鎌滝山 高知県 早明浦ダムの北側


28.10.30 
鎌滝山 高知県 早明浦ダムの北側

赤 上り
青 下り

b0124306_11352239.jpg
早明浦ダムの向こうに見えている 鎌滝山

b0124306_11371451.jpg
早明浦ダムを通り抜け

b0124306_11383603.jpg
左折して 少し 進むと 分岐
右側に 入って行きます

鎌滝山の 標識もある

b0124306_11393488.jpg
狭い道を どんどん進むと 行き止まり
ここへ 駐車する

b0124306_11554665.jpg
駐車場から 出発


b0124306_11561979.jpg
ビニール・ハウスの間を 進む

b0124306_11580582.jpg
途中 標識は無い

b0124306_20585734.jpg
金属の橋を 渡る

b0124306_20594895.jpg
林道へ出る

木の標識があるが 何と 書いてあるのか 分からない

b0124306_21002886.jpg
林道を 進むと 分岐 三叉路
標識があり
ここを 左折


b0124306_21021641.jpg
更にどんどん進むと 左側に 木の標識

b0124306_21045681.jpg
これも ハッキリと見えない

此処から先の 林道が 急に草が茂っている
500mほど先に 進んだが 登山口が分からなかったので引き返す

本当は もっと その先に 登山口がありました(帰りに確認しました)

b0124306_21054476.jpg
ここから 尾根を辿って行く事にする
薄っすらと 登山道はある

b0124306_21080886.jpg
結構な 急斜面

b0124306_21085889.jpg
林道に出る

標識もありました



b0124306_21095081.jpg
林道に出たところ

b0124306_21105384.jpg
林道をそのまま 横切り
正面の 一見 登れそうもない 急斜面を這い上がる

b0124306_21125390.jpg
薄っすらと 道はある

b0124306_21150544.jpg
赤テープもある

b0124306_21161879.jpg
岩の横を通り抜けていくと

b0124306_21172911.jpg
足元で 何かが 動く

残念ながら マムシではありませんでした

b0124306_21181552.jpg
小さなピークに 到着

b0124306_21230932.jpg
よく見ると 鉄塔の基礎が 四隅に残っている
何の 鉄塔だったのだろうか ?

b0124306_21235437.jpg
少し 進むと 標識がある 分岐 三叉路


b0124306_21321921.jpg
回り込んで 見ると

下山ルートは 左折
直進は ☓ と書いてある

私達は その ☓ の方向の尾根から登って来たのですが・・・・

帰りは 左折して帰ることにします


b0124306_21325377.jpg
尾根を そのまま 進む

b0124306_21380789.jpg
急斜面に なってくる

b0124306_21395686.jpg
大きな岩の迫割り  

b0124306_21404867.jpg

狭い間を 登って行く


b0124306_21415729.jpg
その大岩の上側が 展望台になっています   (窓ヶ岩)


b0124306_21431102.jpg
高さは そこそこ あります

b0124306_21442616.jpg
右側の景色
早明浦ダムの ダム湖が見えています

b0124306_21454561.jpg
左側の景色

b0124306_21520241.jpg


絶壁の端に 座り込み 
両足を突き出して 二人で記念撮影


b0124306_21482736.jpg
先に 進み
大岩の横を通り

b0124306_21511598.jpg
急斜面を 登る

b0124306_21532338.jpg
急斜面の岩場

b0124306_21541435.jpg
この辺りから

b0124306_21550723.jpg
倒木が・・・・

b0124306_21554782.jpg
とても 多い

台風で 倒れたのだろうか ?

