登ると 開けた場所に出る
西の原の 駐車場も見えていた
b0124306_21542992.jpg
正面に見える山が気になる
あそこを 縦走してみたい ?
b0124306_22055202.jpg
ヤマツツジ・シモツケなど
花が たくさん咲いている お花畑

b0124306_22070064.jpg
シモツケ 
とても 綺麗ですよね~

b0124306_22074106.jpg

白い ウツギ

b0124306_14275970.jpg


男三瓶山まで まだ もう少し あります

b0124306_22130402.jpg
右側には 最後に登る 子三瓶山が 見えている

b0124306_22134335.jpg
後ろを振り返れば こんな感じ
いいですね~~

気持ちがいい・・・・
b0124306_22144911.jpg
ふと見上げると 彩雲が見えました

b0124306_22161489.jpg
どんどん 先に 進みます

b0124306_22175744.jpg
標高 1000mまで 登って来ました

b0124306_22195895.jpg
しばらくすると 傾斜が 緩やかになる

b0124306_22233360.jpg
やっと 男三瓶山の頂上 標識が見えて来た

b0124306_22245680.jpg
男三瓶山の頂上は だだっ広い

b0124306_22301729.jpg
三角点と標識   標高 1126m

b0124306_22310834.jpg
大勢の人達が 来ていました

今日は 真夏のように 日差しがキツイ
とても 暑いです

b0124306_22321170.jpg
この先の景色は 出雲大社方面

b0124306_22330306.jpg
弓形湾の左先奥側に 出雲大社があります

b0124306_22341337.jpg
美味しいコーヒーを ご馳走になる 
いつも 有難う御座います

b0124306_12512738.jpg

さて 女三瓶山に 向かいますか

b0124306_22375703.jpg
女三瓶山には 60分かかります


b0124306_22362749.jpg



ウマノアシガタ
綺麗に 咲いていた

b0124306_22452713.jpg


避難小屋がある

b0124306_22392930.jpg
内部

ハシゴがあり 二階にも上がれるようです

b0124306_22395919.jpg
ここは 以前から 崩れている崩落地

b0124306_22464294.jpg
足元は こんな感じ

b0124306_22474164.jpg
さて 下って行きます

b0124306_22482796.jpg
可愛い コアジサイ

b0124306_14022573.jpg


この花は ?


b0124306_22490445.jpg
あれれ・・・・

少し 崩れている


b0124306_22522115.jpg

ロープがある 急斜面を 下ります

b0124306_22530847.jpg
どんどん進む

b0124306_22542573.jpg
右側には これから行く 孫三瓶山と子三瓶山

b0124306_22575130.jpg
コバノフユイチゴの白い花

b0124306_23005790.jpg
女三瓶山が 近づいて来た

b0124306_23021771.jpg
急な岩場の下り

b0124306_23030961.jpg
今度は 登り返しになる

b0124306_23040759.jpg
途中にある 兜山

b0124306_23053475.jpg
また 急な岩場の下り

b0124306_23062093.jpg
ギンリョウソウが 多くありました


b0124306_23065695.jpg
これも 可憐に咲いていた

b0124306_23073753.jpg
ウツボグサ

b0124306_23085334.jpg
もうすぐ 女三瓶山

b0124306_23103150.jpg
女三瓶山 頂上  標高 957m
とても 見晴らしが良い場所です

b0124306_23111742.jpg
正面の 男三瓶山から 下りて来ました

b0124306_23123058.jpg
女三瓶山から 次の 孫三瓶山へ向かいます

b0124306_23161346.jpg
下った所に 展望台がある

b0124306_23165510.jpg
そこからの 景色 
今は 草木が お生い茂っていて 下の池が見えない

以前 積雪時に 下の 室の内池から ここへ這い上がって来た 
懐かしい 思い出がある


b0124306_23180695.jpg
案内図

b0124306_23201955.jpg
大平山 標高 854mから
これから 行く 孫三瓶山と 子三瓶山を見る

b0124306_23234817.jpg

大平山から 女三瓶山を振り返る

b0124306_23220047.jpg
さあ 次の 孫三瓶山へ 向かいますか

b0124306_23255032.jpg
ササユリが あちこちに咲いていた

b0124306_23262158.jpg
孫三瓶山への 急な登り
気温が高く 非常に体が 重く感じる 
b0124306_23273495.jpg
孫三瓶山に到着  標高 907m

b0124306_23281340.jpg
孫三瓶山からの下り

左側 子三瓶山
右側 男三瓶山
b0124306_23310645.jpg
急斜面の下り

b0124306_23332423.jpg
これは ヨツバヒヨドリ

b0124306_23350683.jpg
イチヤクソウ

b0124306_14150114.jpg
オオバギボウシ

b0124306_14162686.jpg


子三瓶山への上りで・・・・ついに異変が・・・・

b0124306_23354739.jpg
とても 体が熱くて熱中症にでも なったのか ?
車で例えるなら オーバーヒート

体が火照って とても暑い ヘロヘロになり クラクラする
こんなの初めてです
どうなってしまうのでしょうか ?
b0124306_23375240.jpg
何とか 撮影しながら・・・・・

b0124306_23400759.jpg
いや~ キツイ しんどい
一体 どうしたのだろうか ?

汗 びっしょりになりながら 進む
b0124306_23410329.jpg
子三瓶山まで もう少し

b0124306_23425279.jpg
子三瓶山  標高 961m


b0124306_23433217.jpg
さて もう 西の原へ 帰るだけです
しばらく 休憩して 
一旦 男三瓶山へ 向かって急斜面を下ります
b0124306_23460474.jpg
土が 深く えぐれた急斜面を 下る

b0124306_23472954.jpg
ヤマボウシ 綺麗に咲いていた

b0124306_23490194.jpg
どんどん 進む

b0124306_23524069.jpg



ここの分岐を 左折して 西の原へ下る

b0124306_23504392.jpg
西の原まで 2km

b0124306_23513740.jpg
足元は 笹で よく見えない

b0124306_23535736.jpg
ハンゲショウ
葉っぱの色が 白くなっている

b0124306_23543688.jpg
傾斜が 緩やかになる

b0124306_23560334.jpg
堰堤が 見えてきたらもう少しです

b0124306_23570351.jpg
朝 通った分岐に到着

b0124306_23584107.jpg
何とか ヘロヘロになりながらも 
西の原に 戻って来ました

b0124306_23594925.jpg
すぐ近くの 四季の宿 さひめ野で さっぱりして帰りました
シャンプー・リンス・ボデーソープ 露天風呂 付き  500円

b0124306_00012426.jpg
今日は 真夏のように気温が上がり 暑さに弱い私
日射病みたいになり ヨレヨレになり メンバーに大迷惑を掛けてしまいました

反省・・・・・


つい最近になり 下りの時に 必ず両ひざが痛くなって 困っています

以前 関節ねずみで 手術した時に レントゲン撮影で 
両ひざの軟骨が すり減ってしまっていると言われていたのだが・・・・

それが 原因なのかな 
そういう場合 どうすれば いいのだろうか ?












by ohara98jp | 2018-06-17 21:38 | 本州 九州 登山 鳥取 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 猿田洞(さるたどう) 高知県の... 烏ヶ山(からすがせん) 周遊 鳥取県 >>