烏ヶ山(からすがせん) 周遊 鳥取県

鳥取県の 烏ヶ山(からすがせん) 時計回り

宇多田ヒカルの 奥大山の天然水のコマーシャルの 撮影場所で
有名になっていて 大勢の人達が来ていました



b0124306_20521531.jpg
高速道路の蒜山からの 伯耆大山と 尖っている 烏ヶ山(からすがせん)
山陰の マッターホルンと呼ばれています





b0124306_20525467.jpg

休暇村奥大山 鏡ヶ成の駐車場からの烏ヶ山
結構 尖っていますね~

b0124306_21012729.jpg
アップで・・・・

南峰 頂上の右側が 崩落している

烏ヶ山は 平成12年の鳥取県西部地震から 平成28年まで 16年もの長い間 登山禁止になっていました


b0124306_21023544.jpg
駐車場から ほんの少し歩いて 
カーラ谷コースの 登山口へ移動

帰りは 時計回りで周遊して 新小屋峠の登山口へ 下りて来ます

b0124306_21162274.jpg
注意書きがありました



b0124306_21191666.jpg
新緑のとても静かな 登山道

b0124306_21224822.jpg
ギンリョウソウ 発見


b0124306_21234107.jpg
苔むした 枯れた沢を渡る

b0124306_21251234.jpg
笹のトンネル

b0124306_21261638.jpg

b0124306_21265138.jpg
鬱蒼と茂っている 登山道

b0124306_21273936.jpg
段々 傾斜が きつくなる

b0124306_21283203.jpg
ウツギが 綺麗に 咲いていました

b0124306_21295469.jpg
後ろを振り返ればこんな感じ

車を止めた 鏡ヶ成の 駐車場が見えている

b0124306_21302121.jpg
食べられない キノコ

b0124306_21311904.jpg
倒木を くぐり抜けて行く

b0124306_21315224.jpg
傾斜が さらに きつくなる

b0124306_21325409.jpg
登山道は 足元が隠れて見えない状態

b0124306_21340884.jpg
ようやく 烏ヶ山の手前の南峰ピークが 見えて来た

b0124306_21351583.jpg
あちこちに 数多くありました

b0124306_21355147.jpg
よく滑る 岩場
ロープがある

b0124306_21373206.jpg
右側に見える 矢筈ヶ山

b0124306_21382580.jpg
烏ヶ山 手前の南峰ピークが崩落している

b0124306_21394327.jpg
現在も どんどん 崩れていっている

b0124306_21404265.jpg
ここも 崩れかけている
いつまで もつだろうか ?

b0124306_21420575.jpg
ここで 渋滞が起きている

b0124306_21430670.jpg
よく見ると
崩れて 大きな段差が 出来ている

b0124306_21440232.jpg
幅は狭いが 奥行きが深く えぐれている
奥に入り過ぎると 登りにくくなる

b0124306_21452085.jpg
ここが 渋滞の原因でした




b0124306_21460761.jpg
新小屋峠からの 合流点
標識がある
b0124306_21472811.jpg
急斜面の岩場

b0124306_21485321.jpg
岩場を よいこらしょと這い上がる

b0124306_21491780.jpg
這い上がって 後ろを振り返ればこんな感じ

このあたりが 宇多田ヒカルが 座っていた岩場みたいだ

b0124306_21500163.jpg
やっと 烏ヶ山が 見えて来た

b0124306_21545762.jpg
頂上のアップ

人が居るのが 分かる

b0124306_21554027.jpg
さあ もう少しですが
それにしても ずいぶん 尖っているなあ~

b0124306_21564544.jpg
一旦 下って 登り返す

b0124306_21592656.jpg
ロープがある岩場

b0124306_22005137.jpg
急斜面の 壁のような岩場が 続く

b0124306_22014382.jpg
足元はこんな感じ

落ちれば 洒落になりません

b0124306_22023301.jpg
後ろを振り返れば 今越えて来た南峰のピーク

b0124306_22035224.jpg
鳥ケ山の頂上の標識が見えた
標高 1448m

b0124306_22043583.jpg
正面の岩は トド岩

b0124306_22054676.jpg
さっそく 登ってみた

何とかの 高登り ?

