牛の背 ライオン岩

22.06.27
最近 日曜日が 雨ばかりで もう 4週間も 山に行っていない・・・・・

え~い  今日は 大雨でも ヤリが 降ろうが 絶対に 行くぞ ~ ・・・・
何処に 行こうかと 迷ったが 以前から 気になっている 趣深山さんの ブログに出てくる 牛の背にある ライオン岩を 見に行く事にします

天狗塚 登山口まで行く 途中の 船下りを やっている 大歩危峡まんなかで 増水した 川を見ます
b0124306_1875480.jpg

いつもの 状態の時が これで・・・・・          (増水していない時)
b0124306_1895768.jpg

昨日から 今日にかけて 凄い 大雨だったみたいで  今回は 3~4m以上は 増水しているようです
b0124306_1811441.jpg

ありゃ・・・・ 438号線と439号線が 異常気象の 大雨で 全面通行止めの 表示になっています
b0124306_18251698.jpg
  
進んで行くと もう 小さな 土砂崩れが あります 
       
他の 所で 大きく 崩れていない事を 願って 進んで 行きます
b0124306_1985690.jpg
 

ダムも 増水で 凄く あふれています   こんなのは 初めて 見ます
b0124306_18544763.jpg

ここも やはり いつもより 水の流れが 多いです
b0124306_1902834.jpg

こちらも・・・・・
b0124306_1912596.jpg

道の横も 小さな 滝が 出来ています     まだ これぐらいだったら まったく 問題は ありませんが・・・・
b0124306_193394.jpg

やはり 京上トンネルの所で マジで 土曜日から 大雨で 全面通行止め だったみたいです

細い 林道は 大雨で 土砂崩れなど 起きていないのでしょうか・・・・ ?    心配です・・・・   大丈夫かな・・・・ ?


b0124306_22322782.jpg

ユニークな 看板です
b0124306_19104095.jpg

天狗塚 登山口まで行く 途中の 東祖谷中学校に 渡る橋から 見ました

建物の 下の 草の倒れ方を 見ると 一時は 建物の下まで 水が 来ていたみたいです
b0124306_19164048.jpg

国指定の 重要伝統的建造物群保存地区の 落合集落が 見えて来ました

2005年に 国の重要伝統的 建造群保存地区に 指定され 江戸の中期から 明治期にかけて 造られた斜面に建つ 民家や石垣は 独特な工夫があり 
歴史的価値が 高いもので 指定を受けた中では 最も急な斜面にある 山村集落だそうです
b0124306_19174070.jpg

左側に トイレと 落合集落を 見る 展望所が あります  
b0124306_1920746.jpg

道から 左下に 下りて 行きます
b0124306_19211864.jpg

かかし人形が 置いてあります
b0124306_19232841.jpg

そこから 見える 落合集落です    
b0124306_19244324.jpg

ふるさとの花 イヤギボウシだそうです
b0124306_19281093.jpg

また 進んで行くと 道の すぐ横から 水が 凄い 勢いで 道路まで 流れ出て来ています
b0124306_2216818.jpg

道も 土砂が 随分 流れ出て 来ています
b0124306_22175797.jpg

これぐらいなら 問題は ありませんが・・・・
b0124306_22191395.jpg

大雨で こんな所からも 水が 流れ出ています
b0124306_22204362.jpg

濁流に なっています
b0124306_22213599.jpg

木の 枝が 目の前に ぶらさがって来て 通行の 邪魔です
b0124306_2223328.jpg

今度は 林道で ヘビが 通行の 邪魔をしています        (すいません ヘビの 苦手な人は なるべく 見ないようにして下さい)
b0124306_22255991.jpg

追い払おうとしますが 動いて くれません・・・・・        普通は すぐに 逃げて行くのですが・・・・・ 

このヘビは 何で 俺が 動かなければ いけないんだ・・・ と ばかりに   威嚇してきます
b0124306_22312193.jpg

 
  
