寒峰 周遊

22.03.28 
今回 国見山の周遊にするか 寒峰 周遊にするか 迷ったが   やはり 今は 福寿草の時期なので 寒峰 周遊に決定します

赤色が 今回 歩いた コースです    (緑色は モノレールを たどって 下りる コースです?  まだ 歩いていません  予想です)

紫色は 以前に 尾根を そのまま 下りて行った コースです    
(尾根ルートも 道は ちゃんと あります   最後だけ 右下に 急斜面を 下りて行くと 下の登山道に 突き当たります)


b0124306_2127572.jpg

朝 のんびりして 10時頃に 下の 登山口 住吉神社の前に行くと もう 大きなバスが 3台も止まっている
b0124306_21275875.jpg

少し奥の 住吉神社 横の 駐車場も 満車になっています

右側で 準備をしている人がいて 横を通りかかると おじょもさん?と 声がかかり びっくりしました
後で ご一緒になり 岡山 倉敷の まこ六さんだと わかりました

reikoさんの掲示板や 私の ブログも 見て下さっているそうで   有り難うございます
b0124306_032174.jpg

私は まだ奥の 上の登山口まで 行く事にします
荒れた未舗装路を 車の腹を 擦りながら進み ここを 左折(ガードレールの方)して 上の登山口に 行きます 
(右奥は 周遊して 下りて来る道です)
b0124306_21482353.jpg

上の登山口方面から 見ると こんな感じです
b0124306_21542319.jpg

上の登山口に 到着しました   手前にも マイクロバスなど 何台か 駐車してありました
b0124306_2157285.jpg

車を止めて 準備をしていると 10人くらいの グループが 下の登山口から 登ってきて   
あれ~ なんだ ここまで 車で来れるんだ~と言っていました

あとで 分かったのですが ヤマガツオさんと 約1時間の 違いで ニアミスしていました
b0124306_2224376.jpg

さあ ここから 登って行きます
b0124306_225404.jpg

私は いつも この下を 覗きこんでから 行きます  (ゆがんだ 模様が何とも言えない?)
b0124306_2292024.jpg

この木を 見ると 寒峰へ 来たんだなと 思います
b0124306_2210455.jpg

10時過ぎですが もう 下りて来ている人達が 何人も 居ます     皆さん 早いですね
b0124306_22121151.jpg

しかし また 雪が 積もっているとは 驚きました   
b0124306_22192898.jpg

福寿草の群生地は 多くの人が 写真撮影をしています
b0124306_2224674.jpg

私も 福寿草を 撮影しますが なかなか うまく撮れない
b0124306_22282742.jpg

ここで バッタリ 20.05.18 西赤石で エントツ山さんご夫婦と 一緒に 行動した 懐かしいお二人と 再会する
b0124306_236024.jpg

もっと 太陽の光が 当たれば 良いのだけれど・・・・     でも 雪の中の 福寿草は いいですね  雪があると 一段と 見栄えがいいです
b0124306_22295927.jpg

ここで 岡山 倉敷の まこ六さん ご夫婦が やって来ました
b0124306_2236487.jpg

後からも どんどん 人が やって来ます
b0124306_22384071.jpg

福寿草だけでなく こんなのも あります
b0124306_22395480.jpg

沢山 咲いています
b0124306_2242313.jpg

きりが無いので これを 撮影したら 出発する事に します
b0124306_22435354.jpg

前方は どうやら 岡山 倉敷の まこ六さん達が 歩いているようです
b0124306_22463529.jpg

急な斜面に なって来ました
b0124306_2248321.jpg

まこ六さん ご夫婦と 一緒になり 少し 話を しながら 前を歩いていた グループを 追い越して 行きます
b0124306_22492830.jpg

ここでも 先に 行かさして もらいます
b0124306_22504035.jpg

トラバースして行きますが ズルッと 滑りやすい所もあります
b0124306_22541729.jpg

ここで まこ六さん ご夫婦と 一緒に 少し 休憩する事にします    寒峰の 頂上も見えています
b0124306_22552082.jpg

右側(南側) まだ 見晴らしは いいです
b0124306_23232382.jpg

休憩していると 寒くなったので そろそろ 頂上に 向かって 出発して行きます
b0124306_23254398.jpg

トレースが しっかり あるので 道に 迷うような事は まったく ありません    (別に トレースが 無くても 大丈夫ですが・・・)
b0124306_23265990.jpg

