カテゴリ:ドライブ 旅行 グルメ 日常 事件( 57 )

羅漢穴 愛媛県最大の鍾乳洞 全長388m

29.05.28

四国最大の鍾乳洞  羅漢穴  とっても長い 全長388m   
日本百名洞窟になっているそうです


漆黒の闇 コウモリの大群に襲われ さらに 糞・尿の堆積物の泥でヌルヌル
キツイ臭い コケれば糞まみれ 水没している場所もあり 
左右に曲がりくねり アップダウン 足場も悪く 狭い場所もあり 結構 大変でした

オーブも たくさん 写り込み 盛りだくさん
たった 一人での恐怖の洞窟探検 スリル満点でした

b0124306_19345089.jpg

香川県から とても遠い 愛媛県梼原町まで ドライブ


立派な屋根付きの橋を渡ると 三嶋神社がある

b0124306_20024517.jpg
その珍しい屋根付きの橋は みゆきばし 

b0124306_20050990.jpg
鳥居をくぐる

b0124306_20063402.jpg
大きなハリモミの木がある

b0124306_20070962.jpg
説明文
朝鮮から持ち帰ったそうだ

b0124306_20072794.jpg
三嶋神社 本殿

b0124306_20075756.jpg
三嶋神社の説明文

b0124306_20240127.jpg


三嶋神社から 坂本龍馬 脱藩の道が 続いていた

b0124306_20195705.jpg

ゆすはら座

b0124306_20134321.jpg
二階から 舞台を見下ろす
香川県の こんぴら歌舞伎座と よく似ている


b0124306_20141557.jpg




和田城横にある 坂本龍馬と梼原町出身の志士像(維新の門)を見に行く
結構 リアルで躍動感がある

b0124306_19344317.jpg

維新の門の 銅像は 意外にも 人間より 随分 大きいサイズで作られていた



b0124306_19371136.jpg



坂本龍馬が 脱藩時に越えた 


b0124306_11140961.jpg



土佐国境の峠 韮ヶ峠へも 足を伸ばす


b0124306_17534551.jpg

そこで地図を 見ていたら 偶然にも すぐ近くに 羅漢穴があるのを発見

急遽 興味本位で 覗きに行く事に・・・

b0124306_17554377.jpg
案内図

鍾乳洞は 入り口から 突き当りまで 140m 
そこから 左右に 別れている

右側のコースは 80mで 行き止まり
左側のコースは 入り口から 奥行き 310m  3つの池があり 結構 奥深い 鍾乳洞だ



簡単に 行けると 思っていたが
そうは問屋が卸さない

岩はツルツル  泥の坂道のアップダウンも ヌルヌル・ツルツル・グチャグチャ  ガレ場もあり 足場が非常に悪い 
何よりも 暗黒の世界で コウモリの大群が飛び交い そこらじゅうに 糞が堆積 臭いも強烈

ヘッドライトだけでは スポット的に 照らされたそこだけしか 見えない 
漆黒の闇の中 それだけを頼りに 足場が悪い中 上下・左右 岩にぶつからないように 注意を払いながら 進む 

足を滑らせたら 泥んこ ウンコまみれになり それはもう 悲惨な状況になります
清水の舞台から飛び降りる勇気と ?  長靴が必要です  ゴム手袋もあればいいでしょう

b0124306_17575009.jpg

入り口の 天井は 低い

中からは 寒いくらいの 冷気が吹き出ています
体がゾクゾクして来ました

寒いのか  これからどうなるのか 期待感からなのか ? ・・・・・


b0124306_18105064.jpg

体を 小さくして 入って行く

さあ 恐怖の体験の始まりです
怖いよ~ こわいよ~
b0124306_18115091.jpg
天井が さらに低くなり
しゃがみ込む

b0124306_19442637.jpg
右端が 階段になっている

b0124306_19451442.jpg
先を覗くと 狭い通路

写真を撮ると なんと・・・・・
オーブだらけ・・・・(中心あたりが 数多くの小さくて白い丸い物が 写っている)

数秒前の 写真は どうもないのに・・・

カメラが 悪いのではありません
とても 不思議な現象です・・・・


b0124306_19460741.jpg
もう少し 進んで 撮影するが
やはり 写り込む

これからも オーブが 多く 写り込んでいるが
何故か 写らない時もある 不思議です

b0124306_19505113.jpg
広く なった場所へ抜け出て 写すと
まともに 撮影出来ている


b0124306_19524377.jpg
その奥へ続く 足元の岩場は 濡れていて とても 滑りやすい
注意が 必要です


b0124306_19541130.jpg
以前にも 徳島の天岩戸神社でも 凄くオーブが映り込んでいたのが 
数秒後 いきなり まったく 消えてしまったりする 不思議な体験をしました

http://ohara98jp.exblog.jp/23714547/


クリックすると 見られます







先に進むと 今度は下り

足元は 粘土みたいな ツルツル ヌルヌル
とても 滑りやすい


b0124306_20025198.jpg
こんな所に 標識があるが あまり 意味がない
もっと 別の場所の方が良いと思う

b0124306_20051977.jpg

さらに どんどん 下って行く



b0124306_20064521.jpg
おっ・・・・
向こうに 何かが 見える

b0124306_20072802.jpg
こんな所に 鉄の階段だ・・・・

b0124306_20080973.jpg
階段を上がった先は 右へ カーブして下り 先が見えない (胎内くぐり)?

不気味な 鍾乳洞の形状は 丸くなって
岩壁の一部が 何故か キラキラ光っている

まるで タイムトンネル 
それとも 地獄への入り口 ?

b0124306_20084954.jpg
足元は 相変わらず 滑りやすい
奥に進む


b0124306_20111310.jpg
天井からは 岩が落ちてきている
こんなのが 当たれば 生きて出られない


b0124306_20131490.jpg
今度は 左にカーブ


b0124306_20140627.jpg
少し 上り坂になり 突き当たりになる  T路地(分岐)
入り口から 140m 進んで来た事になる

濡れた岩場が 相変わらず とっても 滑りやすい

意外と 広く 左右を見るが 
ヘッドライトの 光が届かないから 
真っ黒な大きな穴が開いているくらいしか見えない
とても 不気味です


b0124306_20145554.jpg
まず 右側のルートへ 行って見る事にします

こちらは まったく オーブが写っていない

b0124306_20194019.jpg

どんどん進む


b0124306_20215853.jpg
ガレ場を 下って行く


b0124306_20223416.jpg
もう 終わりかと 思ったがまだ続く
狭くなる


b0124306_20231536.jpg
右下奥側に 下って行く
何処まで 行くの ?

