腕山・日ノ丸山 徳島県

29.04.09 
雨 覚悟で 腕山(かいなやま)・日ノ丸山(ひのまるさん)へ向かう


ニホンカモシカ が お出迎え
じ~と 見つめ合う

こんなに 長い時間 見つめ合うのは 気恥ずかしい ?

b0124306_16241152.jpg
腕山牧場からのトラックログ


b0124306_16343167.jpg
腕山牧場への林道

もう雪は無いと思っていたが 一部 残雪があり
4WDで 無理やり 突破する (二駆では無理)

もう 4月だが 昨年から 誰も入っていないようだ


b0124306_16371958.jpg
ガスっていてよく見えないが 木の枝が 落ちて道を塞いでいる


b0124306_16533278.jpg
結構 太くて 重い 枝だった

b0124306_16540502.jpg
また 木が折れて 道を塞いでいる

果たして 牧場までたどり着けるのか・・・・

b0124306_16550856.jpg
何とか 無事に
腕山牧場に 到着

さすがに 誰もいないようだ
b0124306_16560785.jpg
右側の 腕山牧場への入り口
牧場の外周に沿って 通路が続いていて 周遊出来ますので

右側からも 左側からも どちらでも 腕山へ行けます 

b0124306_16584697.jpg

左側の入り口

b0124306_17012702.jpg
中へ入ると こんな感じ

b0124306_17020281.jpg
そのまま 進んでいくと
上りになる

b0124306_17025081.jpg
そこからの 下り

b0124306_17042097.jpg
右側の 牧場の中に シカの親子 発見
私の 気配を感じて すぐに 逃げていった

b0124306_17055242.jpg
通路の 突き当たり 

b0124306_17121891.jpg
左側に出口がある

b0124306_17134850.jpg
自然林を 進む

b0124306_17142279.jpg
変わった 二股に別れた木が 二本

b0124306_17145151.jpg
ここには 残雪

b0124306_17160657.jpg
大きな ブナの木

b0124306_17164074.jpg
上りになる

b0124306_17172641.jpg
先に見えるのが 腕山か ?

