奥槍戸山の家~次郎笈~剣山~ほら貝の滝 周遊

28.10.10 

奥槍戸山の家~次郎笈~剣山~ほら貝の滝 周遊



b0124306_00280437.jpg





四季美谷温泉から さらに 約25km  
スーパー林道を 約1時間奥側に 走った 
剣山トンネルがある 奥槍戸山の家  (現在 剣山トンネルより先は 通行止めで進めません 行き止まりです) 

香川県からは やはり 遠い  約3時間30分 掛かりました

b0124306_16342205.jpg
奥槍戸山の家から 次郎笈まで 約2km   
徒歩 約1時間 と書いてあります

(健脚の人のタイムです)


b0124306_16344584.jpg
6時45分  出発です
今年 初めて 冷え込んで 
秋らしくなり 気温 6度 少し 寒い

一週間前は 蒸し暑かったのに・・・ 


b0124306_16422495.jpg
出足から いい雰囲気です


b0124306_16424520.jpg
苔むした岩が あったりする

b0124306_16432365.jpg
ジグザグに 高度を上げて行く

b0124306_16454491.jpg
今日は いい天気になりそうだ


b0124306_16464724.jpg
先に 進むと

おっ・・・ あれは 何だ ?


b0124306_16505494.jpg
アップで見ると 滝雲だ
向こうに 見えるのは 三嶺かな ?


b0124306_16522148.jpg
一ノ森 方面

b0124306_17033230.jpg

雲海が 広がって いい感じ


b0124306_17035515.jpg
次郎笈を 南側から 見上げる
違う 山みたいです 


b0124306_17051468.jpg
少し ガスが取れてきた


b0124306_17062609.jpg

先に 進む



b0124306_17072632.jpg
少し 行くと 

b0124306_17085810.jpg
立派な 大きなブナの木

b0124306_17094996.jpg
とても いい雰囲気

b0124306_17113376.jpg
どんどん進む

b0124306_17130892.jpg
トラバースで


b0124306_17134514.jpg
笹が あちこち 部分的に 枯れて
あちこちで 円形脱毛症みたいになっている

b0124306_17142687.jpg
さらに 雲海を見ながら 進む

b0124306_17161759.jpg
後ろを 振り返れば こんな感じ

b0124306_17363903.jpg
トラバースから 

b0124306_17380043.jpg

次郎笈の尾根の 登りになります


b0124306_20450517.jpg

途中 二匹の犬を 引き連れた徳島の人と すれ違う
前日に 同じ 奥槍戸山の家から 登られていたようでした

b0124306_20462626.jpg
後ろを振り返ると こんな感じ
一ノ森・槍戸山 方面
b0124306_20494482.jpg
剣山へ続く尾根

枯れた笹が まるで 円形脱毛症みたいで あちこちにある
その内に 人間みたいに ストレスで すべての 笹が 枯れてしまうのでは ?

b0124306_20502311.jpg
剣山の頂上のアップ



b0124306_20515505.jpg
滝雲が 生き物みたいに 押し寄せてくる

b0124306_20541601.jpg
三嶺 方面も いい感じ


b0124306_20552761.jpg
アップで・・・・

左側から 手箱山・筒上山など  石鎚山・赤石山系もハッキリ見えている
こんなに クリアーに見えるのは とても珍しい

b0124306_20554915.jpg
次郎笈の頂上には もう 大勢の人達が来ています

b0124306_21043199.jpg
本当に とても いい感じ
今年 初めて 冷え込んで 秋らしく なって来ました

でも 紅葉は していない

b0124306_21053401.jpg
次郎笈の頂上
素晴らしい 雲海です

この奥槍戸山の家~次郎笈のコース
お手軽で  いつもとは違う いい景色を見れて とても雰囲気がいいです

登山口まで 行くまでが 遠いのがネックですが 
自然たっぷりな いいコースです 
皆さんに オススメします


b0124306_21081882.jpg

いいですね~
奥に 見える山は ?
b0124306_21093776.jpg
アップで・・・・
石立山かな ?