しかたないので ストックで 横へ 強制移動します
b0124306_2242943.jpg

すると 今度は なんと 道の 横の ガードレールから 真上の 約50cmは 離れている 細い 木の枝に 移って 行こうとします     

そこは いくらなんでも ムリだろうと 思っていたのですが 体を ぐ~んと 真っ直ぐに 伸ばして  細い 木の枝に スルスルと 移っていきました    

凄いです・・・・・    関心します
b0124306_2246264.jpg

今度は そのまま 逃げないで 私の 目の 高さの 枝に 移動して こちらを 伺っています
b0124306_22475913.jpg

近づいて 写真を 撮っていたら いきなり 攻撃され さすがに 私も 少し 驚きました
b0124306_22505528.jpg

ヘビの 相手を するのは やめて 土砂置き場の 広い駐車スペースに 移動します 

今回は 初めて  栗農園から 登って 行く事にします 
b0124306_23223648.jpg

土砂置き場の 水たまりに おたまじゃくしが たくさん 居ました

天気が 良くなると すぐに 干上がってしまう所なのに・・・・・・
b0124306_2312396.jpg

土砂置き場の 広い駐車スペースから バックして 左側への 栗農園への 林道を 歩いて 登って 行きます

小雨が 降ったり 止んだりで・・・・        カッパを 着てしまうと 暑いので 着ないで行く事にします
b0124306_23262391.jpg

林道を 登って 行きます            何処から 取り付いたらいいのだろうか ?
b0124306_2330381.jpg

こんな 花が 咲いています
b0124306_23303817.jpg

こんなのも・・・・
b0124306_23311755.jpg

ここは 取り合えず 左上の 林道に ヘアピンぎみに 登って 行きます
b0124306_23333024.jpg

道なりに 行くと 小屋が 見えてきます            まわりは すべて 栗の木 ばかりです

秋に なると 栗を 求めて 熊も 食べに 来るそうです ?
b0124306_233631.jpg

さらに 進むと 左側に コンクリートの 水槽みたいのが あります
b0124306_23462968.jpg

ここから 林道は 真っ直ぐに 下っていますので   

ここを 左折して 突き当り 右に 道らしきものが ありますので そこを 登って 行く事に します 
b0124306_23421443.jpg

進んで行くと 道が 無くなりますので 今度は 右上の 尾根に 上がり そのまま どんどん 進んで行きます
b0124306_23514348.jpg

後は いつの間にか 道らしき物は 無くなりますので 適当に 登って 行きます
b0124306_23531917.jpg

小さな 沢を 登って 行きます
b0124306_23542014.jpg

植林地に なってきました
b0124306_2357319.jpg

どんどん 登って 行きます
b0124306_23574619.jpg

振り返ると こんな 感じです

登山道も 赤テープも まったく ありません      
b0124306_23582768.jpg

コケむした所に やって来ました
b0124306_034775.jpg

今度は 倒木が たくさんあり 登る 邪魔に なります

突然 薄汚れた 茶色の うさぎが ピョン・ピョン はねて 逃げて 行きました
b0124306_054387.jpg

斜面が 急に なってきました      登りやすい所を 選んで 行きます
b0124306_0659100.jpg

どんどん 突き進んで 行きます
b0124306_083154.jpg

少し 急斜面に なると 足場が ズルズル崩れて 滑って なかなか 登れません    ドロドロになります     雨の時は 大変です
b0124306_0122256.jpg

今度は 倒木などで なかなか 前に 進めません   時間が かかる・・・・


b0124306_015421.jpg

掻き分けて 進んで 行きます
b0124306_0163657.jpg

どんどん 進んで 行きます
b0124306_0174093.jpg

小さな 小川ですが 水は 非常に 冷たかったです  
b0124306_0201253.jpg

急斜面に なると 足場が ズルズル崩れて 1m以上 滑って なかなか 登れません

体力 消耗で 疲れました

少し 休憩です
b0124306_0283649.jpg

真上を 見上げると・・・・

雨の しずくが ポタポタと・・・・
b0124306_0292035.jpg

また どんどん 登って行くと 上が 明るく 見えて来ました

やっと 樹林帯を 抜け出る事が 出来るのかな ?
b0124306_032652.jpg

どうにか 樹林帯を 抜け出る事が 出来るみたいです     やれやれ・・・・
b0124306_0332390.jpg

ガスが 濃い みたいです
b0124306_0431263.jpg

けもの道を たどって 登って 行きます
b0124306_044475.jpg

振り返ると こんな 感じです
b0124306_0444381.jpg

どんどん 進んで行くと 岩が 見えて来ました
b0124306_0452787.jpg

右側の 景色です
b0124306_0472592.jpg

振り返ると 一瞬 ガスが 取れて 下界が 見えました
b0124306_0485071.jpg

この大きい 岩      斜めに スッパリ 切れ目が 入って 岩が ずれています       (なぜか 上に ずれています)


