一日目 大倉~鍋割山(鍋焼きうどん)~塔ノ岳(尊仏山荘) 

移動中の 素晴らしい富士山

b0124306_00414488.jpg



大倉~鍋割山~塔ノ岳 29.01.02


b0124306_11350083.jpg


今回は 以前 テレビで見た 鍋割山の頂上で食べる 
熱々の鍋焼きうどんが どうしても 食べたくて 
わざわざ うどん県(香川県)から 行きました

それと ついでに ? 日本百名山の 丹沢山が 目的です



b0124306_11024507.jpg
大倉バスセンターから 鍋割山へ行くための 
西山林道への入り口が 少し 分かりにくかったです

車道の ここから入り 西山林道 合流まで 650m  
10分 かかるようです

b0124306_11263116.jpg

西山林道に 合流しました

ここから 林道を歩き 二股まで 3.4km  約50分 かかるようです
鍋割山へは 7km以上あります
大倉から 7.7kmです

今日は 鍋割山の先にある 塔ノ岳まで 行きます     10.5km 歩きます
大倉 標高290m ~ 塔ノ岳 標高1491m    標高差 1201m   結構あります


b0124306_11311961.jpg
丹沢大山 国定公園の看板


b0124306_12475944.jpg
やはり 大倉から 鍋割山まで 7.7kmです
結構 長い・・・

b0124306_19293713.jpg

分岐
右側へ 直進です

b0124306_12501915.jpg
標識

二股まで 500m
鍋割山まで 4.1km

b0124306_12513096.jpg
二股に 到着

鍋割山まで 3.8km
b0124306_12542917.jpg
沢を 渡り

b0124306_12553721.jpg
さらに なだらかな 道を進みます
 
b0124306_12563829.jpg
また 沢を 渡る

b0124306_12571856.jpg

西山林道の終点

ここまで 小屋の関係者は 車で入れるようです

b0124306_12592312.jpg
おぉ・・・・ これが有名な ?
ここから ボランティアで 水を担ぎ上げるのか

2Lのペットボトル 何本でも構いません
殆どの人が 最低 1本は ザックに入れていました

b0124306_13005033.jpg
真ん中の荷物は 鍋焼きうどん用の 土鍋が 4ケです
誰か 上げて下さい と 書いてあります



b0124306_13050648.jpg
さすがに かさばるので 止めました

b0124306_13083478.jpg
鍋割山まで 約1時間30分と書いてある
ここからが 本当の 登山道(山道)になります


b0124306_13092740.jpg
橋を渡る

b0124306_13133748.jpg
急な登りになる

b0124306_13141983.jpg
鍋割山まで 2.3km

b0124306_13161413.jpg
頑張って どんどん登る

b0124306_13174722.jpg
尾根に到着  後沢乗越

鍋割山まで 1.7km

b0124306_13194392.jpg
急登になる


b0124306_13190934.jpg
登りきると
少し 緩やかになり

b0124306_13244611.jpg
また 急な斜面の登り


b0124306_13253192.jpg
そしいて また 緩やかになる


b0124306_13231882.jpg
そして また また 急斜面
その繰り返し
b0124306_13271541.jpg

鍋割山まで 0.8km


b0124306_13295849.jpg
このピークが 鍋割山か ?

