光石登山口~さおりが原~カヤハゲ~三嶺~お亀岩~光石登山口  一日目 

22.03.21~22 
今回の連休 山の会で 予定していた 国見岳とその周辺(熊本県八代市)が 中止になったので    急遽 一人で 光石登山口から 三嶺へ行く事にします

光石登山口と言えば もう 4ヶ月前の 去年の11月23日の 雨の真夜中に 林道からの転落事故を 起こした 苦い思い出があります     
その時は 運が良く ケガ一つ無く 無事に生還しましたが・・・     (運が 悪ければ 生きて帰って来れない状態でした)

その時の 落ちる瞬間の 動画ビデオも ありますので 見てください      2009年の11月23日のブログ です
b0124306_2151294.jpg

そのリベンジだと言う事 ? で 同じように 夜に出発して行きますが・・・・ 
しかし 今回は 天候が凄い大荒れで 大歩危・小歩危あたりの 山の中は 猛烈な風と大雨で カミナリも凄いです・・・・

この日 大歩危・小歩危の ホテルサンリバーの 大きな看板が 強風で吹っ飛んでしまったそうです    (帰りに 温泉に入りに寄った時に 聞きました)

この天候では 細い山奥の林道に 入って行くのは 土砂崩れでもあると ヤバイと思い 下界の 大栃で 朝まで 仮眠を取って 朝になってから行きます・・・・
b0124306_2123023.jpg

やはり 真夜中に 細い山奥の林道に 入らなくて正解でした
台風のあと みたいで 至る所で 落石や 木の枝が 散らばっていて なかなか前に 進めません
b0124306_2132562.jpg

一本の木が 完全に 道を 塞いでいます

夕べ あのまま 猛烈な風と大雨の 真夜中に 走って来ていたら 大変でした
b0124306_21421694.jpg

引っ張っても 動きません  しかたなく 積んでいた ノコギリで 切断して 通り抜けました

やはり このノコギリには 何度も 助けられました    積んでいてよかったです
b0124306_21433912.jpg

忌まわしい 転落事故を 起こした場所に やって来ました

b0124306_21474588.jpg

今見ても なんで こんな所で 落ちたのだろうか・・・・? いまだに よく解らない・・・・
b0124306_21512225.jpg

雨の真夜中に走っていると アスファルトの右端にある この茶色の部分まで 道があると 勘違いしてしまいます
b0124306_21565892.jpg

折れた枝や 落石が とても 多くて 何度も 車から降りて 撤去して行きます

落石も にぎりこぶしの大きさから 大きい スイカまでの大きさが あります   そんなのが 直撃して来たら たまりません

崩れているところは すばやく 走り抜けます
b0124306_21595867.jpg

もう いい加減にしてくれと 言いたいです

折れた枝くらいなら いいのですが 走って居る時に 上からの 落石は やはり 怖いですね
b0124306_2273357.jpg

やっと どうにか 光石登山口に 到着しました
b0124306_2210599.jpg

熊に注意の看板を 横目で 見ながら 出発です     出来るものなら 熊に出逢って記念写真を一緒に撮りたいよ~・・・・
b0124306_22132885.jpg

登山道は 下の沢まで どんどん 下って行きます
b0124306_22172483.jpg

随分 下の方で 沢の水が ゴー・ゴーと 流れています
b0124306_22213993.jpg

綺麗な 黄色の花です
b0124306_22351667.jpg

堂床野営場の 標識です
b0124306_22371874.jpg

橋を 渡ります
b0124306_22412585.jpg

分岐があり ここを 右上に上がって行くと さおりが原へ行けるようです
そのまま進むと 八丁ヒュッテ方面です
b0124306_2246523.jpg

今回は さおりが原~カヤハゲ経由で のんびりと 三嶺へ行く事にします
b0124306_2250780.jpg

薬きょうが 落ちています    黒ずくめの私・・・  熊と間違われて 撃たれないようにしないと・・・・・
b0124306_2252734.jpg

コケむした 木を 横目で見ながら 行きます
b0124306_22541756.jpg

岩場を 抜けると・・・・・
b0124306_22554529.jpg

さおりが原に 到着です
b0124306_22572161.jpg

森の巨人たち100選  樹齢250年 樹高30mの イヌザクラです
b0124306_9174369.jpg

森の巨人たち100選  樹齢250年 樹高25mの トチノキです
b0124306_919418.jpg

もう一本の 大きな木です
b0124306_92097.jpg

分岐に やって来ました   ケヤキザコは どこに あるの?  白髪山分岐の方へ行くのかな ?
b0124306_9383970.jpg

また すぐに フスベオリ谷(フスベヨリ?) への分岐が あります
b0124306_9303934.jpg

非常に 冷たい風が 強く吹いています  耳が冷たくて痛い 寒いと思ったら 3度でした   昨日は20度位での暑いくらいだったのに・・・・
b0124306_934161.jpg

