平家平・冠山

24.09.02 
中七番から 平家平・冠山 周遊   とてもいい天気

b0124306_18454344.jpg


中七番 7:55 → 稜線 9:55 → 平家平 10:50 → 冠山 12:05 → 一の谷越12:35 → 中七番 15:05
b0124306_233787.jpg

住友フォレスターハウスの前を 通って行きます
b0124306_19544521.jpg

案内図
b0124306_1956767.jpg

奥側に 進むと 分岐が あります
右に行けば 冠山   先に 平家平へ行きますので 真っ直ぐに 進みます

最後は 冠山から ここへ 戻って来ます
b0124306_19584832.jpg

ここの分岐の 現在地 案内図
b0124306_200565.jpg

まず 沢を 渡ります
b0124306_2013365.jpg

しっかりした橋です
b0124306_2022451.jpg

足元は よく 見えます
b0124306_2025229.jpg

今度は 丸木橋ですが コケが 生えていて とてもよく 滑ります
b0124306_206954.jpg

ここからは 急斜面になり ジグザグに 登って行きます
b0124306_20142534.jpg

階段もあり
b0124306_20152273.jpg

鉄塔の下を 何度も 通って行きます
b0124306_2017427.jpg

今日は とても いい天気です
b0124306_20184123.jpg

アップダウンを 繰り返して また 沢を 渡ります
b0124306_20194975.jpg

苔むした沢を 通り
b0124306_20263862.jpg

またまた 沢を 渡ります
b0124306_2028437.jpg

このコース 木の根っこが とても多く 露出していて 
濡れていると とても 滑りやすいです
b0124306_20305363.jpg

どんどん 登って行きます
b0124306_203649100.jpg

もう 少しで 稜線かな
b0124306_2047394.jpg

中七番から 約 2時間で 稜線に 到着です
b0124306_20481836.jpg

ブナの木も 少し あります
b0124306_20495458.jpg

視界が 開けて 平家平が ド~ンと 見えて来ました
b0124306_20511379.jpg

一旦 下って行きます
b0124306_2055388.jpg

雲を 被った 大座礼山
b0124306_2058104.jpg

後ろを 振り返ると こんな感じです

左後ろ側には 西赤石山方面が よく 見えています
b0124306_20585816.jpg

雪が残っている 春の写真です
b0124306_1815950.jpg

気持ちのいい 縦走路です
b0124306_215770.jpg

雪が残っている 春の ちち山です
b0124306_1825376.jpg

右端の 二ッ岳から エビラ山・黒岳・権現山・東赤石山・八巻山・前赤石山・西赤石山が ハッキリ見えています

二ッ岳~権現山の 10時間以上の縦走 とても 懐かしいです 
b0124306_2193778.jpg

もう少しで 平家平 頂上です
b0124306_18322144.jpg

雪が残っている 春の写真です
b0124306_18294234.jpg

中七番から 約3時間で 平家平に 到着です
b0124306_2114778.jpg

正面に 大座礼山が ド~ンと 座っています

また あの大きな ブナの木に 挨拶に行かなければ・・・・・
b0124306_212010100.jpg

のんびり 座って 360度の 景色を 楽しみます
b0124306_21211912.jpg

高藪登山口から  愛媛からの 女性ばかりの グループが 登って来ました
b0124306_21263588.jpg

そろそろ 平家平を 後にて 
b0124306_21313721.jpg

冠山に 向かいます
b0124306_21322583.jpg

一旦 急な斜面を 下ります
b0124306_21334139.jpg

先に 進みます
b0124306_21342799.jpg

後ろを 振り返ると こんな感じです
b0124306_21351265.jpg

所々 右へ 巻いたり
b0124306_2138192.jpg

左へ 巻いたり
b0124306_2137223.jpg

岩場を 這い上がり
b0124306_21391612.jpg

先に 進みます

笹が 刈り取られているので 以前より 随分 歩きやすいです 
感謝・感謝です
b0124306_2143106.jpg

後ろを 振り返ると こんな感じです

平家平が 遠くになりました
