大山 三の沢から剣ヶ峰 スリリングな尾根道

29.05.21

鳥取県 伯耆大山  三の沢~剣ヶ峰

とても 細いスリリングな 尾根道を歩きます
ガレ場 ザレ場の急斜面の下りが とても 崩れやすく 滑りやすくて 危険がいっぱい

b0124306_09292520.jpg
トラックログ

b0124306_09381473.jpg
鍵掛峠からの 伯耆大山

右側にある 三の沢から あそこに見える 剣ヶ峰へ 登ります

b0124306_09383411.jpg
文殊堂がある登山口

b0124306_09443754.jpg
ここから 三の沢へ 入ります

b0124306_09452298.jpg
鮮やかな黄色でした

b0124306_14035376.jpg



沢には 大きな倒木が流されて来ている

b0124306_09463377.jpg
剣ヶ峰を 見上げながら 進む


b0124306_10185250.jpg


桜が 咲いていた

b0124306_10144063.jpg



まだ日陰には雪が残っていた

b0124306_09472894.jpg
最後の 大きな堰堤の横を這い上がる
コンクリートの急な坂 滑りやすい


b0124306_09482480.jpg

ここにも 雪渓が残っている

b0124306_09501611.jpg
伯耆大山の 南壁 全景が見えて来た

b0124306_09520478.jpg
おぉ・・・ 凄い

まるで 北アルプスの涸沢のようだ・・・・

b0124306_09580563.jpg
雪渓を 登る

b0124306_09591541.jpg
振り返ればこんな感じ

b0124306_09594881.jpg
岩が ゴロゴロ 

砂すべりのように 崩れてきて 歩きにくい

b0124306_10003180.jpg
先行者に そっちは 道が間違っていますよと 教えてあげる
初めてだと ルートが 分かりにくい場所です


b0124306_10055368.jpg


傾斜も だんだん きつくなる


b0124306_10032174.jpg
登山道は 荒れていて 歩きにくい

b0124306_10040638.jpg
まだ 残念ながら 咲いてない

b0124306_10090333.jpg
急な登り

b0124306_10104506.jpg
ひっそりと 咲いていた

b0124306_10111621.jpg
結構 登って来た

尾根まで もう少し
尖った槍ヶ峰が見える
b0124306_10115547.jpg
頑張って登って行く

b0124306_10201220.jpg
この尖った槍の左側を 這い上がります


b0124306_10212137.jpg
細い登山道が 見えている

b0124306_10225572.jpg
さっそく 崩れかけている トラバース道
下りで ガラガラ・ズルズルと よく滑る


b0124306_10233355.jpg
後ろを振り返れば こんな感じ

b0124306_10250232.jpg
短いが ナイフリッジになっている登山道

尖っている 槍ヶ峰南峰

b0124306_10261044.jpg
急斜面を 頑張って登って行く

b0124306_10265628.jpg
また 振り返ればこんな感じ

b0124306_10335159.jpg

後ろ側には 尖った烏ヶ山も 見えている


b0124306_10382065.jpg



左奥側に 剣ヶ峰が見えて来た

b0124306_10343046.jpg
足元は 切れ落ちている

b0124306_10354667.jpg
再度 振り返ればこんな感じ

b0124306_10363035.jpg
右側には 矢筈ヶ山・甲ヶ山も 見えている


b0124306_19511002.jpg



とても いい感じ

b0124306_10421687.jpg

もう少しで 三ノ峰


b0124306_10424455.jpg
三ノ峰からの 素晴らしい景色

一番 高いピークが 剣ヶ峰
あそこまで 行きます

b0124306_10434861.jpg
剣ヶ峰と 左側の弥山




b0124306_10444094.jpg
剣ヶ峰の頂上を ドアップ

b0124306_10461879.jpg
弥山の頂上にも 人が見える

b0124306_10470530.jpg

右側には ユートピア小屋も見えている



b0124306_19471423.jpg


歩いて来た 尾根コース


b0124306_10532449.jpg
今から行く 細尾根の縦走路

先行者が 居るのが分かりますか ?

