カテゴリ:里山 登山( 32 )

北山ハイキングコース(七ツ淵神社・7つの滝めぐり)


29.02.11

前回は 徳島の 八大地獄巡り (8つの地獄巡り)

b0124306_21565618.jpg
今回は 数が一つ減り 7つの滝めぐり (七ツ淵街道)
 
高知県の 北山スカイラインの道
北山ハイキングコース(七ツ淵神社)北山トレール
時計回り


b0124306_20054575.jpg


七ツ淵神社

b0124306_16054078.jpg
高知市の金谷橋のすぐ近くにある 
エースワン奏泉寺店の 第二駐車場の横を過ぎた 信号を左折




b0124306_16073457.jpg
この細い道を 入って行きます 
七ツ淵ハイキングコースの標識が無いので 少し不安 ?

弘法寺の看板が目印

b0124306_16113047.jpg
しばらく真っ直ぐ 歩いて行くと 右側に初めてこの標識がありました

b0124306_16135578.jpg
少し進み この電柱に 標識があり
ここを 右折



b0124306_16163047.jpg
車も 通れなくなる細い道

b0124306_16173349.jpg
左側に この標識
ここを 左折

b0124306_16214649.jpg
ほんの少し行くと 吉弘古墳の矢印
気になるので 行って見る事に


b0124306_16222414.jpg
少し 下がった右側に 標識 発見



b0124306_16242803.jpg
こんな 民家の横を 入り込む

え~ こんな所へ 入っていくの ?
どうやら 私有地にあるようです

b0124306_16251840.jpg
この狭い路地裏 
右奥に 吉弘古墳がありました


b0124306_16263917.jpg
中へは 入れないようだ


b0124306_16273060.jpg
真っ暗の中を 覗いてみるが
奥行きも あまりなく 狭かった

b0124306_16275567.jpg
もとに戻り 進むと 神社がある

b0124306_16313019.jpg


覗いてみると 石棺みたいな物もありました



b0124306_16320740.jpg
さらに 進む


b0124306_16332947.jpg
車道を横切り 真っ直ぐに進む

b0124306_16335525.jpg
どんどん進むと

b0124306_16343677.jpg
右下側に 高速道路が 見えてくる


b0124306_16345423.jpg

竹林が 次々と出て来る

b0124306_16585852.jpg




上を見上げれば 青空
今日は いい天気になりました

b0124306_16395520.jpg
ヤマドリのペアを 発見 
非常に 逃げ足が早かったです


b0124306_16594435.jpg
ここを 上がると

b0124306_17022167.jpg
車道 
ここを右に進む

b0124306_17025609.jpg
標識
椎野峠 (しいのとうげ)方面へ 車道を歩く
b0124306_17033833.jpg
やがて五叉路に出る  椎野峠(しいのとうげ)
真っ直ぐ 車道をそのまま進む

(右折して 望六茶屋からも行く事も出来るが そこは帰りに通ることにします)


b0124306_17053470.jpg
そのまま 車道を どんどん進むと


b0124306_17322906.jpg
分岐の標識がある
ここを 右折すると 望六茶屋へ行くことが出来る

帰りは ここを通って帰ります

b0124306_17330830.jpg
更に進むと 鳥居があり
ここへ 入って行く


b0124306_17365768.jpg
すぐに 民家の車庫に ぶち当たる


b0124306_17375670.jpg


そこを左上に進む

b0124306_17385629.jpg
道なりに 進む


b0124306_17392221.jpg
また 民家の車庫の横を通り
さらに真っ直ぐに進む

b0124306_17394837.jpg
林道の三叉路
ここは 右折

b0124306_17430055.jpg
標識通りに 七ツ淵へ 進む


b0124306_17440088.jpg

開けた場所に出る

b0124306_17452655.jpg
七ツ淵神社の鳥居があり



b0124306_17455893.jpg
鳥居をくぐり 
振り返ると いい感じ


b0124306_23472190.jpg


そのまま下る

b0124306_17465938.jpg
道なりに ず~と下って行くと 鳥居がある


b0124306_17480212.jpg
七ツ淵神社へ 到着

b0124306_17490136.jpg
説明文


b0124306_17494664.jpg
七ツ淵 案内図

b0124306_17514444.jpg



右側の本堂の 右横を通り抜けて 七ツ淵へ向かいます





b0124306_17503468.jpg
鉄の階段を下りていく

b0124306_17524612.jpg






菅生瀑  (すごうばく)

b0124306_18264952.jpg





武者カ瀑  (むしゃかばく)

b0124306_18255941.jpg

菅生瀑と武者ケ瀑


                     
b0124306_18174508.jpg




孕瀑  (はらみばく)     

b0124306_18215153.jpg

甲瀑  (かぶとばく)


b0124306_18382986.jpg



藤ケ瀑 (ふじかばく)

b0124306_18240883.jpg

渡ケ瀑  (わたりかばく)

b0124306_18354330.jpg


下女ヵ瀑  (げじょかぶち)

b0124306_18224672.jpg
説明文

b0124306_18433102.jpg

一番奥の 下女ヵ瀑からの帰りは 
急な階段を 登り返して行かなければいけません

行きはよいよい 帰りはしんどい


b0124306_18454908.jpg
七ツ淵神社からの帰り道  
三宝様の標識が気になり 見に行きました



b0124306_18480994.jpg
急斜面を少し登ると 見晴らしのいい岩場に 祠がありました

これが 三宝様

b0124306_18492662.jpg
パノラマビュー

b0124306_18503485.jpg
さあ ここの分岐から 左折
望六茶屋へ向かいます

七ツ淵神社へ 行くときは 右側の車道を 歩いてこちらへ来ました

b0124306_18510627.jpg
標識


b0124306_18522634.jpg
小川沿いに 進む

b0124306_19312907.jpg
食べられる 四方竹 植えているのかな ?

b0124306_10473002.jpg



どんどん進むと

b0124306_19305991.jpg
車道に 出る


b0124306_19321389.jpg
右側に 望六茶屋(ぼうろくちゃや)がある

b0124306_19324529.jpg

望六茶屋のすぐ前から 左側へ下って行きます

b0124306_19343351.jpg
ここを 下る


b0124306_19355356.jpg
どんどん 下って行く

b0124306_19362841.jpg
手作りの 小さな水車が 3つほどありました


b0124306_19373510.jpg
太い竹が 数多く 切られている



b0124306_19382004.jpg

そこに 手作りのフクロウ

b0124306_19394992.jpg
あちこちに 置いてありました

b0124306_19420971.jpg
大きな竹林の横を通り抜けて帰ります

太い竹ばかりです  直径15cm位はあるようです

b0124306_19431231.jpg
休憩所

b0124306_19441571.jpg
高知市内や 高知湾などが 見えています


b0124306_19444047.jpg
アップで・・・・

b0124306_19450616.jpg
車に戻り すぐ近くの 土佐厳島神社と


b0124306_19462703.jpg

弘法寺を 見学して帰りました

b0124306_19482147.jpg
南国市の 天然の湯 ながおか温泉で さっぱりして帰る   900円


b0124306_19504809.jpg
さあ 明日は 徳島の剣山へ行きます
強烈な寒波が来た後 どれほどの 積雪があるでしょうか ?

