瓶ヶ森 1896.2m (西之川ルートから)

22.02.07 

いい天気になった 今日は 山の会で 瓶ヶ森に 登る事に・・・・
車で 瓶ヶ森林道から 行けると 近いのですが 冬の 今の時期は 通行止めで 行けませんので 西之川ルートから 登りました

西之川バス停 ~ 瓶ヶ゙森だと 標高差 1470mも あります
b0124306_1518395.jpg

寒波が 来た後なので 新雪が 積もっているのかな ?
あまり 積雪が あると この前の 氷ノ山の時の ように 頂上まで 行けないし・・・・

石鎚山ロープウエイ乗り場を 通り過ぎて そのまま 車で 奥の 林道を 登って行くと 下の 名古瀬 登山口があります
b0124306_235150.jpg

朝 9時過ぎ 急な 斜面を 登って行きます
b0124306_238458.jpg

ひと登りすると 上の 林道に出ます
b0124306_239511.jpg

また 標識がある 上の かめが森の 登山口を 入って行きます

ここまで 車で これます
b0124306_2311851.jpg

そのまま 進んで 行きます
b0124306_23151021.jpg

桟橋も 渡って 行きます
b0124306_23163735.jpg

ロープの 張られた ガレた沢を 横切って 行きます
b0124306_23184623.jpg

今度は 随分 急な斜面を ジグザグに 登って 行きます
b0124306_23204164.jpg

常住(じょうじゅう)に 着きました  昔 あった 小屋は 無くなっています
b0124306_23235138.jpg

子持権現山が 見えています
b0124306_23244588.jpg

少し 荒れている 道を 進んで行きます
b0124306_2327592.jpg

少し アップ ダウンが あります
b0124306_23293849.jpg

沢も 渡り・・・
b0124306_2330535.jpg

枯れている 沢を 遡って 行きます
b0124306_23315620.jpg

どんどん 進んで 行きます
b0124306_23325829.jpg

石垣を 積み上げて 平坦地にしている 鳥越に 到着しました

ここは かつて 営業小屋が あったそうです
b0124306_23334986.jpg

ぽかぽか 天気で 汗を かきながら・・・・
b0124306_2339130.jpg

振り返ると 石鎚山が 綺麗に 見えています
b0124306_23404060.jpg

倒木を 乗り越えて 行きます
b0124306_23411599.jpg

途中 小さな 洞窟があり その中に 珍しい 氷筍が 出来ていました

持っているのは つららです
b0124306_2343243.jpg

先が とがっていません

しずくが 上から ポタポタと 落ちてきて 出来るようです
b0124306_16581634.jpg

別のを アップで・・・・・
b0124306_2344813.jpg

ここから 荒れた 急な 沢を 上がって行きます
b0124306_2348258.jpg

足場が 悪いです
b0124306_23491676.jpg

階段は 凍っていて とても よく滑ります
b0124306_23513634.jpg

振り返ると ここから 霧氷が 出来ていました
b0124306_23524474.jpg

尾根の方も とても 綺麗です
b0124306_23533875.jpg

ここは とても 綺麗でした
b0124306_2356480.jpg

瓶壷(かめつぼ)に やって来ました
b0124306_23571562.jpg

瓶壷の 水場は 凍っては いませんでした

ここの 水は とても 美味しかったですよ
b0124306_2358510.jpg

寒波で 新雪を 期待していたのに さっぱりです・・・

アイゼンも スノー・シュー(わかん)も 出番が ありません
b0124306_001090.jpg

でも そこそこ 綺麗です

氷見二千石原と 称される 美しい 笹原です
b0124306_0054100.jpg

白骨樹です
b0124306_034812.jpg

振り返ると 石鎚山です
b0124306_0537100.jpg

ほんの少し 白く なっています
b0124306_073058.jpg

登山道は つるつるに 凍っています
b0124306_082136.jpg

まず 南の 蔵王権現をまつる 男山(おやま)に 向かって 登って行きます
b0124306_095743.jpg

どんどん 行きます
b0124306_0112062.jpg

もう少しで 男山 頂上です
b0124306_0131136.jpg

クサリ場が あります
b0124306_0151678.jpg

振り返ると こんな 感じです
