徳島 天岩戸神社 不思議な体験 オーブ

                                           

26.11.09 徳島県 天岩戸神社(あまのいわと)  天の磐戸神社




右側の 車道の上側にある四角のマークから 
左下側へ 点線を歩いて 赤色の天岩戸神社まで 約2時間です

天磐戸神社の 奥の院
天の岩戸の 神楽岩
b0124306_11261821.jpg
最近 休日になると 雨ばかりで 
今日も 天候が悪くて 山に行けないので 
今まで 行っていない場所へ ドライブする事にしました

以前から 剣山に 行く途中にある 天岩戸と書かれた この看板が ず~と 気になっていて

その天岩戸へは ここから 歩いて 約2時間以上かけて 行くことしか出来ないと思っていたのですが
林道が出来ていて 車でも 行けることが分かり さっそく 今回 行って来ました

b0124306_11254636.jpg
行く途中 久しぶりに 『手打ちうどん 田舎で暮らそうよ』 に 寄り道
もう何年も前に 夜中に 剣山へ登り ご来光を見ての帰り以来です

登山で 朝 早くだったり 帰りは 遅い時間になり
なかなか 営業時間内に 立ち寄る事がなかったのです 

ここの主人がやっていた スキーなどの雑談のあと 
天岩戸神社への入り口を 教えて頂きました

b0124306_12505417.jpg
メニュー    
b0124306_13014689.jpg
注文をしてから 茹で始めました
b0124306_13010855.jpg
かけうどん   400円  
ちくわ     100円 でした

平日は 子供を つるぎ町の学校まで 送迎するために 下山して 
松尾神社の すぐ北側で うどん店を開いているそうです
b0124306_13023432.jpg
第一ヘアピンカーブより 手前にある 
今は もう 廃業している この店舗(食堂つるぎ)を 通り過ぎた所に
b0124306_13164523.jpg



左側に 小さな 天岩戸の 看板があります

気にしていないと 意外と 気付かずに通り過ぎてしまいます
b0124306_13171400.jpg
ここを 下って行きます

林道 天ノ岩戸線と 書いてあります
b0124306_13183539.jpg
ガスに 包まれた 林道を 
b0124306_13342810.jpg
どんどん 走って行くと
b0124306_13350601.jpg
左側に 鳥居が 見えてきました
b0124306_13360108.jpg
天岩戸神社に 到着です
駐車場も 簡易トイレもありました
b0124306_13383209.jpg
鳥居の横にある 右側の 狛犬

少し 不気味 ?
b0124306_13392762.jpg
左側の 狛犬

こちらは ユニークな 顔です ?
b0124306_13402415.jpg
崩れかけた ある種 独特の 雰囲気のある階段
b0124306_14181346.jpg
また 狛犬があり
b0124306_14185192.jpg
右側 
なかなか 趣があります
b0124306_14191733.jpg
左側
b0124306_14192920.jpg
天岩戸神社の お堂  天照大神と天手力男神が 祀られている天磐戸神社  (天の岩戸神社)

