横尾本谷右俣~南岳~大キレット~北穂高岳~横尾 周遊

28.08.12~15 

   
一日目 上高地~横尾山荘で テント泊
二日目 横尾山荘~横尾本谷右俣~天狗原~南岳小屋
三日目 南岳小屋~大キレット~北穂高岳~涸沢~横尾山荘でテント泊


b0124306_20310104.jpg
出発の前の 天気予報 最初の2日が 雷雨の予報に変わり 
急遽 予定変更して 一日目は 観光に切り替えました

これが 大正解 以後 行動中は 雨には降られませんでした


アカンダナ駐車場へ行く途中にあり
以前から 気になっていた 飛騨 大鍾乳洞を 見学

b0124306_19570636.jpg
内部は 結構 広い


b0124306_20024496.jpg


すぐ近くにある 岐阜県高山市 銚子の滝も覗いてみる
車を 下りて 手軽に見られます

水しぶきをかぶり マイナスイオン タップリ

b0124306_19452504.jpg
世界文化遺産 
白川郷にも 行きました   

海外の観光客が とても 多かったです

b0124306_20054296.jpg


起し太鼓の里
飛騨古川まつり会館も 覗いて来ました


b0124306_20344582.jpg
飛騨古川 瀬戸川と白壁土蔵街も 散策


b0124306_20321519.jpg
用水路には 大きなコイが 多く 泳いでいる


b0124306_20463194.jpg

上高地  河童橋
穂高連峰はガスの中

大勢の観光客が 来ていました

b0124306_21192875.jpg


上高地バスターミナルから 横尾まで 9.8km  
重い荷物を担いで 約3時間の歩き 相変わらず 疲れます

いつ 歩いても 私に取っては 苦行です
横尾山荘で テント泊


b0124306_21173823.jpg

翌朝 横尾から涸沢方面へ出発
途中の 本谷橋に到着

本当は 橋を渡らずに 右側の沢沿いに入り込むのですが・・・・ 
同行者が さっさと 橋を渡り 先に進んでしまう 

名前を呼んでも 沢の音でかき消され 気がつかない
面倒くさくなり 私も そのまま進んで行きました




b0124306_21252748.jpg

もう そのまま 私達は もう少し 涸沢方面へ 登って行き
この景色が見えるあたりから 沢へ 急斜面のヤブコギで下りました

下る場所を 間違えると 崖になり ?
下りられなくなると思います

見えている 沢を南岳まで 這い上がります
登山道はありません

さて どんな所なのだろう ?


b0124306_21274037.jpg

急斜面を ヤブコギ中・・・
途中 木に ぶら下がったりしながら
無事に 河原へ下りる事が出来た


b0124306_21473773.jpg


登山道から 河原へ下りて そのまま 右岸を進めばいいのに
またしても 同行者が どういう訳か 私から離れた場所から 
無理をして 沢の向こう側へ さっさと 渡渉してしまう

呼んでも 沢の音にかき消され どうにもならない

気忙しい人です ?

いつも 山頂へ到着後 少し 写真を撮れば もう すぐに下山してしまいます
天気が良いし 時間もあるので ゆっくりしましょうと言っても 
もう 用が無い 早く 帰って 一杯(お酒)やりたいからと こんな調子です

でも どこか 憎めない人なのです
教えられる事も 多いです



b0124306_21491835.jpg
たぶん どちらを通っても 上に行ければ問題無いだろうと思い
私は 無理をして渡渉するより そのまま進む事にする




b0124306_21525149.jpg
どんどん 進み
残雪が出て来た手前で
向こうが 休憩しだしたので 私も休憩

合流しようと思っても 水量がそこそこあり 
簡単に 渡渉出来る場所が無い・・・・



b0124306_22043187.jpg
こちら側の 残雪は 高さが 約3mほどありました
ここまでにも 少し 高巻きをしなければ 先に進めない場所があった

b0124306_22162714.jpg




雪渓も出てくる

流れている水ですが 雪渓が溶けて流れているので
これまた 非常に 冷たいのです

手のひらで 二回ほど 水を飲むだけで
もう 手が 冷たさで 麻痺するほどなのです

もし 全身まで ズボっと 落ちれば 洒落になりません


b0124306_20380436.jpg
雪渓の上で やっと 合流

b0124306_22321121.jpg


さらに先に進むと 雪渓に 大きな穴が開いている



b0124306_22213678.jpg

深さ 4~5m以上 とても冷たい水がゴーゴーと流れている

激流の中に 落ちると 助からないでしょう ?

