バーベキューとクライミングスペース・jumboの ボード 

22.07.04
久しぶりに 私の 大好きな 和太鼓の コンサートを 丸亀市民会館へ 見に行きます

和太鼓倭 YAMATOと言う 奈良県を 活動拠点としている 海外ツアーも 行っている 和太鼓グループです

この若いグループ 髪型が モヒカン や ちょんまげ     さらに 女の人も アフリカ人の アフロみたいな ちじれ髪で  ボサボサで・・・・
第一印象は あまり 良くなかったのですが・・・・
 
見ていると 時々 無言で コントなどを して 笑いを 取り 観客にも 手拍子で 参加させたりで 
なかなか ユニークな グループで 楽しめました
b0124306_21203065.jpg


他の 一番の お気に入りは 正統派 ? の 鼓童(こどう、Kodo)です

鼓童(こどう、Kodo)は 日本新潟県佐渡市(佐渡が島)を 拠点とする 80人ほどの 創作和太鼓グループで
設立は1981年 世界で活躍している 日本のアーティスト集団です 
b0124306_211324.jpg

皆さんも 是非 一度は 和太鼓の コンサートを 見てください  
生で聞くと お腹に ズンズン 響いて 迫力ありますよ  
本当に お勧めします          騙されたと 思って 行ってみてください

私は 初めて 実際に 聞いた時 自分でも 訳が 解らないのうちに・・・・   涙が ポロポロ 出て 驚きました・・・・
(すべての 大 中 小 の 太鼓で 全員が 連打した時の あの 地響きのような サウンドに 酔いしれました)

和太鼓の プロと アマチュアの 差は もの凄く 大きいです・・・・・




コンサートが 終わり 大滝山の 自然公園センターで 山の会の 新歓バーベキューが あるので そちらへ 向かいます
b0124306_2140967.jpg

雨が 降っているので 特大の ブルーシートで 屋根を 作っています
b0124306_21515820.jpg

みんな 生ビールを 片手に 食べています
b0124306_21535051.jpg

私は コップ半分くらいを 飲んだら 今回は 何故か もう 欲しくなくなり 後は ウーロン茶とジュースです
最近は 家でも まったく晩酌も 寝酒も しなくなりました       もう お酒の 飲む ぶにが 済んだのかな ?

タバコも 以前は 一日に 二箱は 吸っていましたが・・・・     もう 止めてから 25年以上たちました
今では 近くで タバコを 吸われると けむくて たまりません
b0124306_2212179.jpg

この ランタン 傘が 付いていて 明るくて いいですね
b0124306_2234584.jpg

雨で 天気が 悪かったですが ホタルが 飛んでいました
b0124306_2282221.jpg

この スノーピークの 焚き火台も 便利で いいですね      地面に 直火でなくて 自然に 優しいです
b0124306_22121312.jpg



真夜中 12時前の 夜食 (茹で立ての ソーメン)です    とても 美味しかったですね

うどんで 例えるなら 釜揚げうどんです       最高です・・・・・     
今度は 生たまごも 準備して 釜たまで・・・・・
b0124306_22744.jpg

翌朝 コーヒー豆を 煎っています
b0124306_22163631.jpg

今度は うちわで 扇いで 冷ましています
b0124306_221822.jpg

後は コーヒーミルで ゴリゴリと・・・・・
b0124306_22194536.jpg
  
これの お湯の 入れ方しだいで 味が 変わり むずかしいですが・・・・
b0124306_22224472.jpg

最後に 美味しいコーヒーの 出来上がりです      感謝・感謝です
b0124306_22243876.jpg

2階から ザイルを 降ろして 宙づりからの 自己脱出の 訓練です ?
b0124306_20242960.jpg

解散して 今度は 高松に 初めて 出来た 木太町の クライミングスペース jumboの ボード  に 行って見る事にします

高松国際ホテルの 前を 東に 行き 詰田川を 渡って 約300m 
左側にある 花花中華料理店の 手前 もりざわ時計店のすぐ横を 北に入った 右側です   
マルナカより 手前です
b0124306_17392321.jpg