右側(南側)に 白髪山が 見えています
b0124306_9353461.jpg

大きな 松ボックリです   たくさん落ちていました
b0124306_9361912.jpg

また 夕べの強風で まだ 緑の葉が 付いている 倒木が 登山道を 塞いでいます
b0124306_943325.jpg

しかし いい天気に なって来ました
b0124306_9443623.jpg

シカの食害を 防ぐために ネットを あちこちに 張ってあります
b0124306_9471920.jpg

青ザレの 崩れた 斜面が 良く見えています
b0124306_9482851.jpg

やっと 三嶺も 見えて来ました
b0124306_950133.jpg

ここで 初めて シカ以外の 人間と 出会いました   

夕べは お亀岩避小屋に 二人だけで 泊まっていて 凄い風と雨だったそうです

三嶺の避難小屋には 4人ほど 泊まっていたそうです
b0124306_9544387.jpg

西熊山・天狗峠・天狗塚が 見えて来ました
b0124306_9585128.jpg

カヤハゲの分岐に 到着しました
b0124306_1004411.jpg

ここから見る 三嶺が 一番いい感じで 綺麗です

単独者が 白髪山方面へ 行きました
b0124306_1031469.jpg

カヤハゲの分岐から 三嶺に見とれながら 歩いていると 足元に 何かがあるのに 気がつく・・・・

ギョ~・・・・ 登山道に シカの死骸が・・・・・  目が合い   さすがの私も びっくりしました
b0124306_1011596.jpg

気を 取り直して 出発です
b0124306_10175525.jpg

フスベオリ谷(フスベヨリ?)方面です
b0124306_10421430.jpg

三嶺が 近づいて来ました
b0124306_1043318.jpg

大岩も 見えて来ました    いい感じです
b0124306_10442014.jpg

近づくと なかなか 大きいです
b0124306_10472840.jpg

この大岩の上に 上がれます
b0124306_1048295.jpg

くさりが あります     別に 巻き道もあります
b0124306_10494910.jpg

大岩の上から見た 西熊山・天狗塚方面です
b0124306_1052967.jpg

今 歩いて来た カヤハゲ・白髪山方面です
b0124306_10531638.jpg

これから 登る 頂上への 階段状の 急斜面です
b0124306_10541140.jpg

大岩の上から見た 剣山方面です      私の影が 見えています
b0124306_10561726.jpg

少し 登って 振り返って 大岩を見ます
b0124306_10584339.jpg

この最後の 登りが しんどいのです   階段の段差が 大きいです  ひざ上から 腰近く ある所もあります
b0124306_10594840.jpg

階段の 段差が 大きくて 小屋泊まりのための 食料や水3リットル・シュラフ・マット・ガス・バーナー・ランタン・ポカリスエット3リットル・お酒 などの 重い荷物が こたえます 
b0124306_1164747.jpg

