蝶ヶ岳~常念岳~大天荘~燕岳 1日目~ 2日目 

22.10.9~11 

今回の連休  雨で 天気が 悪いのは 分かっていたが ダメもとで 
縦走して来ましたが 日頃の 行いが 良かったのか 二日目からは 雨も上がり 視界も良好 三日目は 最高の天気に 恵まれました


大天井岳から見た 歩いて来た 稜線   素晴らしい景色です            (写真をクリックすると 迫力のある大きな写真で見られます)
b0124306_9183920.jpg


1日目 三股~蝶ヶ岳ヒュッテテント場   (標高差 1450m  一日中 雨  寝不足で 体が重かったです)
     三股6:50→マメウチ平8:55→蝶ヶ岳ヒュッテ12:15

2日目 蝶ヶ岳ヒュッテテント場~常念岳~横通岳下~東天井岳横~大天荘テント場~大天井岳
     蝶ヶ岳ヒュッテ6:15→横尾分岐6:40→常念岳10:30→常念乗越11:35→大天荘14:50→大天井岳15:05→大天荘15:25

3日目 大天荘テント場~切通岩~燕山荘~(燕岳ピストン)~合戦小屋~中房温泉
     大天荘5:35→切通岩6:00→燕山荘8:05→燕岳8:35→燕山荘9:30→中房温泉12:15 

b0124306_2020389.jpg

1日目 

温泉がある しゃくなげ荘の近くに 車を 置いて タクシーで 三股 登山口まで 移動します
b0124306_18252247.jpg

朝  6時50分   雨の中 出発です     
蝶ヶ岳まで 標高差 1450mの登り  長い 樹林帯の 歩きが 6.4km あります
b0124306_1627249.jpg

すぐの所に 小屋が ありました
b0124306_18274592.jpg

吊橋も ありました
b0124306_16331995.jpg


所々 紅葉して 黄色く 色づいています
b0124306_18285290.jpg

どんどん 登って 行きます
b0124306_1652894.jpg

看板も あります
b0124306_16441860.jpg

睡眠不足の 状態で しんどかったですが やっと 分岐まで やって来ました

もう 少しで 蝶ヶ岳ヒュッテに 到着です
b0124306_18303328.jpg

約 5時間 かけて  12時15分  蝶ヶ岳ヒュッテに 到着です

稜線で 横殴りの 雨風が 吹きつけて来ます
b0124306_22563095.jpg

凍える中 さっそく テントを 設営します
b0124306_18433751.jpg

冷たい 雨に濡れて 寒くて もう少しで 低体温症 ?に なりかけの女の人も テント内で バーナーを 焚いて 暖を 取り ほっと 一息 つきます

寒いですが ビールで 乾杯です

水 1L 200円でした
b0124306_1841025.jpg

2日目 

出発 直前まで 天候が 悪くて 雨が降り もう少しで 縦走を 取り止めて ピストンに なる所でしたが・・・・

テントを 撤収する頃に 急速に 天候が 回復して来たので 縦走して行く事に なりました       
よかった~・・・・・・  やれやれです・・・・・
b0124306_1926262.jpg