三日前の 7月1日に オープン したばかりの 出来立て ホヤホヤ です

高松市木太町2582-1  クライミングスペース  jumbo  087-813-1351 です
b0124306_1742338.jpg

中は こんな 感じです

左側は ハーネスを 付けて トップロープで 登れるように しています

奥側は オーバーハングに なっています     (上級者 向き)
b0124306_17432121.jpg

ボード横に 貼ってある 色と番号に よって 難度が 違います
b0124306_17453939.jpg

使用料金は こちらです   

土日・祝日は 朝 10時から 夜の 9時まで 何時間でも 使用出来ます    (平日は 13時~23時)
途中 食事や 休憩に 外へ 何度 出ても OKです

ウーロン茶・アクエリアス・ミネラルウオーターなどの ドリンクは 飲み放題です
クライミング・シューズも 300円で レンタル してくれます  

定休日は 月曜日です
b0124306_17551556.jpg

1800円を 支払って さっそく 初めて やってみる事にします

別に しなくても 中で 見学も 出来ますよ
b0124306_1805329.jpg

女性も 小学生も やっています     皆さん 誰でも 出来ます    一生懸命すると 痩せる と思います ?
b0124306_18413881.jpg

私も 挑戦してみますが ほとんど 腕力のみで 強引に 登りますので すぐに 腕が 疲れてしまいます 

もっと 足で 登って 行くようにしないと いけないのですが・・・・
b0124306_18431648.jpg

上級者は オーバーハングの 所で こうもり みたいに ぶら下がっています
あそこまでに なるのは なかなか 大変でしょうね・・・・・

私の 場合 まず 体重を 10kg以上は 減らさないと・・・・
b0124306_18473991.jpg

なんと 途中の 下から ジャンプして 飛び移ります
b0124306_18485891.jpg

少し 難しい コースも 挑戦してみます
b0124306_1929058.jpg

あれれ・・・・

落っこちゃつた・・・・

でも 下には 厚い マットが 敷いてあるので 大丈夫です
b0124306_19311563.jpg


やさしい 指導員が ? 模範を 見せて くれます

流石です  流れるような フォームで 簡単そうに クリアしていきます
b0124306_1853869.jpg

昼食に 高松商業高校の 前の道を 東に 行った 右側(南)にある パキスタン・インドカレー店   チシティに 初めて 行ってみました

高松市多賀町3丁目5-1     087-833-0774  です
b0124306_19521077.jpg

お店の 外観は こんな 感じです
b0124306_1953480.jpg

中は 2階も ありますが 満席です   大変 繁盛して 儲かっています    羨ましいです・・・・・
b0124306_1954746.jpg

少し 待たされましたが やっと 来ました
b0124306_19595919.jpg

私のは アルキーマカレー(820円)と ナン(290円)です         辛さも 10段階で 自分で 決めます

b0124306_200384.jpg

ナンは モッチリ系で    カレーも あっさりして 味も 良く 美味しかったです

個人的には 田町商店街の 二階にある スパイス大国の 少し甘い ナンが 好きです
b0124306_20812100.jpg

やはり 平日の お昼の ランチの時の方が お得みたいです
b0124306_20113669.jpg


今月の 7月6日     七夕 イブの日は       私の 誕生日ですが・・・・・
もう 自分の 年は 忘れるようにします・・・・・・       思い出すと ぞっと します・・・・・・

いつまでも 若いつもりでいるのですが・・・・・・       残念ですが・・・・・・・        なかなか そうは いきません・・・・・・ ?        


せめて 20年前にでも 戻れたらな ~ ・・・・・・
by ohara98jp | 2010-07-04 21:20 | ドライブ 旅行 グルメ 日常 事件 | Comments(4)
Commented by windely at 2010-07-04 22:28 x
コーヒー豆は焙煎してから2-3日が一番おいしく焼きたては
まずかったでしょう?南京豆のようなにおい味がします
やはり熟成が必要ですね
うどんは専門店でたべるより自分で作った方がはるかにうまいでしょうね
いつもこの山に行くので画像をみるだけで場所がわかります
Commented by ohara98jp at 2010-07-05 09:52
このあたりで 何の 野鳥の 撮影しているのですか ?

鳥の 声が 聞こえていても なかなか 姿は 発見出来ませんし
まして ちょこまか 動きまわる 野鳥を うまく撮影するのは 至難の業です

根気と あとは 運しだいですね ?    (当然 チャンスを 生かす 腕も 必要ですが・・・・) 

また 野鳥の写真 拝見させて頂きます
Commented at 2010-07-11 21:55 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ohara98jp at 2010-07-12 22:00
そうですね 最近の合宿は 一部の 人達で 独断的に 足の速い人・体力のある人でないと 行けない様な コース設定ばかりで
ついて来れない人は 諦めて そっちは そっちで 行ける人で メンバーを 作って 行けばいいと言う 状況ですよね 

南アルプスの 鳳凰山周回コースですか 一緒に 行ける 人を 探してみましょう 
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< ゼロ合目からの 富士山  二日目 牛の背 ライオン岩 >>