下手をすれば 車が 見ノ越まで入れないかも ?
新雪ラッセルを 楽しんで来たいと思います







by ohara98jp | 2017-02-11 16:05 | 里山 登山 | Comments(0)

香川県 三豊の志保山  欧風料理 chez Enzo

28.04.29

b0124306_23304018.jpg



28.04.27の 四国新聞に 掲載された 
三豊の志保山 426mへ 行ってみました

b0124306_22000166.jpg

志保山 登山口

b0124306_22011523.jpg
志保山 登山道 案内図


b0124306_22023577.jpg

ここから 入り込みます


b0124306_22032541.jpg
歩きやすい道

b0124306_22054358.jpg
階段状の上り

b0124306_22064263.jpg

風穴に到着

b0124306_22072994.jpg
一段 下へ 入り込みます

中の 温度計は 6度を示していました

b0124306_22075304.jpg

振り返ると こんな感じ


b0124306_22085320.jpg

風穴の説明文

b0124306_22105722.jpg

眺めの良い 展望所
右から 大麻山・我拝師山・讃岐富士・天霧山・弥谷山などが 見えています

b0124306_22134524.jpg
別方向

b0124306_22192911.jpg

こちらも


b0124306_22195034.jpg

さらに 登り

b0124306_22214654.jpg

志保山 頂上  標高426m

残念ながら 展望は イマイチ

b0124306_22225216.jpg

下りに見える景色

b0124306_22241335.jpg

途中から 清正公大明神御休場方面へ下山
緩やかな 歩きやすい道

b0124306_22282520.jpg



清正公大明神御休場に 到着

b0124306_22292835.jpg

新しい石の標識

b0124306_22300828.jpg
志保山の説明文


b0124306_22313514.jpg


下山して ウロウロした後 
ピザでも食べたいということで
カーナビで検索して 観音寺の お店へ到着

b0124306_22353992.jpg

お店の中へ入ると 貸切状態

おっ・・・・・
ナイフ・フォークなどが 並んでいる

b0124306_22363237.jpg
入ったの時点で ピザ屋にしては 何か ちょっと雰囲気が違う ?

でも まだ 私は ピザが食べられると思っていたのだが・・・・
ディナーコースしか無いと聞き ビッくらポン

今更 出て行くわけにも行かないので
コース料理を食べて来ました


カーナビの情報が古くて 元ピザ屋だった場所が
この店 欧風料理 chez Enzoに変わっていた 
今年の28年1月8日に オープンしたそうです

b0124306_22395970.jpg

オードブル
色々な種類


b0124306_22463239.jpg

新たまねぎのスープと言われたが 
食べても全然わからない ?
でも 美味しかったです

b0124306_22480568.jpg
フランスから 半焼を取り寄せて こちらで焼いているパン
日本のパンとは 少し食感が違う

でも 意外といける

オリーブオイルを付けて食べます

b0124306_22542624.jpg
魚料理ではなく 肉料理にしました

説明してくれたが 忘れてしまった
九州熊本の なんとか牛と なんとかのシカのロース

なんとか牛の 肉の油がとても甘く感じました

b0124306_22573742.jpg
デザートと コーヒー


b0124306_23011701.jpg

思いがけず ディナータイムで
コース料理を食べる事になり
喜んだ人も居たので
良しとしましょう ?


b0124306_23315933.jpg
意外と まだ 知られていない ?


欧風料理 chez Enzo

観音寺市柞田町乙1430-1
0875-23-6700  

営業時間 
       ランチ AM11:30~PM2:30 
ディナー PM5;00~

定休日 月曜日 






by ohara98jp | 2016-04-29 22:00 | 里山 登山 | Comments(0)

香川県 雲辺寺山 積雪時 ロープウェイルート

28.01.24
積雪時の 雲辺寺山 927m

40年ぶりの ?  大寒波が やって来て
徳島県へ抜ける 国道32号線 猪ノ鼻峠が 積雪のために 通行止め

当初 徳島の 国見山の予定でしたが 
急遽 香川県の 雲辺寺山に変更しました

b0124306_18470506.jpg


雲辺寺ロープウェイ乗り場に到着

残念ながら ? 香川県は 積雪が とても 少ないので
スノーシューは またの 機会にお預けです


しかし愛媛県では 大雪のために 車の中で一夜を明かした人達もいたようです



b0124306_17212168.jpg

駐車場からの景色
遠くの瀬戸内海も バッチリ見えています

b0124306_17201438.jpg
登山口は ロープウェイの 右横側に あり
このコースを 歩くのは みんな 初めてのようです

b0124306_17354630.jpg
案内図

現在地から 山頂まで 4.2km 一本道のように 書いてありますが・・・・
実際は 最初の部分が 少し 違います 

恥ずかしながら
私達も つい うっかりしていて 間違ってしまう

この地図も チラッと見ただけで よく見ていませんでした


b0124306_17362034.jpg

最初の 標識

右上に 上がって行きます

b0124306_17471891.jpg
ほんの 少し 進んだ場所にある 分岐 
右側の 雲辺寺山への標識

よく見ると 小さな矢印が 右方向になっていましたが
私達は それに 気付かずに 真っ直ぐに 進んでしまいました


b0124306_17482491.jpg
間違って 進んで 
池の横で ロープウェイ乗り場を 振り返った景色です
こっちに来ては ダメです




b0124306_17544823.jpg
間違った先には こんな標識があります

体力の森 ?
道を間違って 無駄に 体力を 使ってしまいました

先頭を歩かず 何も 考えずに 人の後ばかりをついていって 
足元ばかり見て登っていると こんな事になってしまいます

反省・・・・

意外と 何十年の 登山歴がある人でも 
こう言う人は 大勢いると思います ?




b0124306_19423024.jpg
引き返し 軌道修正して 正規の登山道へ 復帰

b0124306_20044642.jpg

倒木をくぐり

b0124306_20053573.jpg
鉄塔の下を 通り

b0124306_20075695.jpg

さらに 倒木を 乗り越え

b0124306_20090522.jpg

登って行きます

b0124306_20100063.jpg
積雪も 少し 増えて来ました

b0124306_20462845.jpg

分岐に 到着

吹き溜まりには 膝上まで 雪がありました

b0124306_20474012.jpg
登って来て 左へ行けば 67番 大興寺 8.7km  遍路道

雲辺寺山頂は 右側へ 進みます

b0124306_20504029.jpg
さらに 進んで 

b0124306_20555667.jpg

車道に 出ます

意外と 積雪があります

b0124306_20561027.jpg

五百羅漢 ?

