乾徳山 楽しい岩場 200名山 山梨県

1.8.16

乾徳山の 岩場 

b0124306_16093990.jpg

ログ
 

b0124306_15313238.jpg
ノロノロ台風の影響で 天候が 悪いので
歩く距離の短い 上の 登山口から 出発

b0124306_15322015.jpg
さっそく 熊 注意の看板がある

b0124306_15332436.jpg
7月21日に この乾徳山登山口付近で 子連れのクマが 目撃されたそうです


b0124306_15342801.jpg
小雨の中 取り合えず 登って行く

b0124306_15392826.jpg
岩が ゴロゴロ
雨で 濡れていて 滑りやすい

b0124306_15401350.jpg
小さな 水場が あった
冷たくて おいしかったです

b0124306_15413933.jpg
さらに 登る

b0124306_15430863.jpg
強風で 倒れたのでしょうか ?

b0124306_15443237.jpg
一面 岩が ゴロゴロ

b0124306_15460645.jpg
二つ目の 水場

b0124306_15465227.jpg
傾斜が 緩やかになる

b0124306_15475013.jpg
国師ヶ原 十字路
分岐の 標識

b0124306_15484987.jpg
もうすぐ 尾根に出るようだ

雨・風が 一段と 強くなる

b0124306_15495094.jpg
ガスで 視界が無い
雨風が とても 強く 吹いていた

b0124306_15513699.jpg
手洗岩が あり 丁度 雨で綺麗な ? 水が溜まっていた

b0124306_15530083.jpg
大きな岩が

b0124306_16003047.jpg
あちこちに どんどん 現れる

b0124306_16011559.jpg
さらに 岩だらけに なる

b0124306_16021218.jpg
どんどん 登る

b0124306_16032286.jpg
岩を 這い上がる

b0124306_16042964.jpg
鎖・ロープが 出て来た

b0124306_16053071.jpg
髭剃岩(カミソリ)

狭い 岩の割れ目


b0124306_16065205.jpg

Nさん 狭い隙間に 入って行ったが 
途中で お腹が つかえて 通れないと言って
引き返して来た




b0124306_16074884.jpg
どうやら 奥側の 足元にある 岩のあたりが 
狭くなっていて お腹がつっかえたようだ

b0124306_16111910.jpg
私も 狭い岩の隙間に 入ってみた

この板状の 大きな岩の 上側を 歩いて 行かないと行けないようだが・・・・・
結構な 段差があり とても 狭くて 通りにくかった

通り抜ける時に 体や 両太ももが 濡れた岩に擦れて ビッショリと 濡れてしまった 


b0124306_16244289.jpg
その先は 行き止まりで 絶壁だった
強風が 吹き荒れていました

残念ながら 何も 見えない


b0124306_16293462.jpg
一番 奥側から 振り返ると こんな感じ 
青い服の Nさんが 見える

とても 狭い 隙間
体が 濡れてしまう
b0124306_16315274.jpg
ピラミッドのような 尖った岩

b0124306_16352995.jpg
ここも 潜れるのかな ?

b0124306_16361744.jpg
おぉ・・・ この狭いV字の 岩の隙間を 通るようだ

赤い矢印がある

b0124306_16371128.jpg
ハシゴで 下るようだ

b0124306_16391155.jpg
その先には

b0124306_16394222.jpg
カミナリ岩の 鎖場

濡れていて よく滑る

b0124306_16401192.jpg
左右に クサリが垂れ下がっている
右側の方が 登りやすい
b0124306_16412580.jpg
大きな 大岩

b0124306_16444358.jpg
胎内岩
ここで ビバークが出来そうだ

b0124306_16461003.jpg
ここの濡れた岩場は 足場が とても良く滑った
ロープが無ければ 登れなかった


b0124306_16475625.jpg
雨乞岩


b0124306_16512040.jpg
乾徳山の メーンイベント

鳳岩に やって来た
高さ 約20m


b0124306_16523876.jpg
下側は クサリが 無ければ 滑って登れない
雨で 濡れていて 鎖も 岩場も よく 滑る
注意が 必要です

b0124306_16560681.jpg
この時 上から 写真を撮ってもらっていた

薄っすらと 私の 赤い服が見える

b0124306_10163650.jpg


少し 上に上がれば 岩の隙間に 足を入れられる


b0124306_16583678.jpg
上を 見れば こんな感じ

b0124306_17003504.jpg
上から 撮ってもらうと こんな感じ


b0124306_10200951.jpg


ここからは クサリを 使わずに 楽に 登れる

b0124306_17022685.jpg

もう少しです

b0124306_17045805.jpg
下側を 見ればこんな感じ

b0124306_17060751.jpg
一番 上から 見ると こんな感じ

b0124306_17091248.jpg
頂上は すぐ近くだ

b0124306_17101902.jpg
乾徳山の 頂上が 見えて来た

b0124306_17113492.jpg
乾徳山   標高 2031m


b0124306_17132980.jpg
残念ながら ガスって 何も 見えない



b0124306_17190903.jpg
少し 休憩したが 相変わらず 展望が無いので 
とっとと 下山しますか

b0124306_15172159.jpg
濡れた 下りのハシゴは よく滑る

b0124306_15180311.jpg
もう 一つのハシゴ

b0124306_15202533.jpg
しかし よく滑る 岩場だ

b0124306_15224147.jpg
ここは まだ 足場が 多くあるので楽だった

b0124306_15235687.jpg
どんどん 下りて行く

b0124306_15252791.jpg
ハシゴを 這い上がる

b0124306_15283600.jpg
木の根で 滑らないように 注意して


b0124306_15310540.jpg

さらに どんどん 下る


b0124306_15302656.jpg

尾根の 分岐まで 戻って来た

直進すれば 道満尾根コースで 下の 登山口へ・・・・
右折して 帰ります



b0124306_15324529.jpg
帰りに 高原ヒュッテ(避難小屋)に 立ち寄ってみました

内部は 自動感知で 電灯が点く トイレも あり
快適そうでした


b0124306_15360705.jpg
無事に 登山口まで 下りて来ました


b0124306_15393489.jpg

台風の 影響で 雨・風・ガスの 生憎の天候でしたが

岩場(鎖場)で 楽しめました





# by ohara98jp | 2019-08-16 12:08 | アルプス 百名山登山 | Comments(0)