大きなブナの木が あります
b0124306_2328492.jpg

この あたりは ブナが たくさん 生えています
b0124306_23285267.jpg

ニセ ピークが 見えて 来ました
b0124306_23302072.jpg

足元が ズルズル ドロドロ です
b0124306_23312129.jpg

振り返ると こんな 感じです
b0124306_2332829.jpg

枝の 先が 凍っています
b0124306_2333192.jpg

頂上が 見えて来ました   たくさんの人が 居ます
b0124306_23343269.jpg

ここには 長い つららが 出来ています
b0124306_2335128.jpg

つぼみが 氷に 包まれています
b0124306_23364046.jpg

入れ違いに 多くの人達が 下りて来ています
b0124306_23374123.jpg

振り返ると こんな 感じです 
b0124306_2339475.jpg

北側から 白い 雪雲?が 来ています
b0124306_23404389.jpg

頂上に 到着です
b0124306_23414317.jpg

烏帽子山・前烏帽子山・落禿・落合峠 方面が 見えています
b0124306_025556.jpg

皆さん 思い思いに 食事中です
b0124306_041712.jpg

その内に 雲行きが 怪しくなり 雪が 降り出してきました
b0124306_20171952.jpg

みるみるうちに 周りが 白くなっていきます
b0124306_20183492.jpg
 
そろそろ 天気も 悪くなってきたので まこ六さん達と 東側の尾根を モノレール方面へ 下りて 周遊で 帰る事にします
b0124306_20233564.jpg
  
寒峰の頂上を 振り返ると まだ たくさんの人が 居ます
b0124306_2026037.jpg

どんどん 行きます
b0124306_2027298.jpg

ここの 分岐から 右側へ 下りて行きます

真っ直ぐに 行くと 烏帽子山・前烏帽子山・落禿・落合峠 方面です
b0124306_20301999.jpg

ジグザグに 下りて行きます
b0124306_2031649.jpg

傾斜が 緩やかに なりました
b0124306_20333467.jpg

時々 ズルッと 滑る所も ありますので 気を付けて 下りて行きます 
b0124306_2037471.jpg

モノレールが ある所まで 下りて来ました
b0124306_20381473.jpg

一番 低い所まで 下ってまた 少し 上りになる手前で 左側へ 下りて 行きます  
(モノレールは 手前の 右側下の斜面へ 下りていっています)

このまま 真っ直ぐ 尾根づたいに 下山する事も 出来ます     道も ついています
b0124306_20454245.jpg

左下に下りて 今度は 右に どんどん 進みます   (この前後 あたりが トレースが 無ければ 迷いやすい所です) 

reikoさんが プチ遭難しそうに なった所です
b0124306_20483893.jpg

そして 今度は 左側へ 下って 行きます   (一端 登山口に 帰る 方向とは 正反対 方向に 降りて行き 大回りで 回りこんで 帰って行きます)
b0124306_20494698.jpg

どんどん 行くと 潰れた プレハブ小屋が あります
b0124306_2052247.jpg

振り返ると こんな感じです
b0124306_20524815.jpg

水平道に なります
b0124306_20534290.jpg

少し 荒れた 所を トラバースして行きます
b0124306_20545968.jpg

今は 使われていない 民家の屋根が 見えて来ました
b0124306_2056941.jpg

壊れかけの橋です  体重が 重い 私が 乗ると 多分 壊れてしまうでしょう
b0124306_20591336.jpg

1本だけ 変わった 木が あります    どうやったら あんなふうに なるのでしょうか ?
b0124306_21105156.jpg

ここにも 壊れかけた 橋が あります
b0124306_21115689.jpg

伐採して 見晴らしが 良くなっています
b0124306_21132186.jpg

倒木が とうせんぼ しています
b0124306_0225816.jpg

林道の 延長 工事中です
b0124306_21165781.jpg

こんな所は つい 覗きこんでしまいます
b0124306_21185581.jpg

この先の 左下までで 登山道は 終わりです     後は 林道を そのまま 歩いて 上と下の 登山口まで 分かれて 戻ります
b0124306_21253376.jpg

