カガマシ山~栃尾山(とちおやま) 周遊 愛媛県

29.04.23

カガマシ山~栃尾山 周遊  反時計回り
愛媛県中央市新宮町
b0124306_11322448.jpg

新宮インターから 5号線(川之江 大豊線)に入り
大豊方面に 約10km 右手に 原生林遊歩道の看板があり


b0124306_11304765.jpg
栃尾山ブナ原生林登山道入り口と書いてある 登山口に到着
シャクナゲ群生地まで 1.9km  約50分

b0124306_11342685.jpg
大豊側から見た 登山口

b0124306_11461761.jpg
倒木を 越えていく

b0124306_11470088.jpg
登山道は ハッキリしている


b0124306_11481140.jpg
木が 通行の妨げをしている


b0124306_14144420.jpg
分岐にやって来た

b0124306_14155695.jpg
真っ直ぐに 登れば 栃尾山近くの尾根に行くが
今回は 右折して トラバース道を進み
シャクナゲ群生地へ 向かいます

群生林遊歩道の標識がある

b0124306_14162683.jpg
トラバース道を 進むと

b0124306_14202271.jpg
崩れた沢に出る

急斜面をトラバースするのに 
足元が崩れ 滑落しないように 注意が必要です

b0124306_14205209.jpg
何とか 渡り 
振り返ればこんな感じです

b0124306_14231288.jpg

今度は 水が流れている 沢を渡渉

b0124306_14240702.jpg
尾根の先を 左へ回り込んで 下っていく

b0124306_14254085.jpg
どんどん進むと

b0124306_14290620.jpg
開けた場所に出る

b0124306_14293887.jpg
足元には これより原生林の標識

b0124306_14300799.jpg

いい感じ


b0124306_14310466.jpg
シカの 警戒声を聞きながら
更に進むと

b0124306_14322333.jpg
また 沢の 渡渉


b0124306_14330867.jpg
苔むした岩場

b0124306_14342377.jpg
また また 崩れかけの トラバース道

b0124306_14344788.jpg
さらに 注意しながら進む

b0124306_14351803.jpg
シャクナゲが 出て来た

b0124306_14360861.jpg
何かを書いてあったらしいが 
消えてしまって 全く 分からない標識

b0124306_14375769.jpg
シャクナゲ群生地
これより先 未整備と書いてある

b0124306_14400266.jpg
この尾根に取り付いて 真っ直ぐ登って行くのですが
右側にも トラバースの道が ハッキリついているので
注意が必要です

間違わないように・・・・

b0124306_14420207.jpg
シャクナゲの急斜面を 登って行く

b0124306_14450524.jpg
大岩は 右側を巻いていく

b0124306_14453638.jpg
急斜面を どんどん進む

b0124306_14471907.jpg
今日は とても いい天気だ

b0124306_15180942.jpg
傾斜が 少し 緩やかになる

b0124306_15192286.jpg
開けた場所になり
急斜面を ジグザグに 登って行く

b0124306_15204718.jpg
ヒイコラと登って

b0124306_15232781.jpg

やっと 尾根に

b0124306_15243707.jpg
その県境尾根に出て 右折
栃尾山は 左折
b0124306_15253313.jpg
どんどん進む

向こうに 見えているのが カガマシ山かと思っていたが・・・・

b0124306_15264241.jpg
左側に 傾いた 岩場がある

b0124306_15280431.jpg
一瞬 頂上かと思ったが・・・・

b0124306_15290294.jpg
まだ まだ 先があった

b0124306_15300193.jpg
歩きやすい尾根道

いい感じです

b0124306_15320276.jpg
どんどん進む

b0124306_15341421.jpg
のんびりと進む


b0124306_15381886.jpg




枯れた 桂の木 ? が とても 多い

b0124306_15353972.jpg


やっと カガマシ山の頂上に到着

b0124306_15363815.jpg
カガマシ山    標高 1342.9m
だだっ広い山頂

b0124306_15402553.jpg
左側の景色 (南側)

b0124306_15420286.jpg
そのさらに左側の景色


b0124306_15424688.jpg
頂上からの 右側の景色 (北側)

