子持権現山 5本の鎖 (ホンガケ道)  80mの鎖場

24.07.29  瓶ヶ森林道の 素晴らしい景色

ピークは 自念子ノ頭
b0124306_23333112.jpg


頭に 雲が掛かった 瓶ヶ森と   
左端 ピークの 子持権現山

b0124306_103634.jpg

アップで・・・・・

子持権現山は 大きな 岩山です
b0124306_10362244.jpg

瓶ヶ森から 振り返った 景色です



子持権現山の 近くまで やって来ました
b0124306_10391596.jpg

またまたアップで・・・・
木の生えた 真ん中の 急斜面に 80mの 鎖が 垂れ下がっていますので
緑の中に 縦線が 一本 見えています
b0124306_1040461.jpg

少し 角度を 変えて・・・・

左右は 完全な 絶壁状態です
b0124306_18515125.jpg


子持権現山



今朝 寝過ごしてしまい・・・・・ 
急遽 今回は 簡単に 登れる 子持権現山に 行く事にしました

そこの 5本の鎖 (ホンガケ道)が どんな所なのか 興味深深
今日は 楽して ? 頂上から 下って行く事にします



瓶ヶ森林道の ヘアピンカーブにある 子持権現山の登山口です
b0124306_1020919.jpg

瓶ヶ森林道から ほんの 少し 登山道を 入って行くと
b0124306_20543895.jpg

花が 綺麗に 咲いていました
b0124306_2218114.jpg

これも・・・・
b0124306_22192079.jpg

こちらは まだです
b0124306_22184986.jpg

祠も あります
b0124306_2055388.jpg

中には 石土蔵王大権現様が 2体 ありました
b0124306_20582528.jpg

さて 鎖が 始まります
b0124306_2059612.jpg

後ろを 振り返ると こんな景色です
b0124306_20594988.jpg

さっそく どんどん 登って行きます

80mの 鎖場です
b0124306_218610.jpg

鎖には 一本づつ 名前が 彫られています
b0124306_2185162.jpg


鎖は こんな感じです



後ろを 振り返ると こんな景色です
少し 高度が 上がりました
b0124306_2111944.jpg


いい景色です      ビデオを 見て下さい



さらに どんどん 登って行きます
b0124306_2111391.jpg

振り返ると こんな感じです
b0124306_2113963.jpg

花も 咲いています
b0124306_21152613.jpg

さらに 傾斜が きつくなり 
岩場も 濡れていて とても 滑りやすいです

腕力だけで 頑張って 登らないといけない所も 出てきます
女性だと 少し 厳しいかも ?
b0124306_21194787.jpg


途中からの 景色です



鎖は まだ まだ 続いています
b0124306_21251246.jpg

さらに 頑張って 登って行きます

ファイト  一発 ?
b0124306_21463948.jpg

もう少しで 巻き道のある所になります
b0124306_21492012.jpg

後ろを 振り返ると こんな感じです

苔むして 湿っていて とても 滑りやすいです
もし ここから 滑り落ちれば シャレになりません
b0124306_21505545.jpg

鎖が 浮いている場所
ここから 左に行けば 巻き道で 頂上まで行けますが・・・・
b0124306_21522371.jpg

そのまま 頑張って 登って行きます
b0124306_21532526.jpg


踏ん張りながら 無理な姿勢で 動画ビデオを 何度も 撮りながら 登るので とても疲れます




鎖が 巻かれている木は 枯れていました
b0124306_2156749.jpg

子持権現山の 頂上に 到着しました
b0124306_21575585.jpg

頂上からの 景色です
b0124306_22142457.jpg

こちらは ガスで よく 見えません
b0124306_2283261.jpg


子持権現山の 頂上からの 景色です



山頂 裏側に 廻りこむと・・・・・
b0124306_2229634.jpg

祠が あります
b0124306_22293225.jpg

石土蔵王大権現
b0124306_22302113.jpg

後ろにある ロープの 向こう側に 踏み跡があります
b0124306_22312448.jpg