たくさん 並んでいます

b0124306_20595454.jpg
色々

b0124306_21000915.jpg
個性的な

b0124306_21002331.jpg

石像が 


b0124306_21001897.jpg

並んでいます

b0124306_21023844.jpg

お腹がすいたので 予定には無かった 雲辺寺山スキー場へ

b0124306_21033312.jpg

レストランで

ザックを 背負って 場違いな感じ・・・・

b0124306_21035992.jpg

あたたかい場所で あたたかい食事 


b0124306_21041018.jpg

外を見れば 雲辺寺スキー場

今日は 随分 空いているみたい

b0124306_21080011.jpg
スキー場 料金表

b0124306_21084604.jpg

次は この建物の あの上まで行ってみることに・・・・

b0124306_21094932.jpg

内部

b0124306_21101899.jpg
上から見る スキー場

b0124306_21113320.jpg

そこからの 下りが

b0124306_21121699.jpg

積雪が 多くて 新雪歩き 少し 楽しめました

はしゃいで こけてしまう N さん

b0124306_21125324.jpg
雲辺寺の 本堂へ 向かいます

b0124306_21142756.jpg


山門前

b0124306_21143879.jpg

雲辺寺 案内図

b0124306_21152469.jpg
さすがに この雪の中 
お遍路さんは 居ませんでした

b0124306_21160497.jpg
雲辺寺 本堂
お参りしてきました

b0124306_21161779.jpg

厄年の人

b0124306_21171870.jpg
帰りに アンテナのある建物の裏側にある 

b0124306_21185357.jpg

三角点に 立ち寄り


b0124306_21191351.jpg

そこから 

b0124306_21222890.jpg
近道ショートカット

b0124306_21223949.jpg

登山道に 復帰

b0124306_21233218.jpg


そのまま

b0124306_21252922.jpg
どんどん 下り

b0124306_21255963.jpg
途中にあった 赤テープから 
また ショートカット出来るかなと

b0124306_21275621.jpg

尾根伝いに 下って行くが

b0124306_21283660.jpg

すぐに あやしくなり まともに進め無くなってしまい
仕方なく トラバースしている登山道へ 復帰します

b0124306_21302400.jpg
足元が ツルツル 滑りやすく 
時々 すってんころりんしながら どんどん下り

b0124306_21332356.jpg
何とか 怪我せずに ロープウェイ乗り場まで 戻って来ました

b0124306_21333064.jpg
その後
車で 15分ほどの 萩の湯で


b0124306_21370343.jpg
さっぱりして帰りました
シャンプー ボディソープ 付き   610円  

b0124306_21372168.jpg

今年は 日本全国 異常なほどの 暖冬だったので
なかなか スノーシューの出番がありませんでした

この大寒波で 今後は 大丈夫かな ?






by ohara98jp | 2016-01-24 17:32 | 里山 登山 | Comments(0)

鳥形山 風の里公園 大割引・小割引 四国カルスト



これは なんだ ?

建設中の 巨大な ピラミッド ?


b0124306_20071479.jpg
天空の城ラピュタでもなく

日本一の露天掘り 
国内最大の 石灰石採掘量を誇る 

高知県 中西部にある
天空の鉱山   鳥形山(1459.7m)でした
   


b0124306_20291788.jpg

しかし どこから見ても とても よく 目立ちます

石灰石が 流れて まるで 白い雪渓があるようです

b0124306_20060990.jpg
昔の 鳥形山

白線の 上部が 露天堀りによって 大きく 削られて 
現在は 何と 200mも 標高が低くなっています

凄いですね・・・・


b0124306_20151561.jpg

津野町 観光案内図

b0124306_21200405.jpg



尾根に 20基の 風車がある

b0124306_21234069.jpg

風の里公園から よく見えます


b0124306_21245405.jpg
風の里公園 総合案内図

b0124306_21261959.jpg
葉山風力発電所の概要

b0124306_21281210.jpg

とても 大きな 風車の羽根
一本の長さ 29.5m  重さ 4.5t

b0124306_21292261.jpg

パノラマ


b0124306_21333295.jpg


案内図 1


b0124306_21322859.jpg

案内図 2


b0124306_21350830.jpg

案内図 3


b0124306_21360293.jpg

天狗高原方面 実際の 景色


b0124306_21370342.jpg


展望所

b0124306_20464987.jpg
 案内図


b0124306_20484873.jpg
実際の 景色

b0124306_20492631.jpg

尖っているのが 
蟠蛇ヶ森(ばんだがもり)  769m

b0124306_20503980.jpg

蟠蛇ヶ森(ばんだがもり) の アップ

テレビ塔・アンテナも 見えています

車でも 登れます
b0124306_20530873.jpg

案内図


b0124306_21383800.jpg


遠くの 野見湾までも 見えていました


b0124306_20583560.jpg

この先に

b0124306_20592178.jpg

石鎚山 拝観岩があります

b0124306_21004469.jpg

拝観岩からの 景色

正面に 石鎚山 二の森 堂ケ森
b0124306_21011434.jpg

アップで

少し雪が 積もっています

右側から 石鎚山 二の森 堂ケ森


b0124306_21023354.jpg

石鎚山の 大アップ


b0124306_21030461.jpg
いい感じの景色


b0124306_21403110.jpg
ここからも 鳥形山から 天狗高原まで よく見えます

b0124306_21422504.jpg

また 右側から 石鎚山 二の森 堂ケ森


b0124306_21435024.jpg
さて 引き返し




b0124306_21451551.jpg

次は 大割引・小割引へ 向かいますが・・・

間伐していないので 木が 生えすぎです



b0124306_21473271.jpg


大割引・小割引への入り口

b0124306_21500472.jpg

しまった
登山靴か 長靴を 持って来るべきだった

この後 しっかり 濡れてしまいました

b0124306_21513935.jpg

すぐに 到着です

b0124306_21524876.jpg




説明文

b0124306_21531911.jpg

天狗高原から 4.6km

以前 天狗高原から 歩きましたが 
ダラダラと 長かったので 途中から 引き返し 
大割引・小割引を 見ていなかったのです


b0124306_21553580.jpg

大割引

b0124306_21575198.jpg
小割引

b0124306_22072894.jpg


運動靴で 近づこうとしたら 
斜面で モロに 滑って とても 危険でした

b0124306_22011138.jpg
裂け目は 続いています

b0124306_22021360.jpg
下を 覗きこんでも 見えません

b0124306_22030227.jpg

こっちは 少し 底が見えました

b0124306_22043425.jpg
                        



大割引の横側へ 回りこんでみました


b0124306_22142966.jpg
深さ 30m
穴の底は 見えません

ザイルが 必要です

b0124306_22160434.jpg
帰りがてらに 天狗高原まで 移動して来ました


b0124306_22181903.jpg
結構 雪が残っています

b0124306_22193752.jpg
四国カルスト
姫鶴平方面へ 移動します

b0124306_22214270.jpg

いい感じ

b0124306_22230178.jpg
五段高原
誰も 居ません

b0124306_22235654.jpg
どんどん

b0124306_22245880.jpg


進み

b0124306_22253784.jpg

途中 振り返るとこんな感じ


b0124306_22291931.jpg


姫鶴平へ 到着

b0124306_22264913.jpg

また 通って来た道を 振り返ります


b0124306_22281143.jpg
あの 雪をかぶった山の名前は ?


b0124306_22311427.jpg

案内図

b0124306_22321631.jpg
あれれ・・・・

ゲートで とうせんぼ 出られない ?

b0124306_22344287.jpg

豪雪のため 全面通行止めに なっていました

b0124306_22361692.jpg
香川県まで 帰るのに
高速道路は止めての 一般道路 

山の中で 珍しく 一軒だけ

b0124306_22374399.jpg

イルミネーション 発見

b0124306_22384681.jpg

その帰り道 ガソリン・メーターが E線を下回り さらに 40km以上走り
もう いつ 止まっても おかしくない状況・・・・・


遅くなり どこの店も 早く 閉まっていて ヒヤヒヤしましたが
大豊町で 一軒だけ 開いていたスタンドで ギリギリ セーフ

ヤレヤレ
出発前に 満タンにして置くべきでした



山の中を 長い間 走り回る場合 
何があるか 分からないので
10Lの ガソリン補助タンクでも 積んでおくと安心です

反省・・・・・







by ohara98jp | 2015-12-15 20:17 | 里山 登山 | Comments(0)