b0124306_11202262.jpg


雪渓の終わり 
ここは滝になっている


b0124306_20384136.jpg
ここも 間違っても 落ちないように慎重に進む

右に傾斜していて 滑り落ちやすい

b0124306_11234626.jpg

渡渉は 危険が いっぱいです


b0124306_20392505.jpg

濡れた岩場は ヌルヌル・ツルツル
とても 危険があぶないです


b0124306_23133219.jpg

大きな岩が 見えて来た


b0124306_23144873.jpg
大岩を巻いて行こうとすると 宙に浮いて岩から離れていて 使いにくいロープがあった 
使わないで 岩を登ろうとするが 小さなくぼみの 足場に 濡れたつま先が滑り 少し苦労する

このコース 初心者は 連れて来れないな・・・・

b0124306_23184084.jpg
その先の 急斜面のトラバース
足場が 崩れまわり 落ちそうになり 焦る

細い木でもあればいいのだが 草では 力を入れると ブチッと引きちぎれてしまう
こんな場所などで 力が入り 体力を 奪われてしまう


b0124306_23254253.jpg
また 先の岩場で 滑り 思いっきり 向こう脛を 打ちつけてしまう
大怪我にならなくて 良かった

b0124306_23300982.jpg
後ろを振り返れば こんな感じ

b0124306_23323752.jpg



どんどん

b0124306_20434052.jpg
先に 進む

b0124306_20441603.jpg
またまた 岩場が 濡れていて ヌルヌル・ツルツル
コケないように 慎重に進む

これ以上 水量が どっと増えると 洒落になりません

それに たまに 大きな石でも 上に乗ると 
それが ゴロンと動き出すこともあるので 注意が必要です

b0124306_20445109.jpg
この滝の 向こうは・・・・?


b0124306_20452706.jpg
やっと 緩やかな 天狗平に到着

ここで 小休止 立ち上がろうとしたら
左足が 攣って あイタタタた・・・

普段 まったく トレーニングしていないので・・・・体に こたえます
やはり 普段から 歩いていないと ダメですね

それと そう言えば 朝から何も食べていない 
シャリバテにならないように 粗塩を舐めて 餡餅も食べる

b0124306_20455074.jpg
そのままどんどん進む 
そうすると 灌木帯に ぶち当たる



b0124306_23463450.jpg
灌木帯の 左端側の 細い枯れ沢を たどって入って行くと


b0124306_23490330.jpg
初めて 登山道らしきものが ある

b0124306_23495069.jpg
そこを 抜け出る


b0124306_23511659.jpg
ふと 右後ろ側を 見ると 岩場の向こうに 
登山道らしきものが見える


b0124306_23520999.jpg
雪渓が出て来る
緩やかなので アイゼンはいらない

一応 アイゼンも持っては来たが その後も 使わなかった


b0124306_20465880.jpg
後ろを振り返れば 屏風岩が ど~んと そびえ立っている

小休止をしたここで カメラを置き忘れてしまい 
取りに引き返し 無駄な 体力を使ってしまう

ドジな私・・・


b0124306_20472966.jpg
雪渓を抜け出て 草つきの岩場
歩きにくい
b0124306_00181502.jpg
稜線が 近いようで なかなか 近づかない