b0124306_20235148.jpg
やっと ここが 終点のようだ

壁に 消えかけてはいるが 白いペンキで 1987と書いてある

b0124306_20375067.jpg
分岐まで 80m引き返し 
今度は 左側のルートへ入り込む


b0124306_20411731.jpg
下りになり どんどん下る

今まで 洞窟内で 自分だけの足音が 響いていたのに
ある 一部分だけ なぜだか 突然 響かなくなる
何故だろう とても不思議だ・・・・

オーブだらけです

b0124306_20420164.jpg
右側に 鍾乳石が見えてくる
この時は 先を急いでいたので ゆっくり 見なかったのが残念

大雨の後は このあたりまで 水没する事もあるようです
怖い 怖い・・・・



b0124306_20430255.jpg
さらに下って行くと
水溜りになるが まだ 浅いので大丈夫

さっきから コウモリが あちこち 飛び交っている

b0124306_20435652.jpg
さらに 先に進む

b0124306_20460124.jpg
左にカーブしている先に 何があるのだろう ?
好奇心で 怖いもの見たさがある


お化けか 幽霊か ゾンビか   はたまた クマか 謝金取りか  
いや・・・もっと怖い 鬼嫁か ?

b0124306_20465804.jpg
おっ・・・・
大石柱が 薄っすらと見えて来た  高さ 約3mくらい
まるで 幽霊が立っているようです


入り口から 200m
この辺りは 大雨の後は 完全に水没するようです

周りを コウモリの大群が 一段と飛び交うようになり
背中に 体当たりされたり 後頭部にも ぶつかってきた
こんな体験は 初めてです (普通は ぶつかる事は無い)

まるで ヒッチコック・サスペンス映画の鳥に 襲われている状態

そこらじゅうで コウモリの羽ばたく音 顔のすぐ横をかすめてプシュ 風を何度も何度も何度も感じる
怖がりの人は とんでもなく 恐怖を感じるでしょうね


b0124306_20481735.jpg
右側も 覗いてみるが 行き止まり

b0124306_21120670.jpg
ここからは 急な下りになり 今までより とても 不気味な雰囲気になる
地獄の底から 聞こえてくるのは 何故か 水が流れているような異音(ザーと響いている)ざわめきが聞こえてくる

水が流れている場所は無いはずだ  可怪しい

後で分かったのだが コウモリの大群が発していた鳴き声と羽音でした
コウモリの 糞の臭いが 奈落の底から吹き上げてくる  キツイ 臭い 勘弁してくれ・・・・

さすがに私も 行くのを 躊躇する



b0124306_21124484.jpg

動画ビデオです

短いですが 最初の水が流れて 洞窟内に響いているような音がそうです 
私が 移動すると音がピタッと止んだ








覚悟を決め 地獄(奈落の底)に突入
先が見えない 初めての場所 漆黒の闇 とても ドキドキ・・・・

とんでもなく ドロドロの滑りやすい急な場所
コウモリの大群 糞が 辺り一面 堆積していて そこをグニュグニュ踏んで歩く
もう たまりません・・・・

急な下り 誰かが ブロックを ここまで持ち込んで 
階段状にしていたので とても助かった



b0124306_21192887.jpg
滑って 転けると 泥んこ 糞だらけになる
天井が 低いので コウモリが顔のすぐ横を飛び交う

黒い粒状は すべて コウモリの 新しい糞


b0124306_21365425.jpg

どんどん 先に進むが
右カーブで先が見えない


b0124306_21392027.jpg
天井が 一段と低くなり 足元には 水が溜まっている
一の池か ?




b0124306_21395401.jpg
途中の 岩の上に乗り 次の足場を探すが・・・・
足首まで 水に水没

長靴が 必要になる

背中にも 冷たい 水滴が 落ちてくる
上と下からの 攻撃です

b0124306_21403449.jpg
水の流れで 出来た 細い溝の所を
さらに どんどん進む

ニの池 ?
b0124306_22013956.jpg
この先 左側に 曲がると 池があり 行き止まりでした


b0124306_22015440.jpg

ここから先は 水中に潜って行かなければ 進めない

たぶん これが最後の 三の池だ ?
入り口から 310m  約30分かかりました


ヤレヤレ 意外とここまで長かった
相方が車で待っているので 急いで帰る事にします

コウモリも 見送ってくれている ?


b0124306_22021264.jpg
帰りに 撮影
手に ドロが付いたまま 暗闇で操作していたので いつの間にか
レンズの保護シャッターにも付着 完全に開いていない

現場では 真っ暗闇の中での撮影なので まったく 気が付きませんでした



b0124306_22433845.jpg
天井が低い 池を 戻るのだが 途中 バランスを崩し 右横の岩場に手を着いてしまう
モロに グニュグニュと コウモリの糞の堆積物だと感覚で分かる
勘弁してくれ~

b0124306_22481366.jpg
たまらず 両手を 洗う
綺麗な水場があって 良かった
b0124306_22591026.jpg


急な登り コウモリの糞だらけの場所 
非常に 臭い グチャグチャの 上り坂になる

足早に 通り過ぎる

b0124306_22542135.jpg
大石柱まで 戻って来た
分岐まで もう少し
急いで ヒイコラと 登り返す



b0124306_22551589.jpg
滑りやすい足元ばかり 気にして 汗をかきかき どんどん進むと  
何と 何と 行き止まりになるじゃないですか ?

あれれ~・・・  一瞬戸惑ってしまう 

急ぐあまり 分岐を通り越し 
右コースの行き止まりまで来てしまったようです
なんてこった ドジってしまった



慌てて 引き返す
ヘッドライトの光では ごく一部しか 照らしませんので
全体が どうなっているか 把握しにくいのです

分岐のあたりは 結構 広い場所なので 
光が届き難くく 見えづらい


天井は コウモリだらけだったが
私が近づくと 殆どが 飛んでしまった

b0124306_23003410.jpg

本当は こんな感じ

b0124306_18403931.jpg



分岐を 曲がり 後は 真っ直ぐ帰るだけで 楽勝と 思っていたのだが・・・・
いきなり 行き止まりになってしまう

えっ・・・・・ どうして ?
出口まで 一本道のはずなのに・・・・・


少し 引き返し あたりを 探すが 出口が見つからない
え~~ そんな馬鹿な・・・・

狐につままれ  狸に化かされ   悪霊に導かれたようです 

 ・

 
弱いヘッドライトの光では あまり 遠くまで照らせない 全体が分からない
さらに ぐっと近くまで近寄らなければ よく分からない状況 視界が悪い
ウロウロ さまよう   マジでヤバイ   こんな所で遭難か


このまま 時間だけが過ぎて もしライトの電池が無くなれば 漆黒の闇
そうなると まず 脱出は不可能です
だんだん 焦ってくる

ここで パニクってはダメだと 自分に言い聞かす
こういう状況に 追い込まれた時の 感情は
体験した人でないと 分からないでしょうね ?