嶽山アイゼン訓練 高松市

26.12.06

高松 嶽山の岩場で アイゼン訓練

傾斜は 30~35度以上
スキー場の 上級者コースのような感じです

b0124306_23434726.jpg
アイゼンを 付けて 
岩場を ガリガリと 下りて行きます

雪山より 厳しいです
もし コケると ケガをします

初体験の S さん   
ベテラン Nさんに 補助されながら
恐る恐る 下りて行きますが・・・・

b0124306_23452493.jpg
思いのほか 急斜面で 怖くなったのか ?
途中で 泣きが入り 足が痛いと おっしゃって 引き返してしまいます



                      


私も 久しぶりに 下りて見ましたが
今回は ザイルに 何度も 頼ってしまいました




b0124306_23455599.jpg
一気に 登り返すのは しんどいです

b0124306_23462436.jpg
まず 斜度に馴れるために
S さんが アイゼンを 外して 再チャレンジです 

b0124306_23465970.jpg
K さんは 買ったばかりの グリベルのアイゼンを装着して 頑張っています
おっ・・・  タイミング良く 頭の上を 飛行機が・・・・

b0124306_23472446.jpg
S さんは ここで 引き返します


b0124306_23474867.jpg
ありゃりゃ・・・
岩場で アイゼンを 引っ掛けて つまずき
バランスを 崩して コケると とても 痛いおもいをします

b0124306_00082216.jpg

また 登り返します

b0124306_23481649.jpg
横側から 

b0124306_23505012.jpg

見るとこんな感じ


b0124306_23514573.jpg
斜度に 馴れるために
何度も 繰り返します


b0124306_23490253.jpg
最初は まともに 下りることができなかった S さん
アイゼンを 装着しての歩き 随分 良くなりました

段々 岩場での アイゼン訓練 少し 慣れてきたようです




                   





















by ohara98jp | 2015-12-06 23:41 | 里山 登山 | Comments(0)

大高見峰(おおたかんぼう) 北鉄塔点検コース と 北東コース

27.07.05 大高見峰 北鉄塔点検コース と 北東コース


香川県丸亀市綾歌町 レオマワールドのすぐ東側にある 
大高見峰(おおたかんぼう) 標高 504.1m

二等三角点がある (鷹見坊山)

あまり 通ってない 初めての ルートを 
梅雨の合間に 歩いてみました
黒色は 車道

b0124306_14591441.jpg
大高見峰への 他のルート 
ネットで 検索  
誠に勝手ながら お借りしました
b0124306_17594403.jpg



鳥居がある 登山口


b0124306_15013577.jpg
夏前の梅雨 この時期
草が ボーボー 状態です

b0124306_15022321.jpg
荒れた 登山道

b0124306_15030457.jpg
少し 登った所にある分岐  
左側へ 鋭角に入り込みます   (写真は 分岐を 通りすぎて 振り返って撮りました)


いつもの 金掘場跡を通って行くコースは もっと 奥側の
途中から 小さな沢を 右側に渡渉して行き
大高見峰と小高見峰の間へ 登って行きます


b0124306_15051749.jpg
上の鉄塔へ 続く ハッキリした 登山道

b0124306_15075350.jpg

途中から ジャングルみたいになります
(先月 撤退した場所)

今日は 剪定ハサミと 一緒に これを カマの代わりに 持参

b0124306_15110190.jpg

トゲトゲのイバラや アザミ ? などと 大格闘
とんでもなく 大変でした

b0124306_18593411.jpg


汗だくになりながら ふと 後ろを振り返ると・・・・ 
飯野山・城山などが よく見えています

b0124306_15114824.jpg
雨で ぬかるんで ズルズルの 急斜面を 這い上がり
少し 薄暗いですが まともな場所に出ます
b0124306_15294857.jpg
鉄塔の横を 通り抜け 
巡回路を登って行きます

b0124306_15312072.jpg
尾根に出て 縦走路を 左側へと進むと

b0124306_15320393.jpg
大高見峰に 到着
b0124306_15324592.jpg
大高見峰   標高 504.1m  
b0124306_15334256.jpg
三角点から さらに 東にある 神社へ 向かいます

ここも 草が ボーボー状態
夏前には こんなにも 生えるのですね

b0124306_15345542.jpg

草が 生えてなければ こんな感じ

以前の 21.04.26 猫山・大高見峰 周遊 も 見て下さい

                       
b0124306_15132672.jpg



神社 内部
b0124306_15363430.jpg
以前から 気になっていた 北東ルートを 下ってみます

メインの 整備された 羽床方面に下る 階段状のルートとは 違います
b0124306_15393484.jpg
どんどん下って行くと
大きな 石の灯篭があり

b0124306_15403740.jpg
そこから さらに 下って行きます
登山道は ハッキリしています

b0124306_15414115.jpg
小さな 朽ち果てた 小屋 発見
b0124306_15422699.jpg
竹林になり
b0124306_15450177.jpg
一部 障害物競走 状態

b0124306_15452148.jpg
更に進むと 真新しい 砂防ダムが 見えてきました

b0124306_15465747.jpg
林道が見えている
ここで 引き返すことにします

後で 車道を走って 回り込み 
登山口を 確認しました

b0124306_15470905.jpg
ヒイコラと 大高見峰へ 登り返す 途中に見えた 北側の 景色

正面には 小さな富士山  堤山
b0124306_15573086.jpg
東側の  国分寺 高松方面

b0124306_15593084.jpg
頂上すぐ手前の ジャングルを 通りぬけると

b0124306_16020032.jpg
再び 大高見峰 頂上   神社へ到着

b0124306_16024659.jpg
昔 大高見峰 三角点から 南東へ 下るルートが あったはずなので ?
そこを 探しに 薄暗い 樹林帯の中へ・・・・

地図上には 点線で そのルートが 載っています
                       
b0124306_16054019.jpg


その点線ルート   
下側の 登山口     (少し 前に 探して行きました)
ゴミ捨て禁止の 白い看板の所から 入ります


b0124306_19015179.jpg
入り口は こんな感じ

b0124306_19552978.jpg


薄っすらと 登山道が分かりますが・・・・
殆ど 人が通っていないようです
b0124306_19050405.jpg
竹林を 通り抜け

b0124306_19064527.jpg
尾根伝いに  

b0124306_19072666.jpg
どんどん



b0124306_19460124.jpg


登ります

b0124306_19463965.jpg


最後には こんな 背丈以上の ジャングルになり 
前に 進めなくなり
泣く泣く 前回は 撤退しました
b0124306_19090193.jpg



上側から ルートを 探しながら 下るが
薄暗い樹林帯 少し 迷いそうなので 
何度も 後ろを 振り返る

その時 突然 7~8m 左側から ブオーツ・・・・と 
とても 大きな雄叫びを上げて イノシシが 飛び出し
ビックリしました

向こうも 驚いたのでしょうが    私も 久しぶりに びっくらこいた・・・・
も~う そんなに 驚かさないでよ~

逆方向へ 逃げて行ったから 良かったですが
もし 向かってきたら 突然の事で 逃げようがなかったです

あ~・・・・   出来れば 記念撮影したかったな・・・・
一瞬の事で まったく 撮る暇はなかったです・・・・・


b0124306_16055123.jpg
途中まで 下り GPSで 確認するが
登山道らしきものは 全くありませんでした



b0124306_16203910.jpg


分かりにくい 尾根のルートを 探しながら 下るのは 
時間がかかりそう   時間切れで



もう とっとと 引き返し 帰ることにします
尾根の 縦走路の 分岐から 65鉄塔巡回路を 下ります

b0124306_16250029.jpg
巡回路を ジグザグに下り 鉄塔の所まで 下りて来ました

正面には 飯野山(讃岐富士)