b0124306_21103398.jpg
さあ 剣山へ 行きますか

b0124306_21123547.jpg
いつ見ても いい稜線です

b0124306_21120427.jpg
どんどん進む

b0124306_21183964.jpg
行く途中 色々な カップルがいて
中には 仲良く 手を繋いで 次郎笈へ向かっている

あァァァ・・・  出来ることなら もう一度 生まれ変わり 
新しく 人生をやり直したい 気分です


b0124306_21195460.jpg
途中 グランマー啓子さんと グランパさんと バッタリ
相変わらず 精力的で 若々しい

私の 大きなお腹を見て グランパさんに 少し太ったと 言われてしまう
そうなんですよ~ 一度 脂肪がつくと なかなか 落ちません

毎日 堂山か 飯野山にでも 登れば 痩せると思うのですが・・・・
普段は まったく 動いていません


b0124306_23352958.jpg



更に進むと おじょもさんですかと 声をかけられる

素晴らしい 写真を撮る
風雪ながら暮らし さんでした

b0124306_21400740.jpg
剣山 頂上
この後 もっと 沢山の人で 混み合います

b0124306_21493773.jpg
歩いてきた 道を 振り返る
いつ見ても いい感じの 次郎笈への稜線


b0124306_22242562.jpg
正面には 丸いカーブの屋根
真新しい 綺麗な 水洗トイレが 出来ていました

それと 帰りに通る 
手前の 右側の 標識から 
下って行く ほら貝の滝への道


b0124306_22253268.jpg
ここから 下って行くと ほら貝の滝へ行けます


b0124306_22285394.jpg
まずは 綺麗なトイレ 見学
水洗トイレになっていました

出来るものなら ウオッシュレットの便座にしてくれていたら 最高だったのに・・・・



b0124306_22302765.jpg
頂上 案内図
ほら貝の滝への道も書いてある

b0124306_22340292.jpg
お参りをして

b0124306_22345710.jpg
まわりの景色を 見ながら

b0124306_22361607.jpg
東側の テラスへ 移動

b0124306_23102054.jpg


ここで 食事
正面は 一ノ森

あれ・・・
写真の左上側に ちょこんと 雲海の中から 黒い 頭を出している

b0124306_22370366.jpg
雲海の中に ポツンと 頭を出している この山の名前は・・・・ ?


b0124306_22374148.jpg
後ろを振り返る

新しい トイレと 剣山 頂上方面

b0124306_23113837.jpg
さあ ここの標識から 

b0124306_23124886.jpg
ほら貝の滝へ 

b0124306_19165113.jpg



下ります

b0124306_23143851.jpg
トラバース道

b0124306_23152874.jpg
右上側を見れば 青空と白い雲
いいですね~
b0124306_23161787.jpg
次郎笈を 見ながら進みます

b0124306_23173696.jpg
う~ん  とても いい感じ
写真より 実際 目で見た方が 素晴らしかったです

b0124306_23181385.jpg
どんどん下る

b0124306_23200153.jpg
笹の中を 下りて行く


b0124306_16510500.jpg
倒木がある

b0124306_16522986.jpg
白骨樹などがあり いい雰囲気


b0124306_16531991.jpg
大きな倒木があり 小さく身を屈め それを潜る




b0124306_16542667.jpg
う~ん・・・  またまた いい感じ


b0124306_16574863.jpg
変わった 盆栽


b0124306_16591227.jpg

そこら中の 笹の葉が 何かの虫に かじられている 
一体 なんなんだろうか ?