まこ六さん ご夫婦と お別れして 上の登山口まで 戻っていると 
上から 高松登山学校の30期生の 団体グループが 下山して来ました

あれ~  私より 随分 早い時間に 頂上を 降りて行ったのに・・・・・  
b0124306_2130386.jpg

みんな 帰る 準備を しています
b0124306_028345.jpg

上の 登山口に 置いてある 車まで 戻ってきました

さあ 帰ろうとした時に フロント・ガラスに 小さな 張り紙が・・・・     ニアミスの ヤマガツオさんからでした   お会いしたかったです  残念・・・・・
 
b0124306_229104.jpg

バスの 運転手も 細い林道の 運転は 大変でしょうね
b0124306_22114861.jpg

まだ 暗くなるまでは 時間が あるので つい 帰り道に あった天満宮参道まで6kmの標識を見て その林道へ 入って行く事にしますが 
分岐が 色々あって わからなくなる・・・・    途中に あった 神社です
b0124306_22174023.jpg

もう 諦めて 松尾川温泉に 行く事に します
b0124306_2219118.jpg

行く 途中に あった 小さな とぎの滝です
b0124306_2221378.jpg

ダムの所に 咲いていた 花が とても 綺麗です
b0124306_22245482.jpg

他の 花も たくさん 咲いていました
b0124306_22264393.jpg

松尾川温泉に やって来ました     (しろさぎ荘の所です)
b0124306_2228048.jpg

500円で シャンプー&ボデー・ソープ付きでした

b0124306_22313516.jpg

温泉の 帰りに まだ 時間があり 明るかったので 笹原湿原(くろぞうしつげん)へ 寄り道してみました
b0124306_2235441.jpg

一番 奥にある たびの尻滝を 見てきました
b0124306_22362630.jpg

二段の 滝に なっていました
b0124306_22381982.jpg

展望台へも 行ってみることにします
b0124306_22392561.jpg

展望台から 見た 景色です
b0124306_2240943.jpg

今回  岡山の まこ六さん ご夫婦さん 一緒に 歩いて 頂きまして 本当に 有り難うございました
また 何処かの 山で お会いした時は 宜しくお願いいたします


ヤマカツオさん  今回は ニアミスでしたが 次回 何処かの山で お会いする事を 楽しみにしています 
by ohara98jp | 2010-03-29 21:27 | 剣山系 登山 | Comments(4)
Commented by ヤマガツオ at 2010-03-30 23:04 x
寒峰から帰りにあちこちに寄られてますが、馬力ありますね。
温泉や展望台は初めて見ました。
おじょもさんの車を見かけましたら又張り紙させてもらいますので宜しく。
Commented by ohara98jp at 2010-04-01 23:09
山から 早く 下りて来て 時間が ある時には 必ず 何処かへ 寄り道してしております  ウロウロと・・・・・

それから 流れ星さんも 同じ 山の会だったのですね 初めて 知りました

これからも 宜しくお願いいたします
Commented by 流れ星 at 2010-04-02 23:02 x
遅ればせながらHPにUPし、このブログリンクさせていただきました。
いつかどこか山でお目にかかりたいです。
Commented by ohara98jp at 2010-04-03 21:12
流れ星さん  今晩は 

はい  了解です こちらこそ 宜しくお願いします  
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 牛の背・天狗塚 いやしの林道... 光石登山口~さおりが原~カヤハ... >>