b0124306_16255197.jpg
鉄塔の左横を 通り抜けて帰ります

一度は 通っているのに
登山道が あるようには 見えません

b0124306_16270374.jpg
この辺りは 登って来る時に 切り開いてきたので 
登山道は 歩きやすくなっています

どんどん 下り

b0124306_16280626.jpg
鳥居がある 登山口まで 戻って来ました

いや~ 今日は トゲトゲばかりの ジャングルと 格闘するし
イノシシには 驚かされるし  なかなか 大変でした


b0124306_16284118.jpg
大高見峰からの 帰り道 
偶然 見つけた
変わった 看板

カフェ Tanpopo-House と 書いてあります
以前は 無かったと思うのですが・・・・


b0124306_16440861.jpg
さっそく とても細い道を 奥へ奥へ・・・さらに 奥へ・・・

民家の駐車場まで 覗きに行ってきましたが
17時を過ぎていたので 残念ながら 営業は 終わっていました

b0124306_21321100.jpg

大高見峰の麓に たたずむ 黄色いお家
小さなカフェ   たんぽぽハウス

香川県丸亀市綾歌町栗熊東2517
毎週 日曜日・月曜日 10:00~17:00 オープン
090-4334-4428
ホームページ  http://tanpopo-house.net/

フエイスブック  https://www.facebook.com/Tanpopohausu



b0124306_16552272.jpg


焼きたての香ばしいパンの香り 季節のフルーツを使ったケーキ 時々奏でられる音楽
お庭に咲く花々 テラスから見える木々 聞こえてくる鳥のさえずり
モネの庭と同じ スイレンが咲く 池のほとり
ゆったりとした時間を過ごす事が出来るそうです

b0124306_21283309.jpg


とても 気になって 翌日 さっそく 行ってみました
本当に 池のほとりで スイレンが綺麗に咲いていて 
知る人ぞ知る 隠れ家で 
中々 雰囲気が いい所でした
 
また 報告します
お楽しみに・・・・・








by ohara98jp | 2015-07-05 14:51 | 里山 登山 | Comments(0)

妙見山 (妙見宮) 稲積山 (高屋神社) 寛永通宝 (巨大な砂絵)

銭形砂絵   砂で書かれた 寛永通宝 の文字
東西122m 南北90m 周囲345mもある巨大な砂絵
      
向こうに見える島は いりこ(煮干し)で有名な 伊吹島


b0124306_9232977.jpg


妙見山 (妙見宮の 巨石群)に 行く途中 すぐ近くの
香川県三豊市仁尾町   賀茂神社に 寄り道
b0124306_2265837.jpg

神門を潜ると 巨大な石柱
何だ これは ?

b0124306_2275763.jpg

賀茂神社の 注連石 (しめいし)

この巨石は 隣の詫間町鴨之越の入江にあって 船の航行の障害に
なっていたのをここまで運んで 神前に建立したとのこと
b0124306_2212953.jpg

人と比べて こんな 巨大な石柱
重機の無い 昔 どうやって 運んで来て 建てたのでしょうか

搬入から 建立まで 16年もかかったようです
凄い・・・
b0124306_22332230.jpg

妙見宮の 巨石群
b0124306_22414531.jpg

妙見山 320mの 6合目辺りに 妙見宮があります
b0124306_20201217.jpg


車で 林道最終地点までやって来ました

右上に見える 赤いもみじが見えている所が 妙見宮です
b0124306_22505449.jpg

ここから 歩いて 妙見宮に 登って行きます
b0124306_2252134.jpg

長い 階段が 続きます
b0124306_22523493.jpg

妙見宮に 到着
b0124306_2253630.jpg

お~お・・・・   
もの凄い 大きな 巨石の下に 妙見宮があります

この宮は 天蓋石を屋根 岩屋石を天井として 
銅板葺で 唐破風の向拝をつけた珍しい岩窟寺院です
b0124306_22575210.jpg

説明文
b0124306_23085.jpg

横から見ると こんな感じ

b0124306_232183.jpg

右横に 開運の 洞窟があるようです    (本宮脇にある 胎内くぐり)