b0124306_16595548.jpg
尾根を 下って行くと


b0124306_17022159.jpg
急斜面の 細尾根になる

b0124306_17030371.jpg

ハシゴもある

b0124306_17142857.jpg
また 倒木を潜る

b0124306_17151670.jpg

しばらく行くと 左側に 大きな巨大な岩があり ここで道が 右に曲がる
ここが ほら貝の滝への 入り口です

ほら貝の滝と書いてある 小さな 木の切れっ端が 置いてあるが 
よっぽど しっかり 見ていないと 気がつかないで 通り過ぎてしまいます


b0124306_17160367.jpg
その 巨大な大岩の角を 左に入り込み 
進むと 右下側に 沢が見えて来る



b0124306_17191207.jpg
 沢に下りると ほら貝の滝の下側が 見える


b0124306_17235852.jpg
対岸に 渡らないと

b0124306_17245917.jpg
ほら貝の滝の 全容が見えません


b0124306_17262112.jpg
おっ・・・・
オーブが 写っている

さらに 近くに寄ると モロに 飛沫と風を浴びます
マイナス・イオン たっぷりです

b0124306_17284206.jpg
帰りの 岩場が ツルツル
慎重に 渡ります

b0124306_17300226.jpg
巨大な大岩まで 戻る

b0124306_17335951.jpg
ほら貝の滝の入り口から
すぐ近くに 倒木がある

b0124306_17410462.jpg
もう 一本

b0124306_17420700.jpg
適当に 渡れる場所を探して渡渉する

b0124306_18183526.jpg
大岩があり その下側の隙間で ビバークが出来そうです

b0124306_18201297.jpg
後は 沢沿いに トラバースで 帰って行く
結構 長いです

崩れて 少し 嫌らしい場所もある


b0124306_18211944.jpg
渡渉がある


b0124306_18221212.jpg
シカの 食害を 防ぐために 
急斜面でも すべての木に ビニールのネットが巻かれている

異様な感じ


b0124306_18225237.jpg
ほら貝の滝から 600m進んで
残り おおぼら橋登山口まで 2kmと 書いてある





b0124306_18262300.jpg


多少 アップダウンをしながら 進む
高度感のある トラバースもあります



b0124306_18295076.jpg
3本で 出来た 丸木橋
嫌らしい事に 横から見ると 三角形状になっている

上側に 一本 はみ出して
滑りやすく 非常に 渡りにくい

私だけ チャレンジして成功



b0124306_18322302.jpg
倒木

b0124306_18412338.jpg
小さな渡渉


b0124306_18420253.jpg
下ったり 上ったり


b0124306_18425850.jpg
何本もの 桟橋を渡る

b0124306_21441073.jpg



ほら貝の滝から 登山口まで 半分の1.3km 中間地点 





b0124306_18574949.jpg
大きな木の根元 土が大きくえぐれていて 
倒れてしまうのも 時間の問題 ?






b0124306_19000249.jpg
案内図

b0124306_19073702.jpg
板の橋の 渡渉

板の片側に ロープが結び付けられている 
流されても また 引き上げて 使用する事が出来る 生活の知恵



b0124306_19081598.jpg
急斜面の登り


b0124306_19134509.jpg
また トラバースで帰る

b0124306_19144253.jpg
渡渉


b0124306_19152056.jpg
広い道になる
もう おおぼら橋の 登山口は 近い

b0124306_19155419.jpg
進んで行くと 左下側に おおぼら橋が 見えて来た
誰かの 車が置いてある

b0124306_19163168.jpg

おおぼら橋のすぐ先に 回送の車を置いてある 三叉路の 登山口





b0124306_19172887.jpg
標識があります

ここから 朝 出発した 奥槍戸の山の家まで 4.2km 

二台で来ていたので 車で移動
歩くとなると ず~と 上り坂の林道で 少し 大変

ここから 四季美谷温泉まで 戻るのに 20km
ファガスの森まで 34.9km


b0124306_21453003.jpg




奥槍戸の山の家へ 到着



b0124306_19252065.jpg

営業していたので 奥槍戸の山の家へ 入ってみる


b0124306_19262293.jpg
バイクの人達が 食事をしていました



b0124306_19272410.jpg


奥槍戸の山の家から先の つるぎさんトンネルは 通行止めですので
わざわざ ここまで ツーリングで 食事に来たようです

b0124306_19333921.jpg



メニュー

何か 飲みたいと思っていたのだが 
カレーなどの 食べ物しか無いようだった


b0124306_19310833.jpg
スーパー林道の 標識


b0124306_19355495.jpg
四季美谷温泉で さっぱりして帰ります

b0124306_19363712.jpg
頭蓋骨付きの 鹿のツノ 
  
夜中に見ると 気持ち悪いと思うのだが
買う人も 居るのでしょうかね ?


b0124306_19372321.jpg
ほら貝の滝の ポスター


b0124306_19403116.jpg
帰り道 また トラブルが・・・・
運が悪く 何年かぶりに パンクしてしまう

もう タイヤは 使い物にならない状態 
痛い 出費になりました  

b0124306_21214565.jpg




タイヤに 刺さっていた物は 5.5cmの 細い金属

普通は 地面との接地面に 刺さるのに
今回は アルミホイールから 5mmの場所に 
横側から ブスッと 刺されていました

普通では 考えられない状況です
一体どうやったら 走っているタイヤの 
地面から 一番遠い 横側に刺さるの ?
不思議です



b0124306_19543252.jpg
私には なんで 普通では 有り得ない トラブルが起こってしまうのでしょうか ?



例えば

完全凍結 氷瀑の 高瀑の滝からの 帰り道
何と・・・・     見事に 私の車に 尻尾が 生えている ?  など・・・・


それとか 新雪 15cm位の 雪の林道で 
道路の端に 寄せようとしたら リヤー・バンバーが もげてしまったり 


b0124306_17414927.jpg

祟りでしょうか ?
お祓いでも してもらわねば・・・・






こちらも 是非 見てください






by ohara98jp | 2016-10-10 16:19 | 剣山系 登山 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 高知 手結港可動橋・SEA H... 西之川~天柱石~石鎚山 三の鎖... >>