あまり 体験したくは ありませんが・・・・

自分の 勝手な 勘違い 思い込み等で 迷う場合がよくありますので注意が必要です


b0124306_23100695.jpg
気持ちを落ちつけて 
覚えている景色まで引き返し そこからの 仕切り直し

すると 行き止まりより 意外と手前 
左端の低い所に 一見分かりにくい 岩が折り重なっている狭い隙間を発見 

出口が 見つからなかったのは 右奥側へ 進み過ぎてたようでした

出口に向かって 岩の隙間を 覗き込んで進み 
外の光が見えた時には とても 嬉しかったです




登山でもそうですが 自分が通った後 分岐などを 何度も 振り返って
帰りの景色を 覚えておかないと 痛い目に会います

特に 鍾乳洞は 行きの景色と 帰りの景色は 
まったく 違うように見えるから 特に注意が必要です
方向感覚が 狂って分からなくなる場合もある


b0124306_23283855.jpg
ヤレヤレ 無事 生還
疲れました・・・・

体に臭いが染み付いている


一人では 何かがあると どうすることも 出来ません
本当は 複数の人達と 行動するのが一番いいのですが・・・・


b0124306_23465173.jpg

さすが 四国最大の鍾乳洞   全長388mの 羅漢穴  十分楽しめました



家に帰って 羅漢穴を ユーチューブで検索していたら
これが 一番 洞窟の全体がよく見え とても雰囲気が分かりやすい動画でした

やはり ヘッドライトではなく 蛍光灯の照明 ? が 全体がよく見えます
へ~ 洞窟内は こんな風に なっていたのか
初めて 知りました

やはり ヘッドライトでは 全体がよく見えないのです
是非 見てください

自分が 体験しているように 感じられます




その他にも とても 面白い 洞窟がありました


四国別格20霊場 第3番 慈眼寺(じげんじ)恐るべし 穴禅定の修行(とても狭い鍾乳洞)   http://ohara98jp.exblog.jp/20199856/

徳島 西三子山の 桃源洞   http://ohara98jp.exblog.jp/26735534/

横倉山の 平家の穴      http://ohara98jp.exblog.jp/24256380/

剣山の 二つの洞窟探検    http://ohara98jp.exblog.jp/18592466/

も 是非 見てください







by ohara98jp | 2017-05-28 17:20 | ドライブ 旅行 グルメ 日常 事件 | Comments(0)

8つの地獄巡り 華厳宗不動山正観寺 お松大権現 午尾の滝 

29.02.05

徳島県 阿南市の お松大権現へ 

江戸時代 不当な裁きで 処刑された お松を祀っている
お松の愛猫が 奉行の両家を 代々 たたり続けたという
日本三大妖猫伝の一つ

お松大権現へ着くと 
何と 本物のネコも お出迎えしてくれています

b0124306_19044564.jpg
足元には ネコの足跡が・・・・

b0124306_19061877.jpg
日本で唯一の社

b0124306_16442569.jpg


本殿

b0124306_19162439.jpg
立派な看板

b0124306_19164716.jpg
説明文

b0124306_19171350.jpg
立派な建物

b0124306_19253777.jpg


少し 不気味

b0124306_19183562.jpg
内部

ねこ ネコ 猫 だらけです

b0124306_19192049.jpg
家内安全 千客万来 夫婦円満


b0124306_19211084.jpg
う~ん・・・

b0124306_19235470.jpg
ここにも ねこ ネコ 猫 だらけで御座います


b0124306_23551650.jpg


お松と 可愛がっていた三毛猫


b0124306_19320566.jpg
お松の 夫が
借りていたお金を返した時に 証文を返して貰ってなかったため
それに付け込まれ 反対に 罪に問われる


b0124306_19331620.jpg
その無実を 藩主へ 直訴したお松 
しかし 正当な訴えでも 死罪とされてしまう

b0124306_19334023.jpg

 
可愛がっていた三毛猫に 必ず 夫の仇を取るように話していた
お松は 三毛猫と共に 処刑されてしまう

b0124306_19335377.jpg

その後 土地とお金をだまし取った 三左衛門と 無実のお松に 罪を言い渡した奉行は
様々な怪異に悩まされる事になり やがて 両家は化け猫の呪いにより 没落してしまう


b0124306_19343848.jpg


b0124306_19363134.jpg


b0124306_19364209.jpg


b0124306_19374360.jpg
絵馬は 殆どが 受験生の合格祈願でした



b0124306_19381805.jpg

近くにある
午尾の滝 (ごおのたき)

b0124306_19384479.jpg
今日は 水量が 少ない

b0124306_19391855.jpg
また 移動して 徳島県海部郡牟岐町の 華厳宗不動山 正観寺へ 

正観寺 案内図   


b0124306_19402961.jpg
正観寺 正面


b0124306_19455861.jpg
口を開けている 阿吽の像


b0124306_19465231.jpg
口を閉じている 阿吽の像


b0124306_19473399.jpg
水子供養塔

b0124306_19475280.jpg
変わった形の 空堂

b0124306_19483833.jpg
今後 お世話になる ぼけ封じ観音

なに・・・ もう 始まっている ?
それを 言わないで・・・

そう言う あなたも ?
b0124306_19490030.jpg
結構 広い敷地内
上に上がると 眺めが良い 天輝堂がある  

b0124306_19505485.jpg

上の天輝堂から 見下ろす

b0124306_23483865.jpg
本堂


b0124306_23504173.jpg

立派な 公明精舎



b0124306_23512412.jpg


さあ 本日の メイン・イベント とある場所へ 向かいます


b0124306_19514826.jpg
あそこから 入って行くようです

b0124306_19525498.jpg
八大地獄と 書いてあります

要するに 8つの地獄巡りです


b0124306_19534352.jpg

八大地獄の説明文

何事も 自業自得の輪廻の世界
自分のした行為によって決まる

悪いことをすれば すべて 自分に帰って来る

あらゆる生き物を殺すと落とされると言われている      等活地獄 (とうかつじごく)
殺生に加え他人の物を盗むと落とされるのが         黒縄地獄(こくじょうじごく)
殺生・偸盗に加え よこしまな男女の関係で落とされるのが  衆合地獄(しゅうごうじごく)
殺生・偸盗・邪淫に加え 飲酒をした者が落とされるのが   叫喚地獄(きょうかんじごく)
殺生・偸盗・邪淫・飲酒に加えて 嘘をつくと落とされるのが 大叫喚地獄 (だいきょうかんじごく) 
仏教の教えを拒否する思考を信じた者が落とされるのが    焦熱地獄 (しょうねつじごく)
邪淫より思い罪で 生きる尼僧を犯した者が落とされるのが  大焦熱地獄 (だいしょうねつじごく)
親を殺したり 仏を傷つけたりした者が落ちる奈落の底    阿鼻地獄 (あびじごく)


