もの凄い鎖場 鶏足山(けいそくさん) と 国見山 徳島県

25.04.30

以前 エントツ山さんの掲示板を見て 気になっていた      (エントツ山さんの鶏足山
徳島県の スリリングな 修験の岩場の 鎖場がある 鶏足山 (けいそくさん)と  国見山に 行って来ました

途中にある 大歩危峡まんなかの 吉野川の景色
b0124306_2055243.jpg

行く途中に 見える 鶏足山 (けいそくさん)の スリリングな 修験の岩場
b0124306_212489.jpg

徳島県指定天然記念物 五所神社の 大杉  高さ 30m
b0124306_2141938.jpg

後ろ側から 見ると 主幹が 裂けているので 金属ベルトで 縛られています
b0124306_2165188.jpg

説明文
b0124306_2171516.jpg

土砂崩れで 通行止めだと思い 遠回りして 鶏足山キャンプ場に 到着
b0124306_21295735.jpg

土砂崩れだった 林道も 帰りに 通ると 通行可能に なっていました
b0124306_2137239.jpg

48国体で 作られた設備    山岳競技 ロッククライミングの競技会場でした    
今では ほとんど 人も来ず  もう 寂びれてしまっています
b0124306_21351712.jpg

鶏足山行場の 標識がありますが・・・・・
b0124306_2138879.jpg

ほとんど 人が入った形跡が ありません
b0124306_2139039.jpg

後ろを 振り返ると こんな感じです
b0124306_21395296.jpg

少し 進んで 左側にある 岩場を通ります
b0124306_21482950.jpg

正面に 岩壁が見えてきます
b0124306_21492150.jpg

さらに 少し 左側へ 進みます
b0124306_2150947.jpg

正面に 見える 斜めに なっている木に 向かって 登って行きます
b0124306_2151495.jpg

到着です
b0124306_21522264.jpg

四国別格20霊場 第3番 慈眼寺の穴禅定 (とんでもなく 狭い 洞窟探検) みたいに 狭いので ザックを 外し 隙間を 潜り抜けます
b0124306_21531754.jpg

ロープが あります
b0124306_21575070.jpg

岩場を 這い上がります
b0124306_21585180.jpg

折り返して 今度は 右側に 進みます

高い所が 苦手な I さん   ちょっと ヘッピリ腰になって 恐る恐る 進みます
b0124306_2202562.jpg

くさりも ありますので 安全 ? です
b0124306_2211492.jpg

とても 狭い 足場で 
左上側の岩が せり出して 通りにくいですので  慎重に 進みます
b0124306_2215949.jpg
 
無事に 渡り切りました
b0124306_2285069.jpg

私も 進みます
b0124306_2292153.jpg

次は 左側の 岩の壁を登るようです
b0124306_22111763.jpg

トラロープがあります
b0124306_2212629.jpg

くさりも あります
b0124306_22123288.jpg

苦労しながらも
b0124306_2213548.jpg

I さん 何とか 登り切りました
b0124306_22135985.jpg

私も 後に続きます
b0124306_22143384.jpg

さらに さらに
b0124306_22145417.jpg

きつい 上りが 続きます
b0124306_22152332.jpg

ここは ロープは 無視して 
b0124306_22163871.jpg

左側の岩場を 上ります
b0124306_22173064.jpg

おっ・・・・・・

今度は 随分 長い くさりが 垂れ下がっています
b0124306_222058.jpg

おおお・・・・・   徳島県の 剣山の 鎖の行場 「おくさり」 よりも

愛媛県の 子持権現山の 何本もある 鎖場より      凄い 垂直の 壁です
    
最上部までは 38mらしいです
石鎚の 鎖よりも 随分 細い 鎖です
 
b0124306_2221966.jpg

I さんは とても 登れそうも無いので 
b0124306_224217100.jpg

取り合えず 私が 登って見る事に・・・・・

すぐに くさりの 赤サビで 手が 真っ赤に 染まってしまいました
ここは 誰でも 簡単に 登れる所ではありません
とても 危険です
b0124306_22431796.jpg