正面にある 四角の穴から カメラのレンズを 突っ込んで 撮影してみました

b0124306_14213592.jpg
一枚目

おっ・・・・・
何かが 写っている
b0124306_14234003.jpg
同じように 二枚目を 撮影

白い数が 増えた  これは オーブか ?
b0124306_14241136.jpg
続いて 三枚目

白く丸い物の オーブの数が さらに どんどん 増えてくる
レンズのキズや ゴミ ほこりではありません

こちらへ 迫ってくる感じ ?
b0124306_14244741.jpg
横側の 古い神輿側

うぁぁ・・・・ これは どういう事なのでしょうか
本当に 不思議です ほとんど 時間を置かずに 連写しただけなのに・・・・・

b0124306_14312571.jpg
気を 撮り直し 
お賽銭を入れ ちゃんと お参りをしてから
もう一度 撮影してみると・・・・

何と まったく 同じように 撮影しているのに・・・・
不思議な事に 今度は 全然 写っていない ?
消えた・・・・

何か ネタがある トリックを使っているのではありません  
私にも どうして こうなるのかは 説明出来ません

b0124306_14451010.jpg
お堂の左側に 天岩戸の 小さな標識があり
b0124306_15135194.jpg
そこを 登って行きます
b0124306_15144086.jpg
説明看板
b0124306_15152842.jpg
周りは 苔むした岩などで 雰囲気が違ってきます
b0124306_15180763.jpg
変わった石の祠 ?
b0124306_15192030.jpg
石の真ん中が 凹んだ石は 何か意味があるのでしょうか    
えぐり取られています ?
b0124306_15200960.jpg
これも 削っている ?
b0124306_15205659.jpg
上には 灯籠
b0124306_15222416.jpg
左側の 灯籠

その上側には
女性の像と 天狗の像が 見えています

一種 独特な 雰囲気です
b0124306_15231206.jpg


こちらは 着物を着ています
    (天宇受売命)   (アメノウズメノミコト)


b0124306_15244573.jpg
アップで
誰かに 似ている ?
b0124306_15250701.jpg
昔 調子に乗って 天狗になっていて ?
自慢の 鼻が ヘシ折られている 天狗の像 
      (猿田彦大神) (サルタヒコノミコト)




b0124306_15255878.jpg



右目が 赤い ?
b0124306_15264108.jpg
さらに その上側には 巨大な岩があり
この上が 石舞台になっていました


b0124306_15362941.jpg
神楽岩  巨岩の下  舞台の下
b0124306_15403962.jpg
神楽岩・・・・ ?
説明文は かすれて 読み取れません
b0124306_15413910.jpg
上を 見上げると 高さ10m以上あります
b0124306_15445432.jpg
苔むした 神楽岩 巨岩の左側
b0124306_15453495.jpg
その左側にも 別の 大きな 平らな岩があります
b0124306_15471110.jpg
神楽岩へ 這い上がります
b0124306_15480180.jpg
神楽岩の上側が 見えてきました
b0124306_15495233.jpg
もう少し 上側から 撮影
百人 乗っても 大丈夫 ?
結構 広いです

天の岩戸の 神楽岩
石の舞台です

約45平方メートル

磐座 (町天然記念物)の 約7m四方の 「神楽石」
b0124306_15520157.jpg
「天の岩戸神楽」
徳島県美馬郡つるぎ町一宇の「天磐戸神社」の奥の院
「天の岩戸」の「神楽岩」に・・・神様が集まりました

この「神楽岩」は、天然のステージです


b0124306_19414328.jpg
イベントがあるそうです
一宇字法正の 「天岩戸神楽」 (忌部神楽)
b0124306_20081019.jpg



毎年 12月31日の夜 松尾神社で 除夜の鐘と共に 奉納されていて  
私も 以前 見ました

徳島県美馬郡つるぎ町貞光町49    松尾神社  0883-62-3111


b0124306_20512390.jpg

天の岩戸神楽   






御神酒と
年越しそばも 振る舞われます
b0124306_20505587.jpg

雨で濡れて とても 滑りやすい 神楽岩
この高さ 約10mあります
b0124306_15542298.jpg
紅葉で いい感じ
b0124306_15545503.jpg
見上げると まだ 上があります

あの上の 巨岩の左奥側が 天の岩戸でした
b0124306_15573467.jpg
正面の 祠がある場所がそうです
b0124306_15584119.jpg
祠の 後ろ側に 岩の隙間があります

ここにも 小さな オーブが ハッキリと写り込んでいます
b0124306_16032455.jpg
覗いてみましたが 奥へはあまり 入れそうに見えなかったのですが
後で ネットで 検索してみると 奥行き 9mほどあるとかいてありました
本当かな ? 確かめてみたい気がしますが・・・・


標高約550mにある 一宇字法正の 天磐戸神社の奥社
天岩戸と 呼ばれる 石窟


b0124306_16071198.jpg
後ろ側に回りこみ 上へ上がろうとすると
御神体のため 立ち入り禁止の標識がありました
b0124306_16093187.jpg
その左側を見ると 
天石戸別神社と 書いてあります
 
b0124306_16121814.jpg
近づいて見ましたが 
別に 何もありませんでした
b0124306_16143527.jpg
周りは 大きな岩ばかりです
b0124306_16203398.jpg
神代紀の森林浴場の 看板
b0124306_16265953.jpg