急な斜面を 下って行くと ワイヤーが 出てきます
b0124306_22321080.jpg

さらに どんどん 下って行きます
b0124306_22324578.jpg

とても 急で 滑りやすい所も あります

これを 登り返すのは とても キツイぞ・・・・・       蒸し暑いし・・・・・・・     大変だ・・・・・・
b0124306_2236091.jpg

どんどん 下って行くと・・・・
b0124306_233416.jpg

5の鎖を 発見しました
b0124306_2353525.jpg

岩場が 湿っていて 苔むして とても 滑りやすいです
もう つるん つるん でした
b0124306_2371793.jpg

少し 下った所から 見上げます
湿って 苔に 覆われています
b0124306_238813.jpg


苔むして とても 滑りやすい 鎖場



下側は こんな感じです
b0124306_2393734.jpg

下の端まで 下りて 見上げます
b0124306_23281534.jpg

先に 進むと 4の鎖 発見
b0124306_23285558.jpg

鎖は 先に 続いています
b0124306_23293940.jpg
 
今度は 日当たりの良い 岩場です
b0124306_23315451.jpg

途中まで 下りてみます
b0124306_2350230.jpg


見晴らしのいい 鎖場です



正面には 薄っすらと 小剣山が 見えています
b0124306_23522095.jpg

途中から 上側を 見上げます
ここは 足場は ちゃんと あちこちに あるので 楽勝です
b0124306_23525761.jpg

下まで 下りて また 見上げます
b0124306_23533954.jpg

下りた左側は 木が 岩場から 根こそぎ剥がれて めくれている状態です
さて 次の 3の鎖が どこにあるのか 分からない ?

周りに 登山道は まったく 見当たらない・・・・・     
b0124306_14414777.jpg

周辺は ヤブ状態です
4の鎖を 下りた所から ヤブを 少し 右側にトラバースして
b0124306_145431100.jpg
 
下った場所で 岩の横に 3の鎖 発見します

この頃から 薄暗くなり カミナリが鳴りだし 雨が 時々 パラパラと 降って来ました
え~・・・・  今日 雨に降られるとは・・・・・ まったく 思ってもいませんでした
寒風山方面は 土砂降りだったようです
b0124306_14482220.jpg

下側から 見上げると ワイヤーが よく見えますが
上側からは なかなか ワイヤーは 見え難いと思います

b0124306_14545156.jpg

これが 3の鎖です
b0124306_14574862.jpg

カミナリが 段々 近づいて来ています


3の鎖を 下りて 見上げると こんな感じです
b0124306_20103489.jpg

3の鎖を 下りた所は 細い 鞍部となっており
右側からは とても 涼しい風が 吹き抜けていました

左側に 踏み跡らしき道があるのを 何となく 見ていたのですが・・・・・・
この時には 大崩壊地の 巻き道だとは 思っていなくて・・・・・ 
随分 後で 気が付きました    残念・・・・・

b0124306_2014033.jpg
 
今度は 上りになります
b0124306_20313478.jpg

ワイヤーと 鎖があります
b0124306_20394779.jpg

この木の根っこを 這い上がると 
b0124306_20335153.jpg

小剣山のピークでした
b0124306_20344937.jpg

小剣山小剣王子と 彫ってあります
b0124306_20354045.jpg

小剣山から 2の鎖が 二本 垂れ下がっています
b0124306_20415953.jpg

途中まで 下りてみます
b0124306_211115100.jpg

カミナリの音を 聞きながら 下りて行きます



一番 急な 岩場の 傾斜です
b0124306_20562080.jpg


とても スリリングな鎖場です




どうにか 下まで 下りて来ました
b0124306_20573363.jpg

下りて 左側の 明るい方に 進むと・・・・・
b0124306_20585223.jpg

崩壊地に 出て来ました

これ位なら 少し 無理を すれば 何とか 行けそうかな ? とも 思いましたが・・・・
雨が 降った後で とても 滑りやすい状態なので やはり 止めとく事にしました

