岡山県 後山(うしろやま) 21.02.01

今日は 山の会で 岡山で一番高い山 後山へ行く事に

登山口までの林道で 杉の木が 倒れてきて 道をふさいでいる
背の高い私の車 天井が当たる・・・
b0124306_22552810.jpg

もう少し右に寄ると 道から落ちる・・・
背の低い車だと くぐれますが・・・

もう このあたりから 歩くことに します
b0124306_21362087.jpg

上に歩いて行くと また 別の杉の木が道をふさいでいます
4WD車が ここまで来て あきらめています

雪も 段々 深くなって来ています 
20cm~30cmになると 車はもう まともに動けなくなります
雨が降ったあとの この雪では 無理はしない方が いいです 
b0124306_2144494.jpg

林道をふさいでいる 木をくぐって行きます
b0124306_21464259.jpg

ほどなく 登山口へ着きました
b0124306_2152104.jpg

後山は 岡山県で一番高い山です
b0124306_21543060.jpg

最初は 植林地を登って行きます

トレースはまったく ありません
b0124306_2156236.jpg

大岩の横を通ります
b0124306_21591272.jpg

沢ぞいに 登ります
b0124306_227683.jpg

段々 雪が深くなってきて ひざを越える位まで 埋まるようになりました
b0124306_2210687.jpg

このあたりで みんな 輪かんを 付けていきます
私は なんと スノーシューを車に 置いてきてしまった・・・・

雨が随分 降った後なので 雪が締まって 大丈夫だと思っていたのだが・・・
思っていた以上に雪が深くて ズボズボで・・・ 
大失敗でした・・・

いまさら 取りに 引き返すのも・・・
b0124306_22204376.jpg

しかたなく 覚悟を決めて 行くことにします
沢を 越えて行きます
b0124306_22231098.jpg

みんな  輪かんを付けているので スイスイと行けますが
私は ズボズボと 膝上から 股まで埋まりながら行きます
b0124306_22353170.jpg

傾斜もきつくなってきます
b0124306_22374237.jpg

体力が どんどん 奪われていきます
汗 びっしょりになります

なんで スノーシューを 持ってこなかったんだろうと・・・ 
ずいぶん 後悔しながら 登って行く
b0124306_22395730.jpg

やっと 尾根に 出ました
でも あいかわらず ズボズボ状態が続きます
b0124306_22432954.jpg

霧氷が綺麗です
b0124306_2246321.jpg

やっとこさ 船木山に着きました
いい加減 疲れました・・・
b0124306_22485685.jpg

ここから 後山へ尾根づたいに 行きます
b0124306_2252926.jpg

霧氷がとても 綺麗です  
いい雰囲気です
b0124306_23134078.jpg

霧氷のトンネルを行きます
b0124306_2335983.jpg

もう少しで 後山です
b0124306_2354460.jpg

尾根は雪が凍っていて あまり ズボズボと沈まなくなる
b0124306_238276.jpg

視界が 良くなって 下界が 見えてきた
b0124306_2310138.jpg

いい雰囲気です
b0124306_23112426.jpg

やっと 後山頂上に 着きました
b0124306_121686.jpg

見えている 山 名前が さっぱり 分かりません
b0124306_2328840.jpg

でも まったく 見えないよりは随分ましです
b0124306_23301185.jpg

そろそろ 下山することにします
b0124306_23433114.jpg

船木山が 見えています
b0124306_23452070.jpg

いったん下って また 登り返して行きます
b0124306_23474819.jpg

霧氷が とても 綺麗です
b0124306_23532648.jpg

霧氷を くぐって 帰ります
b0124306_23142510.jpg

いい感じです
b0124306_010014.jpg

どんどん 登り返していきます
b0124306_0124729.jpg

またまた 樹氷の トンネルです
b0124306_0151318.jpg

船木山に着きました
b0124306_0162531.jpg

これからは 下りばかりです
b0124306_019484.jpg

みんなが 通っていない所を 下りていってみます
これが けっこう 楽しいです
b0124306_0245393.jpg

急斜面でも 直滑降で 下りていけます
b0124306_0261233.jpg

下りは 輪かん無しでも ほとんど関係なく 
どんな所も どんどん 下りていけます
b0124306_029396.jpg

沢の所まで 戻って来ました
b0124306_0353510.jpg

沢ぞいにどんどん 下りていきます
b0124306_0371951.jpg

またまた 沢を渡ります
b0124306_0395224.jpg

車まで もう少しです
b0124306_0412583.jpg

今日は6.18km 歩きましたが 
ズボズボ歩きで けっこう疲れました
b0124306_0445896.jpg

やはり スノー・シュー(輪かん)があるのと 無いのでは
随分 違いますね・・・
b0124306_153582.jpg

by ohara98jp | 2009-02-01 23:07 | 本州 九州 登山 鳥取 | Comments(2)
Commented by ヤマガツオ at 2009-02-03 14:32 x
あれれ おじょもさんも岡山方面でしたか

自分達も31日と1日は岡山方面でしたよ。(1日は上蒜山に登りました)

倒木、帰りの車の時間でなく好かった?ですね。

それとスノーシュー無しで歩かれてお気の毒、自分も輪かんを着けていてもズボッと落ち込みピッケルで持ち上げましたよ。
他の二名は 一人では抜け出せなくて、足周りの雪をかき出してもらいそれぞれ引き上げるのに約10分位かかった場所もありました。
下山口の上の方で近道(藪歩き)をしたところしょっちゅうズボズボ(直ぐ抜ける範囲)で近道の値打ちが無かったみたいでした。

また続き見せてもらいます。


Commented by ohara98jp at 2009-02-04 00:07
ヤマガツオさん 上蒜山に行かれていたのですね 
私も雪の蒜山を縦走をしてみたいです

スノーシュー無しで歩くのは やはり きつかったですね
膝位ならまだしも 股まで埋まるのは 大変でした

確かに時々 輪かんがひっかかり アリ地獄みたいに 抜け出せない時がありますよね

でも 今回 下りの時は どんな急斜面でも 
直滑降でズボズボと下りて行けましたので 楽しかったですよ

倒木の処理 最終手段は 車にノコギリも積んでいますので・・・

今後も 宜しくお願いいたします

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 二ッ岳 雨と強風の寒風山 >>