木曽駒ヶ岳(宝剣岳)~檜尾岳~熊沢岳~熊沢五峰~東川岳~空木岳 縦走  二日目

23.10.08~10 

翌朝   -7度まで 冷え込みました       とても 綺麗な 朝焼けです
b0124306_14391966.jpg

朝日が 出てきました        何とも 言えません        何度 見ても いいですね

左から 八ヶ岳 甲斐駒ケ岳 仙丈ケ岳 北岳 塩見岳 荒川岳などが 見えています
b0124306_18561397.jpg

みんな 見とれています
b0124306_192136.jpg

尖がった 宝剣岳も 朝日を いっぱい 浴びて 赤く染まっています
b0124306_1934842.jpg

檜尾避難小屋から 見える 今日 歩く 縦走路と 空木岳です

アップダウンが 凄く 多いですね
b0124306_1963295.jpg

なかなか 良い感じです        南アルプス
b0124306_1993225.jpg

さあ 出発です       まず 檜尾岳に 登り返します

6時過ぎに 出発しようとしますが ここで また 私に トラブルが発生しました
テントから ザックを 外に出して 置いた時に ドリンキング・チューブの先が 
ハイマツに引っかかって 外れて無くなって 飲み水が 1リットル以上 流れ出ていました      なんてこった・・・・・
予備を ザックの中 探しますが なかなか 出てこなくて 困りました

後で 木村さんに 水を分けて頂きました 有り難う御座いました
b0124306_19171491.jpg

振り返ると 檜尾避難小屋が シルエットで とても 良い感じです

b0124306_19444876.jpg

三沢岳の 左側には 御岳山が よく見えています
b0124306_19481336.jpg

今から 歩く 縦走路です       何度 どう見ても アップダウンが 凄く 多いですね    見た通りで 当たり前です・・・・・・
b0124306_19522097.jpg

どんどん 進んで 行きます
b0124306_19572992.jpg

傾斜が だんだん きつくなってきます
b0124306_2001728.jpg

昨日 歩いて来た 縦走路と 宝剣岳を 振り返ります
b0124306_2031477.jpg

霜柱も たくさん 出来ていました
b0124306_2044172.jpg

急な下りに なりました
b0124306_206085.jpg

左側を 巻いて 行きます
b0124306_2074520.jpg

今度は 右側を 巻いて 行きます
b0124306_2084260.jpg

岩場に なって 来ました
b0124306_2011364.jpg

岩の壁を 這い上がって 行きます
b0124306_20175093.jpg

岩の壁を 這い上がった先も 落ちないように 注意をして 進みます
b0124306_20221715.jpg

後ろを 振り返ると こんな 感じです
b0124306_20244564.jpg

木を かき分け どんどん 進んで 行きます
b0124306_20263469.jpg

きつい 登りが 続きます
b0124306_20293535.jpg

時々 後ろを 振り返ります
b0124306_20323198.jpg

左側を 見ると 南アルプスが 見えています
b0124306_2035173.jpg

塩見岳の 左側に 富士山も チョコッと 頭を 出しています
b0124306_20364015.jpg

大きな 巨岩が 出て来ました
b0124306_2046481.jpg

またまた 後ろを 振り返りますと さっきまで居た 檜尾避難小屋が 小さく 見えています
b0124306_20542695.jpg

アップで・・・・・
b0124306_20575589.jpg

斜度が 緩やかに なって来ました
b0124306_2121176.jpg

8時18分 熊沢岳 2778mに 到着しました        檜尾避難小屋から 約2時間
b0124306_2133624.jpg

先に 進んで 行きます
b0124306_21384591.jpg

ピークを 下って 振り返ります
b0124306_21485393.jpg

どんどん 進んで 行きます
b0124306_21515729.jpg

アップダウンが 続きます
b0124306_2154478.jpg

後ろを 振り返ると こう 見えます
b0124306_21574486.jpg

少し 大きめの アップダウンです
b0124306_223666.jpg

また 振り返ると こんな 感じです
b0124306_2285295.jpg

今度は 岩場を 上って 行きます
b0124306_22123482.jpg

また また 振り返ると こんな 感じです
b0124306_2218835.jpg

さらに どんどん 登って 行きます
b0124306_22211217.jpg

グイグイ 登って 行きます
b0124306_22241076.jpg

ようやく 東川岳 標高2,671mに 到着しました
b0124306_22284874.jpg

ここから 木曽殿山荘 2490m まで 大きく 急降下して さらに 今度は 空木岳 2864mに 向かって とても 大きな 上りになります
b0124306_22335716.jpg

一旦 左に 進んで から 
b0124306_224010100.jpg

急降下です
b0124306_22421075.jpg

木曽殿山荘が 見えて来ました

ここは 緊急避難的に 宿泊しようと思っても 完全予約制で 宿泊を断られてしまうそうです
b0124306_22444096.jpg

木曽殿山荘 2490m から 空木岳 2863.7mへの 大きな 長い 急な 上りが 疲れた体には とんでもなく 目茶苦茶 しんどそうです
b0124306_2246585.jpg

下りて来た道を 振り返ります
b0124306_22542744.jpg

空木岳 2863.7mへの とても 急な登りです
b0124306_2259724.jpg

木曽殿山荘を 振り返ります
b0124306_23049100.jpg

さらに しんどい 急な登りは 続きます
b0124306_2383018.jpg

またまた 振り返ります
b0124306_12143833.jpg

歯を 食いしばって 上って 行きます

またまた トラブル発生です 
この写真からあと 空木岳頂上までの 撮影したはずの 写真が 何故か 100枚以上 消えてしまっていました 
こんな事は 初めてです 原因不明です      非常に ショックを 受けました   こんな事 ありえな~い   ガックリ・・・・・  ショックです
b0124306_12162729.jpg