誰しも ハエ・蚊・ゴキブリを殺す  魚を釣る  お酒を飲む  つい嘘をついてしまう

殆どの人が みんな地獄行きです
みんなで行けば 怖くない ?




b0124306_20373373.jpg

八大地獄
建物の入り口

b0124306_19553251.jpg
説明文

b0124306_19560697.jpg
お浄土穴が 何となく 不気味です

くぐるのは 勇気が要ります ?

b0124306_19562551.jpg

インターホンを 押して 住職さんを 呼びます
入場料 一人 400円


b0124306_19595759.jpg
シャッターを 開けてもらい いざ 中へ入ります
貸切状態です

内部は 撮影禁止
これからの写真は ネットから 拝借しました

薄暗い中 巨大なエンマ大王 等身大の 鬼の顔と右側の人は  結構 リアルで
色々な 謎の音 ゴ~ン・ゴ~ン  ガラガラ・ゴロゴロ ? 雰囲気タップリです


うちのヨメは お金を払って ここに入った途端に 
私 もう ムリ・・・ と 飛び出して行き
二度と 入ろうとはしませんでした

あんなに 逃げ足が速い ヨメを見たことがありません
思わず 笑ってしまいました

こんな子供達も 入って見学しているのですが・・・・
ちなみに ヨメいわく 絶対に 今晩の 夢に出て来そうな雰囲気だったそうです

b0124306_20135187.jpg
すぐ後ろには 三途の川で迎えてくれる 
奪衣婆の 首が動き エクソシストみたいに 振り向いてくる

ちなみに 三途の川の渡り賃は 六文銭

b0124306_21255045.jpeg


釜茹での刑
丁度いい 湯加減にはしてくれない ?


b0124306_20241594.jpg
顔も 結構 リアル
誰かに 似ている ?
b0124306_11075170.jpg


灼熱地獄
b0124306_20250611.jpg
いや~ 酷い・・・・

鬼の顔が 怖い
言葉にならない・・・・

b0124306_20260767.jpg
二人で 胴体切断
ギコギコと ノコギリを 動かしています

薄暗い中 色々なサウンドと 怪しげな照明
臨場感 タップリです

うめき声や 悲鳴も 聞こえてくる


b0124306_21565618.jpg



色々な

b0124306_20291245.jpg
シチュエーションが

b0124306_20294055.jpg
あります
この顔も 怖い・・・・
b0124306_18481561.jpg



いや~ 実に凄くリアルです

じっくり見ていると うしろから いきなり ドスン・・・
大きな音に ビックラポン 振り返ると 
ゆっくり斧を 振り上げてから 人体を切断している音でした


b0124306_20301283.jpg
龍が 人を咥えています

b0124306_20311786.jpg
アップで・・・

これは まだ 可愛い方 ?

b0124306_11121319.jpg


この顔に 一番 ドキッと させられました
体が ダルメシアンで 顔が人間になっている怪物


薄暗い室内 怪しい照明 あちこちで 色々な人形が動く様々な異音
さらに うめき声や 叫び声などが聞こえてくる中
一人 寂しく 見学して来ました

細かく 見れば見るほど 色々考えて リアルに作られています
たくさんあり過ぎて 時間が 足りません
 
しかし ヨメが 首を 長くして待っている
あまり 待たすと ツノが出る
そうだ ここの鬼より もっと怖い・・・・

b0124306_20312617.jpg

b0124306_21201246.jpg


いや~  凄かったですね~

5つの最悪業 
殺生・偸盗・邪淫・妄語・飲酒をすると 地獄に堕ちるそうです

悪いことをすると 自分に跳ね返って地獄へ落ちる
出来るだけ 良い事を こころがけましょう
皆さん 出来るかな~

欲深い 人間世界にいると 
絶対に 何がしらの罪を犯してしまいます・・・・

罪深い私
私は アリも踏まないように避けて通ります 無駄な殺生はしない 
でも 血を吸う 蚊はムリかな ? 思わず 叩き潰してしまいます

お酒も 何とか止める事が出来ました
些細な事からでも 始めましょう



興味のある人は 是非 見に行って下さい
日本全国的にも 有名で まれに見る 8つの地獄の様子が見れる場所だと思います

自分の子供や 孫を しつけるために 連れて来る人達も居るようです
悪いことを すれば 地獄に落ちる
良いことをしなければダメですよ・・・と

なに・・・  見るのが 怖い ?
トラウマに なりそう ?





同じ 徳島で 慈眼寺も 大変 面白い所ですので 是非 行って見てください
お薦めします(ローソク 一本で とても 狭い 洞窟探検 ? 修行です)









by ohara98jp | 2017-02-05 17:54 | ドライブ 旅行 グルメ 日常 事件 | Comments(0)

富士山の展望所 新倉山浅間公園 箱根 金時山 身延山


富士山が とても 凄く よく見えています
こんなのも 珍しい

いつもは 雲の中に隠れて見えない時が 多いのだが・・・・

b0124306_11005793.jpg
いや~ いいですね~

新名神高速道路を 走りました

b0124306_11034039.jpg


高松を 出初する時 3台オカマ事故に遭遇

元旦 早々 AM7時前
後ろから いきなり ドカ~ンと 突っ込まれて 
車は スクラップ  首は ムチウチ  予定はキャンセル

もう 地獄です

こんな目には 会いたくありません

b0124306_11041684.jpg
新名神高速道路上でも 事故遭遇

明日は我が身   気をつけなければ・・・・・

b0124306_11054324.jpg
高速道路が 混んでいなくて 少し 早く着き
箱根ロープウェイに乗る

富士山も バッチリ見えている
大涌谷の上を 通ります
b0124306_11072948.jpg
 とても いい感じ

b0124306_11100401.jpg
名物 黒玉子

もの凄い 行列  
海外からの観光客が とても 多い

b0124306_11112970.jpg
ホンマかいな ?



