三嶺(北西尾根)~西熊山(北東尾根) 周遊

21.02.15
山の会で 三嶺(北西尾根)から登り 
天気も良いので 急遽 西熊山の北東尾根を下りて来ることに・・・


道 無き 道の急斜面をズルズルとドロだらけになりながら・・・

下りていた 細尾根が突然 途切れて 崖や沢に阻まれて・・・

この下り 最後が 結構 大変でした・・・



いやしの温泉のテニスコート横でテントを張りました
b0124306_21411334.jpg

皆で 鍋をつついて 
お酒もほどほどに・・・
b0124306_2144128.jpg

ふるさと林道の登山口から 登り出す
 
去年とは違う 初めてのルートです
b0124306_21454943.jpg

ここは 植林地を登っていきます

しかし まったく 雪が無い
b0124306_21475215.jpg

昨年(20.02.10 大雪でラッセル) とはえらい違いだ
b0124306_22232481.jpg

少し 雪が残っている所が出てきました
b0124306_21552351.jpg

急斜面の登りが続きます
b0124306_2157589.jpg

少し 緩やかな場所に 出てきました
b0124306_21585979.jpg

段々 雪が深くなる
b0124306_2215290.jpg

どんどん 登って行く
b0124306_2241886.jpg

白骨樹の所へやって来ました

いつ見ても 何とも言えない いい感じです
b0124306_2255949.jpg

ここへ来るのが 初めての人も居ます 
撮影に忙しそうです
b0124306_22202067.jpg

さあ 1806m峰へ向かいます
b0124306_2275058.jpg

きつい 急登が続きます
b0124306_22264815.jpg

もう少しで1806m峰に着きます
b0124306_22281516.jpg

雪の少ない 西熊山・天狗塚 方面です
b0124306_22295525.jpg

寒峰や烏帽子山や矢筈山など 素晴らしい 景色が見えます

しかし どの山も 雪がほとんど無い・・・
b0124306_22325668.jpg

さあ 三嶺へ向かって 出発です
b0124306_22344258.jpg

暖かくて 随分 雪が融けています
b0124306_2239342.jpg

振り返ると こんな感じです
b0124306_2241926.jpg

右側に 三嶺の頭が少しだけ見えて来ました
b0124306_22425899.jpg

頂上が見えて来ました
b0124306_22443859.jpg

もう少しで三嶺の頂上です
b0124306_22461966.jpg

振り返ると いい感じです・・・
b0124306_22473932.jpg

やっと 着きました
b0124306_22515067.jpg

剣山方面です
b0124306_22545225.jpg

白髪山方面です
b0124306_22565723.jpg

天気も良いので 急遽 西熊山の北東尾根を下りてみることに・・・
b0124306_2259642.jpg

しかし いい天気です
b0124306_231468.jpg

アップ・ダウンを繰り返しながら行きます
b0124306_2323862.jpg

振り返ると・・・

いつ見ても いい風景です
b0124306_2335984.jpg

2月に こんなに 雪の無いのは 今までに無かったのでは・・・ 
b0124306_2361874.jpg

西熊山への登りです
b0124306_23141325.jpg

もう少しです・・・

ズボズボと はまりながら・・・
b0124306_23171011.jpg

どうにか 着きました
b0124306_23205987.jpg

少し ユーターンします
b0124306_23222792.jpg

ここの上部の広い尾根を 下りてみることに
b0124306_23235763.jpg

三嶺がよく見えています

何ともいえない いい景色です
b0124306_23253894.jpg

どんどん 下りて行きます
b0124306_23274847.jpg

樹林帯の中に入りました
b0124306_23285041.jpg

道 無き 道を行きます
b0124306_23303238.jpg

尾根を外さないように 下りていきます
b0124306_23314333.jpg

雪解けで ドロンコになりながら
急斜面をどんどん行きますが・・・
b0124306_23332394.jpg

なんと 細尾根がプッリと切れて無くなり 
先端の両サイドが 崖になっていて
先に進むことが出来ません
b0124306_2337548.jpg

もう先へ進めないので 少し戻り 右側(東)へルートを探します

こちらの方が 置いてきた車に戻る方角になります

しかし 崩れていて 行けそうなルートがありません
b0124306_23403023.jpg

崩れたガレ場を 越えて 奥へルートを探しに行きますが・・・
b0124306_23425948.jpg

しかし 急斜面の下には 大きな沢がゴーゴーと流れて
行く手を さえぎっています

そのまま行っても 大きな沢で崖の岩場を渡れるか どうか 分かりません
ルート(道)がありません
さて 本当に 困りました・・・
b0124306_23461027.jpg

登り返して沢の上部を迂回して
ルートを探しながら東へ行くか?

車へ戻るのに 遠周りになるが 
左側(西側)へ ルートを探しながら行くか?

協議の結果
右側(東)へは 進むことを諦めて 西側へ行くことに・・・
b0124306_2348940.jpg

今度は 左側(西)へ ルートを探しながら 進んでいく

その方が うまくいけば 置いてきた 車からは遠く離れるが
暗くならない内に 早く 林道に出られそうなので・・・

時間も 夕方近くになって来ているので 急ぎます
b0124306_23504514.jpg

また 沢へ突き当たる

こんな沢でも 岩にはばまれて 渡れる場所があまり ありません・・・

沢を渡った側に ビニール袋が吊るされているのを発見し
渡ってみることに・・・
b0124306_23521385.jpg

ビンゴ  正解でした

上部に 急な岩場を抜ける 道が続いています
b0124306_0101469.jpg

はっきりした道になりました
b0124306_0113366.jpg

どんどん 進んで行きます
b0124306_0122614.jpg

なんとか ふるさと林道へ出れそうです
b0124306_0134680.jpg

やっと 作業道へ出てきました

やれやれです・・・
b0124306_0152456.jpg

車まで ふるさと林道を歩いて帰ります

意外と思ってたより 随分早く林道へ出られました
良かった 良かった・・・

あのまま 登り返して沢を迂回してたら
道が分からず まだ山の中で ウロウロしていたでしょう
へたをしたら 日が暮れたかも・・・?

私 一人の時だったら・・・
どうしただろうか・・・?

今回は 人が多かったので 色々 ルートを手分けして 
短時間で 探して行けたので 良かったのですが・・・

一人の時は 大変です・・・

今回のケースは 本当に 急がば回れで 正解でした
b0124306_017510.jpg

途中の湧き水で ドロドロに 汚れた 靴を洗い落として帰ります
b0124306_018453.jpg


ログです
b0124306_21384865.jpg

by ohara98jp | 2009-02-16 20:48 | 剣山系 登山 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 高瀑(たかたる)の滝 大永山トンネルからちち山へ >>