英彦山 正面登山口(銅の鳥居)~奉幣殿~玉屋神社~鬼杉~南岳~中岳~北岳 周遊

29.12.29   年末年始の一日目


九州 福岡県にある 英彦山(ひこさん)  標高 1199m  日本二百名山  日本百景

弥彦山(新潟県) 雪彦山(兵庫県)と ともに 日本三彦山に数えられ
また 羽黒山(山形県) 熊野大峰山(奈良県)と ともに 日本三大修験にも数えられる


正面登山口(銅の鳥居)~奉幣殿~玉屋神社~鬼杉~南岳~中岳~北岳 周遊

b0124306_14484244.jpg
銅の鳥居(かねのとりい)から 出発です

b0124306_15093347.jpg
説明文

b0124306_15104684.jpg
一直線状に伸びている 石畳の参道

b0124306_15110296.jpg
スロープカーも あるようです
(ケーブルカーみたいなもの)

b0124306_15114954.jpg
また 鳥居をくぐって進む

b0124306_15134892.jpg
石の長~い階段になる

b0124306_15143496.jpg
奉幣殿(ほうへいでん)が 見えて来た



b0124306_15201141.jpg
奉幣殿に到着

若い女性のグループが 休憩していました
意外と人気があるのですね

b0124306_15430687.jpg
案内図

奉幣殿~玉屋神社~鬼杉~南岳~中岳~北岳

反時計回りで 周遊の予定

b0124306_15434068.jpg
水場がある

b0124306_15473554.jpg
奉幣殿から まず 右折
玉屋神社方面へ 向かいます

b0124306_15512339.jpg
どんどん進むと 標識がある

b0124306_15520306.jpg
さらに どんどん進む

b0124306_15530341.jpg
鬼杉に直接行く 分岐があるが
そのまま 直進して 玉屋神社・鬼杉方面へ進む



b0124306_15534602.jpg
今度は どんどん下って 沢を渡る

b0124306_15565122.jpg
大岩の横を 通り抜ける

b0124306_15574284.jpg
しばらくして 玉屋神社に 到着
絶壁の岩壁に張り付いている

b0124306_15583152.jpg

以前 テレビで チラッと見たのだが・・・・
この玉屋神社のあたりで 修行の岩場があるらしいが 残念ながら わからなかった


b0124306_16064225.jpg
大木の横を通り 下って行く


b0124306_16104728.jpg

アップダウンで どんどん進む

b0124306_16113416.jpg
荒れた沢を 横切る

b0124306_16125757.jpg
さらに どんどん 登っていく

b0124306_16132934.jpg
長い 登りが続く

b0124306_16162270.jpg
一つ 峠を越えて 下って行くと 工事中の林道

b0124306_16191038.jpg
そこから また 急斜面の上り
峠を 超えて行く

b0124306_16201584.jpg
峠からは 急斜面の岩場の下り
ロープがある


b0124306_16211091.jpg
岩場が とても よく滑る

b0124306_16231668.jpg
下りて 見上げればこんな感じ

b0124306_16235581.jpg
さらに先に進むと 鬼杉が見えて来た

b0124306_16243336.jpg
説明文

上半分が 倒れた 現在の高さ 38m
周囲 12.4m
b0124306_17081615.jpg
大勢の人達が来ていました

やはり 人気があるのですね

b0124306_17084331.jpg
現在地

b0124306_17094680.jpg
ここから まず 南岳まで 1.2km
その先の 英彦山神宮(上宮)まで 1.5km 歩く

b0124306_18071467.jpg
どんどん登る

b0124306_18500724.jpg
岩場の 急斜面を 頑張って登って行く

b0124306_18533393.jpg
材木石が 見えて来た

b0124306_18545304.jpg
材木石


b0124306_18555328.jpg
説明文

b0124306_18561754.jpg
アップで・・・・

b0124306_18563276.jpg
さらに 岩場の急斜面が続く

b0124306_18580869.jpg
雪が 出て来た

b0124306_18595421.jpg
頑張って 登って行くと

b0124306_19011759.jpg
鎖場がある

b0124306_19020395.jpg