b0124306_11110073.jpg
箱根駅伝で 私の 母校も走ります
ガンバレ・・・
b0124306_11122665.jpg
雲 たなびく 富士山


b0124306_11324715.jpg
絵になる風景です


b0124306_11334876.jpg

一度は 話の種に・・・  足柄山の 金時山

金時娘にも会いました 
名物 ナメコ入り味噌汁も美味しかったです

b0124306_11342857.jpg
富士山が見える 展望レストランから


b0124306_11350326.jpg

青空がいいですね~


b0124306_11355555.jpg
河口湖方面に 移動


b0124306_11362248.jpg

新倉山浅間神社に 到着

長い階段を 登って行く
振り返ると 富士山
b0124306_11370510.jpg
残念ながら 逆光ぎみです


b0124306_11373248.jpg
でも いい感じ

何度も テレビで見て 
一度は 来てみたかった場所です


b0124306_11380199.jpg
いいですね~

b0124306_11382167.jpg

桜の季節はこんな感じ

b0124306_18571064.jpg
いいですね~


b0124306_18575138.jpg



何とも言えません


b0124306_11384077.jpg

河口湖からの富士山

b0124306_11390358.jpg
久保田一竹美術館

ミシュラン観光で 三ツ星
ここも テレビで 見て 一度は見たいと思っていた場所

b0124306_11395246.jpg
美術館とは 思えない 重厚な門


b0124306_11423239.jpg
庭園から 富士山も見えます

b0124306_11425952.jpg
一竹辻が花染めの着物   

ここの 写真は フェイスブックから お借りしています


b0124306_11431180.jpg
凄い・・・・

生地が 普通の着物と違い 立体的で 盛り上がっています
b0124306_11432540.jpg
何とも言えません

b0124306_11433964.jpg




ついでに ちかくにある 
与 勇輝館へも 行きました

何とも言えない 表情です・・・・




b0124306_11442454.jpg
こんな漢字 すぐには書けません


b0124306_11482392.jpg
ほうとうの専門店

もの凄く 広い店内
多くのお客さんが 食べに来ていました

b0124306_11483333.jpg
熱々の鉄鍋に入った かぼちゃのほうとう
名古屋の きしめんでは ありません

b0124306_11484373.jpg

大きな かぼちゃ や 人参などが ゴロゴロ
お腹いっぱいになります

b0124306_11485389.jpg
夕方 終了間際の 高尾山ケーブル

流石に 上りの乗客は 私達だけでした

b0124306_11491747.jpg

高尾山 案内図

下りは 1番のコースを 約1時間 歩いて下りました
b0124306_11492668.jpg
もちろん 男坂を 上がります

b0124306_11493546.jpg
どんどん進む

b0124306_11494945.jpg
カラス天狗 ?
b0124306_11500125.jpg
くぐると 良いこと あるのかな ?
b0124306_11501236.jpg
日が暮れてきた

b0124306_11502360.jpg
そして 誰も 居なくなる


b0124306_11503228.jpg
都心の夜景

b0124306_11510711.jpg
シルエットの 富士山も見えています


b0124306_11512974.jpg
東京タワー(右上側)や スカイツリーも 見えていました

b0124306_11521746.jpg
高尾山駅のすぐ横に 新しく出来た 京王高尾山温泉で さっぱりして帰ります


b0124306_11530587.jpg
朝日を浴びる 富士山


b0124306_13172555.jpg
もう一度 新倉山浅間神社に・・・


b0124306_13181066.jpg
昨日は 逆光ぎみだったので・・・・
再チャレンジ

いや~ 青空がいいですね~

b0124306_13195051.jpg
角度を変えて・・・
b0124306_13201296.jpg
やはり 青空が出てると いいですね~

b0124306_13205776.jpg
もう 満足して帰ります

b0124306_13211079.jpg
少し寄り道して 山梨県の 身延山へ

b0124306_13272829.jpg

山門が もの凄くデカイ


b0124306_13282236.jpg
元旦には イベントが あったらしい

b0124306_13285157.jpg

身延山ロープウェイに乗る

b0124306_13293438.jpg
富士山も見えています

b0124306_13300863.jpg
アップで・・・・

b0124306_13302312.jpg
富士川が もの凄く 蛇行しています 



b0124306_13304881.jpg
山梨百名山  身延山  1153m


b0124306_13313921.jpg
南アルプス 展望所


b0124306_13320879.jpg
スッキリと見えています

b0124306_13324715.jpg
笊ヶ岳・荒川三山・塩見岳・白根三山・鳳凰三山・八ヶ岳などが 見えます

b0124306_13330067.jpg
白根三山
右側から 北岳・間ノ岳・農鳥岳です

あの3000m稜線を 富士山を 見ながら 歩いたのも 懐かしい思い出です

b0124306_13331202.jpg
八ヶ岳  冬場は テント場で マイナス15度以下

赤岳 頂上で マイナス20度で 風 ビュービュー
めちゃくちゃ とても 寒い思いをしました

手が 凍傷になりかけ 帰ってからも 何週間も 手先の感覚が麻痺していました



b0124306_13332366.jpg
久遠寺の 五重の塔

b0124306_13382001.jpg
さすが 日蓮宗 総本山
とても 立派な建物ばかりです
b0124306_13383920.jpg
いい感じ

b0124306_13392426.jpg
枝垂れ桜が 凄い

もう一度 春に 来てみたい所です

b0124306_13394620.jpg
少し 咲いていました

b0124306_13400936.jpg
とにかく

b0124306_13402286.jpg
敷地も 広い
b0124306_13403254.jpg

無料で 各館内を 見学出来ます

b0124306_13404929.jpg
日光東照宮に 似ている所がある


b0124306_13410047.jpg
龍の彫り物

b0124306_13412204.jpg
こちらも

b0124306_13415373.jpg
鳳凰
b0124306_13420536.jpg
赤鬼 ?

b0124306_13422343.jpg
阿吽の彫り物
口が開いている
b0124306_13423945.jpg
阿吽の彫り物
口が閉じている

狛犬と同じです
b0124306_13424601.jpg
帰り道の 湾岸道路
今度は ナガシマ スパーランドで 数々の ジェットコースターに乗ってみたいな ?

b0124306_13432395.jpg

今回の正月は とても 珍しく 晴天が 続き
青空で 富士山が とても 綺麗に見え良かったです


テレビで 見て 一度は行きたいと 思っていた 色々な場所に行けて
それも 青空での景色が 見れて 大満足の旅でした


これも 日頃の行いが良いからでしょうか ?