b0124306_10552979.jpg

先に進む

b0124306_10573626.jpg
振り返ればこんな感じ
三ノ峰からの下り
b0124306_10584939.jpg
どんどん進む


b0124306_11001393.jpg
またまた 振り返る

b0124306_11010911.jpg
分岐があり
向こうには 三鈷峰と
右側にある ユートピア小屋

b0124306_11020160.jpg
ユートピア小屋のアップ

b0124306_11045919.jpg
ガレ場を 越えると

b0124306_11060022.jpg
剣ヶ峰が ド~ンと 正面に 見えてくる


b0124306_11073882.jpg
後ろの天狗ヶ峰を振り返れば こんな感じ


b0124306_11085860.jpg
ガレ場の 細い登山道 先に進みます


b0124306_11101161.jpg
またまた 振り返る

b0124306_11113382.jpg
相変わらず
足元は 切れ落ちている

b0124306_11123019.jpg
もう少しです

b0124306_11132248.jpg
何度も 振り返る

b0124306_11141438.jpg
ここだけ 斜面の右側(北側)を トラバース


b0124306_11145018.jpg
南側は 切れ落ちている

b0124306_11161504.jpg
剣ヶ峰の 碑が 見えて来た

b0124306_11180717.jpg
碑の下部が 崩れてきている



b0124306_11185067.jpg
剣ヶ峰  標高 1731m

ゆっくり歩いて のんびりと休憩も入れて 約3時間ちょっと


b0124306_11195112.jpg
高校生 4人の遭難碑

b0124306_11203961.jpg
北側の 弓ヶ浜や 大山スキー場も見えている


b0124306_11222846.jpg
豪円山スキー場 も見えている

b0124306_12532645.jpg


六合目の避難小屋も バッチリ 見えている

b0124306_11234703.jpg
右側から 一の沢  二ノ沢  三の沢

左側の 三の沢から この剣ヶ峰へ 登って来ました



b0124306_11244603.jpg
私だけが 弥山方面への 縦走路を進む

b0124306_11295433.jpg
どんどん 先に進む

b0124306_11314087.jpg
弥山が 近くなってきた

向こうに 行くのには

b0124306_11330726.jpg


このシビアな所を通らなければ 行けないのだ


b0124306_22032805.jpg






手前の 尖った茶色い岩の 少し向こう側で 崩れて通れない状態でした

b0124306_11353194.jpg

このとてもシビアな細尾根を進んだ先で
登山道が 切れ落ち 途切れている

写真の 真ん中より 少し 右上に
白い 犬歯のように 尖っている岩の所がそうです 


b0124306_09243032.jpg
少し アップで・・・・

手前の 登山道も下側が えぐれている
知らずに 雪庇のように 踏み抜くと 洒落にならない

b0124306_09314428.jpg

さらに アップ・・・・

左側の 黒っぽい部分が かろうじて 残っている 登山道です

b0124306_09324463.jpg

上側から 見るとこんな感じ
茶色の部分は 土で その向こうは 崩れてしまっている

足場が 無い

b0124306_11380305.jpg
写真では 分かりにくいが
段差は 1m以上 両サイドは 切れ落ちて
二等辺三角形みたいに 鋭く 尖っている(雪解けの後)