b0124306_15455607.jpg

その続き

b0124306_15461692.jpg
さ~て 引き返しますか

b0124306_15474332.jpg
いい感じの ブナの木

b0124306_15492351.jpg

右側に 長い尾根が見える
あの先が 栃尾山らしい

あそこまで行きます

b0124306_15503062.jpg
傾いた岩場を通り

b0124306_15520016.jpg
どんどん進む

b0124306_15524337.jpg
急斜面のシャクナゲ尾根を登って来た 
分岐まで 戻って来た

b0124306_15531172.jpg
どんどん尾根を歩いて行くと 人に出会う

シャクナゲはまだ早い今の時期 まさか 人に出会うとは思って見なかったので驚いた
高知県の人で カガマシ山は まだ先か この道であっているのか ?と聞いてきた

私が 通ったトラバース道ではなくて 直に 尾根に登って来たようだ
もう少しです 頑張って下さいと返事をする


b0124306_15544311.jpg
適当に どんどん進む

b0124306_16014644.jpg

倒木を乗り越えていく

b0124306_16021665.jpg
更にどんどん進むと

b0124306_16040469.jpg

石を四角形に積み上げている所がある

休憩がてらに GPSで 現在地を 確認すると
あれ~ いつの間にか 栃尾山からの帰りに 下山する栃尾峠の 分岐をほんの少し通り過ぎていた

分岐があったはずだが  全く 気が付かなかった
帰りに 検証してみる事に

b0124306_16044950.jpg
取り敢えず 栃尾山へ向かいます

b0124306_16112872.jpg
笹が出て来て 時々 登山道を 外してしまうが 適当に進む

b0124306_16125308.jpg
さらに どんどん進と

b0124306_16142315.jpg
栃尾山に 到着   標高  1222.3m



b0124306_16150360.jpg
標識が無ければ 普通に通り過ぎていた
まったく 景色も無く ピークとは 気付かない


b0124306_16153913.jpg
もう とっとと下山する事にします

b0124306_16185132.jpg
また いつの間にか 


b0124306_16204131.jpg
道を見失ったりしながら 適当に帰ります

b0124306_16214866.jpg
四角い 石積みの所まで 戻って来ました

b0124306_16224686.jpg
少し 進むと 栃尾峠の 分岐 発見




b0124306_16240742.jpg
左側に 錆びた鉄の支柱に 標識が付いている

b0124306_16254421.jpg
カガマシ山から 栃尾山へ向かって行く時は
 
丁度 登山道の左側の 木の向こう側に 錆びた鉄の支柱が 立てかけられていて
標識が 全く 見えない状態で 気が付かなかった


b0124306_16261609.jpg
さあ 栃尾峠 尾根から 下りて行きますか

b0124306_16315257.jpg
倒木の 右側を通って行きます

b0124306_16323744.jpg
太い大きな倒木が あちこちにある


b0124306_16344895.jpg
振り返ればこんな感じ

b0124306_16350387.jpg
急斜面の 細尾根を下る

b0124306_16354009.jpg
さらに どんどん 急斜面を下る


b0124306_16365646.jpg
足元には 錆びた ワイヤー
向こうの 景色を見ながら下る

b0124306_16380633.jpg
どんどん先に進む

b0124306_16401027.jpg
あれ・・・
この木は 見覚えがある

いつの間にか 群生林遊歩道の標識がある分岐を 通り過ぎていたみたいだ


b0124306_16405428.jpg

そのまま どんどん下り

b0124306_16442935.jpg
車道が 見えて来た
b0124306_16450040.jpg

何とか 無事に
車まで 戻って来ました

b0124306_16461177.jpg

帰り道にある ブナの活き水に 立ち寄る

b0124306_16475922.jpg
そこで 顔を洗って すっきりする

b0124306_16504076.jpg

すぐ横に 魚の養殖場 ? がある

b0124306_16542058.jpg


覗いてみると 見慣れない大きな魚影が・・・・



b0124306_16552853.jpg
キャビアで有名な 髭を生やした チョウザメでした



b0124306_16565736.jpg
イワナ ?
一緒に 泳いでいました

b0124306_16574148.jpg
チョウザメは 初めて見ました

b0124306_16583961.jpg
その後 霧の森で 温泉に入り
さっぱりして帰ります

b0124306_16595199.jpg
入浴料金  400円  
シャンプー・ボディシャンプー付き  安い


b0124306_17024753.jpg






# by ohara98jp | 2017-04-23 11:18 | 石鎚山系 登山 | Comments(0)