三ツ峠も 富士山の展望所です

b0124306_19051315.jpg





by ohara98jp | 2017-01-05 11:02 | ドライブ 旅行 グルメ 日常 事件 | Comments(0)

高知 手結港可動橋・SEA HOUSE (シーハウス)・琴ヶ浜海岸・神峯山 空と海の展望台


28.10.23

高知 手結港可動橋・SEA HOUSE (シーハウス)・琴ヶ浜海岸・神峯山 空と海の展望台



高知県香南町夜須にある 道の駅やす 
ヤ・シィパークのすぐ近くにある 手結港可動橋

最近のダイハツ・キャストのテレビCMにも出ています

b0124306_10463080.jpg

電車の踏切みたいです

b0124306_10470598.jpg
一時間ごとに 開閉しているようです



b0124306_10500109.jpg
右上側から  

b0124306_10564652.jpg




奥側には 手結港


b0124306_10554155.jpg





手結港の説明文

b0124306_10510738.jpg
手結港側から

b0124306_10520782.jpg
見物人も 来ています


b0124306_10523895.jpg
移動して 以前テレビで 紹介されていた SEA HOUSE (シーハウス)へ 
建物が 海側へ 突き出しています



b0124306_10575409.jpg
アップで・・・・


b0124306_11024050.jpg
一階 奥側は 座敷タイプ
丁度 お昼過ぎ 満席状態でした
b0124306_11055694.jpg


予約していたので 二階へ案内されました


b0124306_11052208.jpg
正面 奥側からは


b0124306_11074450.jpg
太平洋の 水平線
波打ち際が 真下に 見られます

b0124306_11085696.jpg
左側は この素晴らしい景色 
とても 長~い砂浜
う~ん いいじゃないですか~


b0124306_11113920.jpg
釣りをしている人も 居ました

b0124306_11141842.jpg
右側は こんな感じ

b0124306_11145219.jpg
ステーキと オムレツ

b0124306_11231421.jpg
パスタ

b0124306_11234829.jpg
ドリンクバーもあり

b0124306_11264594.jpg


ソフトクリームも 食べ放題


b0124306_11243055.jpg
帰りに 覗いた 一階席
時間を ずらせば 空いている

b0124306_11274780.jpg
移動して 琴ヶ浜海岸へ

b0124306_11354190.jpg
左側

b0124306_11352914.jpg
右側  

b0124306_11361726.jpg

アップで・・・・
SEA HOUSE (シーハウス)の建物も見えています


b0124306_11382180.jpg

さらに 砂浜が 弓形に 見える場所に移動 

b0124306_11411768.jpg
ここからも 何とか 
SEA HOUSE (シーハウス)の建物が見えています

b0124306_11422733.jpg
次の神峯山 空と海の展望台へ 移動中
以前には 無かった 津波避難所が 

b0124306_12264275.jpg
あちこちに 出来ています

b0124306_12272540.jpg
神峯山 空と海の展望台へ 向かう
狭い 山の くねくね道

b0124306_12274830.jpg
途中にある 四国八十八箇所霊場の 二十七番札所 神峯寺


b0124306_12282771.jpg
神峯寺を 参拝する人の横を すり抜けて行きます

b0124306_12310467.jpg
神峯山 空と海の展望台へ 到着

b0124306_12314088.jpg
テッペンに 登って見ます

b0124306_12401291.jpg


左側の 景色

b0124306_12351875.jpg
アップで・・・・


b0124306_12543685.jpg



右側
無料の 双眼鏡がある
b0124306_12363614.jpg
夕暮れの 景色

b0124306_12375596.jpg

アップで・・・・
SEA HOUSE (シーハウス)も 見えていました



b0124306_12392307.jpg
神峯山 空と海の展望台から 下る 途中にある 
神峯神社にも 立ち寄って見ます


b0124306_12564769.jpg
厳かな本殿

b0124306_12574753.jpg
説明文

b0124306_12581824.jpg
横側から


b0124306_12585042.jpg
帰り道 
だんだん 日が暮れていく


b0124306_12593900.jpg
とても いい感じでした


b0124306_13002576.jpg








by ohara98jp | 2016-10-23 10:53 | ドライブ 旅行 グルメ 日常 事件 | Comments(0)

念仏踊り 八坂神社と下坂神社


28.08.28 雨乞い 坂本念仏踊り 

b0124306_20554486.jpg
 
3年ぶりに また 念仏踊りが開催されます

今年は 鐘の担当になり   その衣装と鐘です

b0124306_20592047.jpg
早朝 6時から 滝宮神社と 滝宮天満宮で 奉納があり
昼からは 地元の八坂神社と下坂神社で奉納が始まります

b0124306_21092742.jpg
まず八坂神社の境内へ 

b0124306_21101179.jpg
入場


b0124306_21110399.jpg
左右に分かれ

b0124306_21110399.jpg
まずは 薙刀で 切り払い

b0124306_21121153.jpg
稚児の 入場



b0124306_21130251.jpg
それから 雨乞い念仏踊りが

b0124306_21133652.jpg

厳かに 始まります

交代しながら 3回 行います

b0124306_21180887.jpg
裏方も 大変です

b0124306_21195660.jpg
念仏踊りをしている時 こちら側と 向こう側に別れて
掛け声を 掛け合います 




b0124306_21204225.jpg

その文言です

おーなーむあーみどおおーえ
おーなーむあーみのおしえ
おーなーむあみどんどんどん

b0124306_21221170.jpg
左側には 笛と鼓


b0124306_21240536.jpg

ほら貝もあります


b0124306_21245035.jpg


最後の 下坂神社へ 場所を移動します
正面の山は 讃岐富士(飯野山)です

b0124306_21265918.jpg


下坂神社へ 入場

b0124306_21275598.jpg
稚児のお父さんも 大変です

b0124306_21283617.jpg
笛と鼓も 入場

b0124306_21291631.jpg
屋根の上には 讃岐富士(飯野山)の頭が見えています



b0124306_21305237.jpg
さあ 始まります

b0124306_21322218.jpg
最後の 坂本念仏踊りが・・・・


b0124306_21325039.jpg
源氏の傘   
月と太陽が 描かれています


b0124306_21330145.jpg
早朝 5時から 夕方 5時まで 大変お疲れ様でした


b0124306_21343069.jpg
下坂神社から レオマワールドの舟型のホテルなどが しっかり見えていて
とても いい天気でした

ちなみに 3年前は 雨で 体育館の中で 行われました

b0124306_21354642.jpg


































by ohara98jp | 2016-08-28 20:53 | ドライブ 旅行 グルメ 日常 事件 | Comments(0)

