西之川~天柱石~石鎚山 三の鎖で滑落死亡事故

28.10.02

ロープウェーを 使わずに 麓から 石鎚山へ  標高差 1500m以上


西之川~天柱石~石鎚山 

三の鎖で 滑落死亡事故


b0124306_14072581.jpg

ロープウェー乗り場から 車道を 約100mちょっと 進んだ所にある
西之川登山口から 出発です



b0124306_14153920.jpg
民家が 何軒も ありますが
今は すべて 廃墟になっているようです



b0124306_14240935.jpg
少し 進むと 石垣の所に 分岐があります

右に曲がれば 成就社
今回は 真っ直ぐに 夜明かし峠 方面へ進みます


b0124306_14263016.jpg
植林地を 進むと


b0124306_14304035.jpg
橋が 出て来ます

b0124306_14310506.jpg
小さな滝も あります


b0124306_14314489.jpg
また 橋です


b0124306_14325754.jpg
今日は とても 蒸し暑い

沢沿いの コースですので 
私は 顔を洗ったりして クールダウン 
とても 助かります 


b0124306_14333714.jpg
植林地を 登って行く

b0124306_14412576.jpg
更に進むと

b0124306_14423371.jpg
巨大な おむすび岩


b0124306_14424945.jpg
そして 更に 巨大な岩の下を 通り抜ける
大勢で 雨宿りが 出来ます

b0124306_14435169.jpg
ツルツルの 丸木の橋


b0124306_14450829.jpg
分岐

真っ直ぐに 進めば 土小屋


b0124306_14454894.jpg

夜明かし峠へは 右折です

刀掛けを経て 天柱石 方面です

b0124306_14475324.jpg
右下側 
刀掛け 方面へ 進む



b0124306_14490406.jpg
どんどん進むと 鉄の橋があり

b0124306_14541560.jpg
その沢は とても いい感じ



b0124306_14551196.jpg
凄い 透明度
思わず 見とれてしまいます


b0124306_14562456.jpg
沢沿いに 進む

b0124306_15015746.jpg
危なっかしい 足場



b0124306_15030079.jpg
沢から 急斜面を 這い上がる



b0124306_15043779.jpg
また 少し傾いた ツルツルの橋
真上に 乗らないと 見事に 滑ります

b0124306_15061335.jpg
どんどん進み 高度を稼ぐ


b0124306_15080425.jpg
登りきった所が


b0124306_15085884.jpg
刀掛けの 分岐


b0124306_15094553.jpg
石鎚山三十六王子社の 第23王子社を 祀ってある





b0124306_15122390.jpg
その標識
ここを 右折すると 八丁ですが・・・
b0124306_15142622.jpg

今回は 天柱石・夜明かし峠 方面

登って来て 真正面の谷へ 下って行きます



b0124306_15152966.jpg
ロープが ある 苔むした岩場の急斜面

b0124306_15202046.jpg
さらに もう一つ


b0124306_15205851.jpg
また また ツルツルの橋を渡る




b0124306_15214906.jpg
更にどんどん進むと 
左下側に またまた 橋が 見えてきます

b0124306_15324507.jpg
おぉ・・・・
これが 問題の 危険な橋か・・・・

かなり 左側に 傾いています

b0124306_15361808.jpg


もう グラグラで とても スリリングな橋
木も ツルツルで 傾いている 左側に落ちれば ドボンです

必死で しがみついている Y さん

ユラユラ揺れて 非常に不安定   
密かに ハプニングを 期待していたのですが・・・・




b0124306_15365475.jpg




全員 無事に 渡って 振り返ると こんな感じ
岩も 見事に ツルンツルンでした




b0124306_15404995.jpg


以前 まだ 雪が残る 3月に 宮崎県の 大崩山 (おおくえやま)で
 
Nさん 飛び石に ジャンプ・・・・  ところが 両足が滑り
ものの見事に とても冷たい 水の中に 後ろ向きに お尻から 
モロに ドボンと 首まで浸かる・・・・ハプニングを思い出しました


別に 狙っていた訳ではないのですが・・・・
決定的な シャッターチャンスは逃さない

失礼しました

b0124306_2223586.jpg

こちらも 是非 見て下さい

ハプニング 満載です ?