段々 ガスが 取れて 来ました

稜線は 少し 風が あり 寒いですが・・・・
b0124306_19282061.jpg

振り返ると こんな感じです
b0124306_19292754.jpg

どんどん 進んで 行きます
b0124306_1930147.jpg

虹も 見えました
b0124306_1931169.jpg

ちょっとした 蝶槍 ?の 登りが あります
b0124306_20353910.jpg

岩場です
b0124306_20365830.jpg

正面の 黒いのは パノラマ・コースがある 屏風岩です      ガスで 見え隠れしています
b0124306_20391919.jpg

随分 下って 行きます
b0124306_2045639.jpg

今度は 登り返して 行きます
b0124306_20491961.jpg

後ろを 振り返ります   
三角形の あそこを 越えて 下りて 登り返して 来ました
b0124306_20521593.jpg

常念岳が ど~んと 見えて 来ました
b0124306_20544286.jpg

どんどん 登って 行きます
b0124306_20554284.jpg

まだまだ 頂上までは 遠いです
b0124306_20565437.jpg

一端 下って・・・・・
b0124306_20581375.jpg

また 登って 行きます
b0124306_2059519.jpg

振り返ると こんな 感じです
b0124306_210139.jpg

登りが 続きます
b0124306_211465.jpg

穂高連峰 方面が よく 見えて来ました
b0124306_2125080.jpg

少し きつい 登りが 続きます
b0124306_2141153.jpg

もう 少し です
b0124306_2161164.jpg

後ろを 振り返ると たった 今 歩いて来た 縦走路が 見えています
b0124306_2182242.jpg

ピークまで 来ましたが・・・・・ 
   
あれ・・・・  まだまだ 先です
まだ 幾つもの ピークを 越えて 行かないと 行けません
b0124306_21122424.jpg

一端 下ります 
b0124306_21144032.jpg

また また 登り返して 行きます
b0124306_2115281.jpg

あそこが 頂上です
b0124306_21161833.jpg

後ろを 振り替えると 岩が クロスして まるで 神社の 屋根みたいです
b0124306_21182640.jpg

槍ヶ岳が 顔を 出して 来ました
b0124306_21263755.jpg

みんなも 気がつき 見とれています
b0124306_21274790.jpg

まだまだ 登りは 続きます
b0124306_21285868.jpg

振り返ると 縦走路が 見えています
左側の 山から ず~と 尾根づたいに 歩いて 来ました
b0124306_2131215.jpg

ここで しばし 休憩です
b0124306_2134348.jpg

また 頑張って 登って 行きます
b0124306_21353715.jpg


もうすぐ 常念岳 頂上です      
b0124306_21504981.jpg

常念岳 (2857m)   頂上です
b0124306_21394068.jpg

後ろを 振り替えると こんな 感じです
b0124306_21522580.jpg

これから 行く 縦走路が 見えています
b0124306_2145718.jpg

登ってきた 縦走路を 見下ろします
b0124306_21471288.jpg

正面に 屏風岩や 梓川が 見えています
b0124306_21484297.jpg

常念岳 頂上からのパノラマです    是非 見てください




そろそろ 下りて 行く事にします

常念小屋まで 標高差 391mの 長い 下りです
b0124306_21591897.jpg

どんどん 下りて行くと 赤い屋根の 常念小屋が 見えて来ました
b0124306_2213558.jpg

しかし 常念小屋は なかなか 近づいては 来ません
b0124306_223174.jpg

後ろを 振り返ると こんな感じです
b0124306_2246530.jpg

結構 長い下りでしたが どうにか 常念小屋 (常念乗越 2466m) に 到着しました
b0124306_2263368.jpg

常念岳 (2857m)を 振り返ります
b0124306_2281638.jpg

これから 行く 横通岳 (2767m)です
b0124306_22152087.jpg

横通岳 (2767m)に 登って 行きます
b0124306_22173598.jpg

左側の 穂高連峰 方面の 景色は こんな 感じです
b0124306_2219517.jpg

後ろを 振り返ると 常念岳 (2857m)と 常念小屋が 見えています
b0124306_2221936.jpg

どんどん 登って 行きます
b0124306_2222274.jpg

登りきると なだらかな 登山道に なります
b0124306_22235240.jpg

周りの 景色を 堪能します
b0124306_22244713.jpg

また 進んで 行きます
b0124306_2226893.jpg

岩場を 進んで 行きます
b0124306_2229094.jpg