b0124306_21562955.jpg
さらに急斜面を 頑張って 登って行くと

b0124306_21571389.jpg
ピークに出る

b0124306_21583555.jpg
そこを 右折して 進むと

b0124306_21593360.jpg
鎌滝山 頂上  
標識 1115.8m


b0124306_22001609.jpg
石仏
石鎚蔵王大権現がありました

b0124306_22281840.jpg





早明浦ダムを 見下ろす
いい眺めです

b0124306_22034566.jpg


アップで・・・


b0124306_22020723.jpg
ふと足元を見ると 鎖がある

b0124306_22055606.jpg
鎖を 辿って行くと

崖下に クサリが 伸びている

b0124306_22070078.jpg
岩場の 急斜面みたいだが
結構 荒れて ヤブいている

ここを 下りると 登って来るのが大変そう・・・・



b0124306_22090402.jpg
右側を見ると もう 一本 鎖がある


b0124306_22135426.jpg
少し 下りてみる

b0124306_22152926.jpg
向こう側に 見える 浮いているクサリ
下りたい気持ちを 抑えて

b0124306_22333376.jpg
もう一つの 展望所
鎌滝山 頂上より先 約10分ほど先にある 


b0124306_22344584.jpg
岩場の展望台へ 


b0124306_22443787.jpg
行って見ることに

b0124306_22461244.jpg
どうやら この正面の 岩場の上が 展望台みたいです

b0124306_22464585.jpg
岩場の上に 上がってみる

b0124306_22490478.jpg
狭い岩場の絶壁



b0124306_22511060.jpg

いい景色

b0124306_22524619.jpg
座り込んで しばしの休憩

b0124306_22534516.jpg
足元は こんな感じ

b0124306_22554088.jpg
後ろを 振り返れば 白骨樹

b0124306_22562097.jpg
展望台で 休憩するSさん

b0124306_22574140.jpg
滑りやすい展望台の 岩場を注意して下りる

b0124306_22593436.jpg
鎌滝山 頂上へ 引き返す


b0124306_23012349.jpg
頂上へ 戻りました


b0124306_23020459.jpg
さあ 下山しますか

b0124306_23051343.jpg
急斜面を 

b0124306_23061308.jpg
どんどん下る


b0124306_23085832.jpg



展望所まで 戻って来ました

b0124306_23074436.jpg
迫割りの岩場

b0124306_23093436.jpg
滑りやすい足元

b0124306_23102243.jpg
ふと 上を見上げれば 
ほんの少しの紅葉

b0124306_23112479.jpg
登り返すと

b0124306_23123247.jpg
標識のある 分岐 三叉路

私達は 正面の尾根を 這い上がって来ましたが
帰りは 左折して帰ります


b0124306_23130309.jpg
赤テープはあるが 少し 分かりにくい

b0124306_23200317.jpg
尾根を下る

b0124306_23213768.jpg
尾根の先端が見えてきたら


b0124306_23222757.jpg
右折


b0124306_23231742.jpg
トラバース道で 帰る

b0124306_23234727.jpg
左側を見ると
先程の 尾根の先は 絶壁になっている

b0124306_23243178.jpg
その後 植林地を 進むと 木の標識がある

b0124306_23262586.jpg
その木の標識には

右の道 おすすめ  (トラバース道)
左は 険しい と 書いてある (尾根道)

どっちを 通っても 大差ない




b0124306_23281722.jpg
左の道へ行けば 
私達が登った 尾根道へ出ます

b0124306_23305568.jpg
さらに どんどん下ると

b0124306_23323377.jpg
林道へ 出ました

b0124306_23330904.jpg
林道へ出て 振り返る

右側の木の標識には 
鎌滝山 1.5~2.0時間と書いてある

b0124306_23344310.jpg
そのまま 林道を横切り
木の標識から 下って行く

b0124306_23370876.jpg
そして すぐ下側の林道も 横切り 下る

b0124306_23402445.jpg
植林地を通り

b0124306_23412284.jpg
また すぐに林道へ出る
白い標識がある

このルート 初めてだと 分かりにくい

b0124306_23420185.jpg
林道へ出て 振り返ると こんな感じ

b0124306_23435845.jpg
荒れた 林道を 進む

b0124306_23493170.jpg
草が 結構 茂っている


b0124306_23504643.jpg
おっ・・・

この木の標識は 見覚えがある


b0124306_23520135.jpg
ここの標識から 
この左の尾根を 直登しました(この尾根道の方が 分かりやすいです)

右の草などが 茂っている林道を
約1km ? 進めば 先程の鎌滝山と書いてある標識に行けます(トラバース道)


b0124306_23533767.jpg
あとは 来た道を帰ります

b0124306_00053571.jpg
途中から GPSにのっている 破線の道を探して 帰ります

入り口が とても 分かりにくかったが・・・・

b0124306_00070964.jpg
何とか 薄っすらとある道を 辿って下ります


b0124306_00090397.jpg
白いものが 見えて来た


b0124306_00113423.jpg


そのビニール・ハウスが 見えて来た




b0124306_00123834.jpg
ビニール・ハウスの中で 作業している人が
あれま~ そんな所から・・・・ と 驚いていました

今はまったく使われていない 旧・林道だったようです


b0124306_00135613.jpg
振り返れば こんな感じ
道があるとは 思えない

b0124306_00182577.jpg
この 右側の道を 朝 通って行きました

b0124306_00193980.jpg
この分岐
朝は 真っ直ぐに 進みました
帰りは 右側から 下って来ました


b0124306_00205319.jpg
無事 車まで 戻り

b0124306_00222626.jpg

いつもの ひばり食堂で カツ丼を食べ

b0124306_00241733.jpg



サンリバー大歩危で さっぱりして帰りました

b0124306_00231780.jpg
お疲れ様でした








by ohara98jp | 2016-11-27 11:40 | 石鎚山系 登山 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 一日目 大倉~鍋割山(鍋焼きう... 高知 手結港可動橋・SEA H... >>