先端を ストックで 突くと ガラガラと 崩れていく
大きな岩も グラグラしている

またいで行くのも 難しい
両サイドも 切れ落ちて 傾斜がきつく 足場が危なっかしい

滑り落ちれば ただではすまない 洒落にならない
距離は 短いのだが・・・・


b0124306_11414578.jpg
まだ 戸隠山の蟻の塔渡り 剣の刃渡りの方が 崩れないので マシだ


b0124306_10313887.jpg
とても デンジャラスな戸隠山
も 見てください





今居る 足元も フアフア・グラグラしている


b0124306_11475815.jpg

動画ビデオです








後ろを 振り返っても 

b0124306_22043264.jpg

登山道が ひび割れて いつ崩れてもおかしくない状態です

実際 ここまで来る途中 
登山道の下側が えぐれていて 
そこを踏んで 落ちそうになったりもしました


b0124306_11494709.jpg

以前より 一段と 崩壊が進んでいるようです
無理をして 進んでも また 戻って来なければいけない



b0124306_11582986.jpg
引き返す 勇気もたまには 必要です
イケイケでは無く 今日は 大人しく 泣く泣く 引き返す事にします



b0124306_12061560.jpg
積雪時の方が まだ安全に 縦走出来ると思います
弥山側から 見た 剣ヶ峰とラクダの背

b0124306_14344653.jpg


剣ヶ峰では 私の帰りを 
心配して 待ちわびて居るようでした


b0124306_12472547.jpg
この崩れた場所も 這い上がらなければ 帰れない

b0124306_12484528.jpg
剣ヶ峰まで 無事に戻って来ました

b0124306_12510985.jpg
二人ほど こちらへ来ている

b0124306_12553936.jpg
剣ヶ峰からの 下りの道
右サイドは 切れ落ちている

登山者も 見えている

b0124306_12564080.jpg
これから 帰る 縦走路

ピークに 登山者

b0124306_12582993.jpg
振り返ればこんな感じ

b0124306_12594160.jpg
先に進む

b0124306_13020622.jpg
またまた 振り返る

b0124306_13024387.jpg
足元がおぼつかない
高齢の男性と すれ違う

この後 大丈夫なのかと 心配する



b0124306_13033335.jpg
足元が 崩れ 滑りやすい下り

b0124306_13085134.jpg
帰る 細尾根の縦走路

b0124306_13102221.jpg
この下りが 崩れて ズルズルとよく滑る



b0124306_13105809.jpg

モロ 崩れまくりの いやらしい急斜面のザレ場

石橋を叩いて渡るように 慎重に 下りてくる Kさん

b0124306_13134487.jpg
また また 別の単独者とすれ違う

b0124306_13161685.jpg
まだ 雪渓が 残っている

b0124306_13173575.jpg

下っていると 突然 後ろから ガラガラと 大きな音が・・・・・
ストックが当たり 落石を起こしたようです

左側に 白煙が 上がっている
b0124306_13195097.jpg
白煙を上げて ガラガラと 石が谷へ落ちていく
あんなふうには なりたくない
b0124306_13211357.jpg

まだ まだ 続く 細尾根  キリン峠方面


b0124306_13254801.jpg
三ノ峰まで 戻って来ました

b0124306_13285509.jpg

ここまでの 縦走路の下りをビデオ撮影してみました
やはり 動画の方が 雰囲気が よく分かりやすいと思います

是非 見てください    結構 楽しめると思います










ユートピア方面へ 下山している 三人組が見える

b0124306_13295205.jpg
アップで・・・・


b0124306_13314357.jpg
あそこは 北側(向こう側)が 切れ落ちていて
こちら側に回り込むのですが あそこも 滑りやすい いやらしい場所です


b0124306_13324846.jpg
細尾根を 下る

b0124306_13365635.jpg
ここも 結構な急斜面です

b0124306_13380323.jpg
細い登山道が 見えている

b0124306_13391264.jpg
またまた 振り返る

b0124306_13401409.jpg
ここを 下って 三の沢へ・・・・

b0124306_13425162.jpg
これがまた 結構な 急斜面なのです


b0124306_13435151.jpg
結構 大きめの石だが 砂すべりのように 
ガラガラと 下って行く事が出来ます

b0124306_13463857.jpg
雪渓まで 下って来た


b0124306_13483526.jpg
とても いい感じです

本当に 北アルプスのようです

b0124306_13494811.jpg
見納めに 最後の撮影


b0124306_13503902.jpg
さらに砂防ダムから 振り返る

b0124306_13531126.jpg
正面の 剣ヶ峰を アップで・・・・

b0124306_13543654.jpg
弥山 ?


b0124306_13553986.jpg
ラクダの背 ?


b0124306_14021195.jpg
いや~  なかなか 面白かったです

楽しめました

b0124306_14063319.jpg


蕎麦を食べて

b0124306_14100893.jpg
蒜山やつか温泉で さっぱりして帰りました


b0124306_14123450.jpg

大変 お疲れ様でした










by ohara98jp | 2017-05-21 09:11 | 本州 九州 登山 鳥取 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 羅漢穴 愛媛県最大の鍾乳洞 全... 唐松岳 快晴 ゴンドラからのピ... >>