日本二百名山一筆書き 田中陽希さんを 偶然に 車道で発見


27.11.23

今朝 9時35分  田中陽希さんを 坂出市の川津町で 偶然 発見しましたので 
車で 引き返し 丁度 撮影しながら歩いて来た時に 無理やり ? 握手をしてもらいました


撮影班の 3人と
右側を 歩いています

右に 見える山は 讃岐富士(飯野山)です
b0124306_19572181.jpg


アップで・・・

b0124306_19581246.jpg
車で 先回りして 待ち構えます


b0124306_19584223.jpg
キタ キタ・・・・・

しかし 撮影しながら 来ているので 話しかけにくい ?

b0124306_19590633.jpg



思い切って 声をかけ 
無理やり ? 握手をしてもらいました







                   


見送ります

b0124306_19592479.jpg

それから 坂出の 松尾で モーニング・コーヒー


b0124306_20454186.jpg
お気に入りの とても 美味しい かつサンドを 食べ 満腹状態  

世は 満足じゃ・・・   まんぞく・満足

b0124306_20470088.jpg
あれから 30年  イヤ もとい 
田中陽希さんに 偶然 出会ってから 3時間経ちました 

もう 私の 家の前は 通り過ぎているでしょう

今日は 暇なので また 田中陽希さんを 追っかけてみる事に・・・・ 




歩くのが 時速 約5kmとして 3時間ですので 15km前後まで 進んでいると 判断して
自宅の 前を 通っている 国道438を そのまま南下してみます

そうすると 思惑通り 綾歌町で 再発見
小雨が降っていたので 赤のアウターを 着込んでいます




撮影班は どっかにいってしまい
一人で トボトボ 歩いています

右側に見えている コンビニへ トイレ休憩に 入りました


b0124306_20543244.jpg

コンビニ前には 
私 以外にも 追っかけを している人達がいました

あ~ あなたも・・・ 
少し 話を して 意気投合 ?



b0124306_21133912.jpg


外に 出てくるのを 待ち構えていると

田中陽希さんが 来ている事を 知った 山の会の 知り合いから 
タイミング悪く 電話がかかってきて そのまま 話こんでしまい
残念ながら ツーショット記念撮影が 出来ませんでした


















by ohara98jp | 2015-11-23 19:53 | ドライブ 旅行 グルメ 日常 事件 | Comments(0)

広島県 厳島神社・マツダミュージアム・海上自衛隊 練習船 かしま 見学

27.11.15

広島 宮島 厳島神社

b0124306_22244244.jpg



b0124306_22245591.jpg
干潮でした

b0124306_22251735.jpg

五重の塔も 見えます

b0124306_22253102.jpg


b0124306_22254266.jpg
鳥居  固定は していなくて
置いているだけだそうです

重いので 動かない

b0124306_22255590.jpg




b0124306_22260671.jpg



b0124306_22261505.jpg


b0124306_22262577.jpg


b0124306_22265956.jpg


b0124306_22270955.jpg
立派な 五重の塔


b0124306_22271912.jpg


b0124306_22274284.jpg
大きな しゃもじ



b0124306_22280051.jpg
表面が 小豆餅で モチモチ
新しい 食感の 生もみじが あるのを 初めて知りました
厳島神社の 島内には 売っていません


b0124306_00560390.jpg



本州側の フエリー乗り場 
宮島に 向かって 右端の 小さなお土産売り場で売っていました

b0124306_00544093.jpg



マツダミュージアム

b0124306_22281478.jpg


b0124306_22283489.jpg


b0124306_22284566.jpg


b0124306_22285474.jpg
懐かしい 三輪車

b0124306_22290840.jpg

b0124306_23032471.jpg

b0124306_23040891.jpg
ファミリア

b0124306_23044220.jpg
マツダ ルーチェ

b0124306_23051907.jpg

マツダ コスモ

b0124306_22292137.jpg
ロータリーエンジン

b0124306_22293391.jpg
ロータリーエンジン搭載の レーシングカー

b0124306_22294143.jpg


水素で動く 未来の車

b0124306_22365788.jpg
製造 10000000台目の 記念車

b0124306_23005941.jpg
海上自衛隊 練習船 かしま 見学には
前もって 住所・名前・年齢を申請


b0124306_22310709.jpg

当日 顔写真付きの証明書(免許証)で 一人一人 確認
飲酒していると 見学させてもらえません


b0124306_00321041.jpg
さっそく 移動して行きます


b0124306_22312647.jpg
海上自衛隊 練習船 かしま

b0124306_22314266.jpg
甲板上に 上がり
約 半周して もう 終わり

まったく 内部は 見せてもらえません
期待はずれでした  ガックリ・・・・
b0124306_22315031.jpg

潜水艦

大和ミュージアムへ行けば 
内部 見学が出来ます

b0124306_22320405.jpg
もう 一隻

普通の 日の丸とは 少し 違う 

b0124306_22321753.jpg

江戸時代以降の 古い建物が 今もそのまま残っている
竹原町並み保存地区


ドラマ(マッサン)の舞台になった 竹原町

b0124306_22375351.jpg


b0124306_22380535.jpg


b0124306_22424572.jpg
ガイドが 説明してくれました

b0124306_22395521.jpg

日本酒の 酒屋


b0124306_22385816.jpg

b0124306_22403220.jpg

竹で 作られた スカイツリー

b0124306_22410043.jpg
石畳の小路も 情緒タップリ

b0124306_22411832.jpg


b0124306_22445330.jpg
日本のウイスキー誕生を支えた 
竹鶴政孝と その妻リタ

b0124306_22414005.jpg

b0124306_22415467.jpg

b0124306_22433956.jpg



















by ohara98jp | 2015-11-15 22:29 | ドライブ 旅行 グルメ 日常 事件 | Comments(0)

日本テレビ【ぐるぐるナインティナイン】「高所映像グランプリ」



今度  平成27年 7月16日 木曜日 20時から
日本テレビ【ぐるぐるナインティナイン】「高所映像グランプリ」の
「YouTubeの投稿動画にはこんな高所動画もあります」に

採用される ????? 