近づいて 行くと・・・・・         あれ ?       もしかしたら・・・・・
b0124306_0505193.jpg

横に 回りこむと なんと ライオン岩では ありませんか・・・・・

こんな所に あったのか・・・・
b0124306_20201481.jpg

少し 離れて・・・・・     う~ん   なるほど・・・・・     ライオン岩とは うまく 言ったものです
b0124306_20234968.jpg

上に 上がれるのかな  ?       後ろ側に 回って 見ると 上がれそうです    先が 結構 とんがっています
b0124306_2027994.jpg

少し 登って みました
b0124306_20323399.jpg

雨で 濡れていて 滑るので とんがった先に 座り込んで しまいました
b0124306_2038441.jpg

反対側から 見ると こんな 感じです
b0124306_204097.jpg

アップで・・・・
b0124306_20404833.jpg

気に なっていた ライオン岩・・・・・               これで やっと  スッキリしました
b0124306_20414693.jpg

とりあえず 獣道を たどって 牛の背まで 登って 行く事に します

牛の背の どこに 出るのでしょうか ?
b0124306_20484115.jpg

どんどん 登って 行きます

突然 本当に すぐ 近くで 耳に こびく キーンと シカの 警戒声音で ビックリ・・・・  驚きました    目の前から 5頭が 逃げて行きました

こんな 天気の 悪い 時に 突然 人間が 現れて シカも 驚いたでしょうが・・・・   私も ビックリです・・・・
b0124306_2051593.jpg

小さな 池みたいに なっています
b0124306_2053067.jpg

そこから まだ 上に 登って 行きます
b0124306_20561838.jpg

一本だけ 生えていて 目印に なりそうです
b0124306_20582452.jpg

振り返ると こんな 感じです         帰りに 迷わないように 風景を 覚えておきます
b0124306_2102661.jpg

まだ 登って 行きます     

獣道の 分岐が あちこちに ありますが・・・・   何処を 通っても 取り合えず 上を 目指していけば 大丈夫みたいです
b0124306_2122367.jpg

牛の背の 縦走路に 合流しました

なるほど ここへ 出てくるのか・・・・
b0124306_2184885.jpg

そこから 天狗塚に 向かって 歩いていたのですが・・・・    

天狗塚の 頂上に 行っても ガスで 何にも 見えないので・・・・ 

引き返して 撮りあえず 牛の背の 三角点まで 行ってみることに します
b0124306_21125682.jpg

牛の背の 三角点に  やって来ましたが          やはり ガスで 何にも 見えません
b0124306_21145899.jpg

少し 休憩して 今日は これで ぼちぼち 帰る事にします

帰り道 天気が 良ければ こんな風景が 見えるのですが・・・・
b0124306_2137631.jpg

のんびり 適当に 下り始めて ほどなくして・・・・     あれ・・・・?     

こんな岩がある 景色は 登る時 見ていないぞ~・・・・・?

いつのまに どこで 間違ったのだろうか ?