少し 横側から 見ると こんな感じです
b0124306_1230844.jpg

あそこまでは くさりを 使わずに 左側の岩場を 這い上がると 意外と簡単に行けます

でも そこから上側は 結構 高度感があり 少し 大変です
b0124306_22491435.jpg

あの 見えている 細い くさりを しっかり 掴んで 登ります
b0124306_23124095.jpg

上側の 岩が かぶさって来ているような所を 這い上がる時が 
凄い 高度感 たっぷりの スリリングな場所になります

ほぼ 垂直に 感じます
b0124306_12325528.jpg

もし 握力が 無くなり 力つきて 落ちれば 洒落になりません

今まで 色々な 修験の岩場の 鎖場に 行きましたが 
長さは 子持権現山(80m)より 短いですが 
ここの鶏足山の鎖場が 今の所 一番 腕力を 必要としました
b0124306_23192213.jpg

古い ロープには 頼らないで 細い くさりを しっかり 握り締めます

植物の つるも からまっています
b0124306_12551075.jpg

足元を 見ると こんな感じです

とっても スリリングです
危険が 一杯・・・・?
b0124306_12554767.jpg

上のテラスに 到着   テラスは広く 2 段になっていました
 
洞窟のように なっていて
奥の 内部には 石仏などが 置かれていました

ここで 修行していたのかな ?
b0124306_135150.jpg

テラス内部から 上に伸びている 鎖が 見えていますが・・・・・

b0124306_1335760.jpg

この宙ぶらりんの 鎖を 這い上がるのが 少し 大変です

まず くさりに ぶら下がり 右足を 右側の岩壁に 掛けて
さらに 背中を 左側の 岩壁に 押し付け L字型の 体勢になり
そこから よいこらしょ と 這い上がりました
b0124306_1372434.jpg

やっと 最上部に居る I さんが 見えて来ました

(岩場の 右側を 回り込んで 頂上に 行けます)
b0124306_1320528.jpg

I さんから 私を 見ると こんな感じです
b0124306_13504438.jpg

足元は こんな感じです
b0124306_13224794.jpg

このあたりは 簡単に 登れます
b0124306_13234280.jpg

足元を 振り返ると こんな感じです

もの凄い 高度感 たっぷりです
b0124306_13255676.jpg

I さんから 見ると こんな感じです
b0124306_1352963.jpg

最上部 少し 手前で止まり
今 登って来た 鎖場ルートを 見下ろします

くさりは 上部しか 見えません
b0124306_13372182.jpg

少し 右側の景色
b0124306_13361563.jpg

お互いに 撮影し合います
b0124306_13525886.jpg

最上部 到着
いや~・・・・     なかなか 面白い 鎖場でした
b0124306_13533924.jpg

ここを 這い上がって来ました
b0124306_14285753.jpg

覗き込みます
b0124306_14294336.jpg

さらに その上側にある 岩場の絶壁の 先端にある 
とても 見晴らしの良いテラス
b0124306_14335968.jpg

そこの 先端で 足を 投げ出して 座り込み
ここで 休憩です

I さん 怖がって   あまり 近寄って来ません
b0124306_1436336.jpg


とても いい景色
皆さんにも 是非 見て貰いたいです
b0124306_14352619.jpg


足元は 絶壁です
b0124306_1437065.jpg

のんびりと 鶏足山の 修験岩場天辺から 下吾橋集落と 吉野川を眺めます
b0124306_1440196.jpg

右奥側には 後から行く 国見山が 見えています
b0124306_14405788.jpg
鶏足山は 福寿草が 3月には 咲き誇る
知る人ぞ知る 秘密の場所です



国見山の 上の 登山口へ移動して来ました

b0124306_22233517.jpg
早速 登って行きます

b0124306_22244793.jpg
植林地

b0124306_22253585.jpg

防火帯を通りぬけ

b0124306_22261371.jpg
ブナ林を 通り

b0124306_22274067.jpg
正面は 避難小屋

b0124306_22285632.jpg
内部

b0124306_22294412.jpg
避難小屋から 頂上は とても近いです

b0124306_22310046.jpg




国見山 頂上 標高1409m

b0124306_22321479.jpg

曇っていて 展望はよくありません


b0124306_22331931.jpg
頂上で のんびり コーヒータイム

b0124306_22342863.jpg
お手軽な 登山でした









































by ohara98jp | 2013-04-30 20:54 | 剣山系 登山 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 火打山 (ひうちやま) 246... 讃岐富士マウンテインウイーク ... >>