ここを 一気に 上がる元気は ありません
b0124306_1182435.jpg

登りながら 横を見ると いい感じです    赤い屋根の 三嶺の避難小屋も 小さく見えています
b0124306_11103442.jpg

やっと 三嶺の頂上です      非常に のんびりと 歩いて来て 遅い時間なので 誰も居ません
b0124306_11115891.jpg

明日 歩く 予定の 西熊山・天狗塚方面です
b0124306_11145876.jpg

今日は 風は強いですが 視界は いいです
b0124306_11162292.jpg
 
歩いて来た カヤハゲ・白髪山方面です
b0124306_11175782.jpg

もう 少し 良く見えるように近づいて・・・・
b0124306_11194437.jpg

のんびり 景色を 堪能していたら 段々 日が落ちてきました

そろそろ 三嶺避難小屋に行く事にします
b0124306_11213327.jpg

あれ 池の横に まだ 残雪が 残っています
b0124306_11232420.jpg

さて 三嶺避難小屋に 今晩 泊まる人は 誰か 居るのかな?   
b0124306_11252751.jpg

誰も 居ません   今日 泊まるのは 私だけみたいです・・・・   寂しいよ・・・・   2階から 写してみました
b0124306_1127898.jpg

食事の 準備を していたら もう 日が 落ちかけています    慌てて 三嶺頂上に 夕焼けの写真を 撮りに向かいます
b0124306_11395858.jpg

急がないと・・・・・
b0124306_11412086.jpg

アップで・・・・     
b0124306_1142355.jpg

なんとか 間に合いました
b0124306_11454791.jpg

石鎚山方面に 沈む 夕日です

アップで・・・・     よく見ると 右側から 二つ岳・エビラ山・東赤石や 夕日の左側に 石鎚山が見えています
b0124306_11474155.jpg

綺麗な 夕日を 見ることが 出来ました     満足・満足・・・・
b0124306_11544056.jpg

さて 三嶺避難小屋に 戻って 食事です
b0124306_12171928.jpg

フリーズドライの 一つが お湯を入れて さあ 食べようとしたが カビくさくて 食べられませんでした   

こんな事も あるのですね・・・・    賞味期限も 少し過ぎていましたが・・・・ それよりは たぶん 小さな穴でも 空いていたのでしょう・・・?
  
b0124306_12324266.jpg

余分に 食料は 持って来ていたので 問題は ありませんでしたが・・・・



二日目に 続く・・・・・・
by ohara98jp | 2010-03-23 21:05 | 剣山系 登山 | Comments(10)
Commented by ヤマガツオ at 2010-03-24 12:11 x
おじょもさん 今日は

三嶺方面の前半レポ 今覗かせてもらいました。 道中の落石、小枝大変でしたね。 高知も20日の晩は雷、雨でした。
私もあんな日は山道を車で走りたくないですね。
おじょもさんも当日走っていたら また修理屋の世話に?

後半戦楽しみにしております。
Commented by ohara98jp at 2010-03-25 00:12
ヤマガツオさん  今晩は
20日の夜は 凄い風と雷雨でしたね  あの夜 大歩危・小歩危のホテルサンリバーの大きな看板が 強風で吹っ飛んでしまったそうです
あの日の 真夜中に 以前の 転落事故の リベンジだと言う事で 光石登山口に無理して 入って行かなくてよかったです
それから 実は 私 車の販売・修理屋をしています
Commented by ヤマガツオ at 2010-03-25 09:11 x
おはようございます
>販売・修理をしてます。  
ありゃりゃ  すみません。 しかしよかったー  もし近くを走っていエンコ等をした場合は助かります。
お構いなければ電話番号をメールしてもらえればありがたいですが。
Commented by ohara98jp at 2010-03-25 17:19
すみません  ヤマガツオさんの メール・アドレスが わかりませんので教えて下さい
Commented by ヤマガツオ at 2010-03-25 23:33 x
すみません
物を注文して銭払わん  以前メールしたと思い違いでした。

Eアドレスは neiri12gou@yahoo.co.jp です

電話分ればプットインさせて頂き、メンバー等でお助けが有れば紹介させていただきます。 しかしおじょもさんは土日や連休日は留守ですね。
Commented by YASU at 2010-03-27 00:05 x
おじょもさん 初めまして!
コンバンワ いやはや素晴らしいレポ有難うございます。
自分も三嶺好きなんですが、しばらく行ってないんで又登りたく
なりました。見応えあります!
これからも頑張って下さい。
Commented by ohara98jp at 2010-03-27 11:06
YASU さん  初めまして

三嶺は やはり いいですよね  四季を通じて 何回 登っても 飽きることが ありません
色んなルートが ありますし 三嶺避難小屋もあり テントを 担いで行かなくても 宿泊も出来ますから 楽しめます

また 何処かの山で 会った時は 宜しくお願いいたします
Commented by YASU at 2010-03-29 20:05 x
おじょもさん  こんばんわ!
こちらこそお会いできた時は宜しくお願いします。
おじょもさんとわかるような目印はありますか?

私が住んでいる所は香美市なので、お邪魔でなければ三嶺登山のときは誘ってください! (おじょもさんの気が向いた時で結構です)
Commented by ohara98jp at 2010-03-29 20:27
YASU さん  今晩は   香美市でしたか 
   

私は 香川県 丸亀市 身長185cmで いつも ダブル・ストックに シルバーの大きなウエストバックをしておりますので・・・・・これで 何とか わかると思います?
私は どちらかといえば 足が遅いので ゆったりと のんびり 周りを見渡しながら 歩いています
Commented by YASU at 2010-03-29 22:50 x
有難うございます、これだけ特徴を教えていただければ まず判ると思います。
私の方は身長175cmで年は40歳  いつもベージュのブッシュハットを被っています、私の登山も木を見 花を見 川を見 山を見欲張りながら脱線気味に行くので遅いと思います。

三嶺であれば、光石からフスベヨリ谷経由で3.5~4時間くらいです。どんなに急いでも3時間はかかります!(倒れるかも・・)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 寒峰 周遊 光石登山口~さおりが原~カヤハ... >>