この大きな 木は 
b0124306_16214453.jpg

よくも そんな 狭い 岩の隙間から 生えてきたな~
関心します
b0124306_16230724.jpg
周りは 独特な 雰囲気です
b0124306_16251066.jpg
さらに その奥側に 進んでみます
b0124306_16314750.jpg
薄っすらと 登山道らしいのが 続いているので 行ってみます
b0124306_16325499.jpg
細尾根です
b0124306_16433376.jpg
どんどん 
b0124306_16504148.jpg
登って 行くと
b0124306_16514615.jpg
変わった
b0124306_16522340.jpg
不気味な 木が 多いです

今度 みんなで 夜に来て 
肝試しでも してみますか ?
b0124306_16525012.jpg
岩場の 絶壁が現れました
b0124306_16534232.jpg
左側に 回り込んで登ると
b0124306_16544098.jpg
巨木があり 
まだまだ その先がありますが・・・・
b0124306_16553262.jpg

小雨も 降っているし 
もう 引き返すことにします
b0124306_16570259.jpg
その後は
どんどん 下り
b0124306_16581649.jpg
苔むした 雰囲気のある 岩場を 通り抜けると
b0124306_16585754.jpg
神社まで 戻ってきました
b0124306_17001418.jpg
神社まで戻り ふと 足元を見ると 
小さな ヘビと 見間違えるような 30cmくらいの 大きなミミズが・・・・・


b0124306_17033749.jpg
カンタロウミミズが うじゃうじゃ いました
こんなのは 初めて・・・・ 

もしかして もうすぐ 大地震でも起こるのかな ?
b0124306_17071570.jpg
また また 天岩戸神社の お堂の中を 
撮影してみると・・・・
b0124306_17151243.jpg
やはり オーブが 多く写り込んできました

b0124306_17171636.jpg
写すたびに 

b0124306_17302089.jpg
写り方が違います
b0124306_10395581.jpg


場所は変わって
天岩戸神社からの 帰り道 
下宮神社にも 寄り道してみました
b0124306_19074568.jpg
右側の狛犬 
b0124306_19081840.jpg
左側
b0124306_19085769.jpg
説明文
b0124306_19093203.jpg
小さい池があり 
この中に 何と 赤い小さな鯉 ? が いました

b0124306_19105928.jpg
本殿 
b0124306_19121338.jpg
内部
ここでは オーブは 写り込みませんでした
b0124306_19123690.jpg
境内
b0124306_19134835.jpg
さらに 剣山から 帰る途中 
剣山木綿温泉(ゆうまおんせん)に曲がる 少し手前の陸橋の 右下側に 
チラッと見える 赤い屋根の祠が 気になっていたので 寄り道してみます

グル~っと 回りこんで 何とか 橋の下側へ 下りてこられました
この先は 行き止まりでした
b0124306_19243238.jpg
車から 見ると こんな感じ
b0124306_21092408.jpg

蜂須大明神と 書いてありました
b0124306_19275655.jpg
蜂須大明神と言うだけに
岩場の 絶壁に 蜂の巣箱が 多く 置いてありました
b0124306_20340954.jpg


今回 以前から 気になっていた場所に 
行けて 随分 スッキリしました










by ohara98jp | 2014-11-10 11:39 | 四国霊場88巡り お寺 神社 | Comments(2)
Commented by koro at 2018-06-25 18:44 x
気になっていたなら呼ばれていたんでしょうね。
オーブは歓迎の意味で舞ってくれたのかもしれない。宮崎にも天岩戸神社はあるけど、こちらの方が神秘的ですね。
Commented by ohara98jp at 2018-06-26 16:39
koroさん   こんにちは 

宮崎県にも 天岩戸神社があるのですか
機会があれば 見に行きたいですね

以前 大崩山と韓国岳には登りました
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 立岩神社 上一宮大栗神社 天の... 一の谷~ちち山~笹ヶ峰~南尾根 周遊 >>