無事 渡渉して ヤレヤレです

b0124306_15475253.jpg

今度は 苔むして もっと ツルツルの橋
今にも ボキッと折れそうです


b0124306_15490922.jpg
更に進むと


b0124306_15523610.jpg
ここは 完全に 朽ち果ています




b0124306_15531024.jpg
大きな桂の木


b0124306_15542718.jpg
ここで 白装束の人達が 下りて来ました

女性も 一人居ました
修行は大変そうです


b0124306_15550056.jpg
十字路の分岐に 到着

左は 土小屋
右は 八丁

夜明かし峠へ 真っ直ぐに進む


b0124306_16350693.jpg
笹が出て来る

b0124306_16374763.jpg
枯れた 沢を渡る

b0124306_16385922.jpg
ここは 土砂崩れなのか 
桟橋に 石がゴロゴロ 落ちて来ていて 今にも 重さで崩れそうです



b0124306_16395290.jpg
巨大な 天柱石が 見えてきた

b0124306_16423347.jpg

石鎚山三十六王子社の 第27王子社を 祀ってある


b0124306_16433844.jpg
見上げる 巨大な 天柱石

ここを 登った 罰当たりな人も 居るのでしょうね
ハーケンが 打ち込まれているそうです

b0124306_16454082.jpg

このあたりから 急斜面に なって来ました

b0124306_16481934.jpg
ガレ場の 急斜面


b0124306_16490445.jpg
倒木を くぐり抜け

b0124306_16495093.jpg
鉄の橋を渡る

b0124306_16573557.jpg
途中に 大きな 数珠の 落とし物がありました

多分 すれ違った 白装束の人のだと思います

b0124306_17025019.jpg
苔むした岩場を 通り


b0124306_17034881.jpg

左側に 東陵コースの 尖った 矢筈岩が 見えています


b0124306_17051050.jpg
更に進む


b0124306_17071215.jpg
岩原を 通る

b0124306_17100609.jpg
苔むした岩場

b0124306_17110876.jpg
どんどん登り 標高を 稼ぐ

b0124306_17115630.jpg
ヒイコラと 登って行きます

b0124306_17200901.jpg
笹原になる


b0124306_17273679.jpg
初めて 石鎚山が 見えて来ましたが
ガスで 頂上は見えない 


b0124306_17293191.jpg
もうすぐ 夜明かし峠です


b0124306_17314970.jpg
やっとこさ 夜明かし峠に 到着

ゆっくり歩いて 休憩も含めて 5時間 掛かりました

b0124306_17324880.jpg
さあ あと もう少し 頑張って 頂上へ 行きますか

b0124306_17345565.jpg
第一の鎖場  33m
昨夜の雨で 濡れていて 滑りやすそうで 止めました


b0124306_17353699.jpg
鳥居をくぐり


b0124306_17375543.jpg
鉄の階段


b0124306_17405507.jpg
木の階段
結構 足に こたえる


b0124306_17413937.jpg

休憩がてら 三の鎖場 長さ68mを 覗きに行き 写真を撮る


最初は 気がつかなかったのですが 
男性が 倒れている


何と この三の鎖場で 約30分前に 10m以上の高さから 滑落したらしい 
横向きで寝ているが 右手は 明らかに 角度が違う   骨折 ?
大きな 出血はしていない

呼吸はしているが 普通より 早い 
意識は無く イビキをかいています
これは マズイ状況 ?


この三の鎖場の 10m以上 上から 滑落したようです

後日 この三の鎖場を 登っていて 滑落現場に居た人の情報によると
混んでいた 上部の 左側の鎖から 空いていた 右側の鎖へ 移動していた時に 足を滑らして滑落したようです
その時に 下側に居た人達が 道連れにならなくて 不幸中の幸いでした ?


頭を 打っているでしょうから 下手に 動かす事も出来ません
ただ 見ているだけです
どうすることも 出来ません

とても もどかしいです



ヘリコプターは ガスで 視界が悪く 出動してくれないそうです
何とか 救助隊が 早く 来ることを祈るだけですが 
麓から登って来て 人力で下ろすのは あまりにも 時間が掛かり過ぎます
今後 一体 どうなるのでしょうか ?



b0124306_20203800.jpg


頂上に移動 大勢の登山客

韓国語が 飛び交っていました
アンニョンハセヨ
カムサハムニダ






b0124306_18073323.jpg
お参りします


b0124306_18092399.jpg
今日は ガスってまったく 見えないので 
天狗岳に 行くのを止める

 

b0124306_18143904.jpg
ところが すぐにガスが 取れてきた

b0124306_18151581.jpg

おぉ・・・・ 見えてきた
天狗岳の頂上に 大勢の人が居ました   わかりますか ?