b0124306_00235703.jpg
草が生えている所は とても滑りやすい
大きな岩のガレ場の方が歩きやすい


b0124306_00275394.jpg
ヒイコラと 頑張って 登って行く



b0124306_20483694.jpg
横を 見るとこんな感じ
傾斜が とても きつくなってくる

ルートを 間違えると 
蟻地獄に入り込んだみたいに 抜け出せなくなる

b0124306_20490171.jpg
登れるルートを 探しながら 
大岩の隙間を 這い上がる

b0124306_20493623.jpg
やっとの思いで 稜線に到着
長かった~  道なき道の這い上がり

この下側には 氷河公園があり 
以前に ここを下り 雪渓が溶けて出来た 
小さな池で 逆さ槍ヶ岳を 見ることが出来ました

b0124306_20501254.jpg
槍ヶ岳も 見え出しました


b0124306_20503231.jpg
アップで・・・・

b0124306_20535645.jpg
正面には 屏風岩
登山道もない この沢を 這い上がって来ました

b0124306_20505996.jpg

さあ まだ まだ 南岳への 急な登りが待っています


b0124306_20543030.jpg

大きな 急斜面の岩稜帯が見えて来た


b0124306_20545653.jpg
垂直の 二連のハシゴ
岩場の 急斜面

b0124306_20551450.jpg
上から見るとこんな感じ


b0124306_20554905.jpg
稜線は まだか・・・・
もう 少しです

b0124306_20560878.jpg
やっとの思いで 稜線の 天狗原の標識

b0124306_20562781.jpg
稜線からも まだ まだ 南岳への 上りが残っている
疲れた体には キツイ・・・・


b0124306_20565698.jpg
南岳  標高 3032.7m

以外にも 3000mを超えていたのですね


b0124306_23295910.jpg


やっと 南岳の小屋が 見えて来た

ここの テント場は モロに 風が吹き抜けている
強風の時は 大変だと思います


b0124306_20595047.jpg
南岳の小屋   一泊二食で9800円
500mlの水のペットボトル 一本が サービスで付いていました


冷えた ポカリスエットを買う
美味い・・・・ 生き返る

b0124306_23355211.jpg
稜線の小屋なので 水は天水

一リットル 200円
(宿泊者は 100円)



b0124306_23364449.jpg





南岳の小屋の 食堂  

b0124306_23410962.jpg


宿泊者は 約30名ほど ?
空いていてゆったりと 寝ることが出来ました

メチャクチャ 混んでいる 
涸沢小屋と比べると 天国と地獄です (ここは穴場です)