                      
b0124306_19373059.jpg




昨夜 突然 ぐるナイ太郎さんから 一通の メールが届きました

一体 誰 ? 何なのだろう ? と見てみると

b0124306_23340737.jpg



初めてご連絡させて戴きます
日本テレビで ぐるぐるナインティナイン という番組制作しております

戸隠山 蟻の塔渡り とても危険な剣の刃渡りのすべて撮影 という動画を
番組内で使用させて頂ければと思い ご相談で連絡させて戴きました

番組の内容は高所映像グランプリという企画内容でして
その企画内で 「YouTubeの投稿動画にはこんな高所動画もあります」
という紹介で動画を部分使用させて戴く予定です

現在編集中ですので 使用について確定ではございませんが
使用の際は7/16 木曜日 20時から OA予定です



と いうものでした

b0124306_23365002.jpg




私が YouTubuに アップしていた 戸隠山の蟻の塔渡りを 撮影した動画ビデオの 使用許可願いでした
当然 何の問題もないので OKですよ と 返信しました


                     
b0124306_178348.jpg


まだ 決定はしていませんが 来週の 7月16日の 木曜日 20時
日本テレビの ぐるぐるナインティナイン 面白そうなので 必ず見たいと思います


                       
b0124306_17315226.jpg








その後 7月16日のテレビを見ると・・・・・

番組の 冒頭部分で YouTubeでは こんな映像が投稿されていますと

自分が 撮った映像が テレビに出るのは 何か 不思議な 気持ちです













皆さんも 他の 色々な 岩場の山  是非 見てください





                       
b0124306_14263940.jpg



これは 下り専用コース
カニのヨコバイ です


                       
b0124306_23175077.jpg







ジャンダルムから ロバの耳を 下って 奥穂高岳へ向かいます

                        
b0124306_0352662.jpg




                      
b0124306_13381222.jpg

何と 北穂高岳の頂上で エントツ山さんと 偶然にも バッタリ・・・・・
広い北アルプスで 会おうと思っていても 中々 会えるものではありません





                      
b0124306_1962848.jpg



                       
b0124306_21441911.jpg






                      
b0124306_11371641.jpg





                       
b0124306_22234045.jpg



                        
b0124306_21174567.jpg





皆さんも 一度は 行って見て下さい





最後に オマケ

凄すぎる・・・・  
こんな無茶な 真似は 到底 出来ません


iv>







by ohara98jp | 2015-07-10 13:40 | ドライブ 旅行 グルメ 日常 事件 | Comments(0)

珈琲屋 松尾・KAKIGORI CAFE ひむろ(かき氷)・あんこ餅入りウドン(本場かなくま餅 福田)

珈琲屋  松尾 

香川県坂出市林田町3436-1
0877-47-2845

平日  8時~18時 
土日祝 7時~18時

定休日  火曜日



b0124306_21451518.jpg
入り口の 門には シーサー

b0124306_21481192.jpg
愛嬌があります

b0124306_21492136.jpg
一見 普通の家
普通は まず 喫茶店(カフエ)とは 気がつきません 

知る人ぞ知る   隠れ家みたいです

b0124306_22020200.jpg
入り口

b0124306_22083272.jpg

とても 落ち着いた 静かな 店内

BGMは ジャズ    いいですね~

奥にも 部屋があります

b0124306_22090386.jpg
インテリアも 少し 変わっていて
上部の 黒くて丸いのは おわん です

b0124306_22124661.jpg
カウンター

b0124306_22142955.jpg
メニユー    
一日中 モーニングを 食べられます

これはいい

b0124306_22175684.jpg
カツサンドセット  850円   

アメリカン (大きめのカップ)

コーヒーも カツサンドも とても 美味しかったです
朝食がてら 食べましたが  満足・満足です

いい店 見つけました  
今度は スイーツや ランチを食べに・・・・


b0124306_22190657.jpg

サンドイッチセット  780円

コーヒー (ポットですので 二杯分)  お得です ?

b0124306_22215056.jpg
スイーツの メニユー

b0124306_22345268.jpg
ランチセット

b0124306_22360208.jpg
特製ドリップ珈琲

b0124306_22393115.jpg
その他の飲み物

b0124306_22403674.jpg
コーヒーも 買って 帰りました

b0124306_22414879.jpg
話の種に
まだ 一度も あんこ入り餅の入ったウドンを 
食べた事が無かったので 行って来ました

焼いた 小さめの あんこ入りモチが 二つ 入っていました

意外にも ? 大勢の人達が 食べに来て 14時過ぎには
ウドンが無くなりましたが その後も お客さんが続々と 来ていました 


b0124306_23121997.jpg


テレビ・新聞などで 紹介されていた
KAKIGORI CAFE ひむろ(かき氷)

b0124306_22093783.jpg


ここも 行列が 出来ていました

b0124306_22071350.jpg
外から

b0124306_22103635.jpg




ボイセンベリー   680円   



b0124306_23154708.jpg
イチゴ    680円

小さい器で  結構 いい値段です

b0124306_22140120.jpg





by ohara98jp | 2015-06-15 21:50 | ドライブ 旅行 グルメ 日常 事件 | Comments(0)

讃岐地人食堂旬菜 汐さぎ! 庵 (うさぎあん)





香川県丸亀市綾歌町栗熊西1782-2
0877-89-0180


この変わった建物は ? 

b0124306_21061573.jpg
少し 分かり難い 細い路地にあります


b0124306_21114221.jpg
何と 入り口を 入ると 
本物の 畑が あります

何だ これは・・・・

b0124306_21135671.jpg
室内

b0124306_21164918.jpg
室内から 入り口を 見ると こんな感じ

b0124306_21194179.jpg

窓からの 景色 
池の 向こうには レオマワールドが 見えています

b0124306_21175933.jpg
少し アップ

観覧車や ホテルが 見えています 
b0124306_21182729.jpg
お皿にも 説明文
b0124306_21314085.jpg
説明文
b0124306_21390549.jpg


メニュー

b0124306_21373065.jpg

コース メニュー


b0124306_21365047.jpg
b0124306_21405096.jpg


b0124306_21411667.jpg

b0124306_21413210.jpg

b0124306_21414199.jpg

b0124306_21415910.jpg

b0124306_21431486.jpg


b0124306_21421790.jpg
b0124306_21434305.jpg
b0124306_21435184.jpg

b0124306_21444538.jpg

b0124306_21482584.jpg



























































by ohara98jp | 2015-05-31 21:06 | ドライブ 旅行 グルメ 日常 事件 | Comments(0)