しばしの 休憩です

穂高連峰 方面の 稜線は ガスで 隠れています
b0124306_22303824.jpg

また 進んで 行きます
b0124306_22323130.jpg

トラバースが 続きます
b0124306_2235171.jpg

今度は 大天井岳への 登りです
b0124306_22365371.jpg

振り返ると こんな 感じです
b0124306_22395450.jpg

ハイマツの 中を 登って 行きます
b0124306_2241153.jpg

振り返ると 涸沢ヒュッテや テント場も 見えています
b0124306_8554883.jpg

どんどん 登って 行きます
b0124306_22502025.jpg

振り返ると こんな 感じです
b0124306_22514639.jpg

稜線に 上がって 来ました
b0124306_22542858.jpg

通って来た 素晴らしい 縦走路です

ここからの 眺めは 何とも 言えません
b0124306_22554055.jpg

さあ 大天井岳 (2921.9m)を 目指します
b0124306_22582693.jpg

左側には ず~と 槍ヶ岳が しっかり 見えています
b0124306_2324346.jpg

どんどん 進んで 行きます
b0124306_2383939.jpg

またまた 後ろを 振り返ると いい感じです
b0124306_23115255.jpg

その 右側です
b0124306_2319849.jpg

右側の 風景です
b0124306_23205056.jpg

槍ヶ岳を 見ながら 登って 行きます
b0124306_2322233.jpg

どんどん 登って 行きます
b0124306_23233589.jpg

少し ゆるやかに なりました
b0124306_23261440.jpg

後ろを 見ると こんな感じです
b0124306_23285990.jpg

まだまだ 先が あります
b0124306_23303713.jpg

通って来た 後ろの 縦走路の 風景は こんな感じです
b0124306_23393187.jpg

大天井岳 (おてんしょうだけ) (2921.9m)と 大天荘の小屋が 見えています
b0124306_23354675.jpg

大天荘の小屋に 到着です
b0124306_23443920.jpg

テント場です
b0124306_23481393.jpg

テント場に 荷物を 置いて 大天井岳 (2921.9m)に 登って 行きます
b0124306_2351055.jpg

大天井岳 (おてんしょうだけ) (2921.9m) 頂上です
b0124306_23522036.jpg

いい眺めです
b0124306_23565414.jpg

歩いて来た 縦走路です
b0124306_0244437.jpg

ガスで 少し 霞んでいます
b0124306_024687.jpg

大天井岳 頂上からのパノラマです         是非 見てください


奥に 湖が 見えています
b0124306_029613.jpg

深い 谷です
b0124306_0392778.jpg

そろそろ 大天荘のテント場へ 戻る事に します
b0124306_044137.jpg

テント場へ 戻って 来ました
b0124306_0484243.jpg

ご飯は こんな ピラフや 山菜赤飯などより やはり おかずで 普通の 白米で 食べる方が 美味しいと 思います
b0124306_1303974.jpg



3日目に 続く・・・・・・

一番 下の  次のページ  を クリックして下さい
by ohara98jp | 2010-10-11 20:00 | アルプス 百名山登山 | Comments(2)
Commented by ヤマガツオ at 2010-10-14 22:28 x
おじょもさん今晩は
しばらく画面が同じだったとは思っていましたが、やっぱり行ってましたね。

去年こちらは 中房温泉から雨の中 燕岳を目指しましたが雨とガスで燕山荘で泊まり翌日そこから下山(次の山へ行く為)でした。

二日目から天気も好かった様でレポを楽しみにしてます。
写真が素晴らしい。

讃岐富士北付近にいる息子の話で、週末は地元のお祭りが有り獅子舞で踊ると言ってました。 こちらの週末は釣りと山登りです。
Commented by ohara98jp at 2010-10-15 23:08
ヤマガツオさんも 去年 中房温泉から 雨と ガスの中 燕岳に 登られたのですか 
せっかく 登っても 周りの 景色は 見えないのでは ガッカリですよね   
また 天気が 良くても 運が 悪いと ガスで 見えない事もありますし・・・・

今回みたいに 絶対に 雨で 天候が 悪いと 思いながら ダメもとで 行ったら 
それが 思いがけず 素晴らしい 景色に 出会う事が 出来きたりして その時に 行ってみないと 分からない物ですよね

なんと 息子さんが 讃岐富士の 北側付近にいらっしゃるのですか  
週末に 釣りにも 行かれるそうですが 自分で ボートも 持たれているのですか ?

今週は 私も 地元の お祭りがあり 残念ながら 山へは 行く事が 出来ません
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 蝶ヶ岳~常念岳~大天荘~燕岳 3日目 西穂高岳~奥穂高岳 ジャンダル... >>