涸沢では 一畳に 3人 ?
南岳の小屋では 大の字 手を広げて寝られました

b0124306_23445817.jpg
外でブラブラ
残念ながら 私が行った時には 北穂高岳までは ガスって見えませんでした

b0124306_11373341.jpg




17時半頃に ヘロヘロになりながら 
南岳の小屋へ 登って来る 10人位のグループが居ました
ご苦労様です

b0124306_09293801.jpg
南岳の小屋のテント場


b0124306_09343017.jpg

南岳の小屋の 朝食


b0124306_23393804.jpg

さあ 大キレット~北穂高岳に 向かって出発です

ガスガスです  視界が悪い

b0124306_16323102.jpg
下ります

b0124306_16333985.jpg

急斜面の岩場を下る

b0124306_16343121.jpg
下りて 振り返ればこんな感じ


b0124306_16352024.jpg
ここからが さらに 激下り
はるか 下側に 人が見える

b0124306_16360418.jpg
また 振り返ればこんな感じ

b0124306_16373679.jpg
さらに 下る

b0124306_16382412.jpg
垂直のハシゴが 二連続く


b0124306_16385588.jpg
またまた 後ろを振り返れば こんな感じ

b0124306_16412166.jpg
どんどん 先に進む


b0124306_16421537.jpg
南岳を 振り返る

随分 下って来たものだ

b0124306_16454776.jpg

北穂高岳 方面も 見えて来た



b0124306_16444089.jpg
さらに どんどん進む

b0124306_16510996.jpg
急な登りが 続く

b0124306_16522769.jpg
笠ヶ岳も バッチリ見えてきた


b0124306_16532569.jpg
ここを 登りきると

b0124306_16544799.jpg
長谷川ピーク

b0124306_16555135.jpg
見事に 切れ落ちているが 


b0124306_17122057.jpg
しっかりした足場・手がかりがあるので 問題は無い


b0124306_17133064.jpg



その先の 下り

b0124306_16570018.jpg


手前のクサリ



b0124306_17253574.jpg



ここも あっけないくらいに 簡単に下りられる

b0124306_17001903.jpg
足元は しっかりした金具で 作られている


b0124306_17271302.jpg
下って 上を見上げると こんな感じ


b0124306_17290751.jpg
北穂高岳が 覆いかぶさって来るようだ

b0124306_17313682.jpg
先に進む

b0124306_17335786.jpg
ガイドに連れられて 数珠つなぎ

緊張しているようでした

b0124306_17343380.jpg
後ろを振り返れば こんな感じ

b0124306_17364240.jpg
この下が A沢のコル

b0124306_17381198.jpg
少し 長いクサリを 下りて行くと

b0124306_22104451.jpg

A沢のコルに到着


b0124306_22123216.jpg
A沢のコルからの 南岳

b0124306_22135993.jpg
A沢のコルから 北穂高岳に向かって出発です

この少し前 大勢が登っている時 
3回ほど 大きな音を立てて ガラガラガラ落石があり とても 危険でした

上側を 登っている人が 不注意で 落石を起こしているのです
私達は 人が 少なくなってから 登り始めました

 

b0124306_22153964.jpg
長谷川ピークを 振り返る

b0124306_22164783.jpg

先に進む

b0124306_22180475.jpg
またまた 振り返る

いい感じだ
b0124306_22185996.jpg
長谷川ピークを さらに アップで・・・・


b0124306_22212820.jpg

少し 登って

b0124306_22270921.jpg



A沢のコルから 結構 登って来た

b0124306_22224003.jpg
南岳が とても いい感じ


b0124306_22254154.jpg
急斜面の岩場


b0124306_22290749.jpg
近くで 見るとこんな感じ
結構な 急斜面です
b0124306_22293984.jpg
しつこく 長谷川ピークのアップ