もし 滑り落ち出したら 止まれそうにありません
滑落すると 痛いでは 済みません    あの世 行きです
b0124306_20593686.jpg

崩壊地の上側にある この 尖がった 岩の根元の 上側を 巻いたら 行けるのかな ?
b0124306_227213.jpg


崩壊地の上側を 行けるか どうか ? 
這い上がって行きますが・・・・・
これは なかなか 大変です
b0124306_2232161.jpg

とても 急な斜面で 雨で 濡れて 滑るし 崩れるし
もう いい加減 疲れてきたので あまり 無理をしないで 引き返す事にします

赤いクレパス君の 子持権現山 (ホンガケ道) レポートを もっと しっかり 見て 
肝心な 巻き道ルートを 確実に 覚えとけばよかった

何気なく 見ただけでは まったく 頭に 入っていなかった
残念・・・・・

やはり 一度 実際に 現場を見てから 
家に 帰って もう一度 ネットでみると 一番よく状況が分かります
b0124306_22104659.jpg

さて この 急な 2の鎖を 登り返しますか
b0124306_2228283.jpg

オーバーハングになっている とても急な場所もあります

右側の 鎖が 少し 太いです

あなたの 好みは どちら ?
b0124306_22294866.jpg

巻き道も あるようですが 頑張って 登って行きます
b0124306_22334918.jpg

よいこらしょ と 這い上がります
b0124306_22351477.jpg

小剣山まで 戻りました
b0124306_2236431.jpg

木の 向こうには 子持権現山が そびえ立っています
あの絶壁を 登り返さなければ いけないのです
b0124306_22375933.jpg

小剣山からの 下りです
b0124306_22444044.jpg

次に 3の鎖を 登り返します
b0124306_22461026.jpg

ワイヤーを たどり
b0124306_224756.jpg

4の鎖まで 戻って来ました
b0124306_2248879.jpg

ここは 登り易いです
b0124306_22531398.jpg


とても 見晴らしがよく  登りやすい 鎖場



右側の 景色
b0124306_22583630.jpg

左側の 景色
b0124306_2259238.jpg

下側の 景色
b0124306_2323675.jpg

さて 5の鎖です
ここが なかなかの 曲者でした
b0124306_2335750.jpg


つるつる しこしこ ? 滑りまくりの 鎖場でした



その上側です
登っている途中 両足元が 滑り 突然 ガクンと 手だけで ぶら下がり 
そこから 立ち直ろうとしても 足場が 滑りまくり バタバタして 体力を 消耗しました 
b0124306_23135153.jpg

5の鎖を どうにか 登り切って 少し 休憩です
b0124306_2320376.jpg

さて とても 急な斜面の 登り返しです
b0124306_23215760.jpg

ひいこら ひいこら と 約25分ほど 登り返して行きます
蒸し暑くて もう ヘロヘロです
b0124306_23243623.jpg

やっとの思いで 祠まで 戻って来ました

暑さには とても 弱い 私です
b0124306_23254915.jpg


80mの鎖  下り途中で 撮影
足が ズルッと滑り ヒヤッとしました




運よく まだ 開いていた 山荘しらさに 立ち寄ってみました
正面に 尖った 子持権現山が 薄っすらと 見えています
b0124306_1833461.jpg

内部
b0124306_1852653.jpg

もう一段 下側
b0124306_1843659.jpg

メニュー
b0124306_1862748.jpg

鍋焼きうどんなども ありました
b0124306_1810135.jpg


飲み物
b0124306_1871391.jpg

カツ・カレーを 食べて 帰りました
b0124306_1885533.jpg


山荘しらさ からの 石鎚山
b0124306_23351483.jpg




帰り道    石鎚山と子持権現山の 夕焼けが見れました




いい感じです
b0124306_23354394.jpg



瓶が森林道から いい感じの 滝雲と夕焼け



























ユーチューブで 
崩壊地を ザイルを 出して 渡っているのがありました









赤いクレパス君の 子持権現山 (ホンガケ道) レポート


エントツ山さんの 瓶ヶ森 子持ち権現行者ルート (本ガケ道) レポート
by ohara98jp | 2012-07-29 10:08 | 石鎚山系 登山 | Comments(2)
Commented by 赤いクレパス at 2012-08-07 10:21 x
おじょもさんこんにちは('-^*)/
夏の子持権現ホンガケ道、緑が濃くて藪っぽくてなかなかいい感じですね。
近い内にまた行ってみようとは思っていたルートなのですが、なかなか石鎚山は顔を出してくれず
ガスの晴れるタイミングを待っていました。
晴れれば4の鎖から見える石鎚山はいいのですが
5の鎖、中間テラスから上の登り返しは疲れた事でしょう。
あそこは必ず筋肉痛になります。
次回は鳥越から挑戦してみてください、兵平岩を超え笑うしかない急坂を越えて1の鎖にたどり着けば
その先は崩壊地、急斜面の巻き道を登って小剣山までたどり着けば後は安心して登れるでしょう。
ところで子持権現山山頂裏の祠
祠の中の蔵王権現が居なくなっていますね~
何か嫌な事でもあったのかな~?
どこへ歩いていったのか、暑い時期は居ないのかな?
もう一度詳しく見て見たかったのですが、その内帰ってくるのかな~?
誰かが移動している事には間違いないようですが
それとも盗まれたのか?何と罰当たり!!
その内ゆっくり山談話してみたいですね~
お疲れ様でした。
Commented by ohara98jp at 2012-08-07 17:13
赤いクレパスさん    今日は
最近は とても 暑い日が 続きますね

夏の 子持権現 ホンガケ道 距離は 短いのに 疲れました
よく滑る 5の鎖などは 次回は アイゼンを着けて 行こうかな ? などと 思ってしまいました
暑さには 弱いので 次回は 涼しい時に 鳥越から 挑戦してみたいと思います


子持権現山 山頂裏の 祠の中の 蔵王権現 現場では 薄暗くて よく見ていませんでしたが
写真で 確認すると 確かに 無くなっていますね
一体 どうしたのでしょうかね ?
罰当たりな人が 居るのでしょうか

何処かの山で ひょっこり 赤いクレパスさんに お会いするのを 楽しみにしています
有り難う御座いました
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 茶臼岳 光岳(てかりだけ)南ア... 1番霊山寺2番極楽寺3番金泉寺... >>