b0124306_0162171.jpg

樹氷の 間を 抜けて行きます
b0124306_0172277.jpg

もう少しです
b0124306_0201687.jpg

ヤブコギ状態で 木の枝の間を 掻き分けて 抜け出て 来ています
通る ルートを 誤ると・・・・
わざわざ ムリに そんな所を 通らなくても・・・・
 
b0124306_022515.jpg

やっと 男山 到着です
b0124306_023131.jpg

日の 当たる 瓶ヶ森林道は 雪が ありません
b0124306_055963.jpg

北の 二等三角点のある 女山(めやま)瓶ヶ森 1896.2mが 良く見えています
b0124306_081431.jpg

石鎚山です
b0124306_094257.jpg

b0124306_21352691.jpg

手箱山・筒上山・岩黒山も 良く見えています
b0124306_0122569.jpg

さあ 女山(瓶ヶ森 1896.2m)に 向かって 行きます
b0124306_0164327.jpg

どんどん 進んで 行きます
b0124306_018953.jpg

青空と 白い樹氷が とても 綺麗です
b0124306_0193985.jpg

振り返ると こんな 男山は 感じです
b0124306_0205449.jpg

女山(瓶ヶ森 1896.2m)の 頂上が 見えて来ました
b0124306_0223799.jpg

もう 少しです
b0124306_023660.jpg

女山(瓶ヶ森 1896.2m) 到着です
b0124306_0235520.jpg

西黒森・ジネンゴノ頭・東黒森・伊予富士・寒風山・笹ヶ峰・ちち山・沓掛山・黒森山 方面です 
b0124306_0315478.jpg

瀬戸内海も よく 見えています

360度の 素晴らしい パノラマ風景です
b0124306_03212100.jpg

のんびり しすぎて もう 2時40分です 早く 下りないと 日が 暮れてしまいます
b0124306_2211133.jpg

どんどん 下りて行きます
b0124306_22491466.jpg

瓶ヶ森ヒュッテまで 下りて来ましたが 小屋は 屋根もヤブレて 穴が 開いて 荒れています
b0124306_22534830.jpg

振り返ると 男山が 見えています
b0124306_23111161.jpg

白石小屋も 誰も いなくて 荒れているようです
b0124306_22574585.jpg

大きな つららが 出来ています
b0124306_22584150.jpg

瓶壷(かめつぼ)に 戻って 来ました
b0124306_2304739.jpg

下りの 階段は 凍っていて とても 滑りやすいです
b0124306_232217.jpg

荒れた 急な 沢の 下りは 落石が発生しやすく 気を 使いながら 下りました
b0124306_2372244.jpg

どんどん 下りて行きます
b0124306_23152493.jpg

登り 返していきます
b0124306_23162916.jpg

先を 急ぎます
b0124306_2318670.jpg

急な 斜面を 下りて行きます
b0124306_23192054.jpg

もう 少しです
b0124306_23203763.jpg

なんとか 真っ暗に なる前に 下りて来ました
b0124306_23212836.jpg

けっこう 長い コースでしたが 楽しめました

結局 アイゼンも スノー・シューズ(わかん)も 一度も 使いませんでした 
もう あたたかい 春の山みたいでした
by ohara98jp | 2010-02-08 23:04 | 石鎚山系 登山 | Comments(2)
Commented by ヤマガツオ at 2010-02-11 10:53 x
おじょもさんこんにちは 

7人?の旅9日から見させてもらい今日やっと見終わりました。こちらは一番楽なコースのみで このルートは未だ上がっておりませんので工事中が早く解除になるのを待ちかねました。
ありがとうございました。
Commented by ohara98jp at 2010-02-11 17:49
すみません ヤマガツオさん アップ するのが 遅くなりまして・・・ 

車で 瓶ヶ森林道から 行けると 近いですが 冬場に たまに こうやって 登るのも 変化があって いいと思います

今回 西之川ルートから 登りましたが 東之川ルートの方が 登山道は しっかりしているそうです
新道コースは 崩れて 通れないようですが・・・

是非 チャレンジ してみて下さい
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 愛媛県 大永山トンネルから ち... 22.01.17 東讃の里山... >>