b0124306_235267.jpg

入り口付近
b0124306_2355926.jpg

お地蔵さんがあり
この写真の 右端の 狭い所を 通り抜けるようです
b0124306_23111318.jpg

ライトが無ければ 真っ暗です
b0124306_23125839.jpg

この辺りは 四つん這いでないと 通れません

正面の小さな明かるい所を 目指して進みます
手が ドロだらけになります
b0124306_23135927.jpg

もう少しで 出口です
b0124306_23143348.jpg

後ろを振り返れば こんな感じです
 
狭い穴でした
b0124306_23153615.jpg

抜け出ました
b0124306_2316970.jpg

とても 大きな岩が 覆いかぶさって 点で支えています
b0124306_23171438.jpg

外から見ると こんな感じ

あの奥から 這い出てきました
b0124306_1403032.jpg

綺麗に咲いていました
b0124306_2324981.jpg

妙見宮からの景色

右下には 林道最終地点が見えています
b0124306_23251875.jpg

妙見宮脇より 33観音を祀る山道を登り
尾根の分岐

大師堂(妙見宮)から登って来て 千貫松を見に行くことにします
b0124306_20414976.jpg

途中に 大きな岩
b0124306_20545830.jpg
  
明星石があり
b0124306_20433993.jpg

明星石の上から 
b0124306_2045152.jpg

千貫岩を見ます

正面の 茶色の岩がそうです
千貫松の 後方に見えるのは粟島
b0124306_2046631.jpg

アップで・・・

岩の上に 松の木が 生えています
b0124306_20593130.jpg

千貫岩の周りを 歩きましたが
上に上がる事は 出来ませんでした
b0124306_2113960.jpg

その後 

妙見山の頂上へも行きました
b0124306_2193561.jpg

妙見宮へ 周遊ルートで 下山して行くと
小貫岩があり
b0124306_21124335.jpg

そこからの景色
b0124306_2113460.jpg

花も 綺麗に咲いていました
b0124306_21132659.jpg

ツツジも
b0124306_21134551.jpg

周遊して 妙見宮へ 戻ってきました
b0124306_21144928.jpg

帰り道
もみじ谷も 覗いてみました
b0124306_211841.jpg

割らずの石

何故か 割るのを 途中でやめたようです
b0124306_21191079.jpg

今度は 高屋神社 (稲積山) に移動
b0124306_22412126.jpg

説明文
b0124306_2127331.jpg

入り口
b0124306_21274434.jpg

高屋神社
b0124306_2128543.jpg

その奥側に進み
ここから 歩くことにします

b0124306_2129362.jpg

石柱の門
b0124306_21303843.jpg

ジグザグに登り
b0124306_21312725.jpg

最後の長い階段を
b0124306_21321269.jpg

上がると
b0124306_21324951.jpg

高屋神社 本殿に
b0124306_2133297.jpg

到着
b0124306_2133507.jpg

そこからの景色が
b0124306_2134126.jpg

とても いい感じ 
私の好きな景色です
b0124306_21344111.jpg

またまた 移動して
今度は 琴弾公園内にある 琴弾八幡宮へ
b0124306_2143468.jpg

山門
b0124306_21432133.jpg

ここも
b0124306_21433918.jpg

とても 
b0124306_2144212.jpg

長い 
b0124306_21445290.jpg

階段が
b0124306_21451996.jpg

続き
b0124306_21454146.jpg

やっと 本堂
b0124306_21461468.jpg

内部
b0124306_21462926.jpg

そうだ 久しぶりに 寛永通宝を 見に行こう
b0124306_2146596.jpg

琴弾公園  案内図
b0124306_21484311.jpg

説明文
b0124306_21491066.jpg

銭形砂絵   砂で書かれた 寛永通宝 の文字
東西122m 南北90m 周囲345mもある巨大な砂絵
b0124306_21514930.jpg
      
向こうに見える島は いりこ(煮干し)で有名な 伊吹島
b0124306_9232977.jpg

少し アップで
b0124306_22274077.jpg

ここは とても 夕日がよく見える場所です
b0124306_2223539.jpg

こんな感じ
是非 一度は 見てください

ライトアップで とても綺麗です
b0124306_2216241.jpg

最後は 琴弾回廊の 温泉に入り さっぱりして帰りました
b0124306_2245526.jpg

by ohara98jp | 2014-04-20 21:59 | 里山 登山 | Comments(0)

雨霧山・弥谷山・黒戸山

25.05.19  雨霧山・弥谷山・黒戸山
b0124306_22545336.jpg


まず 道の駅 ふれあいパークみの 横の 駐車場を 出発して 
弥谷寺に 向かいます
b0124306_21515986.jpg


雨霧城跡の 説明文
b0124306_2153675.jpg


俳句茶屋があります
b0124306_223977.jpg

その休憩所
b0124306_2232145.jpg

まず 階段を 登ります
b0124306_226295.jpg

仁王門
b0124306_2264631.jpg

右側の 開口の 阿形(あぎょう)像
b0124306_22899.jpg

左側の 口を結んだ 吽形(うんぎょう)像
b0124306_2283873.jpg

幅のある階段
b0124306_2210621.jpg

ゆっくり 進みます
b0124306_22105663.jpg

左側は 上の 有料駐車場    観音像があります
b0124306_22112873.jpg

その先には 赤色の 108段の 長~い階段があります

一段上がるごとに 百八つの煩悩が 一つずつ消えていくそうです ?
b0124306_22171640.jpg

説明文
b0124306_22173120.jpg

頑張って 上った その正面には 大師堂・奥之院があり 
そこは靴を脱いで入ります
b0124306_22322938.jpg

本堂へは 右側へ 行きます
b0124306_22333536.jpg

弥谷寺 案内図
b0124306_22335028.jpg

左上側には 多宝塔
b0124306_22412939.jpg

鐘楼
b0124306_2241548.jpg

鐘を 一突きして・・・・
b0124306_22423925.jpg

また 長い 階段を 上って行きます
b0124306_22431614.jpg

登り切って   左側に行けば 本堂

右側に行けば 雨霧山方面です
b0124306_23163249.jpg

本堂方面の 右側には 水場があります
b0124306_23181434.jpg

岩壁から 水が 流れ出てきています
b0124306_2319763.jpg

さらに 階段を 上がると
b0124306_16131254.jpg

本堂があります
b0124306_16134622.jpg

後ろを 振り返れば・・・・・    いい景色

高速道路も 見えています
b0124306_16143862.jpg

本堂の内部    これでは 見えません
b0124306_1615555.jpg

本堂の 右横の岩壁

数多くの 白いのは 一円玉です
岩のくぼみに はめ込んでいます

何のために ?
b0124306_16192434.jpg

さらに その下側には
b0124306_162011100.jpg

麿崖佛があります
b0124306_1622138.jpg

説明文
b0124306_16214284.jpg

さらに 下側の 水場までの岩壁
b0124306_16341748.jpg

さて そろそろ 雨霧山へ 向かう事にします
b0124306_16351265.jpg

お墓もあります
b0124306_16392348.jpg

へんろ道になっています
b0124306_1640213.jpg

標識もあります
b0124306_16404047.jpg

多度津 白方へ下る 分岐があります
b0124306_1642094.jpg

隠岩跡の 標識がありますが・・・・・・

見に行っても    何~にも ありません
b0124306_1646089.jpg

木の隙間から 善通寺五岳が見えます
右から 火上山・中山・我拝師山・筆ノ山・香色山
b0124306_16522537.jpg

さらに 進むと
b0124306_21172882.jpg

分岐があり 右側へ進む
b0124306_2119721.jpg

犬返しの坂

あまりに 急斜面なので 犬も 登れなくて 引き返す ?
b0124306_2121657.jpg

とても 滑りやすいです
b0124306_2121547.jpg

ロープもあります
b0124306_21331712.jpg

尾根に 到着
b0124306_21343579.jpg

雨霧城本丸跡物見台
b0124306_21364318.jpg

二の丸跡
b0124306_21372434.jpg

三の丸跡
b0124306_2138065.jpg

どんどん 下ります
外郭部

ここで 雨が 降り出して来ました
b0124306_21401254.jpg

雨霧山 382m 到着
b0124306_2147199.jpg

右端は 砕石のため 絶壁になっています
b0124306_2149219.jpg

頂上から 北側へ ほんの少し 下った場所に 
展望のとても良い岩場があります
b0124306_21503780.jpg

左側は 瀬戸内海
b0124306_2151413.jpg

右側には 霞んでいますが 讃岐平野の中に 讃岐富士
b0124306_21532156.jpg
 


ここは 皆 意外と 知らない場所      お勧めします

いい景色を見ながら 食事します




これから行く 弥谷山と黒戸山が 見えています
b0124306_22141282.jpg

さて 弥谷山へ 移動します

コブコブの木
b0124306_2215342.jpg



急な 雨霧山の下り
b0124306_22155625.jpg


多度津 白方へ下る 分岐を 通り過ぎ
b0124306_22163472.jpg

弥谷山・黒戸山 方面への 赤い小さな標識から 右側に 進みます
b0124306_22184544.jpg

今度は 左側へ
b0124306_22192184.jpg

祠もあります
b0124306_22195664.jpg

さらに 登ると
b0124306_22202224.jpg

弥谷山 381.5mに到着
b0124306_22205871.jpg

雨の中   すぐに 黒戸山へ 向かいます
b0124306_22234540.jpg

黒戸山まで 40分の 標識があります
b0124306_22253380.jpg

鉄塔の横を 何度も 通り過ぎます
b0124306_22263710.jpg

黒戸山の 不動院は どこか 分からなかったです
b0124306_22283054.jpg

アップダウンを 繰り返し
b0124306_2229974.jpg

途中の木の間から 真下に 道の駅 ふれあいパークみのが見えています
b0124306_22303364.jpg

黒戸山 10分    雨が 本降りになって来ました

オーブも 写っています
b0124306_22313085.jpg

久保谷への 分岐を 通り過ぎ
b0124306_2234043.jpg

黒戸山 299.3m へ 
b0124306_22353341.jpg

到着
b0124306_2238447.jpg

展望台 10分の標識があったので
b0124306_2239820.jpg

滑りやすい 斜面を 下って行くと
b0124306_22401714.jpg

展望台 到着
b0124306_2241972.jpg

ガスが 取れてきました
b0124306_22414659.jpg

いい感じです
b0124306_22423737.jpg


動画です

こどもの守り神  津嶋神社がみえています




さて 帰る事にします
b0124306_22462127.jpg

下まで 下りてしまうと 長い車道歩きになるので ピストンします

b0124306_224826100.jpg

大きな ヌタ場もあります

イノシシの運動会が出来ます ?
b0124306_2250831.jpg

途中から 弥谷寺の 標識がある所を 右側へ 入ります
b0124306_22512470.jpg

薄暗い所を 通り抜け
b0124306_22515810.jpg

お墓の所へ 下り
b0124306_2252589.jpg

弥谷寺へ 戻って来ました
b0124306_22535925.jpg

赤色の 108段の 長~い階段を下り
b0124306_22573886.jpg

道の駅 ふれあいパークみの で 風呂に入ろうとすると 
何と 1575円も するではないですか
いつから こんなに高くなったの ?


