石鎚山 東陵コース エントツ山さん達とバッタリ

21.10.04     今日は 久しぶりに 天気が 良さそうなので 
石鎚山へ 行く事にします                   (写真 クリックすると 大きくなります  その方が よくわかりますよ)

エントツ山の掲示板にも 先週から 石鎚山の 紅葉が 始まっていると 
書き込みが ありましたので・・・・

瓶が森林道を 行く途中で 何度も 車を止めて 撮影しながら 行きます

左のピークが 自念子ノ頭(1701.5m)です   帰りに 登頂しました
b0124306_17255438.jpg

瓶が森の 駐車場から 見える 雲海に 浮かぶ 石鎚山です
b0124306_1729192.jpg

左側の 子持権現山と 石鎚山です

子持ち権現山は 切り立った岩峰を ロッククライミング気分で 登れる山です
真っ直ぐな 80mの クサリがあり 腕力の無い 女の人等は きついかも わかりませんが

道路から 入り すぐに 登れますので 皆さん チャレンジしてみて下さい                 
b0124306_17303342.jpg

時間を かけて 撮影しながら 来たものですから 随分 遅くなりました
8時過ぎには 土小屋の 駐車場は すでに 超満車 状態です 

奥の 下の駐車場へ 行き ここから ゆっくりと 出発です
b0124306_1832566.jpg
  
やはり 今の紅葉の時期 東陵コースが 一番いい コースですので そこを 登ります

今日は もう 多くの人が 入って 居ます
b0124306_18345779.jpg

下って来る カメラマンの人とも たくさん すれ違います
b0124306_18364326.jpg
 
振り返ると 瓶が森が 良く見えています
b0124306_18374041.jpg

あの 岩と岩の 間の笹の谷を 登って行きます
b0124306_18385743.jpg

少し 近くから・・・

多くの 人が 行列になって 登っています
b0124306_1840386.jpg

笹を つかんで 登って よじ登るような 行く所も あります
b0124306_1841258.jpg


笹谷の様子    動画ビデオです



振り返ると いい感じです
b0124306_1844561.jpg

途中 左側奥の 見晴らしのいい 絶壁の岩場で のんびりと 休憩します
b0124306_18483250.jpg
 
通って来た 尾根が見えています
b0124306_2144413.jpg

そこへ 銀色の帽子を被り サングラスをかけた チョイ悪オヤジ風の人が・・・  (マーシーさんでした)

そのあと 聞き覚えのある声が・・・・

エントツ山さんでした    トンちゃんとダイヤモンド父ちゃんも 一緒です
b0124306_18535464.jpg



その時の 動画ビデオです







なんと 先月の 北穂高岳の山頂に続いて 
今回 石鎚東稜コースでも まるで 待ち合わせをしていたように 会うとは・・・・

これも ご縁があるのでしょう 一緒に 行動する事に します
b0124306_18565044.jpg



途中の 少し 落差のある 岩場です
b0124306_21454335.jpg

さあ カニのヨコバイに やって来ました
b0124306_21502483.jpg

別に そんなに 怖くはありません 

何の 問題も ありません
b0124306_21515442.jpg


カニのヨコバイ  動画ビデオです





どんどん 進んで 行きます
b0124306_21531119.jpg

ここから 絶壁に見える 岩場を 左上に 登って行きます
b0124306_21552875.jpg

大きな 岩場を 越えて行きます
b0124306_21564734.jpg

最後の 登りに やって来ました

ここを 登れなくて 苦労する人が 時々 居るそうです

高所恐怖症の ダイヤモンド父ちゃんも 次に どこへ 足と手をもっていこうかと 悩んでいます
b0124306_2205863.jpg

マーシーさんの アシストもあり どうにか 登って行きます
b0124306_2241859.jpg

あそこまで 行けば もう 大丈夫です
b0124306_226365.jpg



その時の様子を 撮影     動画ビデオです




私は 左側の 別の ルートから 登って カニのヨコバイを 見下ろします
b0124306_2274666.jpg

南尖峰に 上がって来ました  

今 覗き込んでいる 左側の崖下から 這い上がって 来ました
b0124306_22115579.jpg

ここまで来たら 今度は 墓場尾根を 見に行く事に します
b0124306_22151015.jpg

どんどん 下りて行きます
b0124306_22165077.jpg

岩場に 馴れた人なら ここを トラバースして 行けます

ダメな人は 岩場の 一番下まで行き そこから 登って来ます
b0124306_2220985.jpg

トンちゃんも エントツ山さんとマーシーさんに アシストされながら 登って来ます

高所恐怖症の ダイヤモンド父ちゃんは ここに残ってしまいました
せっかく 来ていたのだから 来れば 良かったのに・・・
b0124306_22235492.jpg