b0124306_13311654.jpg
いや・・・登りきっても 
まだ まだ 先がありました


b0124306_13321549.jpg
長い階段


b0124306_13342383.jpg
あれれ・・・
まだまだだ

b0124306_13350964.jpg
何度も 偽ピークに 騙されながら・・・
これが 本当の最後のひと踏ん張り

b0124306_13360245.jpg
やっと 小屋が 見えて来た


b0124306_13363858.jpg

鍋割山荘に 到着   標高 1272.5m  

大倉から 約7.7km
非常に ゆっくり歩いて 4時間

b0124306_13403865.jpg

ボランティアで 担ぎ上げてきた 
ペットボトルの水を ポリタンクに入れます

b0124306_13412140.jpg
小屋の中

名前と 鍋焼きうどんの 数量を書き 
出来上がりを 待ちます


b0124306_14361329.jpg


メニュー

b0124306_14221879.jpg



火にかけられた土鍋が 6ケくらい 並んでいる
とても 忙しそうです

b0124306_13471866.jpg
待望の 熱々の 鍋焼きうどん 
グツグツと沸騰していました

b0124306_14013508.jpg
汁を 一口 美味しい~・・・

I さんも 満足気です
苦労して登って来たかいがありました

熱々で 心も体も あったまる~

b0124306_14083747.jpg


うどんの こしが無いかと思っていたのですが 麺も 意外と 良かったです
下手なうどん屋より よっぽど 美味しかった

これなら また 食べに来たいと思います
熱々の 鍋焼きうどん 1000円

鍋割山へ来ている 9割以上の人達が 鍋焼きうどんを 注文している ?  休日には500人以上
もう ウハウハ状態 ? 羨ましい・・・


b0124306_14042787.jpg
ここの主人 若いときには 109kgも担ぎ上げていたそうです
超人ですね~

b0124306_20483252.jpg
昔の新聞

b0124306_20522822.jpg
富士山も 見えています

b0124306_20542751.jpg


富士山の 右側には 聖岳・赤石岳・荒川岳・塩見岳などが 見えるようです

b0124306_21035079.jpg


富士山のアップ

b0124306_20552997.jpg
南アルプス方面


b0124306_21065891.jpg



駿河湾も 見えています

b0124306_20572306.jpg
アップで

b0124306_20583428.jpg
もう 1時間以上 のんびりしています
さあ そろそろ 塔ノ岳へ 向かいますか   2.8km先です

b0124306_21002277.jpg
さっそくの 上り

b0124306_21120987.jpg
階段が 続く

b0124306_21140551.jpg
塔ノ岳が 見えて来た

b0124306_21154114.jpg
どんどん下り

b0124306_21161569.jpg
また 上り

b0124306_21165902.jpg
分岐がある

b0124306_21182236.jpg

右に 曲がれば 大倉へ   6.4km
帰りは ここを 下ります


b0124306_21185497.jpg
塔ノ岳まで 600m


b0124306_21204774.jpg
長い 階段

b0124306_21214317.jpg
おっ・・・・


b0124306_21223048.jpg

塔ノ岳の 有名な 猫 塔くん が 出迎えてくれています
まるまると 太っている
b0124306_21242147.jpg
甘えてきます

b0124306_21252221.jpg
塔ノ岳へ 到着     標高  1491m

b0124306_21262995.jpg
左側には 富士山

b0124306_21273068.jpg
右側は 神奈川県・東京方面

9km先の ヤビツ峠へ 下れます 

b0124306_21292560.jpg
後ろを振り返ると 昨日 立ち寄った 
箱根の大涌谷の 吹き出す 白い蒸気が見えています

b0124306_21484997.jpg
前日に 大涌谷の ロープウェイにも 乗って来ましたが
外国語ばかり 聞こえてきていました


b0124306_21533175.jpg




今日の宿  塔ノ岳の 尊仏山荘

本当は この先の 丹沢山の小屋に 宿泊しようと思ったのですが
I さんの事を考えて あまり 歩かない楽々 プランにしました

これが 大正解でした
この塔ノ岳の 尊仏山荘の方が 展望が抜群にいいのです

この後の 夕日 や 明日の 朝日も バッチリでした


b0124306_21344103.jpg
料金表

一泊二食 6500円   
北アルプス方面の 9800円より安い



b0124306_21360455.jpg
受付

b0124306_21392116.jpg
二階

b0124306_21395327.jpg
私達は ラッキーな事に 二人で個室です


b0124306_21401439.jpg
個室から見える 富士山

b0124306_21425222.jpg
明日行く 丹沢山と 蛭ヶ岳も バッチリ見えています

b0124306_21432853.jpg
時間があるので 歩いてきた 鍋割山方面を見ていると 
歩荷している人が 登って来ます

b0124306_22074757.jpg
長靴に 生足で 黒い海パン ?を履いている
その人が すれ違う時に 僕を知っている ? と聞いてきた


b0124306_22095815.jpg
知りませんと 言うと 

僕は 丹沢登山回数世界チャンピオンで 
テレビや新聞 ニュースに何度も出ている 有名人だと言い


b0124306_22113092.jpg
ハガキを くれました

そう言えば 以前 テレビで見たことを思い出しました

畠山 良巳さんで 40kgの ガスボンベを 背負っています
今日 二度目の登頂
凄い人です
b0124306_22144490.jpg
そろそろ 日が暮れてきた

b0124306_22311403.jpg
いい感じです

b0124306_22380516.jpg
あれよあれよという間に

b0124306_22390818.jpg

太陽が 半分 隠れてしまう


b0124306_22402336.jpg

あれ~・・・


b0124306_22422055.jpg
もう早くも 見えなくなってしまった


b0124306_22425690.jpg
名残惜しそうに 眺めています

b0124306_22521241.jpg
ふと 上を見上げれば・・・

お月さんの横に 宵の明星 金星が 異常に輝いています

b0124306_22530176.jpg
こんなに 明るく見える 金星は初めてです


b0124306_22552584.jpg
いつまでも 眺めていたいです・・・・


b0124306_22584502.jpg
さあ 夕食の時間です
定番のカレーライス

おかわり自由


b0124306_23005907.jpg
食事のあと また夜景を見に行きました
東京方面

b0124306_23025315.jpg
神奈川県 方面
いつまでも見ていたい 気分です・・・・

b0124306_23041412.jpg
今日も一日 快晴で

明日も 期待出来そうです









by ohara98jp | 2017-01-02 11:00 | アルプス 百名山登山 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 二日目 塔ノ岳~丹沢山~塔ノ岳... 鎌滝山 高知県 早明浦ダムの北側 >>