b0124306_2304415.jpg

あきらめて たかせ天然温泉(550円)へ 移動の 途中

久しぶりに 二代目 はまんど へ ラーメンを 食べに行きました
b0124306_2343925.jpg

もう 15時前なのに 満席でした
b0124306_2375521.jpg

メニユー
b0124306_23795.jpg

はまんど   580円
b0124306_2384447.jpg

ペロッと 完食
b0124306_2393344.jpg

たかせ天然温泉  550円   で さっぱりして帰りました
b0124306_23102342.jpg
 
たかせ天然温泉からの帰りに見える
   
左から 黒戸山・弥谷山・雨霧山です
b0124306_23112986.jpg

by ohara98jp | 2013-05-25 21:51 | 里山 登山 | Comments(0)

讃岐富士マウンテインウイーク  飯野山  標高422m

讃岐富士マウンテインウイーク 4月22日~28日

今年の 4月16日   ダブルダイヤモンド富士です
b0124306_2363569.jpg

讃岐富士 (飯野山)が 422mで あることから
毎年 4月22日  早朝4時22分  よい夫婦の日  よい夫婦の時間に 登りませんか ?
b0124306_209053.jpg

4月22日は 里山まつり   讃岐富士の日  (山開き)です
b0124306_20332731.jpg


早朝 4時22分に 集合してから 登山開始です
b0124306_23141065.jpg


寝坊した 私は 5時半過ぎに 到着
同じように 遅れて来た 他の人と 一緒に さっそく うどんを ご馳走になりました
b0124306_20105315.jpg

本当は 早朝 4時22分に 集合した人達に うどん券を 配布していて
下山後に 頂くそうです
b0124306_2095868.jpg

もう どんどん 下山して来る人達が居ます
b0124306_20191189.jpg

朝の 影富士が 見られました
b0124306_20195735.jpg

前日に 見た  夕方の 影富士です
b0124306_20264953.jpg

もう すでに 太陽は 昇っています
b0124306_20214061.jpg

北側から 見える 瀬戸大橋  霞んでいます
b0124306_20232351.jpg

前日は ハッキリ
b0124306_20541514.jpg

頂上から 南側の 景色

あまり よくありません
b0124306_20301228.jpg

ぼたん桜が 咲いています
b0124306_20581814.jpg

本日 11時からの 護摩の 準備がされています
b0124306_2114324.jpg

頂上に 
b0124306_214693.jpg

咲いていました
b0124306_2142210.jpg

下山 途中には   ショウジョウバカマ
b0124306_2163950.jpg

これと
b0124306_217660.jpg

こちら
b0124306_2172328.jpg

さらに   シュンラン
b0124306_218137.jpg

これも   
b0124306_2174355.jpg

前日には 讃岐富士は 初めての 山ガールに 遭遇
b0124306_21121389.jpg

穴場スポット    見晴らしの良い   天狗周遊路の 岩場のテラスに 案内しました

私は いつも ここで のんびりします
b0124306_21142793.jpg

そこからの 正面の   素晴らしい 景色

高速道路が 西側に 延びています
b0124306_21281748.jpg


左側  
正面の 象頭山 (標高521m) の左中腹にある  コンピラさん    金刀比羅宮 (ことひらぐう)が 有名です
b0124306_21295989.jpg

右側の 瀬戸内海側
b0124306_21312896.jpg

その 景色に 山ガールも 見惚れていました
b0124306_21192015.jpg

特に 瀬戸内海に 夕日が 沈み込むのは 絶景です 
b0124306_2144256.jpg

さらに 下山 途中にある ビュースポット 南側の岩場にも 案内しました
b0124306_2136514.jpg

南方向に 見える  レオマワールドの 後ろ側にある 山並み
左側から 大高見峰・小高見峰・猫山・城山 です

b0124306_21343111.jpg

レオマワールドを アップで
b0124306_22144926.jpg

少しは 楽しんで 貰えましたか ?
b0124306_21362413.jpg

今回 初めて 二日続けて 讃岐富士に 登りました

それと 珍しく テニス帰りの 従姉妹にも バッタリ
b0124306_22112866.jpg



下側

素晴らしい   ダブルダイヤモンド讃岐富士が 見られます
by ohara98jp | 2013-04-22 19:41 | 里山 登山 | Comments(0)

金山(かなやま)・常山(つねやま)  坂出市        しめ縄作り      イルミネーション

b0124306_18445592.jpg




今日は 自治会での行事 しめ縄作りに 初めて 参加します

b0124306_1051135.jpg

まず ワラを すいて 余分な ワラを 省きます
b0124306_1065633.jpg

縄を編むので 柔らかくするために 少し水で 湿らした ワラを とても 古い 年代物の ローラーにかけます
b0124306_1011413.jpg

今日は とても 良い天気です       讃岐富士も よく 見えています 
 
本当は 山に行きたかったのですが・・・・・・   (ここ最近 日曜日ごとに 自治会の集まりがあります    勘弁してくれ・・・・・・・)
b0124306_10152438.jpg

大きな しめ縄を 3人がかりで よじって 作っていきます
b0124306_1017955.jpg

取り合えず 何とか 一本 出来上がりました
b0124306_10184038.jpg

こんな感じです

まだ  毛羽立っています
b0124306_10192996.jpg

はみ出たワラを ハサミで カットして    大・小の しめ縄ができました
b0124306_18175570.jpg

最後には 3本目の 大も 出来ました

小さい しめ縄でも 3000円前後していますので     こんなに大きいのは 特注で 買うと 4~8万円 ?       
b0124306_18161944.jpg

室内では 細めの 縄を 編んでいます
b0124306_17571272.jpg

私も 生まれて 初めての 縄作りです
左右 3本づつにします 
b0124306_1801013.jpg

片足で 挟んで 止め     両手の手のひらで ねじって 編んでいくのですが・・・・・・・

あれ~・・・・・     うまく 出来ない・・・・・・・
b0124306_1825189.jpg

年配の人が 作っているのを 見て 真似しているうちに コツがわかり 何とか すぐに 出来るようになりました

これは 左じめで 逆の 右じめも あるそうです           これまた 逆が なかなか 出来ません
b0124306_18113133.jpg

意外と 何度やっても うまく 出来ない人も 多いみたいです   もう 出来ないので 諦めた人が何人も・・・・・・
上側が ヘタな人          下側が 私の 作った物です