少し 紅葉しています

すぐに また まったく 見えなくなってしまいました



b0124306_18525725.jpg
随分 人が 減ったようです


b0124306_18550651.jpg
さあ 帰りますか

b0124306_18571662.jpg
大きな 秋田犬が 二匹 居ました
でも 目が見えていないそうです

b0124306_18575064.jpg
鉄の階段を 下りていく


b0124306_19002032.jpg

以前 工事中だった 右側の建物も 出来上がっていました




b0124306_19081980.jpg


階段を下りて行くと 正面に 天柱石が 見えています



b0124306_19102862.jpg
アップで・・・・

b0124306_19154237.jpg
鳥居をくぐり

b0124306_19162986.jpg

少し 進むと
ヘリポートがあります

頂上は ガスっているが ここだったら 視界は良好です
早く ここまででも 来ればいいのに・・・・



b0124306_19170986.jpg
夜明かし峠へ 戻って来ました

b0124306_19202609.jpg
振り返ると 頂上は まだガスの中です

b0124306_19212820.jpg
正面の山の 頂上には 成就社が 見えています


b0124306_19223871.jpg
アップで・・・・

成就社の建物が 見えています
取り敢えず あそこまで 帰り

そして その先に ロープウェーがあります

b0124306_19233417.jpg
前社ケ森の売店まで 下りて来ました

b0124306_19255042.jpg
ここのロープウェーからの ルートは 冬場の積雪時しか 通らない
無積雪時は 土小屋からばかりです

このお店が 営業している時に 通るのは 初めてです
さっそく 石鎚名物の冷やしあめゆ 400円を注文

b0124306_19282844.jpg
階段を 登り返し

b0124306_19333741.jpg


さらに 下っていると



b0124306_19342059.jpg
ここで 愛媛県警の 3人の救助隊の人達と スレ違いました
滑落してから 2時間半以上 経っています
遅い・・・・(麓からだと 仕方がない)

ヘリコプターの音も 聞こえていましたので
多分 それで 運ばれるのかな ?

天候が 悪いと どうしょうもないですね
滑落した時に 運が 良ければ すぐに ヘリコプターで 救助されますが・・・
今回のように 天候が悪ければ 救助隊が来るまでに相当 時間が掛かり過ぎます

その人の 運 次第で 大きく違います



b0124306_19351597.jpg
成就社まで 帰って来ました

ここで キンキンに冷えた コカコーラ 250円が 最高に美味しかったです  (下界では 160円)
ついでに アイスクリーム・・・・

もう ダイエットなんか どうでもいいや ?


b0124306_19471729.jpg

頂上は まだ 少しガスの中
滑落したけが人は どうなったのでしょうか ?

無事だと いいのですが・・・・

b0124306_19535477.jpg

八丁の分岐
ここから 西之川登山口まで 3.7km 歩いて 下山も出来ますが・・・・



b0124306_19554341.jpg


軟弱な 私達は ロープウェーで 下山することに・・・・
歩いて 下りると 今は 日が短くなっているので 真っ暗になってしまいます

b0124306_19592113.jpg
早く 下山して 歓喜庵へ 

いつ見ても 立派な 玄関の柱です

b0124306_20040496.jpg
立ち寄り湯  600円   シャンプー・ボディソープ・コンディショナー付き

珍しい 白濁したお湯です

b0124306_20050423.jpg
風呂に入る前に 蕎麦 700円を 頼んでおくと 
入浴後すぐに食べられます


b0124306_20070243.jpg


後日 ニュースで 石鎚山 長さ68mの 三の鎖場で 滑落した 
岡山県の 62歳の男性公務員が 亡くなったと知る

奥さんと 友人達とで 石鎚山へ来ていたそうです
ご冥福をお祈り致します


明日は我が身 
なるべく 今後は あまり 無理をしないで 
慎重に行動したいと思います







by ohara98jp | 2016-10-02 14:05 | 石鎚山系 登山 | Comments(2)
Commented by とささんぽ at 2016-12-04 21:50 x
初めまして。
滑落事故の記事、「2016年 四国の山岳事故・遭難」という記事に、トラックバックさせていただきました。
本当に「明日は我が身 なるべく 今後は あまり 無理をしないで 慎重に行動したいと思います」と思います。
今後とも、よろしくお願いします。
Commented by ohara98jp at 2016-12-04 23:32
とささんぽ さん 初めまして
こちらこそ 宜しくお願いいたします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 奥槍戸山の家~次郎笈~剣山~ほ... 魔戸の滝の周りの道 検証 >>