この写真からは 空木岳頂上 直下の小屋から わざわざ ここまで また 一人で 引き返して 撮ったものです  しんどかったです

木曽殿山荘が 遥か下の方に 見えています
b0124306_2243362.jpg

空木岳頂上方面を 見上げます       岩が 乱立して 何とも 言えない いい景色です
b0124306_2258665.jpg

少し 上って 振り返ります
b0124306_2301646.jpg

正面の 大きな岩場は 右側を 巻いて行きます
b0124306_2314087.jpg

また 後ろを 振り返ります
b0124306_2325464.jpg

ここは 高低差のある 岩場の上りです
b0124306_2342047.jpg

登り 抜け出ると こんな風景です       あのとんがった 岩の上に 這い上がってみます
b0124306_2352789.jpg

岩場の上に 這い上がってみた 景色です
b0124306_238203.jpg

座り込んで 宝剣岳からの 長かった アップダウンの とても 多い 縦走路を 振り返ります
b0124306_23221852.jpg

下界も 見えています     駒ヶ根市
b0124306_23235666.jpg

先に 進みます
b0124306_2325818.jpg

また 岩の先に 登って 景色を 楽しみます
b0124306_23283122.jpg

変わった岩が 多いです
b0124306_23302196.jpg

座り込んでいる 足元の下は・・・・・崖です
b0124306_23331992.jpg

風の当たらない 見晴らしの 非常に 良い場所で 休憩していた 大阪から単独でこられていた人から お湯割りの焼酎 ご馳走になりました 
とても 美味しかったです   有り難う御座いました 
b0124306_23401011.jpg

少し 進んで また 振り返ります
b0124306_2341116.jpg

空木岳 頂上です  2863.7m

丁度 日本100名山 完登 達成をした方がいて みんなから 祝福されていました
b0124306_23423865.jpg

反対側からの 頂上の 景色です
b0124306_23484918.jpg


頂上の岩場に 登ってみます
b0124306_22443749.jpg

空木岳 頂上の岩場の上からのパノラマ景色です


頂上の岩場の 上で エントツ山さんの 真似で シエー をすると 足腰が 弱っている為 よろけてしまいました
b0124306_07317.jpg

頂上の岩場の 上から 見た 景色です
b0124306_9201320.jpg

明日 行く予定の 南駒ヶ岳方面です
b0124306_013274.jpg

そろそろ 駒峰ヒュッテに 下りて 行きます
b0124306_10495935.jpg

今日も 本当は テント泊の 予定だったのに・・・・・・ 
駒峰ヒュッテの前に 書かれていた 【ビールあります】 の看板に 引かれて 急遽 宿泊する事になりましたが・・・・・・・・
b0124306_23184829.jpg

宿泊 手続きをして さあ ビールを 注文すると    なんと なんと    売り切れたとの事   あちゃ~~

今晩が 最後の 営業日だそうです

薄暗くなった頃 山の会 女性メンバー健脚の Oさんが偶然にも 同じ小屋に到着して 合流しました
女一人で 桂小場~西駒山荘箔~木曽駒ヶ岳~宝剣岳~空木岳で やって来たそうです 凄いな~
健脚が 羨ましいです
b0124306_9311477.jpg

その夜 大変な ハプニングが ありました
それは真夜中 満員の小屋の中 12時半過ぎ 大きな声で お医者さんは いらっしいますか ? と 周りが 騒ぎ出し 騒然とします
その内 人が運ばれて来る 気配がして 目を 開けると なんと 私の目の前 30cmに 土間で倒れていた人の苦しそうな顔があり ビックリして 飛び起きました


時々 うわごと? いびきをかき 白目をむいて 体も とても冷たくなり 意識 無く グッタリしています
小屋の人が 警察に電話して 朝一番のヘリコプターの要請もしています

脳梗塞 ? それとも・・・・・・?

68歳 男性 糖尿病患者で いつも インシュリンの注射を しているとの事・・・・・
同じ グループの人が インシュリンを 打った方が 良いのか それとも・・・・・・・・どうしたら良いのか 困っています
結局は 低血糖症になっていて 糖分を 水で溶かして スプーンで少しづつ 意識の無い 口の中へ無理やり 入れているうちに 
約4時間後には 意識も 戻り ケロッとしていました 



こうなった原因は 本人が 夜食でカレーを食べた後 いつもの様に インシュリンを 打ち その後 お酒を飲み始めたが・・・・・ 
飲んでるうちに インシュリンを 打ち忘れていると 勘違いして もう一度 インシュリンを打ってしまったそうです
なんと 人騒がせな・・・・・・      お陰で 小屋で宿泊していた人達 全員 寝不足になり 
私達も 早朝に 南駒ヶ岳に行くのを 取りやめて 下山する事になりました

あの時 間違った処方で もう 一度 インシュリンを 打っていたら 間違いなく あの世 行きでした

今回は やたら 色んな トラブル や ハプニングが 多いです
by ohara98jp | 2011-10-09 14:39 | アルプス 百名山登山 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 木曽駒ヶ岳(宝剣岳)~檜尾岳~... 木曽駒ヶ岳(宝剣岳)~檜尾岳~... >>