あんた 初めてなのに うまく 作れているから 来年から 毎年 頼むわと 言われてしまいました         
せっかく お誘い頂きましたが・・・・・・       日曜・祭日は ご辞退いたします・・・・・・?
b0124306_18135258.jpg

もう 一種類 まだ 作らなければいけない物が あります

見本を 見ながら 作っていきます
b0124306_18283198.jpg

出来上がりは こんな感じです
b0124306_18292369.jpg

こんな感じに ぶら下げます
b0124306_1831491.jpg

しめ縄作りが やっと お終わり 3時過ぎに 坂出の 金山・常山・笠山に 登ろうと移動します

reikoさんが 坂出カンカン三座 (金山 281.1m  常山 283.3m  笠山 109m)と 命名しています
b0124306_18373011.jpg

御大師池の横から    これが 金山 281.1mで・・・・・・
b0124306_19504016.jpg

その すぐ西側には 常山 283.3mがあります
b0124306_19514491.jpg

標識です
b0124306_1952617.jpg

標識がある所を 右折して 車で 横潮神社の方へ 進んで行きます
b0124306_19532990.jpg

横潮神社の 駐車場に到着です
b0124306_19543180.jpg

左側の奥に 横潮神社があります
b0124306_19552811.jpg

右側は 鳥居があります
b0124306_1956193.jpg

横潮神社の 駐車場の奥へ 道なりに そのまま 進んで行くと 車止めがあります
それを そのまま 真っ直ぐ 進んで行きます
b0124306_203077.jpg

左側へ 上がっている道は 鉄塔への道でした
そこからの 景色です
b0124306_2045564.jpg

金山と常山の鞍部へ 向かって 登って行く 途中 右側に 金山トンネルに 入る バイパス道路が 見えています
b0124306_2072657.jpg

どんどん コンクリート道を 金山と常山の鞍部まで 登って行きます
b0124306_20122369.jpg

金山と常山の鞍部から 見える 綾歌町の レオマワールドと 右から 城山・猫山・大高峰山の 景色です

黒い雪雲があり どうやら 小雪が 降っているようです
b0124306_20145988.jpg

金山と常山の鞍部に こんな物が ありました
b0124306_20195260.jpg

鞍部の左側 (東側)に・・・・・  道を 外れて 東に 入り込むと 開けた所があり そこから 城山・郷師山が よく見えます
b0124306_20542441.jpg

さらに レオマワールド方面 城山・猫山・大高峰山      右側には 琴平さん (象頭山)も見えています
b0124306_2057294.jpg

常山 283.3mも 見えています
b0124306_2173984.jpg

金山へは コンクリート道を ジグザグに 登って行きます
b0124306_20214028.jpg

途中に 割れた カンカン石 (サヌカイト)が 落ちていました
b0124306_20225022.jpg

どんどん コンクリート道を ジグザグに 登って行きます
b0124306_2027234.jpg

突き当たりまで やって来ました    道は 左側に 続いています
 
左側には 鉄塔があります    
b0124306_20324258.jpg

金山の 三角点へは 道の 突き当たりを 奥に 林の中へ 入って行きます
b0124306_20325946.jpg

林の中に ひっそりと 三角点が ありました    金山 281.1m

周りは ヤブで まったく 見えません
b0124306_20342314.jpg

看板です
b0124306_20444835.jpg

道が 左側に 続いているので 行って見ると 瀬戸大橋が 見える所がありました
b0124306_2043999.jpg


そのまだ 奥に 進んで行くと 石碑があります

金山の所有者 西紋さんの母 ナツエさんの 喜寿を 祝い 植林のあかしとして 建立したそうです
b0124306_20412328.jpg

石碑から さらに 進んで行くと 東側の 景色が 少し 見える所が ありました
そこから先は 道が 下っていましたので 引き返す事にします
b0124306_20482048.jpg

さあ とっとと 鞍部まで戻り 次の 常山へ 行く事にします
b0124306_20493231.jpg

鞍部まで戻り 次の 常山へ 向かいます
b0124306_21104621.jpg

少し 進むと 岩場があり そこからの 笠山と坂出市 さらに 瀬戸大橋方面の 景色が とてもいいですね
b0124306_2113394.jpg

アップで・・・・・・
b0124306_2115839.jpg

左側です
b0124306_21153847.jpg

先に進んで行くと 分岐が あり
左側は 木で 止めている ? (帰りは ここへ 戻って来ました)     右側のルートで 登って行く事にします
b0124306_218734.jpg

どんどん 登って行きます
b0124306_2184718.jpg

そうすると 鉄塔の所に 出て来ました
b0124306_21105787.jpg

ここで 分岐があります   常山は 真っ直ぐ     
左折すると 下にあった 分岐に戻ります   (帰りは ここを 下りて行きました)
右折すると 坂出市内へ 下りていくみたいです
b0124306_21151587.jpg

少し 直進すると 頂上に上がる 分岐   ここを 右折します    標識もあります
b0124306_2119370.jpg

ここからは 急斜面になります
b0124306_21203941.jpg

常山 頂上です   283m
b0124306_21222229.jpg

北側には 坂出市内  瀬戸大橋  瀬戸の島々が 見えています
b0124306_21234943.jpg

南側には 龍王社があります     広い 常山 頂上です

讃岐富士も 見えています
b0124306_21251599.jpg

山座同定板もありました
b0124306_2128238.jpg

西側は 青の山  その右側には ゴールドタワーも 見えています
b0124306_2130329.jpg

もう 薄暗くなってきましたので 帰る事にします
b0124306_21311134.jpg

すぐの分岐から 来る時に 通っていない道を 下りている途中で 地元の人に会い 少し 話をしている内に 本当に 暗くなってしまいました
b0124306_21335430.jpg

完全に 日が暮れて マジで 暗くなってしまいました         しまった ヘッドライトは 車の中です・・・・・・
慌てて 急いで下山しますが とても 急な階段状の斜面で 落ち葉で とても よく滑ります 慎重に 注意しながら 下りて行きます  
b0124306_21523622.jpg

どんどん 下って行くと T路地になり 一瞬 どっちに 行けばいいのか 迷いました・・・・
左側に 進み 見覚えのある分岐までが とても 長く 感じられました
暗くなって 初めての道を 下るのは 止めといた方がいいですね      当たり前か・・・・・
b0124306_21571565.jpg

ようやく 分岐を発見 やっと合流しました
さらに 進むと 坂出市内  瀬戸大橋などの 見晴らしのいい岩場の所に 戻って来ました
b0124306_2159774.jpg

金山トンネルに 入る バイパス道路です
b0124306_2211373.jpg

17時40分  真っ暗の中 やっと 車に 戻って来ました     
b0124306_2214787.jpg

夜 丸亀の ゆめタウンの 西南 (金倉町)にある 個人の家のイルミネーションが 綺麗だというのを聞いて見て来ました

東側
b0124306_2216357.jpg

南側
b0124306_22172234.jpg

西側
b0124306_22175167.jpg

北側
b0124306_2218405.jpg

庭の中です
b0124306_2220893.jpg

角度を変えて・・・・
b0124306_22204046.jpg

とても 綺麗ですね
b0124306_22211985.jpg

この家のまわり  すぐ南側と 西側に 広い 駐車場があります
大勢の人達が そこまで 車で入って来て イルミネーションを 見に来ています

道は 狭いです      対向車には 注意が 必要です
b0124306_22233686.jpg

by ohara98jp | 2011-12-23 09:59 | 里山 登山 | Comments(0)