ガスが出て 視界が 悪くて 牛の背のような ノッペリとした うねった地形だと 迷いやすいですね
b0124306_21511532.jpg

GPSで 確認すると 上りの時に 歩いた所と ほんの少し ずれていました    (GPSが あれば こんな時に 便利です)

でも そのまま 進んで行くと 下山する 正規の 道 (獣道)と 合流しましたが・・・・・
b0124306_2157442.jpg

見覚えのある 小さな池まで 戻って来ました
b0124306_2261778.jpg

分岐は 幾つも ありますが 何処を 通っても 帰れます
b0124306_2282836.jpg

ここを 越えて・・・・
b0124306_2293122.jpg

ライオン岩の 尖がった頭が 少し 見えて来ました
b0124306_2212777.jpg

ライオン岩まで 戻って 来ました   
b0124306_2218184.jpg

しかし 誰が 名前を付けたのか  ?     ライオン岩・・・・
b0124306_22184839.jpg

そのまま ぼちぼち 帰る事にします
b0124306_22225932.jpg

これから 樹林帯の 中に 入って 行きますが・・・・
b0124306_22241281.jpg

樹林帯の 中に 入ったら 道は まったく ありません
b0124306_22282374.jpg

左側には 小さな 沢が あり 取り合えず それに そって 下りて 行きます
b0124306_22293519.jpg

沢を 渡り どんどん 下りて 行きます
b0124306_22365262.jpg

急斜面も ズルズル 滑りながら どんどん 下りて 行きます

何度も 尻もちを ついてしまいました
b0124306_2244637.jpg

こけむした 倒木も あちこちに あります

適当に 下りやすい所を 下りて 行きます     (上りとは 違う ルートで)


ここは はっきりした 尾根は ありませんし 同じような 景色が 多いし  樹林帯の中は まったく 周りが 見えません
b0124306_232711.jpg

こんな物も・・・・・
b0124306_23254943.jpg

今度は こけむした 岩場です
b0124306_23281322.jpg

ここは ヌタ場かな ?
b0124306_23293662.jpg

振り返れば こんな 感じです
b0124306_23312321.jpg

あれ ?     こんな所に 赤と白のテープが あります
b0124306_23331779.jpg

しかし テープは 続かない・・・・     すぐに まったく 無くなります・・・・
b0124306_233757100.jpg

また 小さな 沢があり それに そって 下りて 行きます
b0124306_23405634.jpg

あれ・・・・    車のわだちが 見えて来ました     どうやら 栗農園の林道まで 下りて来たみたいです
b0124306_2343377.jpg

この上に 上がった所が 多分 朝 通った分岐だろうと 思います
b0124306_2348612.jpg

やはり そうでした        コンクリートで 出来た 水槽が ある所です
b0124306_2350117.jpg

ここから 車の所まで ストレートに 下りる事にします
b0124306_23592049.jpg

GPSで 確認しながら 下りて 行きます
b0124306_011863.jpg

やっと 車の 近くまで 下りて 来ました
b0124306_025853.jpg

振り返ると こんな 感じです
b0124306_035624.jpg

車を 置いている 土砂捨て場まで ドロンコに なって 帰って 来ました
b0124306_061354.jpg

ここの 山と山の間を 下りて 来ました
b0124306_0214512.jpg

後は いつもの サンリバー大歩危で 温泉に 入って さっぱりして 帰りました 
b0124306_0245257.jpg

by ohara98jp | 2010-06-27 22:27 | 剣山系 登山 | Comments(5)
Commented at 2010-06-29 08:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ohara98jp at 2010-06-29 20:15
M.iyaさん 初めまして

トラックログの件 了解 致しました

てんごの会での 祖谷の山々の 自然保護 活動 ご苦労様です
素晴らしい 祖谷の山々が 何時までも 豊かな自然を 残していけたら 良いなと   私も 思っています
Commented at 2010-06-30 08:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 東祖谷住民 at 2010-12-09 18:38 x
>左下の 家の 白っぽい 屋根が やたら 視界に入って 目障りですが・・・・

人伝に聞いて覗いてみましたが、これはまた随分な言い方ですね。
岸本さん宅は、展望台が出来るよりずっと昔からあそこで生活しており、観光施設ではありません。
他所から来てこの書き方は、無礼ではないでしょうか?
Commented by ohara98jp at 2010-12-10 09:17
東祖谷住民さん  始めまして
 
この度は ご指摘の通り 考え無しに 非常に 失礼な書き方をしていました 大変 申し訳御座いませんでした
今後は このような事が 無いように していきたいと思います
有り難う御座いました
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< バーベキューとクライミングスペ... 22.06.13 満濃池 周辺 >>