b0124306_22305070.jpg
また どんどん先に進む

b0124306_22331065.jpg
下側を見るとこんな感じ

b0124306_22380821.jpg
このあたりは ず~と浮き石が ゴロゴロしている
少しの不注意で 落石を起こしてしまいます


b0124306_22553872.jpg
おっ・・・・
また 鎖場だ


b0124306_22582081.jpg
近くで・・・・


b0124306_22594067.jpg
見るとこんな感じ

b0124306_23005286.jpg
真下から 見るとこんな感じ


b0124306_23014880.jpg
下側を 見るとこんな感じ


b0124306_23025590.jpg
ここが 飛騨泣き


b0124306_23034329.jpg
金属の足場があり
別に 問題ありません

b0124306_23043975.jpg
後ろを振り返れば こんな感じ

b0124306_23085960.jpg

先に すすむ



b0124306_23100793.jpg
急斜面の岩場


b0124306_23112876.jpg
ここも 落石を多く 起こしそうです


b0124306_23121235.jpg
落石を 起こさないように 
一人づつ 慎重に 下りて行っています

b0124306_23130678.jpg
さらに 登りは続く

b0124306_23162173.jpg
大勢の人達が 休憩している

b0124306_23173150.jpg
後ろを振り返れば こんな感じ


b0124306_23183516.jpg
槍ヶ岳が 見えている


b0124306_23191210.jpg
ドアップで・・・・

b0124306_23195163.jpg
さらに 先に進む


b0124306_23210218.jpg
後ろを振り返れば こんな感じ
とても いい感じ
b0124306_23223386.jpg
ハシゴが 出て来た

b0124306_23234099.jpg

クサリも ある

b0124306_23244779.jpg
北穂高岳の小屋が ハッキリ見えて来た


b0124306_23254245.jpg
まるで 要塞のようです

b0124306_23284456.jpg
北穂高岳の小屋まで もう少し

b0124306_23295153.jpg
ヒイコラと 登って
やっとこさ 北穂高岳の小屋に到着

b0124306_23305691.jpg
北穂高岳 頂上の テラスから 槍ヶ岳
ここで コーヒー これが 一番ですよね~


b0124306_23315477.jpg
ここでは 一応 ポカリとペプシコーラで 乾杯です

b0124306_23340537.jpg
北穂高岳から 涸沢を見下ろす

b0124306_23361983.jpg
涸沢を アップで・・・・

昨日は 凄い数のテントだったので 
はみ出て 雪渓の上にも テントが 多く張られたそうです



b0124306_23370175.jpg
正面は 奥穂高岳 ジャンダルムも見えている


b0124306_23410244.jpg
さあ ボチボチ 涸沢へ 向かって 下って行きますか
まだ 横尾山荘まで 帰らなければいけません

b0124306_23415371.jpg
北穂高岳のテント場 

小屋からは 結構 離れているし
大きなテントを張るスペースは 無い

b0124306_23432168.jpg
鎖場

b0124306_23453679.jpg
ハシゴ


b0124306_23461839.jpg
振り返ればこんな感じ


b0124306_23465577.jpg
さらに クサリ場


b0124306_23473342.jpg
振り返ればこんな感じ


b0124306_23483874.jpg
やっと 涸沢が 近くなった
下りが きつくて 休み休み 下りて行きます

疲れから 腰が ぎっくり腰の一歩手前状態(こんなの初めて)
角度によって グキッといきそうになる

慎重に 下山して行く



b0124306_23491434.jpg
ここの 水場で 喉を潤し 顔も洗い スッキリ
とても 暑かったので 生き返る
b0124306_23500587.jpg
涸沢小屋に 立ち寄る

b0124306_23512563.jpg
定番の景色
いいですね~

b0124306_23515851.jpg
テント場を通り

b0124306_23541004.jpg
涸沢ヒュッテへ・・・・


b0124306_23544768.jpg
あれれ・・・

もう 誘惑に負けて ビールを飲んでいる

b0124306_23551846.jpg
下りて来た 北穂高岳を 見上げます


b0124306_15495963.jpg



涸沢からの下り

昨日は この崩落地から 見える あの沢を 這い上がって 
南岳の小屋まで行きました

b0124306_00032460.jpg
雪渓に大穴が開いている場所を アップで・・・・

b0124306_00064080.jpg
その上側
歩きにくい 大きな岩が ゴロゴロ

b0124306_00075013.jpg
さらに その上側の 稜線付近
あそこの 登りもきつかった~

b0124306_00090548.jpg
本谷橋  
ここから沢沿いに 南岳の小屋へ 這い上がる最初のスタート場所です


b0124306_00114284.jpg
どうにか 無事に 横尾山荘まで 戻って来ました

さらに ここから 一時間歩いて 
徳沢で 風呂に入りたいという気持ちは 萎えてしまいました


b0124306_00141312.jpg
半袖だったので 日焼けが酷い
ヒリヒリしています

b0124306_00201255.jpg
また 横尾山荘で テント泊

寝返りをするだけで 腰が痛い
明日は どうなるのだろう ?



b0124306_00222169.jpg
翌朝  横尾から 上高地まで 歩いて帰る 9.8kmが 
私にとっては いつも 苦痛です

腰の 痛みを我慢して 重いリュックを担ぐ
最後まで 歩けるのだろうか ?


b0124306_15582509.jpg



徳沢で 定番の ソフトクリーム


b0124306_00294974.jpg
何とか 腰を 騙し騙し
かっぱ橋まで 戻って来ました
ヤレヤレです
b0124306_00301530.jpg
上高地のバスターミナルに着いてから 雨が降り出しました

今回は 出発を 一日 ずらして 大正解でした
行動中は 雨には降られませんでしたが
とても 暑かった・・・・




b0124306_00350473.jpg





温泉に 入って 蕎麦を食べに・・・・


b0124306_00313772.jpg
色々な 種類があるみたいだが 私には 違いがよくわからなかった
いつも 色々な 蕎麦屋に 入ってみるが・・・・

やはり さぬきっ子なので うどんの方が好きだ・・・・


b0124306_00322822.jpg
帰り道  白山白川郷ホワイトロード(白山スーパー林道)を 通って帰る事にしました   1600円


b0124306_00380919.jpg
途中のある ふくべの大滝

b0124306_00411696.jpg
説明文

b0124306_00415358.jpg

福井県の 延暦寺の近くで 食事

あろうことか 生ビールを飲みだして
後は 運転をよろしくだって・・・・(二人しか 居ないのに・・・・)

家まで帰る 約6時間 ノンストップで 
私 一人の運転で帰りました

この満面の笑みを 見てやって下さい   とても 嬉しそうです


b0124306_00423840.jpg
お疲れ様でした
何とか 天候にも恵まれ お陰で観光も出来ました
ありがとうございました












# by ohara98jp | 2017-08-13 20:28 | アルプス 百名山登山 | Comments(0)