その時の 動画ビデオです





ここまで 登ると 墓場尾根が よく見えて来ます
b0124306_22291777.jpg

左側を 見ると 南沢の 反対側の カニのヨコバイに 多くの 人が来ているのが 見えてます
b0124306_22315447.jpg

振り返ると 南尖峰が そそり立っています
b0124306_22373310.jpg

大砲岩も どうだ? と そそり立っています
b0124306_2241336.jpg

西ノ冠岳や二ノ森も 見えています
b0124306_22424190.jpg



その時の 動画ビデオです






トンちゃんも ついに 墓場尾根の上まで 行く事が 出来たようです

あそこの 岩の上までは なかなか 普通の人は 行かないと 思います
b0124306_22495974.jpg

アップで・・・
b0124306_2250325.jpg

今度は 場所を 入れ替わります
b0124306_22521842.jpg

3人とも 南尖峰に 見とれています?
b0124306_232528.jpg

ここで ヒコーキ変態野郎?の 3人で ヒコーキ編隊を ご披露します
b0124306_22594072.jpg

この角度の 南尖峰 何とも言えません
b0124306_2384693.jpg

そろそろ ここへ 来れなかった 高所恐怖症の ダイヤモンド父ちゃんの所へ 戻る事にします

首を 長くして 下で 待ってて くれています
b0124306_2313723.jpg

戻って 行くのも マーシーさんは 岩場を 這い上がって 行きます
b0124306_2320146.jpg

どんどん 行きます

私も 後に 続きます 
b0124306_23212120.jpg

元に 戻って 記念撮影です
b0124306_23225421.jpg

天狗岳に 行く 途中でも 記念撮影です
b0124306_2328329.jpg

振り返って見る 南尖峰です

ここの 左側 下から 這い上がって来ました
b0124306_2330956.jpg

少し 離れた所から・・・
b0124306_23423850.jpg

天狗岳まで やって来ました
b0124306_23471444.jpg

標高 1982mです
b0124306_2349241.jpg

ここで タキオンのお気楽山のぼりの タキオンさんに 初めて お会いしました

色々な お話 有り難うございました
b0124306_23505825.jpg

あれ 北壁を クライミングしている人達が います

もしかして あれは 社長さんでは ないのかな?
b0124306_23542143.jpg

やはり そうでした 

崖下を 覗きこむと ガクガクさんが 居ました
一番 下側に 居ます
b0124306_23561427.jpg

エントツ山さん達は 横側から 見学しています
b0124306_01661.jpg

声を かけると ガクガクさんも 気が付いて くれました
b0124306_041158.jpg

よいこらしょ と 登って来ています
b0124306_07318.jpg

途中で 余裕の 変顔ポーズを とります
b0124306_0104571.jpg

無事に 登頂 成功です
b0124306_016242.jpg


その時の 動画ビデオです





そろそろ 弥山へ 行く事にします
b0124306_0184856.jpg

b0124306_020755.jpg

振り返ると ガクガクさん達が クライミングで登って来た 北壁が 見えています

いつか 私も チャレンジしてみたいです
b0124306_0232925.jpg

成就社方面 ロープウエイへ 向かう 登山道が 見えています
b0124306_0264818.jpg

弥山に 多くの人が 居るのが 見えています
b0124306_030833.jpg

弥山への 最後の 登りです
b0124306_0314995.jpg

振り返ると こんな 感じです

標高 1982mの 天狗岳です
b0124306_0333952.jpg

弥山では まだ 多くの人が居ました

あとで エントツ山の掲示板で 話題になった ロシア娘も 写っています
b0124306_042915.jpg

ぼちぼち 下山する事に しますが・・・・

しかし 人が多いな・・・
b0124306_0451493.jpg

途中 左側奥へ 行っている人達が います

あそこへは 私も 入った事が 無いですので 今度 来た時に 行く事にします
b0124306_048407.jpg

どんどん 下りて 行きます
b0124306_050213.jpg

途中 三ノ鎖場に 寄り道します

丁度 登って行く人が 居ました
b0124306_0523449.jpg

また どんどん 下りて 行きます
b0124306_0545057.jpg

シコクフウロです
b0124306_056930.jpg

こんな花も ありました ハガクレツリフネ
b0124306_0573257.jpg

これも・・・・   名前を聞いたのだが・・・  

駐車場に 着く頃には 忘れてしまっていた
b0124306_10247.jpg

エントツ山さん・マーシーさん・タキオンさん・トンちゃん・ダイヤモンド父ちゃん・ガクガクさん達と 別れて 瓶が森林道を 帰る事にします

皆さん お世話になりました    有り難うございました

瓶が森林道が 水平に 続いているのが わかります
b0124306_18096.jpg

まだ 明るいので 帰る途中にある 自念子ノ頭(1701.5m)へ 登ってみることにします

簡単に 登れて 眺めもよく 正面に 石鎚山が 見えています
b0124306_1123649.jpg
 
瓶が森などの 他の 山も シルエットで・・・
b0124306_1012868.jpg

夕日の 光の スジが・・・   何とも 言えないです・・・・
b0124306_1035138.jpg

自念子ノ頭(1701.5m)から 下山途中の 風景です

伊予富士なども 見えています
b0124306_1142518.jpg

あとは 行基の湯で さっぱりして 帰りました

 
by ohara98jp | 2009-10-08 17:26 | 石鎚山系 登山 | Comments(2)
Commented by ヤマガツオ at 2009-10-08 22:36 x
おじょもさん今日は
北も見せてもらいましたが、東稜の写真も素晴らしく 本当に見やすいです。 続き楽しみです。
Commented by ohara98jp at 2009-10-09 11:27
ヤマガツオさん  今日は 

お久しぶりです   お元気でしたか?

先日の石鎚山の東稜コース 天気に 恵まれて
途中 エントツ山さん達と 偶然にも出会う事が出来まして
一日を 楽しく 過ごす事が 出来ました

また 何処かの 山でお会いするのを 楽しみにしています

今後とも 宜しくお願いいたします
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 黒部渓谷 下ノ廊下(日電歩道・... 上高地~パノラマコース(屏風の... >>