b0124306_17175273.jpg
下って行くと 林道にぶち当たる

b0124306_17185765.jpg
その林道を 横切り 這い上がると

b0124306_17202147.jpg
あっけなく
腕山 頂上に到着  標高 1332.9m

b0124306_17212176.jpg
後ろを振り返れば 烏帽子山がよく見える


b0124306_17222304.jpg
正面に 腕山牧場が チラッと見えている



b0124306_19273383.jpg
剣山系の山

b0124306_19295084.jpg
展望が あまり良くなかったので 
すぐに引き返し 
腕山牧場まで戻る

b0124306_19304276.jpg
帰りは 違う方向から帰る事にします
牧場の周遊です

b0124306_19310761.jpg
あの柵沿いに 帰ります



b0124306_19324145.jpg
可愛く 健気に咲いていた


b0124306_19332591.jpg

通路に カヤが 生え茂っている

b0124306_19335070.jpg
ふと足元を見ると
シカのツノ 発見

b0124306_19342840.jpg
三股の立派な ツノです

もう片方も 落ちてないか探すが 
残念ながら 発見出来ませんでした
b0124306_19351849.jpg
どんどん進む

b0124306_19382789.jpg
振り返ればこんな感じ
そこそこ広い 腕山牧場

夏には 牛が放牧されるそうです

b0124306_19385800.jpg
牧場を 周遊してきました

b0124306_19400443.jpg

近くにある 日ノ丸山の登山口へ移動しようとするが 
また ニホンカモシカに遭遇

朝と同じ 個体のようだ

b0124306_22220322.jpg



日ノ丸山の登山口に行く 丸林道の入り口に 
通行止めの看板が・・・・

b0124306_19411298.jpg

どうなっているのか 見に行きます

ほんの少し進んだ場所で 
落石があり 車が通れない状態


b0124306_19431552.jpg
これくらいなら 何とかなりそうです


b0124306_19443664.jpg

でも そのすぐ先には・・・・

もっと 大きな落石


b0124306_19451316.jpg
これは 見た目より ずっと重い
手で 動かそうとするが ダメだった

b0124306_19463032.jpg
しか~し  

車に 積んでいた
長い角棒で 何とか 無理やり 動かすことが出来た


b0124306_16520815.jpg



ありゃ~ また また 落石している

尖った石を 取り除いていると
後ろから 軽トラックが やってきたので
先に 行ってもらう事にする


b0124306_19501291.jpg
アレレ・・・・

軽トラックが すぐに引き返してくる

b0124306_19522681.jpg

どうしたのか 見に行くと・・・・

ガ~ン  
こりゃダメだ


b0124306_19531798.jpg
もう少し 先には
さらに 大きな落石が 道を塞いでいる

もう これは どうしょうもない状態です

林道を 歩いて日ノ丸山の登山口まで行こうかとも 思ったが
引き返して 途中から 右側の山に入り 
尾根伝いに 日ノ丸山を 目指す事にします



b0124306_19553418.jpg

やはり 毎年 雪解けの後は 特に落石が多いです
ちなみに 今までは 通過した後に 落石が起きて帰れなかった事はありません
小さな落石は 何度もありましたけれど・・・・


b0124306_16573386.jpg



駐車スペースを見つけて ここから 日ノ丸山を目指します

b0124306_20071113.jpg
水ノ口峠からの
日ノ丸山 トラックログ


b0124306_21141810.jpg




すぐ横に 林道があり

b0124306_20080942.jpg
それを 辿っていくと
日ノ丸山方面へ 行けそうだ

b0124306_20083802.jpg
石が敷き詰められているみたい ?



b0124306_20095841.jpg
どんどん進む

b0124306_20143810.jpg
歩きやすい 広めの林道

b0124306_20150432.jpg
少し 落石がある



b0124306_20155012.jpg
正面の あの木は 何だ ?


b0124306_20162211.jpg

オブジェのようだ

b0124306_20164307.jpg
更に進む 


b0124306_20175066.jpg

ここからは 本当の狭い登山道になる



b0124306_20285670.jpg
正面のピークを 登らないで





b0124306_20322586.jpg
左側の 非常に薄いトラバース道を 落ちないように進む


b0124306_20341122.jpg

更にどんどん進む



b0124306_20345292.jpg
ここは シカのトイレ場のようだ


b0124306_20360240.jpg
トラバース道と 尾根ルートの合流地点

帰りは 尾根道を 通って帰ります
b0124306_20375314.jpg
正面の尾根に進まないで 右側の トラバース道を進む


b0124306_20394032.jpg
ちゃんと 道はある

b0124306_20432409.jpg
尾根に 出るすぐ手前
ほんの少し ヤブイて 足元の登山道が見えない

尾根に出て すぐ左折
ここが 帰りの時に 分かりにくい分岐の場所でした

帰りには この分岐 右に曲がるのだが それが全く道があるように見えません
下りに 間違って ハッキリした 真っ直ぐな尾根道を下ると 松尾川ダムの方へ 下りてしまいます
注意が 必要です

