徳島県オコヤトコから牛の背~天狗塚

29.12.03
オコヤトコから牛の背~天狗塚

徳島県 京柱峠へ上る途中にある ヘアピンの所から 左への林道へ入り オコヤトコへ 向かう 
途中までは 舗装道路ですが その先は 未舗装路になる

林道の奥側で 何かの工事中らしく 大型トラックの 深い轍が 出来ていて    
車の腹を ガリガリ・ゴンゴン擦りながら進む

深い轍で ぬかるんでいる場所もあり 4WDでないと 厳しい環境もあり
立ち往生しないように 注意しながら行きました

今回は 赤色


b0124306_21461413.jpg

25.06.23 の時には 
オコヤトコの 新しい橋から 左折 150mほどで 行き止まりだったのに・・・・



b0124306_23204552.jpg

いつの間にか 林道が 先に伸びていて 景観が 変わってしまっていました


b0124306_21595216.jpg

以前の ブログも 見て下さい







新しい林道
林開樫尾安佐線と言う名前らしい


b0124306_22010547.jpg
林道の広い場所に 駐車して 出発です

b0124306_22045995.jpg

適当に 登りやすい場所から 入り込みます

現在は 何の印も 標識もありません

b0124306_22065898.jpg
急斜面を登り

b0124306_22075971.jpg
すぐに 尾根に 到着

b0124306_22103051.jpg


そこから 左側にある 急斜面の尾根道を 登ってもいいのですが
しんどいので ハッキリしたトラバース道を 




b0124306_22112070.jpg
そのまま どんどん進む

b0124306_22190003.jpg
右下側に 流れる沢を見ながら進む

b0124306_22204045.jpg
苔むした岩場もある

b0124306_22220838.jpg
さらに どんどん進む




b0124306_22173239.jpg
以前は ここから 枯れた沢を這い上がって行ったのですが
今回は もう少し 先に進んでみようと思い通過

これが 少し失敗でした


b0124306_22242368.jpg
そこから先は 道が完全に無くなってしまって 
この後 少し 苦労したので これから行く人は 止めといた方がいいと思います


b0124306_22323781.jpg
大岩などがあり 迂回をしながら進む
傾斜が きつくなり 木を掴みながら登る

滑落の危険も多少ありました
私 一人ならよかったのですが・・・・

また少し 反省・・・・

b0124306_22352862.jpg
枯れた沢を 発見

ここを登る方が 楽に登れるはずです

b0124306_22394979.jpg
どんどん 這い上がる

b0124306_22412352.jpg
何とか もう少しで 枯れた沢が終わりそうです



b0124306_22470933.jpg
枯れた沢の 最後は 横に逃げ込む

b0124306_22481247.jpg
上側から 沢を覗き込むと 切れ落ちているように見え
下側は まったく 見えませんでした

b0124306_22493891.jpg

そこから 少し登った 尾根にあるヌタ場は 凍っていた

b0124306_22522623.jpg
さらに 先に どんどん進み

b0124306_22533955.jpg
樹林帯を 抜け出ると


b0124306_22543579.jpg
素晴らしい景色が 見れます



b0124306_22551067.jpg


後ろを振り返れば こんな感じ
今日は 遠くの 石鎚山も ハッキリ見えている



b0124306_23005817.jpg

こんなに見えるのは 珍しい

b0124306_16301502.jpg

さあ あそこを 頑張って 登り 
牛の背を通り過ぎ 天狗塚へ向かいます

b0124306_23023024.jpg
頑張って登って どんどん進むと

b0124306_23081219.jpg
尖った天狗塚が 見えてきました

この風景が 何とも言えない
私の好きな景色です

b0124306_23090025.jpg
おぉ・・・・・
さらに進むと 左側に 三嶺も見えてくる

いいですね~
何とも言えない 景色です


b0124306_23103881.jpg
気持ちのいい 歩きです

b0124306_11430481.jpg
さらに 先に進むと

b0124306_11435867.jpg

干上がっている 天狗の池の横を通る


b0124306_11452222.jpg
霜柱が ありました

b0124306_15062892.jpg
さあ 最後の急斜面の登りが待っています

b0124306_15070037.jpg
ヒイコラと頑張って登る

b0124306_15082013.jpg
途中の 日陰には 樹氷が 残っていました

b0124306_15093104.jpg
足元は こんな感じ

地面は 完全凍結 ストックが まったく 刺さりません


b0124306_15104077.jpg
天狗塚 頂上  標高 1812m


b0124306_15120985.jpg
三嶺や 剣山・次郎笈が ハッキリ見えている

b0124306_15142386.jpg
三嶺のアップ

天狗塚から 三嶺までのルートが 
四国の中では ナンバー・ワン縦走路だと思っています



b0124306_15163455.jpg
剣山・次郎笈のアップ

b0124306_15171314.jpg
下山に 約2時間30分ほど 掛かるので そろそろ 帰りますか


b0124306_15220009.jpg

とても広い 牛の背は なだらかに見えて 
意外と アップダウンがあるのです




b0124306_15254355.jpg
何処までも 続く 一本道

この風景も 私の好きな景色です


b0124306_15274111.jpg
のんびり 帰ります


b0124306_15294234.jpg
干上がっている 天狗池 

雨の後 条件が良ければ 逆さ天狗が 見れます



b0124306_15301072.jpg
天狗塚を 振り返る

b0124306_15331627.jpg
このあたりは コメツツジが多い

b0124306_15340780.jpg
どんどん進む

b0124306_15350454.jpg
名残惜しく またまた 振り返ります


b0124306_15365190.jpg
正面は 寒峰


b0124306_15502966.jpg
この小さなピークの手前を 左折して帰りますが

ガスって 視界が悪ければ 分かりにくく とても迷いやすいです

b0124306_15514881.jpg

この先から 樹林帯へ入ります

b0124306_15535944.jpg
とても 迷いやすい 樹林帯へ 突入

b0124306_15545253.jpg
バカ尾根などがあり とても 迷いやすいのです
注意が必要です

b0124306_15555508.jpg
あの赤い杭が 急斜面の尾根を下る 入り口ですが
歩くコースを 左側へ 振らないと 見つからないのです

上側から 下ってくると 
右の方へ間違って進んでしまいますので 注意が必要です


b0124306_15584175.jpg
ここから 急斜面の尾根を下ります


b0124306_16132326.jpg
どんどん 下る

b0124306_16172092.jpg
足元が 崩れて 滑りやすい 急斜面


b0124306_16183900.jpg
岩場もあります


b0124306_16193583.jpg
さらに どんどん 下る

b0124306_16202151.jpg

やっと 車を置いている 林道が見えて来た

何とか 無事に 下山出来ました

b0124306_16214026.jpg
お疲れ様でした


周遊するコースもあります
是非 見て下さい









# by ohara98jp | 2017-12-03 21:31 | 剣山系 登山 | Comments(0)