b0124306_22065692.jpg
トド岩の上からの 素晴らしい眺め

正面には 伯耆大山

b0124306_22073629.jpg
足元は こんな感じ

b0124306_22084015.jpg
後ろを振り返ればこんな感じ

b0124306_22103318.jpg
裏側から トド岩に 挑戦する女性

b0124306_22112328.jpg
この女性は 恐る恐る よじ登り


b0124306_22131135.jpg
ちゃんと 頂上で立ち上がりました
凄い・・・・ですね

b0124306_22145307.jpg
さあ そろそろ 下山しますか

b0124306_22331863.jpg
急斜面の岩場を 

b0124306_22353422.jpg
どんどん 下ります


b0124306_22364921.jpg
イワカガミが咲いていた

b0124306_22380518.jpg
鳥ケ山を 振り返る

頂上に二人

b0124306_22392922.jpg
若い女性のグループが 
キャー・・・ 怖い怖いと言いながら 登って来た

急斜面の岩場に慣れていないと 大変でしょう


b0124306_22401953.jpg
可愛い アカモノが 綺麗に咲いていた

b0124306_22434565.jpg
賑やかな 女性グループを やり過ごしてから 岩場を下ります

女性達は 急斜面の 岩場を登る経験がほとんど無いようで
危なっかしくて 見ているこちらが ヒヤヒヤしました
b0124306_22555427.jpg
周遊するために 分岐から 新小屋峠方面へ 下ります

b0124306_22585377.jpg
ロープがある 滑りやすい 急斜面の岩場

b0124306_23000515.jpg
急斜面の岩場を 転がり落ちるように下る

b0124306_23010200.jpg


下っている途中から見える 烏ヶ山
本当に 絶壁ですよねぇ~

b0124306_23030692.jpg
下っていて 転けそうになる
足元を見ると なんと 木の根っこが 靴紐の 輪っかを 通っていた
こんな事も 珍しい

b0124306_23042602.jpg
また 烏ヶ山を 振り返る

結構 下って来た

b0124306_23093311.jpg
灌木を 掴みながら 急斜面を下る

b0124306_23103108.jpg
どんどん下って行く

b0124306_23121060.jpg
開けた場所で またまた 烏ヶ山を見上げる

b0124306_23133703.jpg
沢筋には 雪渓が まだ残っていました

b0124306_23151658.jpg
アップで・・・・

b0124306_23160017.jpg
分岐


b0124306_23164401.jpg
ここから 右折して 新小屋峠へ下ります


b0124306_23172682.jpg
足元は 滑りやすい土です
雨が 降ると大変です

b0124306_23183984.jpg
ヌタ場もある

b0124306_23210565.jpg
ウツギも あちこちに綺麗に咲いていた

b0124306_23214215.jpg
さらに どんどん下って行く
傾斜は 随分 緩やかになっている
b0124306_23233027.jpg
車道が見えて来た

b0124306_23244262.jpg
何とか 無事に 新小屋峠の登山口に 下山してきた

b0124306_23252760.jpg
残念ながら クマには 出会えませんでした

b0124306_23262116.jpg
少し 車道を歩き

b0124306_23271243.jpg
鏡ヶ成の駐車場へ 戻って来ました

b0124306_23275412.jpg
すぐ横の 休暇村奥大山で 温泉に入りました

b0124306_23284718.jpg
奥大山の天然水の温泉   
シャンプー・リンス・ボデーソープ付き  510円 


b0124306_23294929.jpg
帰りに すぐ近くの鬼女台展望所で 
伯耆大山と烏ヶ山を眺めながら・・・・まったり


b0124306_23311118.jpg
急斜面の岩場などがあり 変化に富んでいる登山道
頂上のトド岩からの素晴らしい伯耆大山の眺め
結構 楽しめました





伯耆大山 三ノ沢から剣ヶ峰も 是非見て下さい





by ohara98jp | 2018-06-03 20:49 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 三瓶山 周遊 島根県 二百名山 谷川岳・浅間山・美ヶ原  >>