b0124306_20440202.jpg
尾根に出ると 歩きやすい登山道


b0124306_20450223.jpg
尾根道を 進まずに
ず~と トラバース道を歩いてみる




b0124306_20520112.jpg
尾根道とトラバース道の 合流点

倒木を乗り越え そのまま進む 
すぐに 大きな下りになってしまって 道間違いに気付く

GPSで 確認すると 日ノ丸山は ここから左側方面でした
 



b0124306_20530868.jpg
倒木の所から 登り返します

この上のピークから右折です

b0124306_21044381.jpg



そのピークから 下る


b0124306_21055607.jpg
そのまま 進んで 今度は登って行く


b0124306_21083353.jpg

すると 日ノ丸山 頂上に到着  標高 1240.2m
何故か 手作りの 壊れかけの ハシゴがある

ハシゴの上に登っても 景色は見えないと思う

b0124306_21092405.jpg
日ノ丸山   標高 1240.2m




b0124306_21111325.jpg
展望は 全く無いので とっとと 引き返します
最初のピークまで 戻る

b0124306_21265424.jpg
そのピークからの下り

b0124306_21281397.jpg
更にどんどん進み


b0124306_21292279.jpg
問題の 分岐まで 戻って来た

ここを 右側に入って 帰るのだが 
全く登山道があるように見えない

b0124306_21304632.jpg
真っ直ぐには ハッキリした尾根道がある

このまま 間違って 下ると 松尾川ダムに行ってしまう


b0124306_21354065.jpg
左側の木と 右側の木の間 緑の茂っている所が 入り口
全く 登山道があるようには 見えません

かき分けて 帰ります

b0124306_21344915.jpg
後は 問題はありません

b0124306_21425424.jpg

来る時には 右側の 非常に薄いトラバース道を 通って来ましたので
ここは 通っていない 尾根コースで 帰る事にします



b0124306_21434172.jpg

頑張って ピークに登る

b0124306_21454415.jpg
ピークの左側に 岩場があり
展望台になっている


b0124306_21462689.jpg
そこからは 松尾川ダム湖が よく見える

b0124306_21470819.jpg
後ろに見えるのは 先程まで居た 日ノ丸山

b0124306_21481835.jpg
足元は 絶壁

b0124306_21504106.jpg
さらに どんどん進み

広い林道まで 戻って来た
b0124306_21515246.jpg
分岐がある

右側に帰るのだが 左を少し覗いて見る

b0124306_21525893.jpg

左に 少し 進むと また 別の林道の分岐があった

キリがないので もう そこで 引き返す事に

b0124306_21542188.jpg
何とか 車まで戻って来ました

b0124306_21552711.jpg
帰りに 久しぶりに 腕山スキー場も 覗いて来ました

b0124306_21595295.jpg
今は 誰もいない ゲレンデ
寂しい感じ

b0124306_22005476.jpg
赤色のナデシコ・コースの上側からも 腕山へ 登れます   
そこから 約2km
積雪時に来た方が 面白いと思う

b0124306_22015315.jpg
帰り道にある 下影の棚田を見に行きます

b0124306_22040935.jpg

日本の棚田百選   下影の棚田

b0124306_22051465.jpg
認定証


b0124306_22064326.jpg
意外と 小規模でした

b0124306_22071676.jpg
別角度からの 下影の棚田


b0124306_22091711.jpg
帰り道の近くにある
下久保のエドヒガンザクラを見に行きます


b0124306_22110510.jpg

下久保のエドヒガンザクラ

b0124306_22115960.jpg
丁度 満開状態
いい感じです
b0124306_22130817.jpg

新曼荼羅霊場 六十六番 地福寺があり
シダレザクラもある

b0124306_22134835.jpg
地福寺の 説明文 


b0124306_22140011.jpg
そのすぐ 近くにある 馬岡新田神社の大杉  

高さ 50m  樹齢 400年  
なかなか 立派でした

b0124306_22182670.jpg
馬岡新田神社の大杉の説明文


b0124306_22195595.jpg
美濃田の淵へ 立ち寄り湯  600円
シャンプー・ボディシャンプー付き
さっぱりして帰ります

b0124306_22280096.jpg
丁度 みのだ連の阿波踊りの 演舞がみられました

b0124306_22271890.jpg
提灯を持って 躍動的な踊り


b0124306_22274355.jpg
小さな子供も 頑張って踊っている

体に響く 太鼓・鐘・笛の音 いいですね~


b0124306_22320339.jpg

美濃田の淵の 船乗り場


b0124306_22341372.jpg
カモも のんびりとしていました


b0124306_22570114.jpg


今日は 雨 覚悟で 行ったが 
歩く時は 全く 雨に降られませんでした

林道の落石 通行止めで どうなるかと 思ったが
良かった  よかったです








by ohara98jp | 2017-04-09 16:21 | 剣山系 登山 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 高開の石積み シバザクラ 川井... 牛ノ峯 愛媛県 内子 石畳 >>