b0124306_21442939.jpg

冠山への 最後の 上りです
b0124306_21471927.jpg

平家平から 約1時間で 冠山へ 到着です
b0124306_2148161.jpg

さっそく 見晴らしの良い 岩場へ 行きます

正面の 尖がっているのが ちち山    左側には 笹ケ峰
取り合えず あそこに 向かって 帰って行きます
b0124306_21504945.jpg

足元は 絶壁ですので 落ちないように 注意が 必要です
b0124306_21513962.jpg

パノラマ写真

正面が ちち山    左側には 丸い 笹ケ峰
b0124306_2152215.jpg

冠山から 急な斜面を 下って行きます
b0124306_21563059.jpg

見晴らしの良い 稜線に 出ました
b0124306_21583361.jpg

後ろを 振り返ると こんな感じです

右側の 岩場の絶壁の上が さっきまで居た 見晴らしのとても いい場所です
b0124306_2222759.jpg

私達とは 逆周りコースで 登って来たグループと すれ違います
b0124306_2244578.jpg

とても 急な斜面を 下って行きます
b0124306_2264084.jpg

どんどん 進んで行きます
b0124306_2272698.jpg

一ノ谷分岐に 到着しました

ここで ちち山の別れまで上り 大永山トンネル周りの 大回りで帰るか
ここから ナスビ屋敷経由にするか 相談し 

b0124306_229284.jpg

天候が 下り坂みたいなので
距離の短い ナスビ屋敷経由にしました
b0124306_22155340.jpg

トラバース道で 下って行きます
b0124306_22173915.jpg

どんどん 進んで行きます
b0124306_22192690.jpg

記念碑があります
b0124306_22204525.jpg

アップで
b0124306_22211029.jpg

右側には 落ちないように・・・・・
b0124306_2222419.jpg

沢を 渡り・・・・
b0124306_22224986.jpg

また 沢を 渡り・・・・
b0124306_22233416.jpg

またまた 沢を 渡り・・・・
b0124306_2224566.jpg

しつこく さらに 沢を 渡り・・・・
b0124306_2225685.jpg

壊れかけた 木の階段を 下り
b0124306_22261575.jpg

これまた 壊れかけた 木の橋を 渡ります
b0124306_22272871.jpg

小さな 滝も あり
b0124306_22285574.jpg

さらに またまた 木の橋を 渡ります

このコース 歩いても 歩いても 中々 高度が 下がりません
b0124306_22301572.jpg

とどめに 本日のハイライト

シーソーのように ギッコン・バッタンする
壊れかけて よく滑る とても危険な 木の橋に やって来ました
b0124306_2233785.jpg



とても危険な丸木橋       もう 少しで 滑って 落ちるところでした

その内に 絶対 誰か 落ちるでしょう ?



また 滝があります
b0124306_1042121.jpg

アップダウンしながら
b0124306_1054254.jpg

橋を渡ると
b0124306_1063184.jpg

樹林帯の 登山道を 抜け 林道へ 出て来ました

少し前から 本降りの 雨が降っていましたので ここで雨具を出します
b0124306_1083062.jpg

結構 長く 林道を歩いて やっと ここから 右側へ 下って行きます
b0124306_1012082.jpg

しばらく 下ると 住友フォレスターハウスは もう 近いです
b0124306_10134423.jpg

住友フォレスターハウスに 戻って来ました

車での 帰り道 大永山トンネルを 下ると 下界は いい天気でした
どうやら 山の上だけが 雨とカミナリ だったようです
b0124306_10141891.jpg

キレンゲショウマ    まだ 少し 残っていました
b0124306_10145048.jpg

帰りの 高速道路から見える   讃岐富士 (飯野山)  422m

山頂には 私の ルーツ 
巨人伝説で 伝えられる巨人 おじょもの足跡 おじょも伝説があります

b0124306_10164415.jpg

by ohara98jp | 2012-09-02 18:01 | 石鎚山系 登山 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 別格4番  鯖大師本坊    ... 高瀑 (たかたる) の滝 >>