更に続く


b0124306_19022819.jpg
鎖場


b0124306_19025798.jpg
ハシゴもある

b0124306_19041637.jpg
まだまだ続く 鎖場

b0124306_19050484.jpg
廻り込むと とても 冷たい強風が吹き荒れ
一気に 雰囲気と 気温が違ってきた

さむ~いょ・・・・・

氷点下になっているのは 間違いない
b0124306_19063903.jpg
もう少しで 南岳 頂上

b0124306_19585561.jpg
祠がある

b0124306_19594346.jpg

南岳  標高 1199m

b0124306_20000630.jpg
この下りが カチカチ・コチコチのツルンツルン
アイゼンを 付けていないので 滑りまくりです・・・


b0124306_20010664.jpg

また 岩場の上り


b0124306_20030132.jpg
英彦山神宮が 見えて来た



b0124306_20034572.jpg
内部

b0124306_20044072.jpg

英彦山山頂の 標識

b0124306_20054307.jpg
寒いので そのまま 北岳へ行って見ることにします

大きな段差の岩場

b0124306_20080772.jpg
よく滑る岩場   ロープがあります


b0124306_20090152.jpg
ガスで霞んだ 北岳が 見えて来た

b0124306_20095807.jpg
北岳の頂上

祠がある

b0124306_20105387.jpg
一段高い場所は 磐境(禁足地)らしい


b0124306_20115278.jpg
少し 休憩して 
右側の 英彦山山頂へ 戻ります
左奥側は 南岳

b0124306_20143411.jpg
大きな岩場の段差

b0124306_20163423.jpg
大した事はないのですが・・・・

いつの間にか 下ったルートと 
上りの歩いたルートが 少し 違った



b0124306_20171701.jpg
英彦山山頂へ 戻って来ました

b0124306_20190143.jpg
英彦山神社からの下り

岩がとてもよく滑る


b0124306_20195722.jpg
さらに もっと 滑りやすくなる


b0124306_20205829.jpg

慎重に 歩く


b0124306_20215630.jpg
よく滑る 石の階段を 通り過ぎ
土の部分が多くなった所で 気が抜けたのか
イキナリ 思いっ切りコケてしまい


b0124306_21451261.jpg
ストックを ひん曲げてしまう
あちゃ~・・・・
勘弁してよ~

b0124306_21483982.jpg
その後も カチンカチンのツルツルの斜面が 続きます

b0124306_21505046.jpg
分岐がある

b0124306_21585559.jpg
また 滑りやすい 岩場の急斜面の下り

b0124306_22004355.jpg
頂上から 1.4km歩いて
奉幣殿まで 0.8kmです



b0124306_22014589.jpg
また 石の階段になる

b0124306_22031236.jpg
どんどん下り


b0124306_22040224.jpg
また ちょっとした鎖場


b0124306_22050357.jpg
建物が見えて来た

b0124306_22134129.jpg


b0124306_22224071.jpg
ブロアーで 落ち葉を 吹き飛ばして 清掃していました
ご苦労様です

b0124306_22230585.jpg
奉幣殿まで 戻って来ました


b0124306_22250166.jpg
スロープカーを 覗いて見ました



b0124306_22264519.jpg
内部のレール

b0124306_22274271.jpg
料金表

車がある 銅の鳥居まで 520円
b0124306_22281486.jpg
奉幣殿から 長~い階段を下りて行きます

b0124306_22294580.jpg
さらに 長~い石畳の参道を どんんどん 下る


b0124306_22321255.jpg
銅の鳥居まで 何とか 無事に帰って来ました


b0124306_22333142.jpg
銅の鳥居から すぐ近くにある しゃくなげ荘で
冷えた体を 温めました    600円



b0124306_23015686.jpg



明日 登る 涌蓋山の 登山口まで 移動します





# by ohara98jp | 2017-12-29 14:44 | 本州 九州 登山 鳥取 | Comments(0)